ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ホンダ「N BOX」が軽自動車人気ナンバーワンなのはなぜ?3つの特徴と価格を紹介

ホンダ「N BOX」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像
ホンダ「N BOX」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像

近年の軽自動車人気の立役者といえる、ホンダの軽スーパーハイトワゴン「N BOX」。今やホンダを代表する1台となりました。

普通車をしのぐほどの人気を獲得している理由は何なのか、ここではN BOXの特徴から人気の理由を探ってみましょう。併せてN BOXのグレードの違いや新車、中古車の販売価格もご紹介します。

  • ホンダ「N BOX」は広い室内が特徴の、軽スーパーハイトワゴン
  • ホンダ「N BOX」には、2グレードが設定されている
  • ホンダ「N BOX」の新車は、100万円台後半からの価格となっている

N BOXはなぜ人気?3つの特徴から理由を探る

N BOXが幅広い層に高い人気を誇る理由は、そどういった点にあるのでしょうか。ここでは、N BOXの3つの特徴を解説します。

特徴1:軽自動車最大級の広い室内

軽スーパーハイトワゴンは、軽自動車の中では広い室内となっています。中でもN BOXは、ホンダ独自のパッケージング技術「センタータンクレイアウト」によって、軽自動車最大級(2023年10月時点、ホンダ調べ)の居住空間を実現しています。

2023年10月に登場した現行型では、ダッシュボードのフラット化などで開放的な視界を確保。さらにベルトラインを水平基調でさせることで視線の乱れを減らして乗り物酔いをしにくくする工夫など、より快適にドライブが楽しめるように配慮されています。

また、2.0Lミニバン並みの前後シート間隔を確保しているため、後席の足元にも余裕があり、体格の大きい方でも足を組んで座れるゆとりがあります。

特徴2:車高が高いにもかかわらず、安定した走行が可能

背が高いワゴンタイプの車は、セダンタイプなどと比較するとふらつきやすく、走行安定性が若干劣る傾向があります。

N BOXは軽自動車の中では最も全高が高いスーパーハイトワゴンですが、ホンダならではのふらつきの少ない安定した走りを実現しています。

先代型においても安定性には定評がありましたが、現行型ではサスペンションセッティングの見直し、アライメントの適正化によってさらに直進安定性を高め、乗り心地も向上させました。

また、スイッチ操作でスムーズにオン、オフができる電子制御パーキングブレーキ、停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持するオートブレーキホールドも全車に標準装備です。

特徴3:ホンダの軽自動車で初めてコネクトティッド技術を採用

ホンダの新生代コネクティッド技術「Honda CONNECT」をホンダの軽自動として初めて採用したのも、現行型N BOXのトピックのひとつです。

ディーラーオプション設定の対応ナビを追加することで、カーライフの利便性、快適性を高めるコネクティッドサービス「Honda Total Care プレミアム」が利用できます。

事故などの緊急時に緊急サポートセンターとつながって緊急車両の手配などの支援を受けたり、スマートフォンを利用してエアコンやライトのオン、オフなどをリモート操作したりが可能。

また、スマートフォンがN BOXのスマートキー代わりになる「Hondaデジタルキー」にも対応しています。

購入するよりもお得にN BOXに乗る方法を見る

N BOXの2つのグレードはどのような特徴?

車種画像バナー

N BOXのグレードはノーマルタイプとカスタムの2種類であり、どちらも2WD、4WDの設定があります。
ここでは、それぞれのグレードの特徴について見ていきましょう。

「N BOX」:シンプルなものの安全機能は充実

N BOXはベースグレードを含む全車にホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備です。

現行型では安全性の高さに定評があった先代型に搭載していた機能に追加して、駐車場などでの取り回し時に衝突の危険がある場合にブレーキを制御する「近距離衝突軽減ブレーキ」、急アクセル検知した際に加速を抑制する「急アクセル抑制機能」が追加されました。

また、ドアミラーやアウタードアハンドル、フルホイールキャップにオフホワイトをあしらった「ファッションスタイル」の設定もあります。

「N BOX CUSTOM」:基本グレードとは一味異なるエクステリア・インテリア

「N BOX CUSTOM」は、立体感のある凝ったデザインのフロントグリルや専用デザインのフロントロアーグリルなどのカスタム専用エクステリアによって、力強さと品格を感じさせるスタイルを表現しています。

インテリアにおいてもブラックを基調としたクールな雰囲気で、シート素材は手触りの良いプライムスムースとトリコット(スエード調)を使用し、質感を高めています。

「N BOX CUSTOM」には「コーディネートスタイル」の設定があり、2トーンカラーの設定があるほか、エクステリアにダーククロームメッキをあしらい、精悍な雰囲気を強めているのが特徴です。

N BOXの新車価格と中古車の価格相場

N BOX新車の販売価格

N BOXの新車の車両本体価格は、以下のとおりです。

2WD 4WD
N BOX 164万8,900円 178万2,000円
N-BOX ファッションスタイル 174万7,900円 188万1,000円
N-BOX CUSTOM 184万9,100円 198万2,200円
N-BOX CUSTOM ターボ 204万9,300円 218万2,400円
N-BOX CUSTOM コーディネートスタイル(モノトーン) 205万9,200円 219万2,300円
N-BOX CUSTOM コーディネートスタイル(2トーン) 211万9,700円 225万2,800円
N-BOX CUSTOM ターボ コーディネートスタイル(モノトーン) 216万9,200円 230万2,300円
N-BOX CUSTOM ターボ コーディネートスタイル(2トーン) 222万9,700円 236万2,800円

N BOXにお得に乗る方法を利用できるか確かめてみる

※2024年5月29日の金額

N BOX中古車の販売価格

N BOXの現行型と先代モデル、初代モデルの中古車の相場をご紹介します。

2023年式(現行型):135~195万円程度

2018年式(先代モデル前期):95~135万円程度

2014年式(初代モデル後期):35~75万円程度

※2024年5月29日の金額

N BOXの走りの良さと安全性が選ばれる理由

N BOXは、歴代モデルで定評のある安全性の高さや安定した走りにさらに磨きをかけています。

もちろん室内の広さや荷室の使い勝手も申し分なく、これからも多くの方に愛され続けていく軽スーパーハイトワゴンであり続けることは間違いなさそうです。

※この記事は、2024年5月時点の情報で制作しています

ホンダN-BOXの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダN-BOXの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る