軽自動車買うならどれがいい?最新のおすすめ人気車種を徹底調査!

最新の人気軽自動車をチェック!タイプ別おすすめ車種を徹底調査!

近年、車の登録台数が減少する一方で、軽自動車の人気は年々増加しています。現在、販売されている車の約4割が軽自動車となっていますが、なぜこれほど軽自動車が人気なのでしょうか。
軽自動車が人気の理由や、軽自動車を買うならどれがいいのか。知っておきたい最新の人気車種などについてご紹介します。

軽自動車を買うならチェックしたい人気車種は?

日本の普通車では、全体の4~5割をトヨタ、次いで2割程度をホンダが占めています。一方で、軽自動車市場では、ホンダやダイハツ、スズキ、日産などさまざまなメーカーの車が人気を集めているため、多くのメーカーの車種から選ぶことができます。

ここでは、「一般社団法人 全国軽自動車協会連合会」が発表した「軽四輪車 通称名別 新車販売確報」のランキングを基に、軽自動車を買うときにチェックしておきたい最新の人気車種についてご紹介します。

ホンダ「N-BOX」

N-BOX

ホンダ「N-BOX」は、2014~2019年で最も売れた軽自動車です。2019年の販売台数では、N-BOXが25万3,500台、2位のダイハツ「タント」は17万5,292台と、約78,000台の差があることからもその人気がうかがえます。N-BOXが人気の理由は、天井の高さや室内空間の広さ、スライド式の後席ドアなど、使いやすさがポイントとなっているため、軽自動車を買うときにはぜひ検討しておきたい車種です。

定額カルモくんなら16,720円(税込)〜N-BOX に乗れる

スズキ「スペーシア」

スペーシア

スズキ「スペーシア」は、2019年に3番目に売れた軽自動車です。スペーシアの魅力は、27インチの自転車も載せることができる室内空間の広さと、低床設定で積み下ろしが楽に行えるところです。また、スタイリッシュなデザインの「スペーシアカスタム」や、SUVデザインの「スペーシアギア」など、違った魅力を持つ車種も展開されているため、車を選ぶ楽しさも味わえるでしょう。

定額カルモくんなら15,730円(税込)〜スペーシア に乗れる

ダイハツ「タント」

タント

ダイハツ「タント」は、2019年にホンダ「N-BOX」に次いで売れた軽自動車です。タントの魅力は、なんといっても助手席側からセンターピラーを取り去ったミラクルオープンドアです。後席ドアはスライド式となっており、助手席の前席ドアと同時に開けると、間口が広くなるため、子供の乗り降りや荷物の積み下ろしがしやすく、子育て中のファミリーからも人気を集めています。

定額カルモくんなら16,610円(税込)〜 タントに乗れる

日産「ルークス」

ルークス

以前は「デイズルークス」という名前だった日産「ルークス」は、2020年3月に販売を開始した軽スーパーハイトワゴンです。軽自動車の最大サイズを実現した開放的な車内に加えて、リアスライドドアや上からの様子を確認しながら駐車できる「インテリジェント アラウンドビューモニター」など、利便性や機能性も抜群の車種です。

定額カルモくんなら17,930円(税込)〜ルークスに乗れる

ダイハツ「ムーヴ」「ムーヴキャンバス」

ムーヴ

ダイハツ「ムーヴ」は、1995年に登場して以来、ロングセラーとなっている軽自動車です。低燃費で低価格のため、予算が少ない方でも手に入れやすい車として人気を集めています。また、オーソドックスなデザインのムーヴのほかにも、ポップなデザインの「ムーヴキャンバス」、クールな印象の「ムーブカスタム」が展開されています。

定額カルモくんなら15,730円(税込)~ムーヴ に乗れる

ムーヴキャンバス

ワーゲンバスを彷彿とさせるムーヴキャンバスは、ツートーンカラーのポップなデザインが最大の魅力。デザイン性の高さに加えて、抜群の収納力も女性からの人気を集めている理由です。

定額カルモくんなら16,940円(税込)〜 ムーヴキャンバスに乗れる

ホンダ「N- WGN」

N-WGN

ホンダ「N-WGN」は、スクエアなデザインが特徴的な軽自動車です。室内空間や走行性、乗り心地など、すべてにおいて上質であることにこだわっています。また、安全運転支援技術の「Honda SENSING」を搭載するなど、安全性能にも優れているため、満足感が高い車といえるでしょう。

定額カルモくんなら17,160円(税込)〜 N-WGNに乗れる

スズキ「ハスラー」

ハスラー

スズキ「ハスラー」は、ファニーなデザインが人気の軽自動車です。SUVとハイトワゴンを融合したモデルとなっており、タフでアクティブな印象と、丸形ヘッドライトやボディカラーの可愛らしさのバランスが人気を集めています。

定額カルモくんなら15,620円(税込)〜ハスラー に乗れる

日産「デイズ」

デイズ

日産「デイズ」は、2019年3月にフルモデルチェンジされ、エンジンやトランスミッションなどを開発し直したことにより、走りの性能が各段に進化しました。また、軽自動車では初めて、日産の高速道路での自動運転技術である「プロパイロット」が搭載されています。外装・内装ともに、品のあるデザインも人気を集めている理由となっています。

定額カルモくんで日産「デイズ」をチェックする

スズキ「ワゴンR」

ワゴンR

スズキ「ワゴンR」は、1993年に車高を高くすることで軽自動車の室内を広くする手法を初めて取り入れた軽自動車です。コンパクトカーに引けをとらない走行性能を持っており、乗り心地や使い勝手も良いため、トータルバランスのとれた車として人気があります。

定額カルモくんなら14,300円(税込)〜 ワゴンRに乗れる

ダイハツ「タフト」

タフト

アクティブさと積載量が魅力のダイハツ「タフト」は、名前の通りタフな軽自動車です。多彩なシートアレンジで、長さや高さのある物でもしっかり積み込めるので、アウトドアも十分に楽しめます。また、天井部分がガラスになった「スカイフィールトップ」により、ほかの車種にはない開放感が味わえます。

定額カルモくんなら18,040円(税込)〜 タフトに乗れる

スズキ「アルト」「アルトラパン」

アルト

スズキ「アルト」の初代モデルは1979年から発売され、現在販売されているモデルは8代目となっています。アルトの魅力は、新車でも86万3,500円(税込)という安さで購入できる点にあります。また、JC08モードのカタログ燃費が37.0km/Lと低燃費である点も大きな魅力となっています。

定額カルモくんで「アルト」をチェックする

アルトラパン

スズキ「アルトラパン」はアルトをベースとして作られており、キュートなデザインとなっています。ラパンはフランス語でうさぎを意味し、可愛らしくオシャレなデザインが若い女性から支持を集めています。JC08モードのカタログ燃費は35.6km/L、実燃費は2WD車が21.58~25.73km/L、4WD車が20.68~22.59km/L と、アルトの燃費の良さを受け継いでいます。車両価格は112万7,500円(税込)からと低価格となっています。

定額カルモくんで「アルトラパン」をチェックする

ダイハツ 「ミライース」「ミラトコット」

ミライース

ダイハツ「ミライース」は、1980年から生産がスタートした「ミラ」シリーズの軽自動車です。低燃費、低価格、省資源と非常に経済的で、第3のエコカーとして開発されました。シンプルかつシックなデザインとなっているため、飽きずに長く乗り続けられるという魅力があります。

定額カルモくんなら12,870円(税込)〜ミライース に乗れる

ミラトコット

ダイハツ「ミラトコット」は、2018年6月に新たにミラシリーズに追加された軽自動車です。四角いボディに、丸目のヘッドライトという可愛らしいデザインが人気を集めています。JC08モードのカタログ燃費は27.0〜29.8km/Lとなっており、ミライースと同程度の燃費の良さとなっています。なお、車両価格は109万4,500円(税込)からと、ミライースより少し高めの設定です。

定額カルモくんなら15,180円(税込)〜ミラトコット に乗れる

スズキ「ジムニー」

ジムニー

軽自動車SUVのスズキ「ジムニー」は、ソロキャンパーからも絶大な支持を得ている1台です。強度を高めたボンネットや雪が溜まりにくいボディなど、過酷なオフロードでも力強い走りが楽しめる工夫が多くされているのも特徴です。ほかにも、操作部は汚れにくく反射を抑える工夫が施されるなど、過酷な環境でも安心して走行できます。

定額カルモくんなら19,360円(税込)〜ジムニーに乗れる

三菱「eKワゴン」「eKクロス 」

eKワゴン

eKシリーズには、eKワゴンやeKクロス、eKスペースなどいくつかの種類があります。中でも「eKワゴン」は、走りやすさや安全性能にこだわった1台です。安全運転をサポートする先進技術を搭載した車の証である「サポカー Sワイド」の対象となっているだけでなく、令和元年度JNCAPの予防安全性能評価「ASV+++」と、最高ランクの衝突安全性能評価「ファイブスター賞」を受賞するなど、高い安全性能が期待できます。

定額カルモくんで「eKワゴン」をチェックする

eKクロス

ダイナミックなエクステリアが魅力の「eKクロス」は、2トーンと1トーンのどちらを選ぶかによっても、印象が変えられます。オリーブグリーンやナチュラルアイボリーなどのおしゃれなカラーに加えて、ビビッドなレッドやサファイアブルー、サンドイエローなど、ポップなカラーリングも魅力となっています。

定額カルモくんで「eKクロス」をチェックする

トヨタ「ピクシス メガ」「ピクシスエポック」「ピクシスジョイ」

ピクシス メガ

ピクシス エポック出典:トヨタ「ピクシス エポック」価格・グレード

ピクシス ジョイ出典:トヨタ「ピクシス ジョイ」ギャラリー

ピクシスシリーズは、「いたずら好きな小妖精」という意味を持つピクシスらしい、小さくて遊び心にあふれたシリーズとなっています。人気車種には、日常使いにぴったりなスモールサイズの「ピクシスメガ」や、コンパクトながらも180cmを超えるサイズの「ピクシスエポック」、多彩なシートアレンジが楽しめる「ピクシスジョイ」などがあります。

定額カルモくんで「ピクシスメガ」「ピクシスエポック」「ピクシスジョイ」をチェックする

通常記事_コミコミ1万円バナー

価格が安くて低燃費な車種をピックアップ

使い勝手の良さに惹かれて軽自動車を購入する方も多いですが、やはり軽自動車を買うなら低価格で低燃費な車は知っておきたいものです。そこで、軽自動車の最大の魅力である経済面で特に優れている車種をご紹介します。

マツダ「キャロル」

キャロル

マツダ「キャロル」は、JC08モードのカタログ燃費が37.0km/Lとスズキ「アルト」と並んで低燃費な車種となっています。また、車両価格が86万3,500円(税込)と安く、経済的な車種として人気を集めています。

定額カルモくんなら13,090円(税込)〜 キャロルに乗れる

スバル「プレオプラス」

プレオプラス

スバル「プレオプラス」は、ダイハツ「ミライース」をベースとした車種で、91万3,000円(税込)から購入が可能です。JC08モードのカタログ燃費は32.2〜35.2km/Lとなっています。

定額カルモくんなら13,530円(税込)〜プレオプラス に乗れる

根強い人気を誇る軽トラック・軽バンが知りたい!

商用車として使われることの多い軽トラックや軽バンも、軽自動車の中で根強い人気を誇っています。
中でも人気のある車種について詳しく見ていきましょう。

スズキ「エブリイ」

エブリイ出典:スズキ「エブリイ」PAカラー・価格

スズキ「エブリイ」は、商用車の中でも人気の高い車種です。2名乗車時には、荷室長1,910mm、荷室高1,240mm、荷室幅1,385mmと広々とした積載空間が用意できるため、荷物の積みやすさも抜群です。

また、エブリイをベースとした「エブリイワゴン」も要チェック。荷物の積みやすさはそのままに、軽自動車ではトップクラスの空間の広さ、リアシートの居住性の良さなど、軽自動車とバンのいいとこ取りをした1台となっています。

定額カルモくんなら19,140円(税込)〜エブリイワゴン に乗れる

スズキ「キャリイ」

キャリイ出典:スズキ「キャリイ」カラー・価格

スズキ「キャリイ」は、農家の方からも高い支持を誇る軽トラックです。広さのあるドア開口部や、ゆったりとした足元など、乗り降りのしやすさも魅力となっています。また、荷台の高さを低くすることで、積み下ろしのしやすさにもこだわっています。

定額カルモくんで「キャリイ」をチェックする

ダイハツ「ハイゼットトラック」

ハイゼットトラック出典:ダイハツ「ハイゼットトラック」グレード・価格

ダイハツ「ハイゼットトラック」は、豊富なカラーバリエーションが魅力の軽トラックです。ミストブルーやライトローズなどのやわらかいカラーも用意されており、業種にあわせて選べるのもポイント。同シリーズには、商用やアウトドアにも活躍しそうなオープンデッキのある「ハイゼットデッキバン」や、たっぷり荷物が積める「ハイゼットカーゴ」などの車種もあります。

額カルモくんで「ハイゼットトラック」をチェックする

トヨタ「ピクシスバン」「ピクシストラック」

ピクシス バン出典:スバル「ピクシス バン」トップ

トヨタ「ピクシスバン」は、防錆性能の高さだけでなく、荷台を含んだボディ表面は3年、ボディ外板穴あき錆は5年などの保証内容が充実しているのも人気の理由のひとつです。また、同シリーズの「ピクシストラック」は、シンプルで使い勝手のいい軽バンとなっています。

定額カルモくんで「ピクシスバン」「ピクシストラック」をチェックする

ホンダ「アクティトラック」

アクティトラック出典:ホンダ「アクティ・トラック」トップページ

ホンダ「アクティトラック」は、安定した静かな走りが魅力の軽トラックです。荷台幅は1,140mm、荷台長も1,940mmと広く、3方向に開くゲートによって、さらに積み下ろしがしやすくなっています。ほかにも、荷役作業の効率を高めるためのさまざまな工夫がされています。

定額カルモくんで「アクティトラック」をチェックする

スバル「サンバートラック」

サンバー トラック出典:スバル「SAMBAR TRUCK」グレード・価格

スバル「サンバートラック」は、シンプルながらも仕事の効率が上がる工夫がされている軽トラックです。センタートレイや運転席ポケットから、コンソールトレイやポケット、ショッピングフックまで、かゆいところに手が届く、豊富な収納が魅力です。

定額カルモくんで「サンバートラック」をチェックする

まだまだある!バラエティ豊かな軽自動車がラインナップ

人気車種にランクインしている軽自動車以外にも、多くの車種が販売されています。そこで、より自分に合った軽自動車を見つけたいという方のために、個性豊かな軽自動車をご紹介します。

マツダ「フレアワゴン」

フレアワゴン

シンプルでおしゃれさも兼ね備えた「フレアワゴン」は、ベージュを基調としたインテリアや、ゆったりとしたシートなど、居心地の良い空間を持つ軽自動車です。天井は高く、フロアは低く作られているので、さらに広々と過ごすことができます。

定額カルモくんで「フレアワゴン」をチェックする

ダイハツ「コペン」

コペン

小さくても走れるオープンスポーツカー「コペン」には、 スタイリッシュな「Robe」、斬新なデザインの「XPLAY」、滑らかな曲線美の「Cero」、TOYOTA GAZOO Racingで培った技術を活かした「GR SPORT」の4タイプがあります。

定額カルモくんなら23,430円(税込)〜 でコペンに乗れる

ダイハツ「キャスト」

キャスト

おしゃれな軽自動車を探している方におすすめなのがダイハツ「キャスト」です。シックなカラーバリエーションや、アクセントカラーの入ったエクステリアなど、自分の部屋のように好きなテイストにできるのも魅力です。また、ドライバーの体型によって、ステアリングやシートをアレンジできるので、長時間のドライブでも疲れにくくなっています。

定額カルモくんなら17,380円(税込)〜 でキャストに乗れる

ホンダ「N-VAN」「N-ONE」

N-VAN

「N-VAN」は、リアシートだけでなく、助手席までをフルフラットにできるのでとにかく荷物が積みやすいのが魅力。助手席からもテールゲートからも積み下ろしができるので、利用するシーンを選びません。

定額カルモくんで「N-VAN」をチェックする

N-ONE出典:ホンダ「N-ONE」先行情報ページ

リニューアルした「N-ONE」は、 必要なものはそのままに、余計なものを削ぎ落としたデザインになって2020年秋に販売予定。運転の楽しさと、くつろげる空間を両立させたN-ONEなら、日々の生活を豊かにしてくれるのではないでしょうか。

定額カルモくんで「N-ONE」をチェックする

ダイハツ「ウェイク」

ウェイク

ダイハツ「ウェイク」は、アウトドア派におすすめの軽自動車です。シートアレンジも自由自在で、自転車が積めたりバックドアにタープを取り付けられたりと、自由度の高い1台になっています。また、インパネ周りには至る所に収納が用意されているので、使い勝手も抜群です。

定額カルモくんなら18,370円(税込)〜 でウェイクに乗れる

ダイハツ「アトレーワゴン」

アトレーワゴン

ダイハツ「アトレーワゴン」は、シックなカラーバリエーションがそろった大人のための軽自動車。先進安全機能「スマートアシストIII」や、歩行者などとの衝突の危険性をブザーで知らせてくれる「衝突警報機能」、ブレーキ制動力をアシストしてくれる「被害軽減ブレーキアシスト」を搭載するなど、安全性能の高さも魅力です。

定額カルモくんで「アトレーワゴン」をチェックする

初めての方必見、ここまで軽自動車が人気の理由とは?

日本で車離れが進んでいる原因のひとつが、車を所有するとお金がかかる点です。しかし、軽自動車の販売価格は、80万〜220万円台と、ほかのボディタイプに比べて手に入れやすい価格帯に設定されています。また、軽自動車は普通車と比べてさまざまな維持費が安いため、家計への負担を抑えることができます

費用面でのメリットのほかに、乗り始める際の手続きが簡単な点も人気の理由として挙げられます。通常、普通車を購入する際は、車庫証明書や印鑑登録証明書などを用意しなくてはいけませんが、軽自動車はそれらの書類が不要のため、書類取得の手間もかかりません。

軽自動車は買わない時代?お得に乗るならカーリースがおすすめ!

一本化用キャンペーンバナー

これまで「車は買うもの」とされてきましたが、今はコストを抑えて新車に乗れる時代に変わってきています。頭金や登録諸費用など、まとまったお金を用意するのが難しい方でも、安心して安全な新車に乗れる方法があります。

それが、車のサブスクリプションと呼ばれるカーリースです。

カーリースとは、頭金なしで月々のリース料金だけでマイカーのように新車に乗れるサービスのこと。軽自動車なら月々10,000円台から利用できるリース会社も多いので、費用面のハードルも下がるのではないでしょうか。

さまざまなリース会社がある中でも、国産メーカーのすべての軽自動車に定額で乗れるカーリースの定額カルモくん について見ていきましょう。

定額カルモくんなら、月々10,000円から軽自動車に乗れる

一本化用定額カルモくん

おトクにマイカー 定額カルモくんでは、国産メーカーのすべての車種を取り扱っています。そのため、ほとんどの軽自動車に月々10,000円台から乗り始められるので、費用を抑えたい方にもおすすめです。(モデルチェンジなどで取り扱いのない時期もあります)

また、頭金や自賠責保険料、税金などの初期費用は月々の費用に含まれている定額制なので、家計の見通しも立てやすく、月々12,870円(税込)からリースできる車種もあります。
一部の車種では1ヵ月以内の即納も可能なため、急いで車が欲しい方にもおすすめです。

さらに、車検費用の心配不要なメンテナンスプラン

車に乗る上で、維持費がかかるのが心配という方も多いでしょう。しかし、定額カルモくんなら、メンテナンスや車検などの維持費の心配も不要です。また、メンテナンスプランを利用すれば、車の維持費の中でも大きな出費となる車検や法定12ヵ月点検、一部の消耗品の交換費用が定額になるので、急な出費の心配もありません。

まとまったお金を用意するのが難しい方でも安心して車を維持できるように、メンテナンスのカバー範囲によっていくつかのプランが用意されています。

メンテナンスプランの詳細はこちらをご覧ください。

メンテバナー

軽自動車を買うなら、自分に合った車を見つけよう

今や、国内の販売台数の約4割を超えるほど、軽自動車の人気は高まっています。低価格や低燃費の人気車種を中心にご紹介しましたが、軽自動車にはほかにも多くの魅力があります。自分に合う軽自動車がわからないという方は、定額カルモくんのカスタマーサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

カルモマガジンではガソリンチケットプレゼントなどのお得な情報や最新の車情報、車生活のお役立て情報などをメルマガにて配信しています。

一本化_メルマガ登録

※記事の内容は2020年11月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr