ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

トヨタ「ヤリスクロス」の魅力は?グレードや価格なども詳しく解説

トヨタ「ヤリスクロス」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像
トヨタ「ヤリスクロス」の特徴やグレード、新車・中古車価格について解説する記事であることを示すタイトル下画像

出典:トヨタ「ヤリスクロス」/デザイン

トヨタのヤリスシリーズのSUVとして人気の高い「ヤリスクロス」。

どのような特徴の車なのか、また、グレード構成やカタログ価格はいくらなのかについて解説します。

  • トヨタ「ヤリスクロス」は、燃費性能の高さなど、魅力が豊富
  • トヨタ「ヤリスクロス」には、5つのグレードが設定されている
  • トヨタ「ヤリスクロス」の新車は、190万7,000円からとなっている

トヨタ「ヤリスクロス」の魅力3ポイント

トヨタ「ヤリスクロス」の魅力を知るには、カタログ情報を見たり、メーカーのホームページなどをチェックするのがおすすめです。
ここでは、それらからわかるヤリスクロスの魅力を見てみましょう。

特徴1:ヤリスよりもゆったりとした室内

ヤリスクロスは、先だって登場したヤリスと同じコンパクトカー向けのTNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォーム(GA-B)を採用し、ヤリスをベースとしたモデルではありますが、一回り大きなサイズ感になっています。

そのためヤリスよりも後席に余裕があり、後席の乗員が窮屈さを感じにくいのが特徴です。

また、荷室は390L(デッキボード下段時)の荷室容量を確保しており、コンパクトSUVとしてはかなり余裕があります。

シートアレンジをしなくても110Lのスーツケースなら2個を積載可能です。さらに、リアシートの真ん中部分だけを倒せる4:2:4分割リアシートを採用しているので、4人が乗車した状態で真ん中だけを倒し、ラグなどの長尺物を積み込めます。

荷室床面の高さを2段階に調節できる6:4分割アジャスタブルデッキボードと組み合わせて活用すれば、多彩なアレンジが可能です。

特徴2:世界トップレベルの燃費の良さ

トヨタの新世代の車づくりの思想であるTNGAに基づいて開発された、最大熱効率40%以上を実現する1.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載した新ハイブリッドシステムは、ハイブリッド世界トップレベル(2024年1月時点)の低燃費を誇ります。

またTNGAプラットフォームの基、低重心化&高剛性化されたボディに一新したサスペンションを採用。ヤリス譲りの軽快なハンドリングと上質な乗り心地はそのままに、安定性を高めドライバーの意のままになるクラスを超えた走りの良さを実現しているのもヤリスクロスの魅力といえます。

特徴3:安全性能の高さ

ヤリスクロスは2020年8月のデビュー時から駐車支援機能「トヨタチームメイト:アドバンストパーク」や、エアバッグが作動した際に自動的にブブレーキと制動灯の制御を行って二次衝突による被害軽減をサポートする「セカンダリーコリジョンブレーキ」といった、最新鋭の安全装備を採用しているモデルです。

2024年1月の改良時にはさらに衝突被害軽減ブレーキである「プリクラッシュセーフティ」に交差点での衝突回避・衝突被害軽減支援にも対応しました。

さらに、ブレーキだけでは事故の回避ができないとシステムが判断したとき、一定の条件を満たせばドライバーの回避操舵をきっかけに操舵支援をすることで衝突回避に貢献する「緊急時操舵支援機能」などが追加され、時代に合わせて安全性能を進化させています。

購入するよりもお得にヤリスクロスに乗れる方法を見る

トヨタ「ヤリスクロス」の5つのグレード

車種画像バナー

ヤリスクロスは5種類のグレードラインナップがあり、すべてのグレードにガソリン車、ハイブリッド車の設定があります。

最も燃費性能の高い「X」

エントリーグレードの「X」は、ヤリスクロスの中で最も低燃費であり、ハイブリッド2WD車は30.8km/L(WLTCモード)を実現しています。

ヘッドランプはLEDではなくハロゲン、エアコンはマニュアル式、リアシートが4:2:4分割式ではなく一般的は6:4分割式であるなど、上位モデルと比較するとダウングレード、もしくは省かれる機能もあります。

また、ほかのグレードでは標準装備もしくはオプションで追加できる「トヨタチームメイト:アドバンストパーク」(ハイブリッド車のみ)や見えにくいエリアを可視化して安全確認を支援する「パノラミックビューモニター」などの設定がありません。

快適かつ便利な「G」

「G」はスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオが備わり、4:2:4分割式リアシート、オートエアコンなどの快適性や利便性を高める装備が追加されます。

また、「G」は追加できるオプションの選択肢の幅が広くなるのも特筆ポイントです。「X」で触れた予防安全装備のほか、LEDヘッドランプへのグレードアップや、ステアリングヒーター、シートヒーターなどの追加も可能です。

装備・外観ともに充実の「Z」

「Z」は、G」ではオプション設定となっている多くの装備が標準搭載される上位グレードです。後側方や後方左右からの接近車両を検知する「ブラインドスポットモニター+安心降車アシスト」なども備わります。ただし、「トヨタチームメイト:アドバンストパーク」は「Z」でもオプションです。

また、ほかのインテリアカラーはブラック1色ですが、「Z」のみブラックとカーキの2色から選択可能です。シート表皮も合成皮革とツィード調ファブリックになり、ワンランク上の洗練された室内空間を演出します。

パワフルな外観の「Z“Adventure”」

「Z“Adventure”」は「Z」をベースに、専用の前後バンパーを装着、ルーフレールを追加しよりSUVらしさを強め、アグレッシブなたたずまいを演出するエクステリアが持ち味のグレードです。

「Z“Adventure”」専用のサドルタンの合成皮革のシートが備わります。そのほかの装備については「Z」と大きな違いはありません。

走行性能と操縦性能を高めた「GR SPORT」

スポーツグレードである「GR SPORT」は、フロア下とロアバックにブレースを追加しで剛性を高めたことに加え、運動性能向上を追求し車高を10mmダウン。

さらにスポーツタイヤ「FALKEN FK510 SUV」を採用。サスペンションや電動パワーステアリングをよりスポーティーな特性にすることで、気持ちの良い走りと車との一体感を感じられる操縦性を確保しています。

ハイブリッド車については、モーターの過渡特性を最適化。さらに、ドライブシャフトのねじり剛性をアップしました。

トヨタ「ヤリスクロス」の新車・中古車の値段はいくら?

ヤリスクロスは2020年にデビューしたモデルであることから、中古車の価格はまだ高額な傾向があります。

ヤリスクロスの新車の価格と、中古車の相場をご紹介します。

トヨタ「ヤリスクロス」新車の価格

ヤリスクロスのカタログでの新車の車両本体価格は、以下のとおりです。

【ガソリン車】

・X 2WD:190万7,000円
・X 4WD:213万8,000円
・G 2WD:215万0,000円
・G 4WD:238万1,000円
・Z 2WD:243万5,000円
・Z 4WD:266万6,000円
・Z“Adventure” 2WD:255万1,000
・Z“Adventure” 4WD:278万2,000円
・GR SPORT 2WD:257万1,000円

【ハイブリッド車】

・X 2WD:229万5,000円
・X E-Four:252万6,000円
・G 2WD:252万4,000円
・G E-Four:275万5,000円
・Z 2WD:280万9,000円
・Z E-Four:304万円
・Z“Adventure” 2WD:292万5,000円
・Z“Adventure” E-Four:315万6,000円
・GR SPORT 2WD:295万4,000円

ヤリスクロスにお得に乗れる方法を利用できるか確かめてみる

トヨタ「ヤリスクロス」中古車の価格

ヤリスクロスの2021~2023年式を相場をご紹介します。

・2021年式:185~265万円程度
・2022年式:205~265万円程度
・2023年式:185~305万円程度

ヤリスクロスで、自分に合ったカーライフを送ろう

ヤリスクロスはヤリスべースのコンパクトなサイズのSUVでありながら、広く使い勝手の良い荷室を備え、後席の居住性も上々です。

走行性能も高いうえ、ハイブリッド車は高いレベルの低燃費を実現しているので、日寿生活からレジャーまで、幅広いシーンで活躍してくれる1台といえるでしょう。

※この記事は、2024年6月時点の情報で制作しています

トヨタヤリスクロスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヤリスクロスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る