二人暮らしの光熱費の平均はいくら?今すぐできる節約術と成功に導くコツ

カルモくんなら新車が

光熱費は、生活スタイルによって金額に差が出やすい費用のひとつです。特に二人暮らしの場合は使用料も増えやすく、ほかの二人暮らし世帯より高くないか気になっている方も多いでしょう。そこで、二人暮らしにかかる光熱費の平均と、二人で一緒に取り組める光熱費の節約術をご紹介します。

【この記事のポイント】
✔二人暮らしにかかる光熱費の平均総額は19,599円
✔光熱費の節約に最も効果的なのは料金プランの見直し
✔光熱費は家電や電球の買い替えでも大幅な節約が可能

節約は車の維持費から

二人暮らしにかかる光熱費の平均はいくら?

電気代9,654円
ガス代4,488円
水道代4,098円
その他の光熱費1,359円
合計19,599円

 

2019年に総務省が発表した「家計調査」によると、二人暮らしにかかる1ヵ月あたりの光熱費の平均総額は19,599円です。
光熱費の内訳は電気代が9,654円と最も高く、総額の約半分を占めています。次いで、ガス代4,488円、水道代4,098円、灯油などその他の光熱費で1,359円となっています。

自分たちの光熱費がかかりすぎかどうかは平均と比べることで見えてきますが、調査結果は全国の二人暮らしを対象とした1年間の光熱費の平均データなので、季節や住んでいる地域によって差があります。また、ガス代も契約している種類によって相場が異なるため、それらを踏まえて比較する必要があります。

季節による光熱費の違い

光熱費の中でも大きな割合を占める電気代は、エアコンや暖房器具を使用する夏場と冬場に高くなる傾向があります
二人暮らしにかかる1ヵ月の電気代の平均を季節別に見ると、冷暖房をあまり使用しない春や秋で7,000~8,000円ほど、暖房の使用頻度が高い冬で10,000~11,000円ほどです。
また、冬場はお風呂や洗い物などでお湯の使用量が増えることから、ガス代や水道代も高くなりやすく、一年の中で最も光熱費がかかる季節になります。

居住地による光熱費の違い

光熱費の基本料や使用料は、地域によって設定料金が異なります。例えば水道代は、ダムや浄水場といった水源が近い地域では平均より安くなるケースが多く、供給に手間がかかる離島などでは高くなる傾向があります。また、電気代は利用者が多い地域ほど安くなるので、人口が少ない地方より人口が多い都市部のほうが安くなります。

契約するガスの種類による違い

ガスには都市ガスとプロパンガスがあり、プロパンガスは都市ガスの2倍ほどの価格になるケースが多いです。プロパンガスを利用している場合はガス代が平均より高くなる可能性があります。

二人暮らしにかかる光熱費の節約術

季節や地域、ガスの種類などを考慮しても光熱費が高いと感じたときは、節約でコストダウンを図りましょう。
二人暮らしにおすすめの手軽な光熱費の節約方法を、電気代、ガス代、水道代に分けてご紹介します。

電気代の節約術

電気代の節約術

光熱費の中で最も負担の大きい電気代は、大きな節約が見込める項目です。

・エアコンの使い方を見直す
エアコンは設定温度が1℃違うだけで13%もの電力消費量が変わるといわれているため、エアコンを使用する際は温度設定を意識することが節約につながります。なお、節約には自動運転モードが適しています

・室内の空気を循環させる
冷気は床の近くに、熱気は天井付近に溜まりやすいので、サーキュレーターや扇風機を使って室内の空気を循環させると、部屋全体が快適な温度となって電気代が節約できます。
夏場はカーテンを閉めるのも効果的。また、エアコンは暖房のほうが電気代が高くなるため、冬場は石油ストーブなどと併用するのもおすすめです。

・料金プランを見直す
料金の安い電力会社に切り替えたり、契約プランを見直したりすることも電気代の節約になります。
電力会社の切り替えについては、2016年に電力自由化が実施され、個人で自由に電力会社を選べるようになりました。電力会社によって、基本料金が無料になったり、電気代が安くなる時間帯が設定されていたりとさまざまなプランがあるため、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

ガス代の節約術

ガス代の節約術

ガスはおもに冬場の使用量が多くなりますが、キッチンのガスコンロなどは一年を通して節約が可能です。

・料金プランを見直す
ガス代は、電気と同じ会社で契約するとセット料金で安くなるケースもあるため、ガス代が平均額を大幅に超えている場合などは料金プランの見直しを検討しましょう。
同じ会社にすることで、電気代とガス代の請求がひとつになって家計管理がしやすいというメリットもあります。

・節約を意識した入浴方法を心がける
ガス代の中でも多くの割合を占める入浴では、湯船のお湯を6割ほどに抑えるほか、お湯が冷める前に続けて入浴したり、シャワーをこまめに止めたりするのも効果的です。

・調理中の火力は中火にする
ガスコンロを使用している場合、調理中の火力は中火を意識しましょう。共働きなどで忙しいと手早く済ませるために強火にしがちですが、フライパンからはみ出た炎はすべて無駄にしているガス代です。煮込み料理などを作るときは圧力鍋や炊飯器を活用したり、野菜の下茹ででは電子レンジで行ったりすると、さらにガス代を節約できます。

水道代の節約術

水道代の節約術

水道代は蛇口から出る水の料金に加え、排水にかかる下水道料金も必要です。また、水道代は使用料が増えるほど単価が高くなる従量制なので、節水を心掛けることが一番の節約になります。

・節水グッズを使用する
水道使用量のうち、お風呂とトイレに使う水が約60%を占めています。そのため、節水シャワーヘッドやトイレ節水器など、節水グッズを利用するのが最も簡単で効果的な節約術です。
また、シャワーをこまめに止めたり、トイレで水を流す際に大小レバーを使い分けたりすることも水道代の節約につながります。

・食器洗浄機を購入する
食器の数が多い家庭では、食器洗浄機を利用したほうが水道代を節約できることがあります。食器洗浄機を利用する際は、予洗いで汚れを落とし、食器が重ならないように入れることが節水のポイントです。また、洗剤を入れすぎると水道代がかさむため、適量を意識しましょう。

二人暮らしの光熱費を節約する際の注意点

二人暮らしの光熱費を節約する際の注意点

日々使用する電気やガス、水道は、工夫次第で節約しやすい一方、ライフラインだけに、極端な節約は健康や生活を脅かすおそれがあります。光熱費の節約のためにエアコンや暖房器具の使用を我慢して体調を崩すといったことがないように、健康的な生活が送れる状況を維持した上で、無駄な使用を控えることが大切です。
光熱費は「生活をするために必要な出費」であることを理解して、節約にこだわりすぎないように注意しましょう。

また、二人暮らしの場合は、節約の意識にずれがあると、ストレスになったりケンカに発展したりと関係性にまで影響する場合があります。
まずはそれぞれがストレスなく過ごせる生活スタイルを話し合い、その上でできる節約方法を一緒に考えると、無理をしない節約が可能になります。
節約の目的や目標金額を相談するなど共通の楽しみのために行う意識を持つと、互いにモチベーションを維持しやすくなるでしょう。

光熱費をより効率的に節約する方法

光熱費をより効率的に節約する方法

二人暮らしの光熱費は協力することで節約が可能ですが、継続しなければ効果を実感しにくいだけに、途中であきらめてしまうことも少なくありません。
できるだけ効率的に光熱費を節約したいときは、次の方法も取り入れてみましょう。

省エネ家電への買替え

家電は年々進化しており、より少ない電力で快適に使用できるタイプのものが増えています。
現在使用している家電が購入から数年経過している場合は、省エネタイプのものに買い替えることで光熱費を下げられる可能性があります。
特に一年中通電している冷蔵庫や、光熱費の多くを占めるエアコンは、大きな節約効果が期待できるでしょう。

電球をLED電球に交換する

LED電球は、長寿命で消費電力の少ない電球です。購入価格は一般的な白熱電球よりも高めですが、電球の買替費用や電気代が節約できるので、結果的に光熱費がお得になります。

光熱費の節約と併せて実践したい、二人暮らしの節約術

光熱費の節約と併せて実践したい

二人暮らしでは、光熱費以外にもさまざまな費用がかかります。より節約を試みたいときは、次に挙げる方法も併せて行うことで大きな節約効果が見込めます。

通信費の見直し

スマートフォンは、キャリアを変更したり、契約中のプランを見直して不要なサービスを解約したりすることで料金を下げられます。家族回線で申し込んだり、インターネット回線とセットで契約したりすると割引が受けられるケースもあるので、事前に数社でシミュレーションしてみましょう

なお、通信費のように毎月必ず支払う費用は、一度見直して費用を下げることで、その後は継続的に節約効果を得ることができます。そのため、食費などの変動する費用の節約よりも簡単で高い効果が期待できます。

車の維持費の節約

家計の中でも意外に大きな負担となるのが車の維持費です。ガソリン代のほか、毎年の税金や2年ごとの車検、メンテナンス費用などで年間数十万円が必要になります。
しかし、定額制のカーリースを利用すれば、毎月の定額料金だけで車に乗れるようになります。

カーリースの定額カルモくんでは、10,000円台から好きな新車に乗れる上、頭金やボーナス払いも必要なく、月額料金には自動車税(種別割)などの税金や自賠責保険料、各種手数料などが含まれるので、大きな出費の心配なくカーライフを送れます。

車の維持費が安くなる

二人暮らしの光熱費は無理をしないことが大切

二人暮らしにかかる光熱費が平均より高い場合は、二人で行いやすい節約術から実践してみましょう。ただ、ストレスを溜めたり健康を害したりしないよう、無理をしないことが大切です。そのためにも、省エネ家電やカーリースなど、光熱費の節約以外の方法も上手に活用して節約に取り組みましょう。

よくある質問

Q1:二人暮らしの光熱費の平均はいくら?

A:2019年に総務省が発表した「家計調査」によると、二人暮らしにかかる1ヵ月あたりの光熱費の平均総額は19,599円です。光熱費の内訳は電気代が9,654円と最も高く、次いでガス代4,488円、水道代4,098円、灯油などその他の光熱費で1,359円となっています。

Q2:二人暮らしの光熱費を節約するポイントは?

A:二人暮らしの場合、節約の意識にずれがあると、ストレスになったりケンカに発展したりと関係性にまで影響する場合があります。まずはそれぞれがストレスなく過ごせる生活スタイルを話し合い、その上でできる節約方法を一緒に考えることがポイントです。

Q3:効果的な節約術を教えて!

A:電気やガス、水道の使用料を減らすほか、消費電力の少ない省エネ家電に買い替えたり、白熱電球をLED電球に交換したりすると、より効率的に光熱費を節約できます。

※記事の内容は2020年12月の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー