ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車の維持費がおかしい?節約方法と節約が難しい維持費の負担を軽くする方法

車の維持費がおかしい?節約方法と節約が難しい維持費の負担を軽くする方法|車の維持費についてならカルモマガジン

車を維持するためには、ガソリン代や駐車場代だけでなく税金や保険料、整備や車検などの点検費用がかかります。特に税金や車検代などはまとまった出費となることも多いため、車の維持費が高すぎておかしいと感じることもあるのではないでしょうか。

そこで、維持費の相場と節約方法、節約できない維持費の負担を軽くする方法をご紹介します。

  • 車の維持費がおかしいと感じたら、まずはメンテナンス方法や車の使い方を見直す
  • 維持費を抑える方法には、燃費のいい車種や税金が安い車に乗り換える方法もある
  • 車検なども定額化できるカーリースなら、初期費用なしで新車に乗り換えできる

車の維持費がおかしいと感じる原因

車の維持費がおかしいと感じる原因

車の維持費がおかしいと感じる原因としては、年式が古いことや排気量が多い点などが考えられます。車は新車登録から時間が経つほど維持費がかかるようになり、排気量の大きい車ほど維持費が高くなる傾向があるためです。そこで、まずは車の維持費がおかしいと感じる場合に考えられる原因になる、維持費ごとの相場を見ていきましょう。

1. 税金

車の税金にはいくつか種類がありますが、毎年4月1日時点の車の所有者に納税義務が課せられるのが「自動車税(種別割)」です。車の排気量によって税額が異なり、新規登録から13年経過したタイミングで、普通自動車は約15%、軽自動車は約20%増税されます。

なお、電気自動車やハイブリッド車は、13年経過しても課税対象外となります。排気量に応じた税額は、以下のとおりです。

〈乗用車の自動車税(種別割)一覧〉

排気量2019年10月1日以後
初回新規登録
2019年9月30日以前
初回新規登録
新車登録から13年以上
経過した場合
軽自動車10,800円10,800円12,900円
電気自動車25,000円29,500円29,500円
1L以下25,000円29,500円33,900円
1~1.5L以下30,500円34,500円39,600円
1.5~2L以下36,000円39,500円45,400円
2~2.5L以下43,500円45,000円51,700円
2.5~3L以下50,000円51,000円58,600円
3~3.5L以下57,000円58,000円66,700円
3.5~4L以下65,500円66,500円76,400円
4~4.5L以下75,500円76,500円87,900円
4.5~6L以下87,000円88,000円10万1,200円
6L~11万円11万円12万7,600円

※自動車税種別割グリーン化特例の適用を受けない自動車の税率
※新規登録から13年以上経過した車の税額は、2019年9月30日以前に初回新車登録の場合の金額

2. 車検費用

車検費用

車の所有者は新車登録から3年目に初回車検を、それ以後は2年ごとに継続車検を受ける必要があります。
また、車検費用は法定費用・車検基本料・部品交換費用の3つに大きく分けられます。

・法定費用
法定費用とは、車検時に支払う自動車重量税と自賠責保険料、印紙代のことです。重量税と自賠責保険料は、車検時に次回の車検までの期間分の税金と保険料をまとめて支払うのが一般的です。

まずは、車の重量に応じて課税される自動車重量税について見ていきましょう。重量税は、エコカー減税対象車かどうかによって税額が異なります。また、普通自動車は重量が上がるほど税額も高くなりますが、軽自動車は一律となります。

さらに、普通車・軽自動車どちらも、新規登録から13年または18年経過したタイミングで税額が上がります。税額は以下のとおりです。

〈継続車検時の自動車重量税(軽自動車の場合)〉

エコカー減税対象車の場合エコカー減税対象外の場合
免税本則税率13年経過車18年経過車左以外
0円5,000円8,200円8,800円6,600円

 

〈継続車検時の自動車重量税(普通自動車の場合)〉

車両重量エコカー減税対象車の場合エコカー減税対象外の場合
免税本則税率13年経過車18年経過車左以外
~500kg以下0円5,000円11,400円12,600円8,200円
~1,000kg以下10,000円22,800円25,200円16,400円
~1,500kg以下15,000円34,200円37,800円24,600円
~2,000kg以下20,000円45,600円50,400円32,800円
~2,500kg以下25,000円57,000円63,000円41,000円
~3,000kg以下30,000円68,400円75,600円49,200円

 

・車検基本料
車検時に整備した内容や車検を受けた業者によって、金額が異なります。

・部品交換費用
新規登録から経過するほど車は劣化していくため、低年式の車ほど整備や交換すべき部分が多くなり、費用も高額になりがちです。また、高額な純正パーツを使用すると費用も高くなります。

3. 点検整備・修理費用

車検とは別に定期的に受ける点検整備費用や、不具合や故障が生じたときに支払う修理費用も、車検の整備費用と同様に低年式の車ほど高額になりがちです。また、経年劣化によってメンテナンスが必要な箇所が増えると、整備や修理の頻度も高くなります

4. 保険料

車の保険は、車の所有者が必ず加入しなくてはいけない「自賠責保険」と、任意で加入する「自動車保険」の2種類があります。

自賠責保険料は車検の法定費用に含まれるもので、自動車の運転中に他人にケガをさせたり、死亡させたりした場合の対人賠償事故が補償されます。一般的に、次回の車検までの期間分をまとめて支払いますが、保険切れを防ぐために37ヵ月分や25ヵ月分など期間に余裕を持たせて支払うケースもあります。

〈自賠責保険一覧〉

 37ヵ月36ヵ月25ヵ月24ヵ月13ヵ月12ヵ月
普通自動車27,770円27,180円20,610円20,010円13,310円12,700円
軽自動車27,330円26,760円20,310円19,730円13,150円12,550円
※2021年4月1日以降の契約で適用される金額です

一方、任意で加入する自動車保険は、契約する保険会社や補償内容、特約などによって金額が大きく異なります。また、事故などで保険を使用すると、その後の保険料も上がります。

5. ガソリン代

ガソリン代は、車の使用頻度や燃費、さらに給油時のガソリンの価格にも関係します。また、新しい車や燃費性能の良い車ほど、ガソリン代を節約することができるでしょう。一方、経年劣化により燃費が悪くなると、新車時と比べてガソリン代がかかるようになります。

ガソリン代は月に数回に分けて支払うことが多いため、1回あたりの支出はそこまで大きく感じられないかもしれません。しかし、年間のガソリン代を算出すると、負担の大きい維持費のひとつであることがわかります。

6. 駐車場代

駐車場代は、住む場所やコインパーキングなどの使用頻度によっては負担が大きくなりやすい維持費です。料金は、駅などから遠くて地面が砂利、狭いなど不便な立地の駐車場は安く、立地条件が良くきちんと整備されている駐車場ほど高い傾向があります

そのため、条件の良い駐車場に変更したことで、維持費が高くなったケースも考えられるでしょう。

7. 使用方法

車は運転方法によっては部品に負担がかかり、維持費がかさむことがあります。特に、急発進や急停止、急旋回といった車に負担のかかる運転はパーツの消耗を早めるため、整備費用や部品交換費用が高くなる原因となります。

また、急発進や急停止、急旋回はエンジンを必要以上に回転させるため、燃料も必要以上に消費してしまいます。ほかにも、車の点検整備を先延ばしにする、長時間アイドリングするなどの使い方も車の劣化を早める原因として考えられます。

FP:伊藤
FP:伊藤

一般財団法人 自動車検査登録情報協会の調査によると、2021年の車の平均車齢は8.84年、平均使用年数は13.26年となっています。車の性能が上がり、寿命が延びたことで、同じ車に長く乗る方が増えていることがわかります。

その一方で、新車登録から13年目と18年目に税金が上がることから、維持費が高いと感じる方が増えている可能性も考えられます。それに、経年劣化によって燃費が悪くなっているケースもあるので、新車に乗り換えることで維持費を節約できる方もいるのではないでしょうか。

維持費には節約できる費用とできない費用がある

維持費には節約できる費用とできない費用がある
車の維持費についてご紹介してきましたが、維持費には節約できる費用とできない費用があります。ここでは、節約できる費用とその方法を知り、維持費の負担を抑えられるよう役立てていきましょう。また、節約できない費用についても、その理由を解説します。

節約できる費用

維持費のうち、節約できるのは車検基本料や点検整備および修理費用、自動車保険料、ガソリン代、駐車場代、メンテナンス費用です。

・車検
車検代のうち、節約できるのは車検を受ける業者によって異なる基本車検料と整備費用、部品交換にかかる費用です。これらの費用は、点検項目が多く、整備に純正パーツが使用されるケースが多いディーラーで車検を受けると高額になる傾向があります。

一方で、費用を抑えやすいのは、必要最低限の整備を行う車検専門業者です。また、見積もりの段階で不要な整備やサービスを外したり、お得なキャンペーンを実施している業者を利用したりすることでも、車検代の節約が期待できるでしょう。

・点検整備および修理費用
定期的に受ける点検整備や修理費用は、日頃の車の使い方を見直すと節約できる可能性があります。エコドライブを心掛け、パーツの劣化や燃費の悪化をできるだけ抑えることで、車の不具合や故障も避けられるためです。車を丁寧に扱い、なるべく負担をかけないようにしましょう。

・自動車保険料
自身で保険商品や特約を選べる自動車保険も、契約内容を見直すと節約することができます。特に、車を購入した際に保険会社にすすめられるがまま複数の保険に加入したり不要な特約を付けたりした場合、自動車保険料が高額になっている可能性があります

対人賠償保険や対物補償保険、人身傷害保険などは加入しておきたい補償ですが、搭乗者傷害保険など人によっては不要に感じられるものもあるため、まずは契約内容を確認してみましょう。

・ガソリン代
日頃何気なく支払っているガソリン代は、燃費を悪化させない運転を心掛けたり、安く給油できるガソリンスタンドを見つけたりすることで節約につながります。ガソリンスタンドのお得なキャンペーンも、積極的に活用しましょう。

また、運転時は無駄な走行をしないよう心掛けることも大切です。目的地までの最短ルートを調べて、走行距離を抑えましょう。

・駐車場代
駐車場代の負担が大きいと感じたら、自身が住んでいるエリアの月極駐車場の相場を知り、より安く利用できる駐車場はないか調べてみるのもおすすめです。

特に、マンション住まいで駐車場もそのマンションのものを借りている場合、特に割引などがされていなければ損している可能性があります。マンションの敷地外にある駐車場のほうが支出を抑えられることもあるため、近隣の駐車場の料金もチェックしてみましょう。

・メンテナンス費用
メンテナンス費用は、点検整備をこまめに受けることで抑えられます。こまめなメンテナンスは車を安全な状態で維持できるだけでなく、一度に高額なメンテナンス費用がかかることも避けられるでしょう。反対に、メンテナンスを怠っていると、1回あたりの費用も高額になってしまう可能性があるため注意が必要です。

また、日頃から無理のない運転を心掛けることもメンテナンス費用の節約につながります。

節約できない費用

節約できない車の維持費としては、税金と自賠責保険料が挙げられます。

・税金
自動車税(種別割)や自動車重量税は、先述したように車のタイプや年式などによって税額が決まっているため、節約することはできません。なお、車を乗り換える際には、軽自動車やエコカー減税対象車などの税金を抑えられるタイプの車を選べば、税金も節約できるでしょう。

自賠責保険料
車検時に次回の車検までの期間分をまとめて支払う自賠責保険料は、どの保険会社で加入しても金額は一律のため節約はできません。保険料を節約したい場合は、自身で加入する保険を選べる自動車保険を見直しましょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

車の維持費を抑えるためには、それぞれの維持費の性質を知ることが節約の第一歩です。また、車の使い方や運転方法を見直すことで、車への負担を軽減し、維持費を抑えられるケースもあります。

もし、長期間乗り続けたことで車の劣化が進み、維持費がかさんでいるのであれば、乗り換えを検討するのもおすすめです。最近では、マイカーでは節約が難しい税金や車検費用をフラットにできる方法で新車に乗り換える方も増えています。

節約が難しい税金や自賠責保険料の負担を軽くする方法とは?

車の維持費がおかしいと感じたときの対処法

車の維持費がおかしいと感じたときの対処法
さまざまな維持費を節約する方法をご紹介しましたが、同じ車のまま極端に維持費を節約することは難しいこともあるでしょう。そういった場合は、軽自動車やエコカーなどの維持費が安い車に乗り換えるのがおすすめです。ほかにも、車の維持費がおかしいと感じたときの対処法をご紹介します。

維持費が安い車に乗り換える

先程も触れたように、各種税金や車検代が安い軽自動車や、減税対象車で燃費性能にも優れたエコカーなどであれば今より維持費を抑えられる可能性があります。そのため、初期費用がかかったとしても、長い目で見ると維持費の軽減につながると考えられます。

しかし、軽自動車やエコカーでも、中古車を選ぶと年式や走行距離などによっては不具合や故障のリスクがあり、かえって維持費がかかる可能性があります。また、ローンを組んで乗り換える場合は、上乗せされる利息による負担も踏まえて検討する必要があるでしょう

車検業者を見直す

維持費がおかしいと感じたときは、車検を受ける業者を見直すのもおすすめです。車検の基本料金や部品交換にかかる費用は業者によって相場が異なるため、特にディーラーで車検を受けていた場合は、すぐに必要でない整備項目やサービス料がかかっていた可能性もあります。

車検業者ごとの料金を比較したり見積もりを複数の業者で取ったりして、納得のいく料金で車検を受けられる業者を探してみましょう。

カーシェアを利用する

車の使用頻度がそれほど多くない場合は、車を所有するのではなく、必要なときにだけ乗れるカーシェアを利用するのもひとつの方法です。短時間の利用を想定しているサービスのため、コストを抑えて車に乗ることができるでしょう。

ただし、カーシェアは使いたいときに使えなかったり、マイカーのように自由に乗ることはできなかったりと、不便に感じられる可能性もあります。車を頻繁に使用する場合や、自分だけの車を所有したい方には、不向きなこともあるでしょう。

カーリースを利用する

新車に乗り換えたいけど、初期費用の負担が難しいと感じている方には、カーリースがおすすめです。カーリースは定額の月額料金を支払うことで、自身の選んだ新車にマイカーのように乗れる車のサブスクリプションサービスです。

車を買い換えるよりも家計への負担が少なく、さらに月額料金に各種税金や自賠責保険料なども組み込まれて定額化されているため、維持費をフラットにすることができます

ここからは、カーリースのサービスのしくみや、維持費の負担を抑えられる理由について詳しく見ていきましょう。

FP:伊藤
FP:伊藤

新車に乗り換える際、軽自動車やコンパクトカーなど税金の安い車に乗り換えるのもひとつの方法ですが、ハイブリッドカーや電気自動車を選ぶのも、将来的な維持費を下げることにつながるでしょう。

しかし、排気量が大きい車や最新技術が搭載された車は、車両本体価格も高額になることが多いので、カーリースのように初期費用の負担がない方法で上手に乗り換えるのがおすすめです。中には、車種選びも相談できるカーリースもあるので、あまり車に詳しくない方でも安心です。

節約が難しい税金や自賠責保険料の負担を軽くする方法

ずっと定額

マイカーを購入すると、どうしても税金や自賠責保険料などの負担がかかります。その点、カーリースなら、節約が難しい税金や自賠責保険料も含めたさまざまな維持費を定額化できるため、維持費の負担を抑えて新車に乗り換えることができます。

ここでは、カーリースのしくみとともに、維持費をフラットにできる理由を解説します。

初期費用がかからない

マイカーを購入する場合、車両本体価格とは別に各種税金や保険料、さらに登録諸費用などもかかるため、初期費用としてまとまった金額が必要となります。

一方、カーリースは定額の月額料金を支払うことで、リース会社の用意した新車に乗れるサービスです。月額料金には税金や自賠責保険料、登録諸費用などが組み込まれているため、初期費用がかかりません。さらに、頭金やボーナス払いも不要なため、貯金を使うことなく、すぐに新車に乗り換えることができます。

税金や自賠責保険料がコミコミになる

一般的に、カーリースの月額料金には車両本体価格に加えて契約期間分の各種税金や自賠責保険料が含まれています。そのため、毎年の納税や車検時に、別途お金を用意する必要がありません

車検などのメンテナンス費用も定額化できる

車に乗り続けるとなると、カーリースでも車検や消耗品の交換にかかる費用は必要です。しかし、リース会社の多くは、こうしたメンテナンス費用も月額料金に組み込んで定額化できるプランを用意しています。毎月の定額料金で車検やメンテナンス時の出費に備えられるため、急にまとまった出費が発生する心配もありません

カーリースの月額料金で維持費の大半を一本化すれば、別途負担するのはガソリン代と駐車場代程度にすることもできるでしょう。

車にかかる費用の節約につながるサービスとは?

セールススタッフ

カーリースは維持費を節約できるだけでなく、新しい車の乗り方として注目を集めています。また、利用者の増加とともにさまざまなリースサービスが登場しています。その中でも、利用者から維持費の負担が抑えられると人気を集めているのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。

ここでは、定額カルモくんがお得に新車に乗り換えられる理由をご紹介します。

業界最安水準の月額料金

カーリースの料金はリース会社によって異なり、中には月々10,000円以下の格安料金を掲げるサービスもあります。しかし、こうしたカーリースのほとんどがボーナス払いを前提としており、ボーナス月の費用負担が大きくなってしまう上に、ボーナスの使い道も制限されてしまいます。

その点、定額カルモくんは頭金やボーナス払いなしで利用できる、業界最安水準のカーリースです。さらに、国産メーカーの全車種・全グレードから選べるため、予算や用途に合わせて自身にぴったりの車の新車に乗り換えることができます

月々10,000円台で車検もコミコミ

定額カルモくんでは予算や補償内容に合わせて選べる「メンテナンスプラン」を用意しており、車検やメンテナンスにかかる費用を月額料金にまとめることができます。車種やプランの組み合わせによっては、車検やメンテナンス費用も込みで月々10,000円台から新車に乗ることも可能です。

なお、カーリースを利用するには、ローンのように審査に通過する必要があります。もし審査に不安がある方でも、利用者にローン審査に落ちた経験がある方も多い定額カルモくんなら審査を受けやすいのではないでしょうか。

さらに、定額カルモくんにはオンラインから5分程度で申し込める「お試し審査」もあります。最短で翌営業日に結果がわかり、審査通過後の車種変更も可能です。通過後のキャンセルもできるため、まずはカーリースの利用可否を知りたいという方にもおすすめです。

FP:伊藤
FP:伊藤

カーリースには多くのメリットがありますが、車を必要とする方すべてに向いているサービスではありません。維持費の負担が気にならない方や、資金に余裕がある場合には、購入したほうが費用を抑えられるケースもあるでしょう。

一方で、維持費の負担が気になる方や、車にかかる費用の管理を簡単にしたい場合には向いている方法です。ほかにも、車が必要な期間が決まっていたり、忙しくて手続きなどに時間がとれなかったり、手間を省きたい方にもおすすめです。

車の維持費がおかしいと感じたら乗り換えも検討してみよう

車の維持費がおかしいと感じたら乗り換えも検討してみよう

車の維持費がおかしいと感じた場合、乗り方やメンテナンス方法を見直すことで多少の節約は期待できますが、車のタイプや状態によってはあまり効果がない可能性もあります。そういった場合には、カーリースのようにまとまった費用の負担がない方法で維持費の安い新車に乗り換えてみてはいかがでしょうか

なお、最終的に車がもらえるプランを用意しているカーリースもあるため、将来的にマイカーが欲しい方にもおすすめの方法といえるでしょう。

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:車の維持費がおかしいと感じたとき、節約する方法はある?

A:車の維持費の中で節約ができるのは、車検や点検整備、修理費用、自動車保険料やガソリン代、駐車場代です。日頃の車の乗り方や車検、メンテナンスを受ける業者、保険会社との契約内容などを見直すと、節約できる可能性があります。なお、各種税金や自賠責保険料は節約ができません。

Q2:車の維持費の負担を軽減する方法は?

A:税金やガソリン代などの維持費が安い車に乗り換えると負担を抑えられるでしょう。初期費用なしで新車に乗れるカーリースなら、月々の料金に各種税金や自賠責保険料が含まれているため、費用負担を軽減してカーライフを送ることができます。

※この記事は2022年3月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
車検やめて