ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

サブスクリプションとレンタルの違いは?便利に使い分ける方法とは

サブスクリプションとレンタルの違いは?便利に使い分ける方法とは

物を買わずに借りて利用する方法に、サブスクリプションやレンタルがあります。2つの違いはどこにあるのでしょうか?サブスクリプションとレンタルの違いをよく理解して、自分に合ったサービスをよりお得に利用できるようにしましょう。

サブスクリプションとレンタルはどう違う?

サブスクリプションとレンタルはどう違う?

サブスクリプションというと、音楽や映画などが聴き放題・見放題になる、月額定額制の配信サービスを連想する方も多いでしょう。一方、レンタルはというと、商品を「買う」のではなく、「一定期間借りる」サービスです。契約期間が過ぎたら返却するのがルールです。

一見すると、「買う」のがサブスクリプションで、「借りる」のがレンタルなのでは?と思われるかもしれません。しかし、実はサブスクリプションにも「借りる」サービスはあります。どういうことなのか、具体的に見ていきましょう。

「借りる」サブスクリプションとは?

そもそもサブスクリプションとは、一定期間契約し、月々定額の利用料を支払って利用するサービスのことです。現在は、音楽や動画の配信サービスのように、月額料金でいろいろな音楽や映画が楽しめるサブスクリプションが人気です。

しかし、こうしたサービスは昔からあるものです。例えば、新聞や雑誌を定期購読するのもサブスクリプションサービスといえます。新聞・雑誌は紙でできた物でもあるため、つい「商品」と考えてしまいがちですが、そこに載っている「情報」を買っているのです。同様に、現在の音楽や動画の配信サービスも、一定期間内で閲覧できるデジタルコンテンツを「情報」として買っているということができます。

また、音楽や映画を楽しむには、レンタルショップに行ってCD・ビデオ・DVDなどで借りてきて楽しむ方法もあります。大抵は利用したくなったら店舗に行って、作品を選んで持ち帰り、鑑賞して返却するという方法ですが、この特定のものを一時的に借りる場合はレンタルサービスになります。ところが、その店舗の会員になって月々定額料金を支払い、継続的に借りられるプランに加入した場合、サブスクリプションサービスということになります。

つまり、一時的に借りて利用する場合はレンタル、長期的に繰り返し利用したい場合はサブスクリプションのサービスを利用するということになります。

カーリースとレンタカーの違いは?

音楽や映画以外にも、さまざまな分野でいろいろな「借りる」サブスクリプションサービスが提供されています。その中でもやはり、わかりづらいのはカーリースとレンタカーの違いでしょう。どちらも車を一定の期間、借りて利用できるサービスです。それぞれの特徴をまとめました。

カーリースの特徴とは?

カーリースの特徴とは?

カーリースは、月々定額を支払い、車を借りて乗ることができるサービスです。契約期間はリース会社によって異なりますが、1~7年程度となっています。

カーリースのメリットは、マイカーを購入したときと同じように自宅や駐車場に車を置いて、いつでも好きな時に自由に使うことのできる点です。

一方、デメリットは車を購入する場合とは違い、契約期間を満了したらリース会社へ車を返却しなければならないことです。また、途中で解約ができなかったり、契約期間が短いと費用が高額になったりすることが挙げられます。

レンタカーの特徴とは?

レンタカーは、一時的に短期間、車を借りて乗ることができるサービスです。

メリットは、必要なときに1日から数日程度の短期間で借りられ、手頃な価格で車に乗れる点です。また、駐車場を契約する必要もないので、旅行先や出張先で一時的に車を借りたい場合などに適しています。

デメリットは、長期間の契約をしたり、頻繁に利用したりする場合には、利用料が高額になってしまう点です。また、レンタカー会社が扱っている車種には限りがあったり、車を借りたり返したりする際にレンタカー会社まで行く必要もあります。

車のサブスクリプションサービスであるカーリースのお得さ

このように、車を一時的に乗りたい場合はレンタル、長く繰り返し乗りたい場合はカーリースを利用するといいでしょう。つまり、カーリースは車を長期間契約して借り、月々定額の利用料を支払うサブスクリプションサービスということになります。
ここからは、カーリースが具体的にどれだけお得なのか、ご紹介していきましょう。

定額料金でお得に車に乗れる

車を借りるのではなく、購入する場合は、頭金や初期費用などのお金がかなりかかります。しかし、カーリースの場合は、頭金や自賠責保険料・税金などの諸経費も月々の定額料金に含まれているため、安く利用できます。

マイカーのように自由に利用できる

カーリースは、レンタカーとは違い、契約期間中は自宅や駐車場に車を置いて、いつでも好きな時に乗ることができます。もちろん、車の中に自分の荷物を置きっぱなしにすることもでき、返却の際に原状回復が可能な範囲であればカスタマイズや装飾も自由です。

カーリースでも人気の「定額カルモくん」

カルモくん_new

カーリースの中でも、特に人気なのが「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。他のカーリースサービスより、魅力的なポイントをご紹介します。

国産メーカーの全車種・全グレードから選べる

国産メーカーの全車種・全グレードから選べる

車を借りるサービスには、ほかにレンタカーやカーシェアがありますが、基本的にその店舗で用意している車にしか乗ることはできません。また、リース会社によっても、契約できる車種が限られている場合もあります。

その点、「定額カルモくん」なら、国産メーカーの全車種・全グレードから乗りたい新車を選ぶことができ、車のカラーやナンバーの希望にも応えてくれます。

契約満了後に車がもらえるオプションも

カーリースのデメリットに、契約期間が満了したら車を返却しなければならないという点があります。しかし、慣れた車に乗り続けたいという場合もあるでしょう。

「定額カルモくん」の「もらえるオプション」に加入すれば、契約期間満了後に乗っていた車をもらえ、またカスタマイズも自由にできるようになります。

サブスクリプションとレンタルは特徴で選ぶ

物を借りて利用するサービスであるサブスクリプションとレンタルの違いについて、ご紹介しました。それぞれにメリットとデメリットがありますが、両方の特徴を知った上で選びましょう。何をどういう用途で、どのくらいの期間利用したいのかを考えて、最適なサービスを選択するのがポイントです。

よくある質問

Q1:サブスクリプションとレンタルはどう違うの?

A:契約期間と利用方法が違います。短期間のみ利用するのがレンタル、長期的に利用するのがサブスクリプションです。長く利用したい場合は、定額制でランニングコストが安くなるサブスクリプションのほうがお得です。

Q2:サブスクリプションとレンタルはどっちがおすすめ?

A:利用したいサービスや期間によって違います。例えば、車を借りる場合であれば、旅行や出張など短期で乗りたいならレンタル、出勤や日常の足として長期的にいつでも乗りたいならサブスクリプションがおすすめです。

Q3:車のサブスクリプションって?

A:車のサブスクリプションサービスが、カーリースです。契約期間を決めて、月々定額の利用料を支払いながら、マイカーのように車に乗ることができます。レンタカーだと、車を借りたり、返したりしに行く手間がかかりますが、カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」ならスマホから簡単に申し込め、自宅まで車を届けてくれるのでとても便利です。

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー