中古車販売店の自社ローンのしくみって?メリット・デメリットを解説

中古車販売店の自社ローンのしくみって?メリット・デメリットを解説
貯金ゼロでも

ほかのローンの返済や勤務年数の短さなどのさまざまな理由から、銀行やディーラーの提供する自動車ローンの審査に通るのが難しい方もいるでしょう。そのような方にとっては、金利なしで利用できる自社ローンは、便利な方法です。審査に通りやすい自社ローンはたしかに便利に思えますが、いくつか注意点もあるため、利用は慎重に検討したいところです。

そこで、中古車の自社ローンについて、そのしくみやメリット・デメリットなどを解説します。併せて、ローンよりも審査に通りやすく、費用を抑えながら安心して中古車に乗れるサービスもご紹介します。

【この記事のポイント】
✔中古車の自社ローンは、ほかの自動車ローンよりも手続きがスムーズにできる
✔自社ローンは金利がない代わりに金利相当分の手数料がかかることが多い
✔カーリースのカルモくんなら審査も手軽で、定額制で好きな中古車に乗れる

自社ローンとは?

自社ローンとは?

自社ローンとは、中古車販売店が自社で提供するローンのことです。

銀行系ローンやディーラーローンなどの自動車ローンは、信販会社の審査を通過しなければ利用することができません。一方、自社ローンは中古車販売店が独自の審査基準を設けているため、審査の厳しい銀行系ローンなどよりも審査に通りやすいとされています。信販会社を介さずに販売店と利用者が分割払いの契約を直接結ぶため、ほかのローンよりも審査が早く、購入手続きもスムーズなのが自社ローンの特徴です。

自社ローンの利用方法は?

自社ローンの利用方法は?

自社ローンの利用方法は、中古車を購入する店舗によって細かい手順が異なります。ここでは、一般的な自社ローンを利用する流れや、必要書類についてご紹介します。

車を購入する店舗でローンを申し込む

銀行系ローンなどの自動車ローンはインターネットから申し込むのが一般的です。しかし、自社ローンは、車を購入する店舗へ行き契約を結ぶケースが多いでしょう。なお、インターネットから仮審査の申込みができる場合もあります。

契約までの流れやどれくらいの日数がかかるのかは、中古車販売店によって違うため、車を購入したい店舗のサイトなどをチェックしてみましょう。

必要書類を提出する

自社ローンの契約については、中古車販売店独自の規約があるため、契約に必要なものは販売店によって異なりますが、多くは以下の3点が必要となります。

  • 運転免許証
  • 収入を証明できる書類(源泉徴収票、支払調書、確定申告書など)
  • 印鑑

収入を証明できる書類については、できるだけ直近の収入と住所が記載されているものが望ましいでしょう。販売店によっては、上記以外のものを求められる可能性もあるため、あらかじめ販売店に確認しておきましょう。

自社ローンは頭金なしでも利用できる?

自社ローンは頭金なしでも利用できる?

ローン契約を申し込むにあたって、借入額を減らすためにまとまった金額を頭金として用意することもあるでしょう。しかし、自社ローンでは金利がかからないため、利息の心配もありません。そこで、頭金を用意すべきかどうか、自社ローンの頭金について見ていきましょう。

自社ローンによっては頭金が必要なこともある

中古車販売店によっては、自社ローンを利用するにあたり頭金の支払いが必要なところもあります。

自社ローンは金利なしで利用できて審査にも通りやすいぶん、できる限り分割払いをする金額を抑えて、滞納による未返済のリスクを少なくしたいと考える販売店も少なくありません。自社ローンによっては借入金額や分割回数に制限があり、購入できる車の選択肢が狭まってしまう場合もあるでしょう。

頭金0円で利用できる自社ローンもある

中古車販売店によっては、頭金なしで自社ローンを利用できるところもあります。ただし、頭金なしで利用できる自社ローンでも、手数料や保証料が上乗せされる場合が多いため注意が必要です。頭金や毎月の返済額だけでなく、諸費用も含めた返済総額を踏まえて検討しましょう。

自社ローンの審査ポイントは?

自社ローンの審査ポイントは?

ほかのカーローンと同様に、自社ローンを利用するためには審査を通過しなければなりません。

審査基準は各販売店によって異なるため、明確な基準を把握することは難しいですが、過去の借入れや返済状況を基に行われる自動車ローンの審査と違って、現在の状況を審査対象とすることが多いのが特徴です。そのため、一般的な自動車ローンで重視される年収や勤務先、勤続年数に不安のある方や、自己破産や返済トラブルなどの経験がある場合でも利用しやすいのが大きなメリットです。

ほかにも、ノンバンクの自動車ローンは、年収に対する3分の1を借入上限とする「総量規制」の対象となっているため、すでに組んでいるローンがあると希望の額で自動車ローンが組めないケースも考えられます。そういった場合にも、自社ローンであれば利用しやすいでしょう。

自社ローンで中古車を購入するメリット

自社ローンで中古車を購入するメリット

自社ローンには、ほかの自動車ローンよりも審査に通りやすいことや、金利面でのメリットが期待できます。

審査に通りやすい

自社ローンは銀行系ローンやディーラーローンなどの一般的な自動車ローンの審査では不安、あるいは通過できなかった方でも比較的通りやすいとされています。

一般的な自動車ローンでは、住宅ローンやクレジットカードの利用料金、リボ払いなどですでに借入れがあったり、支払いの滞納があったりする場合は、審査にも通らない可能性があります。

しかし、自社ローンでは契約者の現在の状況を見て、支払能力があるかどうかを判断することが多いため、一般的な自動車ローンよりも審査に通りやすいとされています。そのため、自社ローンは自動車ローンに通過できるか不安な自営業者や派遣社員、フリーターなどでも、審査を受けやすいでしょう。

金利なしで利用できる

自社ローンを提供する中古車販売店は金融業者ではないので、金利を設定することができません。金利を設定するためには、貸金業務取扱主任者が在籍する金融業者でなければならないと法律で定められているため、金利なしで利用できるのが一般的です。

ただし、自社ローンでは、手数料や保証料が上乗せされる場合が多い点に注意しなくてはいけません。上乗せされる金額によっては、ほかの自動車ローンよりも支払総額が高くなってしまう可能性もあります。

審査期間が短いためほかのローンよりも購入手続きがスムーズ

自社ローンは、信販会社を通さずに自社で審査を行うため、審査期間も短い傾向にあります。販売店によっては、その日に審査結果がわかるケースもあるようです。審査が早いぶん購入手続きもスムーズに進められるため、できるだけ早く車に乗りたいという方にとっては便利な方法といえるでしょう。

自社ローンで中古車を購入する注意点

自社ローンで中古車を購入する注意点

審査のスピードや金利面でメリットが期待できる自社ローンですが、注意すべき点がいくつかあります。場合によってはかえって費用負担が増えてしまう可能性もあるため、必ず注意点も踏まえて検討することをおすすめします。

車両価格に金利相当分を上乗せされるケースが多い

金利なしで利用できる自社ローンですが、車両本体価格に手数料や保証料が上乗せされる場合が多いでしょう。手数料や保証料の金額は販売店によって違いますが、その目安は借入金の10~20%ほどとされています。

金利なしで利用できるとしても、こうした諸費用次第では銀行系ローンやディーラーローンの金利よりも高くなり、支払総額が高額になるケースも考えられます。

返済完了まで車の所有者は販売店となる

自社ローンの返済期間中は、購入した車の所有権は販売店側にあります。そのため、返済が滞ると車を引き上げられてしまう可能性があります。また、返済が滞ったときのために、エンジンを遠隔で操作できる装置をつけることを条件に、自社ローンを提供している販売店もあります。

ほかにも、万が一、自社ローンの返済中に販売店が倒産した場合、車の所有者は販売店であるため、販売店の資産として車が売却されてしまうことも考えられます。

保証人が必要になる

自社ローンでは、保証人を必要とするケースがあります。その場合、もしローンの返済ができなくなってしまったら、保証人が代わりに返済しなければなりません。このように保証人に負担をかけないためにも、契約者自身が無理なく完済できる範囲でローンを組むことが大切です。

一般的な自動車ローンよりも支払回数が少ない

販売店によっても違いがありますが、一般的な自動車ローンでは48回や60回などで設定できるところが多い一方で、自社ローンの支払回数や返済期間は、滞納のリスクに備えて12~36回と少なめに設定されているケースがあります。

そのため、返済回数を増やして月々の返済額を抑えたいという方は、自社ローンの返済回数と期間についても慎重に検討すべきといえるでしょう。

すべての中古車販売店で自社ローンを利用できるわけではない

すべての中古車販売店が自社ローンを提供しているわけではありません。そのため、販売店によっては自社ローンを組めないところもあります。また、自社ローンを提供しているのは中古車販売店が多く、新車購入には利用できないケースも少なくありません。

銀行系ローンやディーラーローンなどの自動車ローンは、審査基準や利用条件、手数料などにもある程度共通した相場があるため、あらかじめ利用の想定がしやすいですが、自社ローンは各販売店が独自の規約を設けているため、利用する販売店ごとに契約内容を確認する必要があります。

高額な車は自社ローン適用外になることも

自社ローンは、車の購入費用を販売店に立て替えてもらうということです。立替費用が高ければ高いほど、当然販売店側のリスクも大きくなります。そのため、借入額に制限を設けている販売店もあります。高額な中古車は自社ローンを適用できなかったり、頭金を支払う必要があったりする可能性があるでしょう。

自社ローンが向いているのはどんなケース?

自社ローンが向いているのはどんなケース?

自社ローンで中古車を購入するにはさまざまなメリットやデメリットがありますが、購入するにあたっての条件や、そのときの状況によって、自社ローンが適しているかどうかは異なります。ここでは、どのような場合に、自社ローンの利用が向いているのかを見ていきましょう。

審査に通りやすいカーローンを利用したい

一般的な自動車ローンと比べて審査に通りやすい自社ローンは、収入や信用情報に不安があり、銀行系ローンやディーラーローンなどの審査の通過が難しい場合に向いているといえるでしょう。具体的には、次のような方に自社ローンは適しています。

・勤続年数が短い
一般的な自動車ローンの審査では、勤続年数は重要な審査項目のひとつです。ある程度の収入があるとしても勤続年数が1年未満など短い場合は、安定した収入が見込めないと判断されやすく、就職や転職したばかりの方は特に審査の通過も難しくなってしまいます。しかし、自社ローンの場合は、勤続年数が短くても、現在の返済能力に問題がなければ審査を通過できるものもあります。

・滞納や延滞など、信用情報に不安がある
一般的な自動車ローンの審査では、CICやJICCなどの信用情報機関に記録されている銀行や消費者金融、クレジットカードなどの取引履歴も審査対象となります。そのため、滞納や延滞の記録があると、審査通過が難しくなってしまう可能性が高いでしょう。その点、自社ローンでは、過去に滞納や延滞があっても、現在の返済能力に問題がなければ審査を通過できる可能性があります

・すでにほかのローンを組んでいる
一般的な自動車ローンの審査では、複数のローンを組んでいる場合、審査を通過しにくい傾向があります。しかし、自社ローンはほかのローンを利用していても、収入面などから返済能力に問題がなければ、審査を通過できる可能性があります

・非正規雇用である
自営業者やパート・アルバイト、派遣社員や契約社員などの非正規雇用者は、一定の収入があるとしても、正規雇用者と比べると自動車ローンの審査では不利な傾向にあります。しかし、自社ローンであれば、非正規雇用者でも安定的な収入があり、返済能力があると認められれば審査を通過できる可能性があります

上乗せ金額を含めても、ほかのローンの返済総額よりも安い

自社ローンで上乗せされる手数料や保証料を含めた返済総額が、ほかの自動車ローンよりも安いのであれば、自社ローンの利用が向いているといえます。ただし、通常は金利の低い銀行系ローンのほうが自社ローンよりも返済総額が安くなるため、このケースが当てはまる方は少ないでしょう。

現金一括購入はできないけど、すぐに車が欲しい

自社ローンはほかのローンよりも審査結果が早くわかるので、購入手続きもスムーズです。中には即日の審査後すぐに納車が可能なケースもあります。したがって、現金一括購入やほかの自動車ローンの利用はできないけれど、できるだけ早く車が必要な方にも自社ローンは向いています

カーリースなら自社ローンよりも費用を抑えて中古車に乗れる

審査に不安がある方でも利用しやすい自社ローンですが、金利の代わりに上乗せされる金額によっては費用負担が高くなってしまう上に、借入額や支払回数の制限に悩む方もいるでしょう。そこでおすすめなのが、毎月定額のリース料のみで利用できるカーリースです。自社ローンを検討されている方にもおすすめなカーリースの特徴について詳しくご紹介します。

月額定額料金で車に乗れる

カーリースの月額料金には各種税金や自賠責保険料などが含まれているのが一般的です。そのため、負担になりやすい車検時の法定費用や年に1度の自動車税(種別割)などの心配がないので、家計の見通しが立てやすいのが特徴です。

頭金やボーナス払いがいらない

頭金やボーナス払いがいらない

カーリースは基本的に定額制サービスなので、頭金やボーナス払いが不要です。そのため、ローン利用時に悩まされがちな頭金やボーナス払いによるまとまった出費の心配がありません。

また、使用料を払って車を借りるサービスなので、ローンのように金利もかかりません。契約や利用にかかる手数料も月額料金に含まれているため、頭金を支払ったり高額な手数料や保証料を上乗せしたりして自社ローンを組むよりもお得に利用できるのではないでしょうか。

サービスが充実しているリース会社を選べばさらに安心

車検や消耗品の交換などが定額化できるメンテナンスプランが用意されているなど、サービスが充実しているリース会社なら、より安心してカーライフを送ることができるでしょう。さらに、リース会社によっては故障補償が付帯しているサービスもあります。

車は日頃から整備やメンテナンスをきちんと行うことが大切です。安心・安全な状態で使用するためにも、メンテナンスプランや故障補償の充実したカーリースを選ぶと安心でしょう。また、中古車では特にメンテナンスが重要となるため、維持費にも備えられるカーリースがおすすめです。

購入よりも好きな中古車を選びやすい

カーリースには、新車リースよりもさらに費用を安く抑えられる中古車リースもあります。

中古車販売店で車を購入するとなると、当然その販売店で取り扱っている中古車から車を選ぶことになります。取扱台数は販売店によってばらつきがあり、乗りたい車がなかなか見つからない可能性もあります。

その点、取扱台数の豊富なカーリースであれば、好きな車種や希望条件を満たす車を見つけやすいでしょう。さらに、リースした車をもらえるカーリースもあるため、お気に入りに長く乗り続けることもできます。

日本一の中古車取扱台数!故障補償や車検もついて安心な定額カルモくんの中古車リース

カルモ中古車

カーリースの中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」の中古車リースでは、安全な中古車に費用負担を抑えて乗れるサービスが充実しています。さらに、日本一の中古車取扱台数*を誇り、頭金やボーナス払い不要、維持費もコミコミ、ネット審査でよりスピーディーに車に乗れる、メンテナンスプランなら車がもらえるなど、メリットも豊富です。
ここでは、初めて中古車リースを利用する方でも安心して利用できる、定額カルモくんの魅力をご紹介します。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

日本一の中古車取扱台数から好きな車を選べる

定額カルモくんの中古車リースは、日本最大級*の中古車の取扱台数を誇ります。さらに、毎日在庫が追加されているため、さまざまな車種やグレードの車から、乗りたい車や希望条件に合う車を見つけることができるでしょう。また、オンラインで在庫車をチェックできるので、販売店などに出向く必要もありません。手軽に車選びができるのも定額カルモくんのメリットです。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取扱台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

初期費用0円、ボーナス払いなしで利用できる

月額にコミコミ

定額カルモくんは、ボーナス払いや頭金なしの完全定額制で利用できるカーリースです。初期費用としてまとまったお金を用意する必要はなく、各種手数料や法定費用もすべてリース料金に含まれています。

また、定額カルモくんは契約満了時に残価精算のない「クローズドエンド方式」の契約を採用しています。そのため、契約時に設定した残価と契約満了時の下取り価格に差額が生じたとしても、その精算を求められることはありません。契約開始から契約満了時まで、ずっと同じリース料だけで利用することができます。

全車に故障補償1年、車検2年がつく

定額カルモくんの中古車リースでは、すべての車に1年間の故障補償と2年分の車検がついています。なお、補償期間中は補償範囲内の修理は何度でも無料で行えます。また、修理金額の上限もありません。そのため、車検費用や整備代の負担が不安な中古車でも、安心してカーライフをスタートすることができます。

さらに、万が一、旅先などで車の調子が悪くなったときでも、365日24時間ロードサービスをご利用いただけるので安心です。ほかにも、車の修理やレンタカー、宿泊先などの手配までサポートします。(事故の場合は除く、上限設定あり)

メンテナンスプランなら車がもらえる

「定額カルモくん 中古車」のメンテナンスプランに加入すると、車のメンテナンス費用を定額にできます。
車検費用や消耗品の交換費用、車の故障や不具合による修理費用などのほとんどを月額料金でまかなえるので、急に高額な出費が発生する心配もなく、安心して中古車に乗ることができます。

さらに、メンテナンスプランに加入すると契約満了後にそのまま車をもらえるので、カスタマイズを楽しみながら中古車に乗ることができます。その場合、契約満了時の原状回復費用の心配もありません。

*カスタマイズや原状回復については、契約満了時に返却を選択、もしくは中途解約した場合、内容により原状回復対応が必要になります

新車にも車検代込みで月額10,000円台から乗れる

定額カルモくんではすべての国産メーカーの全車種を取り扱っています。さらに、数ある新車リースの中でも、定額カルモくんは日本一安いカーリース*としてサービスを提供しており、月額10,000円台から新車に乗ることが可能です。

そのため、新車に乗りたいけど、予算の都合で中古車の購入を検討しているという方も、定額カルモくんなら予算内で新車に乗れる可能性があります

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

自社ローンよりも手軽に!ネットで簡単に審査を受けられる

カーリースを利用するにあたって、審査を通過できるか不安という方もいるのではないでしょうか。そのような場合は、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。

お試し審査では、オンラインから申し込むと最短1営業日(最長3営業日)で結果が届きます。申込み手続きの所要時間は5分程度と手間もかからないため、自社ローンよりもさらに簡単な手続きで審査を受けることができるでしょう。

なお、お試し審査を受けたからといって、必ずしも契約する必要はありません。審査後に申込み内容を変更することもできるので、まずは審査に通るか試してみてはいかがでしょうか。

まずは審査_キャプションあり

自社ローンを使った中古車購入は上乗せ額や支払回数を踏まえて検討することが大切

審査に通りやすい自社ローンは、一般的な自動車ローンの利用が難しい方にも便利な方法です。しかし、その一方で、高額な手数料や保証料が上乗せされることがあるなど、費用負担の心配もあります。そのため、無理のない返済スケジュールで利用できるのかを事前に確認しておくことが大切です。

そのようなデメリットをカバーしたい方は、お得に中古車に乗れる方法として定額カルモくんを検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:自社ローンで中古車を購入するメリットは?

A:自社ローンは、銀行系ローンやディーラーローンよりも審査に通りやすい傾向にあります。審査が短期間で済み、購入手続きもスムーズにできるため、一般的な自動車ローンの審査通過が難しい方や、すぐに中古車が欲しい方に向いています。

Q2:自社ローンで中古車を購入する注意点は?

A:自社ローンは金利なしで利用できますが、金利相当分の手数料や保証料が上乗せされるため返済総額が高額になる可能性があります。さらに、保証人が必要な場合や、返済完了までの車の所有権は販売店が持つなどの注意点もあります。また、購入する中古車販売店によっても契約内容が異なるので、事前の確認が大切です。

Q3:自社ローンよりも費用負担を抑えて中古車に乗れる方法はある?

A:カーリースなら、自社ローンよりも審査が気軽に受けられて、頭金やボーナス払いなしで好きな中古車に乗ることができます。中でも、「定額カルモくん 中古車」は頭金やボーナス払い不要の完全定額制で、全車に車検と故障補償がついています。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

カーローンよりおトクに中古車