ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

中古車ローンに通らないのはなぜ?知っておきたい車の審査や審査対策

中古車ローンに通らないのはなぜ?知っておきたい車の審査や審査対策
目次上_審査に落ちた_新車乗れる

中古車を買う場合でも、カーローンを組むことは可能です。しかし、審査の結果によっては、新車よりも安いとされる中古車でもローンが組めないこともあります。
中古車ローンの審査に通らない理由は、一体どこにあるのでしょうか。

事前に審査に通らない理由がわかっていれば、できるだけその原因を排除することもできます。
ここでは、中古車ローンに通るために覚えておきたい「通らない理由」と、それでも車に乗るためにはどうすればいいのかをご説明します。

  • ローンには種類があり、それぞれの特徴を押さえることが重要
  • 仮審査を受ければ審査に通る基準がおおよそつかめる
  • ローン以外の選択をするとき、カーリースが新たな道を開く

中古車ローン審査に通らない理由とは

中古車ローンに通らない理由とは

中古車ローンの審査は新車の場合より通りやすいと思うかもしれませんが、一概にそうとは言いきれません。まず、絶対に中古車ローンに通らない方がいるという事実も知っておきましょう。それは、最近、自己破産をした方です。

自己破産をした方はブラックリストに載ってしまい、これが消えるまではローンを利用することができません。自己破産をしたことがある方は、長くて10年程度待って信用情報がきれいになってからローンの申込みをしましょう。
そのほかの理由としては、次のようなことが考えられます。

・年収が低い
借入希望額が高いのに年収が低いと、ローンを組むことができません。この問題は、年収に見合った借入金額の申込みをすることで解決できます。自分の年収でどのくらいのローンなら通るのか、中古車ディーラーと相談してみましょう。

・過去に支払いの遅延などがある
支払いの遅延も、信用情報に傷をつけてしまいます。特に、今まさに遅延している支払いがある方が新しいローンを組むのは難しいといえるでしょう。

・現在、いろいろと借入れやローンを組んでいる
審査をするときは、カーローンだけでなく「すべての借入金額の合計が年収に対して見合っているか?」「問題なく返していける金額か?」という点をチェックされます。そのため、キャッシングを利用している方や、リボ払いをしている方、家電ローンやカードローンなど、ほかのローンを組んでいる方は審査に通りにくい傾向があります。

・虚偽の情報で申し込んでいる
審査に通りたいからといって、実際よりも年収を高く申告したり、すでに退職している会社に在職中であるように装ったりすると、それだけで「信用ができない人物」とみなされ、審査に通りません。

嘘の申告をしなくても審査が通りやすい「お試し審査」はこちらから↓

まずは審査

ローンによって審査内容が違う

ローンによって審査内容が違う

カーローンは、種類によっても審査内容が違います。おもにディーラー系ローンと銀行系ローンの2つの種類があるので、それぞれの特徴を見てみましょう。

ディーラー系ローン

ディーラー系ローンは、中古車を取り扱っているディーラーが提携している信販会社から融資を受けるタイプのローンです。ディーラー系ローンは審査が比較的通りやすく、結果もスピーディーにわかるという特徴があります。ディーラーと元々付き合いのある信販会社ですし、ディーラー側もどうすれば通るのかの相談に乗ってくれますから、審査が不安な方でも利用しやすいといえるでしょう。

ただし、ディーラー系ローンを利用した場合、ローンを完済するまでは、車の名義を自分にすることができません。ディーラーや信販会社の名義になってしまうため、自由に売却などができないというデメリットがあります。また、金利も高めなので総支払額は高くなります

銀行系ローン

銀行系ローンは、各金融機関が独自に用意しているカーローンです。手続きが複雑、審査がきびしい、結果がわかるまでに時間がかかるといったデメリットがありますが、半面、金利はディーラー系ローンよりも低い場合が多く、名義も最初から自分にすることができます
ほかに利用中のローンがなく、比較的余裕を持って返済できる年収や頭金があり、事故情報もないという方であれば、銀行系ローンのほうがメリットは大きいでしょう。

ディーラー系ローンを選ぶか、銀行系ローンを選ぶかは、それぞれ選ぶ方の求めるものによって異なります。中古車ローンの審査にできる限り通りやすくしたいと考えている方であれば、ディーラー系ローンを選ぶのがいいでしょう。ただし、金利は高めになるため、購入する車の価格を抑えるなど、返済に困ることがないようにしておく必要があります。

ローンを組まずに中古車に乗る方法は、こちらよりチェック!

定額カルモくん中古車

審査が不安なときは仮審査をしよう

「仮審査」とは、実際にカーローンを組むときに行う「本審査」の前に、任意で受けられる「事前審査」のことです。仮審査を受けておくと、自分がカーローンを組めるかどうかの目安を知ることができるため、安心です。

本審査の場合、いくつもの銀行や信販会社に申込みをすると、「申込みをした」という履歴が残ってしまいます。複数の審査を申し込むだけでほかの審査に悪影響が出てしまう可能性もありますから、本審査はあまり多くの銀行や信販会社に依頼しないほうがいいでしょう。

そこで、まずは仮審査を行って、どこの銀行・信販会社であればカーローンが通る可能性が高いのかをチェックします。例えば、「審査に通るなら金利が低い銀行系カーローンで契約したいけれど、通らないかもしれない」というときは、銀行と信販会社に仮審査を申し込んでみましょう。

その結果、両方通るようであれば銀行で本審査を申し込み、ディーラー系ローンのみ通ったのであれば、そちらで申込みをするようにすればいいのです。

ただし、仮審査に通ったからといって、絶対に本審査に通るとは限りません。仮審査の時点で申告していない審査に不利な事実が判明したり、虚偽申告をしていたりする場合、本審査で落ちてしまう可能性もあります。

審査に通らなくても中古車に乗りたいときは?

審査に通らなくても中古車に乗りたいときは?

たとえ審査に通らなくても、どうしても車が必要ということもあるでしょう。そのような場合は、次の3つの対策を試してみてください。

・頭金を用意する
頭金を用意することで、借入額を減らすことができます。そうなれば月々の返済額も低くなりますから、その分審査に通りやすくなるのです。
ただし、頭金をキャッシングやカードローンなどで用意してはいけません。これらはすべて、「カーローン以外の借入金額」と判断されますから、審査に不利になってしまいます。頭金は、一時的に貯金を崩して用意するか、親せきなど金融機関以外のところから借りるようにしましょう。

・保証人を立てる
保証会社を利用するため、保証人が不要というカーローンもあります。しかし、保証人を立てることで審査が有利になるカーローンもあります。審査に通らないときは、保証人を立てることで審査に通る可能性があるかどうか、ディーラーや銀行などに相談してみましょう。

・車の金額を下げる
そもそも購入予定の車の金額を下げれば、借入額も少なくできます。審査にどうしても通らないときは、同じ車種でも古い年式のものを選ぶ、中古車ショップをこまめにチェックするなどの工夫をして、できるだけ安い車を探してみましょう。

中古車をカーリースで乗るという選択もある

中古車ローンの審査に通らなかった方や不安をかかえる方は、カーリースという車の乗り方に目を向けてみてはいかがでしょうか。カーリースとは、契約者が選んだ車をリース会社が代わりに購入し、月々定額の料金で貸し出してくれるサービスです。新車の貸し出しが一般的ですが、中古車のカーリースもあります。

カーリースを利用すれば、月額料金に自動車税(種別割)などの税金や自賠責保険料、登録諸費用が含まれているため、ローンや一括で中古車を購入するときの初期費用はかからずに済みます
車に乗るための方法を変えてみるだけで、思い描くカーライフが変わってくることもあります。

定額カルモくん 中古車ならローンを組まずに車に乗れる

カルモくん_new

ローンを組まずに車に乗る方法として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」をおすすめします。カーリースの定額カルモくんでは中古車も数多く扱っています。新車と違って中古車は故障のリスクが高く、だからよけいに信頼できるカーリースを選ぶことが重要なポイントになります。その点、定額カルモくんはカーリースとしての実績があるだけに安心といえます。

定額カルモくん 中古車では、すべての車が車検2年付きで納車されます。また1年間の故障保証付きで、修理費の上限もありません。故障受付は365日24時間、対応しているので、安心したカーライフが送れるでしょう。

定額カルモくん 中古車なら審査に通る可能性が高まる

定額カルモくんは、とにかく安いと人気のカーリースです。中古車においても安さは同様。当然、カーリースの審査対象となる金額も抑えられるので、審査に通る可能性も高まります。ローンの審査に不安をかかえている方は、定額カルモくん 中古車で無料審査を受けてみてはいかがでしょう。

安心のメンテナンスプランに加入すれば契約満了時に車がもらえる

定額カルモくん 中古車は、安心のメンテナンスプランを用意しています。2年に1回の車検点検料や法定12ヵ月点検料、消耗品交換など、必要なメンテナンス費用がすべて含まれています

さらに、メンテナンスプランに加入すれば、契約満了時に乗っていた車がそのままもらえるという特典付き。メンテナンスで安全性を保った車にマイカーとして乗り続けられるのは、定額カルモくん 中古車ならではの魅力あるサービスといえます。

定額カルモくん 中古車なら乗りたい車が見つかる

定額カルモくん 中古車の掲載台数は業界最大級*。毎朝在庫が追加されるため、乗りたい車が見つかる可能性も高いでしょう。中古車探しは、まずは定額カルモくん 中古車から始めてみるのが早道といえます。

*JALAの特別会員・正会員の中で、一般消費者を対象にリースを行う中古車の取り扱い台数において(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)

定額カルモくん 中古車について詳しく知りたい方は、こちらのバナーよりチェック

もちろん新車のリースも定額カルモくんなら安心

定額カルモくんは、もちろん新車のカーリースでの実績も光ります。1年から11年のあいだで1年単位の契約が可能で、特に7年以上の長期契約では走行距離制限なし。さらに「もらえるオプション」をつければ、契約満了時に車がもらえます。月額10,000円台から乗れる新車は、国産全メーカーすべての車種・グレードの中から選べ、ボディカラーやオプションの組み合わせで自分カラーの車に乗れるでしょう。

定額カルモくんの「もらえるオプション」について、詳しくはこちらのバナーから

車がもらえる

ローン審査に落ちたがカーリースの審査に通った!利用者の声

カーローンの審査に通らないのではないかと不安な方も、実際に落ちてしまった経験のある方も、車をあきらめる前にカーリースという車の持ち方にも目を向けてみてはいかがでしょうか。カーリースの定額カルモくんは、カーローンの審査に通らなかった経験を持つ方がたくさん利用しています。その中から体験談や感想をご紹介しましょう。

ローン審査に落ちても、カーリースで欲しかった新車に乗れました!

契約者Kさん

Kさん・40代 | ダイハツ「ムーヴ」(11年契約・プラチナメンテプラン加入)

最初は車を購入するつもりでカーローンに申し込んだのですが、過去に携帯料金の払い忘れがあったことが影響したのか、審査に通らなかったんです。
仕事柄どうしても車が必要だったので、定額カルモくんなら審査に通るかもしれないと聞いてすぐに申し込みました。

とはいえ、車のサブスクなんて知らなかったし、インターネットで車を買うことにも多少の抵抗はありました。でも、問い合わせ時の受け答えがすごくクリアで安心感があったので、大丈夫だなって。
無事に審査も通過して、欲しかったムーヴの新車にも乗れて、満足しています!

ダメ元で受けた審査に通った!おかげさまで妥協せずに新車に乗れています

「還暦過ぎたんだから、好きな車に乗らせてよ」車に妥協はしたくない、おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者に聞く、カーリースの良さ。

Kさん・60代 | ホンダ「S660」(7年契約)

これまでいろいろな車をいじって乗り倒して、今回、車の楽しみと維持費の安さを両立した一番良い車に乗りたかった。ただ僕の場合、ローン審査は難しいと思っていたんです。いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも定額カルモくんに相談したら、一応やってみましょうよと言われてダメ元で審査を受けてみたら通ったのでびっくりしました。

リースは税金も何も全部コミコミで一定の月額が決まっていて、支払額が変わることがないから安心ですよね。だから、審査に通ったとわかって、じゃぁぜひぜひお願いしますと言って、おかげさまで相棒と呼べるS660の新車に乗れています。

ローン審査に落ちたことがあっても、無理なく新車を持ててうれしいです!

契約者Iさん

Iさん・30代 | ダイハツ「ウェイク」(11年契約)

車検がきっかけで乗換えを検討し始めました。それまで中古車だったので、新車に乗りたいと思って。車種は最初から決めていて、あとは買うかリースにするかの2択でした。

ただ、実は前の車を買う時にカーローンの審査に落ちたことがあるんです。大学生の時にクレジットカードの支払いが遅れたせいかもしれません。だからローンは難しいかなと。

それで、落ちたらどうしようという不安もあったんですけど、試しに審査を受けてみたら、受かったって連絡が来たのでうれしかったです。その後は担当の方にいろいろと相談しながらプランを決められたので安心でした。リースの魅力は無理なく車を持てる点だと思います。ずっと同じ金額を払えばいいだけだから電話代とか電気代とかと変わりないですよね。

気軽におためし審査

中古車ローン審査に通らない方、工夫をすれば車に乗ることは十分可能

中古車ローンの審査を受ける際は、ローンの種類を理解して、できるだけ審査に通る対策を立ててから臨むのが理想です。本審査の前に仮審査を受けて、おおよその目安を把握しておくことも効果があります。

また、中古車に乗る方法として、ローン以外の道を模索するのも有益でしょう。近年人気のカーリースには、中古車を扱っているところもあります。ローンでの購入では初期費用が必要になり、審査以上に頭を悩ます要因になりかねません。思考を転換し別な選択をすることで、その後のカーライフに新たな道は開けるのではないでしょうか。

中古車を探す

よくある質問

Q1:中古車ローンの審査に通らない理由とは?

A: 中古車ローンに通らない理由としては、年収が低い、クレジットカードや携帯電話料金の支払遅延があるなど、信用情報に問題があることのほかに、複数のローンを組んでいる、キャッシングを利用しているなども考えられます。また、申請内容に虚偽がある場合や最近自己破産をした場合も審査には通らないでしょう。

Q2: ローンの種類によって審査に差はあるの?

A: カーローンにはディーラー系のローンと銀行系のローンがあります。ディーラーローンは審査がスピーディーで比較的審査に通りやすいという特徴があります。銀行系のローンはディーラーローンに比べて金利が低いですが、手続きが複雑で審査が厳しく、結果が出るまでに時間がかかる傾向があります。

Q3: 審査に通るか不安なときはどうしたらいい?

A:実際にローンを組むときに行う「本審査」を受ける前に、「仮審査」を受けてみましょう。まずは「仮審査」を行い、どういったローンであれば審査に通る可能性が高いのかを確認してみることをおすすめします。審査に通らなかったけれど車に乗りたいという場合は、購入にこだわらずカーリースを選択してみるのもひとつの方法です。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
在庫状況毎朝更新