【安全性能】ジムニーシエラの安全性能を徹底解説!

出典:スズキ「ジムニーシエラ」

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

近年では悲惨な交通事故の報道も多く、少しでも交通事故の可能性を減らすとともに万一の事故の際の被害を軽減してくれる車の先進安全機能に注目が集まっています。

ここでは本格コンパクトオフローダーとして名を馳せているスズキ「ジムニーシエラ」の安全性能に注目してみましょう。

ジムニーシエラの安全性能の特徴

スズキには自動ブレーキや誤発進抑制機能などの予防安全技術パッケージ「スズキ セーフティ サポート」があります。ジムニーシエラには標準グレードの「JL」と上級グレードの「JC」の2種類のグレードがラインナップされていますが、スズキ セーフティ サポートは全車に標準装備ではなく、上級グレードの「JC」のみに標準装備となっています。

標準グレードである「JL」ではオプションで追加が可能です。

政府は一定の運転支援性能を備えた車を「セーフティサポートカー」、通称「サポカー」と名付け普及活動を行っていますが、ジムニーシエラのスズキ セーフティ サポート搭載車は歩行者に対応する自動ブレーキと誤発進抑制機能、先進ライト、車線逸脱警報の装備が必要な「サポカーSワイド」に相当します。

「サポカーSワイド」は「サポカー」の分類の中でも最も充実した運転支援機能を備えているもので、ジムニーシエラのスズキ セーフティ サポート搭載車は先進安全機能が充実しているといえるでしょう。

ジムニーシエラの先進安全機能を紹介

ジムニーシエラに装備されているスズキ セーフティ サポートは単眼カメラとレーザーレーダーで障害物などを検知するシステムを採用しています。

ここではジムニーシエラのスズキ セーフティ サポートの内容をご紹介します。

・デュアルセンサーブレーキサポート(歩行者検知機能付き)

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

単眼カメラとレーザーレーダーが前方の歩行者や先行車を検知し、衝突の危険がある場合には警告、ブレーキアシストと段階を踏んで作動し、より危険性が高まると最終的には強い自動ブレーキを作動させて衝突被害の回避や軽減をサポートするシステムです。

車の場合は約5~100km/h、歩行者の場合は約5~60km/hで走行中に作動します。夜間検知には対応していません。

・誤発進抑制機能

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

約10km/h以下で徐行中、もしくは停車時に前方に障害物を検知している状態でアクセルペダルが強く踏み込まれると最大で5秒間エンジン出力を制御してペダルの踏み間違いによる急発進、急加速を抑制する機能です。

セレクトレバーがD、2、Lレンジの位置にある際に作動します。後方には対応していません。

・車線逸脱警報

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

システムが車両の左右の車線を認識し、車両の走行パターンを予測します。その予測値の範囲内を逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合、警告音とメーター内表示でドライバーに注意喚起するシステムです。

急ハンドル、急ブレーキを防ぎ安全運転に寄与します。

・ふらつき警報機能

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

車線逸脱警報と同じシステムで走行パターンを予測し、実際の車両の走行パターンが予測値と異なる動きをするなどシステムがふらつきと判断した場合には警告を発してドライバーに知らせる機能です。

わき見運転でのふらつきや居眠り運転などの防止をサポートします。

・先行車発進お知らせ機能

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

停車中に先行車が発進し、5m以上の距離があいても自車が発進しない場合に警告音とメーター内表示によって注意を促す機能です。

信号待ちや渋滞時の出遅れを防ぎます。

・標識認識機能

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

単眼カメラが道路標識を認識し、警告音やメーター内表示でドライバーに知らせて標識の見落としやうっかり忘れを防ぐ機能です。最高速度、はみだし通行禁止、車両進入禁止を認識します。

最高速度とはみだし通行禁止の2つの標識は標識通過後に、車両進入禁止は標識通過前のベストなタイミングで知らせてくれます。

・ハイビームアシスト

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

対向車や先行車のライト、周囲の明るさなどを検知して自動でハイビームとロービームの切り替えを行うシステムです。

切り替えの手間をなくしてドライバーの安全運転に寄与するとともに、切り替え忘れをなくします。

スズキ セーフティ サポート以外の安全装備も確認しよう

ジムニーシエラのスズキ セーフティ サポート搭載車には先に紹介した7種類の先進安全機能が装備されていますが、そのほかの安全性能もご紹介します。

・ヒルホールドコントロール

出典:スズキ「ジムニーシエラ」走行・環境性能

坂道発進でのブレーキペダルとアクセルペダルの踏み替え時、最大で2秒間ブレーキを作動させ坂道での車体の後退を防止します。

・ヒルディセントコントロール

出典:スズキ「ジムニーシエラ」走行・環境性能

勾配が約7%以上の急な下り坂において、ブレーキを自動制御して車両の加速を抑制し定速走行するシステムです。ドライバーはブレーキ操作をシステムに任せてステアリング操作に集中できるので、注意が必要な急な下り坂においても余裕をもって安全運転ができるメリットがあります。

ジムニーシエラのような本格オフローダーにはうれしい装備です。

衝突安全性能も万全

出典:スズキ「ジムニーシエラ」安全装備

ジムニーシエラでは全車に運転席・助手席のサイドエアバッグに加えてフロントシートサイドエアバッグ、側部からの衝撃に備えるカーテンエアバッグを全グレードに標準装備しています。

また万一の衝突時には衝撃を吸収して乗員を守る高剛性・高強度なフロントシートフレームを使用するとともにシートバックを高めに設定し、頚部への衝撃を和らげるシート構造を採用しています。

サポカーSワイドに相当する本格オフローダー、ジムニーシエラ

ジムニーシエラのスズキ セーフティ サポート搭載車はサポカーSワイドに相当する高い安全性が魅力です。全車標準装備ではありませんがオプション設定されているので、安全なカーライフを送るためにはオプションの追加も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は2019年6月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

「【安全性能】ジムニーシエラの安全性能を徹底解説!」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【ニューモデル速報】「ダイハツタント」スーパーハイトワゴンのパイオニアが4代目へと進化!

【試乗記】「日産GT-R」進化を続ける日本の誇り、2020年モデルの走りは?

【試乗記】「トヨタスープラ」エンジンが異なる3グレードの走りを全比較!

【試乗記】「ホンダステップワゴン モデューロX」人気ミニバンの純正カスタムグレードの実力を試す

【試乗記】「ホンダシャトル」初のマイナーチェンジを受けた小型ステーションワゴンの実力チェック

【徹底レビュー】「トヨタヴォクシー/ノア」ベストセラーミニバンの人気の秘密に迫る

【注目のクルマ】「トヨタルーミー/タンク」が売れている理由を徹底解説

【ニューモデル速報】「マツダ3」新たな次元へ進化したアクセラ後継の世界戦略車

【グレード情報】エルグランドのグレードをリサーチ!

【燃費・走り】エルグランドの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP