【2021年最新版】カーリースのメリット・デメリットを徹底解説

【2021年最新版】カーリースのメリット・デメリットを徹底解説
お試し審査

車の新しい利用方法として近年話題になっているカーリースは、乗りたい新車を定額制でマイカー同様に利用できるサービスです。利用条件の合う方であれば、現金一括やカーローンによる購入、さらにはレンタカーやカーシェアリングといったサービスと比べても、お得な車の乗り方といえるでしょう。とはいえ、具体的に何がお得で何が損なのかわかりにくいという方も少なくないようです。そこで、カーリースのメリットとデメリットを、利用者の声と併せて解説します。

カーリースの5大メリット

①ローンに比べて支払う車両価格が安い

ローンに比べて支払う車両価格が安い

カーリースの月額料金は、車両本体価格から返却時の想定価格(下取り価格)である「残価」を引いた額を契約月数で割って算出するため、残価の分だけカーローンよりお得に新車に乗ることができます。

②頭金や初期費用が不要

カーリースの月額料金には、残価を引いた車両価格のほか、法定費用(各種税金、自賠責保険料)と登録費用などいわゆる事務手数料が含まれているので、頭金や登録諸費用を実費で負担することはありません。

頭金や初期費用が不要

③車検代やメンテ代も月額料金にまとめて定額化できる

いわゆる「メンテナンスプラン」をつければ、車検点検料やメンテナンス代を月額料金にまとめられるので契約期間中の車検やメンテナンスの度に大きな支出の心配をする必要がなくなります。

車検代やメンテ代も月額料金にまとめて定額化できる

④店舗にいかなくても豊富な車種から選べる

カーリースは、ひとつのリース会社で複数のメーカーを取り扱っているため、豊富な車種の中から自由に選ぶことができます。リース会社によっては、一部の車種やグレードしか選べないこともあるので注意が必要です。

店舗にいかなくても豊富な車種から選べる

⑤オプションプラン次第で月額定額+αの特典がつく

リース各社が提供しているオプションプラン(メンテナンスプランなど)は、保証の延長や車検無料クーポン、ガソリン代割引など、維持費の月額化以外にも安心してカーライフを楽しむための様々なメリットが追加されます。

オプションプラン次第で月額定額+αの特典がつく

他にもこんなメリット

ディーラーの新車が用意される

カーリースは、リース会社が利用者専用にディーラーから車を購入するため、常に最新モデルが用意されます。

好きなオプションをつけられる

カーリースは車種やグレードはもちろん、ボディカラーやオプションなども、新車購入時と同じように自由にカスタマイズできます。

月額料金がそのまま経費として計上できる(法人・個人事業主の方)

月額料金をすべてその月の経費として計上できます。経理上の手続きが簡素化されて処理が楽になる上、かなり大きな節税効果も期待できます。

カーリース会社なら日本最安値*の定額カルモくんがおすすめ!

安く車に乗りたい_3

この車で審査

一番売れてる軽自動車

このタイプで審査

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

カーリースの5大デメリット

①一括購入と比べた場合、総額で見ると高くなる

カーリースの車両本体価格は残価を引いた金額になりますが、月額料金には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているので、総額にすると現金一括よりも高くなる場合があります。

一括購入と比べた場合、総額で見ると高くなる

②中途解約した場合、解約金が必要になる

カーリースでは、原則として契約期間中の解約や契約内容の変更が認められていません。何らかの事情で中途解約が必要になった場合は、残りの契約期間相当額や解約金を請求される可能性があります。

中途解約した場合、解約金が必要になる

③残価精算のリスクがある

カーリースには、月額料金を安く抑えるかわりに契約満了時に追加請求される場合のあるオープンエンドと、月額料金は多少上がっても契約満了時に追加料金が発生しないクローズドエンドという2種類の契約方式があります。

残価精算のリスクがある

④年2回のボーナス払いが10万円以上の場合も

カーリースでボーナス払いを利用する場合、カーローン同様に月々の支払額をグッと安く抑えることができる反面、年2回のボーナス払い月は10万以上の支出が必要になる点に注意が必要です。

年2回のボーナス払いが10万円以上の場合も

⑤走行距離制限がある

カーリースは業者やプランによって多少の違いがありますが、契約時に月間500〜2,000kmの走行距離制限が設定されます。契約満了時に合計走行距離が超過している場合、超過分の費用が発生します。

走行距離制限がある

他にもこんなデメリット

カスタマイズがしにくい

カーリースでは、契約満了時の返却の際に原則として原状回復が必要です。そのため、元に戻せないドレスアップやカスタマイズは難しいと考えられます。とはいえ、実際は車検に通る範囲であれば問題ないケースが大半ですので、心配なときはリース会社に確認してみましょう。

外車を選べないことがある

多くのリース会社では、国産車を中心にサービスを展開しています。そのため、外車の取扱いがないことで選べない場合があります。ただ、大手外車ディーラーなど外車のリースをを取り扱っている会社もありますが、国産車に比べて料金は割高です。

審査に落ちる場合がある

カーリースにも、カーローン同様に契約前の審査があります。審査に通らなかった場合は契約することができません。

おすすめのカーリース会社

おすすめのカーリース会社

手軽に新車に乗れるカーリースは、経済的な負担を抑えてお得にカーライフを楽しめるのが大きなメリットといえる一方で、残価精算や走行距離制限など、デメリットになる点もあります。しかし、定額カルモくんのように、カーリースのデメリットをカバーするプランやサービスが充実しているリース会社を選べば、月々の支払い料金を抑えつつ、購入したのと変わらない使い勝手を実現可能です。

定額カルモくんは、国産メーカー全車種全グレードを取り扱う日本最安値*のカーリースです。頭金もボーナス払いも不要で、月10,000円台から人気車種の新車に乗ることができます。
さらに、定額カルモくんでは、契約前でもマイカーコンシェルジュの無料相談が利用でき、状況やライフプランなどから最適な車種や契約年数を提案してもらえるので、無理のないプランで契約することができます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

ここがおすすめ1

ここがおすすめ2

ここがおすすめ3

ここがおすすめ4

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

定額カルモくんは頭金も初期費用もボーナス払いも不要で、しかも日本最安値*で新車を提供しているので、とにかく月々の支出を抑えたい方にはぴったりのカーリースサービスです。また、「もらえるオプション」をつけることで、カーリースのデメリットである走行距離制限もなくなり、契約終了後は車がもらえる(返却もしなくてよくなる)ので購入と変わらない使い勝手で、気軽にカーライフを始めることができます。さらにメンテナンスプランに加入した場合、月々の金額は多少上がってしまいますが、利用期間中の修理費用を最大50万円まで保証されるので安心をプラスしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

こんな方におすすめ2

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

カルモくん利用者増加中!実際の利用者の声をご紹介

たくさんのメリットがあるカーリース。実際の使用感はどのようなものなのでしょうか?定額カルモくんを利用している契約者の方に聞いた、カーリースを選んだ理由と実際に使用している上での感想をご紹介します。

ずっと中古車だったけど、車検や税金を気にせずに新車に乗れるのが魅力的でした

ずっと中古車だったけど、車検や税金を気にせずに新車に乗れるのが魅力的でした

会社員のUさん(40代/2019年に9年でカーリースを契約/青森県在住)

これまでは、2年に1回の車検のタイミングで安い中古車に買い替えていました。ただ、維持費や修理代などを考えるとそれなりに負担も大きく、毎月そこそこの金額がかかっていました。カーリースは、車検や税金を気にせずに、しかも新車に乗れるのが魅力的でした。

子供の送り迎えも、家計管理も楽になりました

子供の送り迎えも、家計管理も楽になりました

専業主婦のOさん(30代/2018年に9年でカーリースを契約/東京都在住)

家事と育児で忙しい中だったので、契約時の手続きに手間がかからず、頭金も登録諸費用も不要で、毎月定額で家計管理も楽になることに魅力を感じてカーリースを選びました。子供にお金がかかる時期に車関連の大きな出費の心配がなくなったので、安心して乗ることができています。

頭金もボーナス払いも不要で新車に乗れるのが今の自分にはあっていました

頭金もボーナス払いも不要で新車に乗れるのが今の自分にはあっていました

大工のMさん(20代/2018年に9年でカーリースを契約/埼玉県在住)

一人暮らしだとなかなかお金が貯まらず、車が必要となっても、今の稼ぎでは初期費用や維持費のハードルが高くて購入は選択肢にありませんでした。カーシェアも検討したものの、自由に使えないのが自分には向いていないなと。カーリースは初期費用が不要で新車に乗れる上、定額カルモくんはグレードも自由に選べるなど、条件面が今の自分にしっくりきたので決めました。中古車に乗っている同世代が多い中、かっこいい新車に乗れて満足しています。

カーリース会社なら日本最安値の定額カルモくんがおすすめ!

安く車に乗りたい_3

この車で審査

一番売れてる軽自動車

このタイプで審査

※記事の内容は2021年3月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー