洗車ウェットシートは値段によって差はあるのか!? 検証してみた!

今回はカンタンにクルマを洗車できるウェットシートに注目しました。 カー用品店やホームセンターで売っているのを良く見かけますが、お徳用のものや、結構しっかりしてそうなものまでありますよね。「簡単」「拭くだけキレイ」「便利」というキャッチコピーが目立ちますが、果たしてどれも一緒なのか?そんなふとした疑問を解消するために、実際に2つを比較して使用してみました。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

こんにちは!
オンライン格安マイカーリース「マイカー賃貸カルモ」運営スタッフの榊原です。
今回はカンタンにクルマを洗車できるウェットシートに注目しました。

カー用品店やホームセンターで売っているのを良く見かけますが、お徳用のものや、結構しっかりしてそうなものまでありますよね。「簡単」「拭くだけキレイ」「便利」というキャッチコピーが目立ちますが、果たしてどれも一緒なのか?そんなふとした疑問を解消するために、実際に2つを比較して使用してみました。

比較商品の紹介:ちょっと高級風な「ゼロドロップシート」& お徳風な「クルマまるまるおもいっきりクロス」

今回試すのはこの2つです!

■写真左
商品名:ゼロドロップシート
値段:980円
枚数:10枚
シートサイズ:300×350mm
1枚あたりの単価:約98円

■写真右
商品名:クルマまるまるおもいっきりクロス
値段:1000円
枚数:38枚
シートサイズ:220×330mm
1枚あたりの単価:約26円

 

1枚あたり、約4倍近い価格差がありますが、コストパフォーマンスとして、どうなのでしょうか。わたしは、どんな場所でも使えてしまう、お徳用を選んでしまうタイプなので「クルマまるまるおもいっきりクロス」に惹かれています。ただ、ゼロドロップシートの撥水、艶・光沢などの言葉も気になります。

そこで、今回は試す内容として3のポイントを設けました。

・両商品とも1枚の両面を使う
・同じ面積を拭く
・往復は3往復まで(約1分を想定)

今回、特別に屋外駐車場(屋根なし)で、数ヶ月間も手入れをしていない車、それも汚れが目立つボディカラーであるブラックで試してみました。

検証前のボンネット

こちらです!どん!

!!!
砂埃だらけで、ブラックではないのは!?というツッコミをいただきそうですが、正真正銘ブラックの某車種のボンネットです。

このボンネットの写真の、向かって左側部分をゼロドロップシート(約98円/1枚単価)
右側部分をクルマまるまるおもいっきりクロス(約26円/1枚単価)で拭いてみましょう。

こんな感じで拭いてみました。さあ、どうなったでしょうか。結果の前に、実際使用した後のシートの汚れ具合を見てみましょう。

※左:ゼロドロップシート(約98円/1枚単価)
※右:クルマまるまるおもいっきりクロス(約26円/1枚単価)

結構、汚れましたね。素手で試した私の手も結構汚れました(笑)。

さあ、お待ちかねの結果です。

検証後のボンネット

こちらです!どん!

お分かりになりますか!?

左の「ゼロドロップシート」の方は、それとなく綺麗になっているのに対して、右の「クルマまるまるおもいっきりクロス」にはムラがあり、汚れを拭いた感じが残っていますね。
この差が価格では4倍弱ということになります。さあ、これをどう捉えましょう!?

まとめ

3〜4枚使う面倒臭さを気にせず、車内のカンタンな場所(例:ダッシュボード)にも使いたい、出来るだけコストが低いほうが良ければ「クルマまるまるおもいっきりクロス」かと思います。

ボディメインで、1枚でさっと綺麗にしたく、光沢も望む、さらに撥水コーティングがかかるといった付加価値に魅力を感じるのであれば「ゼロドロップシート」が良いでしょう。

なお、洗車ウェットシートを使う際は、毎日使わない、そして、あまりゴシゴシしない方が良いと言われています。ぱっと見は分からないまでも、ボディに非常に細かい傷がつくと言われています。ただ見た目には影響が出ない範囲であるということと、便利で手軽ということで、洗車ウェットシートをトランクに常備している方は多いようです。

ちなみに元カーセンサー編集長曰く、どんな洗車方法もボディには多かれ少なかれダメージはあるものの、どうケアしていくかが大事なようです。

そんな中、より優しく丁寧にクルマを綺麗にする方法として、手洗い洗車という方法もあります。手間もコストもかかる方法ですが、洗車初心者のわたしは重い腰を上げて、人生初の手洗い洗車にチャレンジしたいと思います!

榊原

この記事の執筆者

RENA

ナイル株式会社カルモチーム所属。
カルモのお客様対応を中心に、カルモコラムの執筆を担当。
カルモマガジンをきっかけにたくさんの方が車に興味をもってもらいたい。

「洗車ウェットシートは値段によって差はあるのか!? 検証してみ...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

FP視点の「残価設定ローン」と「カーリース」の違い

【徹底レビュー】「日産キューブ」まるで雑貨のような個性派、そのスタイルから使い勝手まで

【試乗記】「日産ノート e-POWER」待望の4WDモデル追加で雪国の人にもモーターの走りを

【試乗記】「ホンダジェイド」背が低くスライドドアでもない「ミニバン」がマイナーチェンジ

【試乗記】「ホンダN-VAN」働く軽自動車の大本命は遊べるクルマか?

【徹底レビュー】「ホンダフリード」使いやすいサイズの3列ミニバン、その室内空間から使い勝手まで

【試乗記】「マツダCX-8」スマッシュヒットの3列SUVはミニバンを超えたのか?

【ライバル対決】「日産セレナvsホンダステップワゴンvsトヨタヴォクシー・ノア」 2Lクラスミニバンのハイブリッドはどれが買いか?

【徹底レビュー】「日産 デイズ」安全性向上で熟成の域に。その室内空間から走りまで

【徹底レビュー】「マツダ CX-5」クリーンディーゼルと高品質で人気。その使い勝手から走りまで

もっと見る

PAGETOP