ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

【独自調査】環境の日を前に、非ガソリン化について意識調査 83.9%が電動車を「次回も購入せず」

【独自調査】環境の日を前に、非ガソリン化について意識調査 83.9%が電動車を「次回も購入せず」。
【独自調査】環境の日を前に、非ガソリン化について意識調査 83.9%が電動車を「次回も購入せず」。

昨年12月に、政府は「遅くとも2030年代半ばまでに、乗用車新車販売で電動車100%を実現できるよう、包括的な措置を講じる。」と発表。また、東京都の小池知事は「2030年までに、(都内で販売される乗用車新車販売の)100%非ガソリン化を目指す」と発言しました。

実際に利用されている中では「ハイブリッド自動車」が多数

「マイカーの概念を変え、だれもが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業ミッションをもつ「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、世界でも進む非ガソリン化について、6月5日の環境の日、6月の環境月間を前に、車を所有している全国の男女1,283人を対象に意識調査致しました。

調査概要

  • 調査対象:車を所有している全国の男女1,239人
  • 調査期間:2021年4月23日~5月5日
  • 調査内容:Q1.  所有している車は、電動車ですか?
    Q2. (Q1で「いいえ」と回答した方)次回は電動車を購入しますか?
    Q3. (Q2で「購入する」と回答した方)次回購入時はどの電動車にしますか?
    Q4. (Q2で「購入しない」と回答した方)電動車にしない理由は何ですか?
    ※電動車は電気自動車、燃料電池自動車、ハイブリッド(プラグインハイブリッド・ハイブリッド)自動車として調査

Q1:所有している車は、電動車ですか?

Q1:所有している車は、電動車ですか?

  • 「いいえ」:74.1%(951人)
  • 「はい」:25.9%(332人)

車を所有する全国の男女1,283人に、所有している車は、電動車かを聞いたところ、「いいえ」と回答した方が74.1%、「はい」と回答した方が25.9%という結果になりました。

Q2:次回は電動車を購入しますか?

Q2:次回は電動車を購入しますか?

  • 「購入しない」:83.9%
  • 「購入する」: 16.1%

Q1で、所有している車は、電動車ではないと回答した方に、次回は電動車を購入するかどうかを聞いたところ、「購入しない」と回答した方は83.9%、「購入する」と回答した方は16.1%という結果になりました。

Q3:次回購入時は電動車のどれにしますか?

Q3:次回購入時は電動車のどれにしますか?

  • 「ハイブリッド自動車」:42.8%
  • 「電気自動車」:33.1%
  • 「プラグインハイブリッド自動車」:19.3%
  • 「燃料電池車」:4.8%

Q2で次回は電動車を購入すると回答した方に、どれを選ぶかを聞いたところ、「ハイブリッド自動車」を選ぶと回答した方が42.8%、「電気自動車」を選ぶと回答した方が33.1%、「プラグインハイブリッド自動車」を選ぶと回答した方が19.3%、「燃料電池車」を選ぶと回答した方が4.8%という結果になり、「ハイブリッド自動車」が人気であることがわかりました。

Q4:電動車にしない理由は何ですか?

Q4:電動車にしない理由は何ですか?

  • 「電動車は値段が高い(高そう)から」:39.9%
  • 「充電場所が少ないから」:26.7%
  • 「ガソリン車や旧車のほうが好きだから」:11.1%
  • 「電動車は普及していないから」:10.1%
  • 「電動者の性能が不安だから」:6.3%
  • 「その他」: 5.9%

Q2で次回、電動車を購入しないと回答した方にその理由を聞いたところ、「電動車は値段が高い(高そう)から」という回答が39.9%を占め、その中には「初期費用が高い」「費用対効果が低そう」などの意見がありました。「充電場所が少ないから」の26.7%では、「集合住宅のため充電ができない」「まだまだ充電環境が整っているとは言えない」などの意見がありました。また、「ガソリン車や旧車のほうが好きだから」という回答も14.4%あり、「電動車は普及していないから」という回答が10.1%、「電動者の性能が不安だから」という回答が6.3%と続きました。「その他」の中には、「パワーがない」「10年で買い替えが必要になってしまう」などの回答もありました。

今回の調査により、電動車を使用している方はまだまだ少ないものの、次回購入に向けて検討している方々は一定数いることがわかりました。一方で、電動車の購入を考えていない理由として、性能や充電場所よりも、高いからという費用面を気にしている方が多いこともわかりました。この点、カーリースであれば、頭金もボーナス払いもなく、税金も自動車損害賠償責任保険も合わせて月々一定額で電動車を手に入れることができます。
おトクにマイカー 定額カルモくんでは、「マイカーの概念を変え、だれもが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業ミッションのもと、移動や車に関しての調査を今後も行っていきます。

LINEでクイズキャンペーン 第6弾

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる