ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーローンの申し込みのタイミングはいつ?手続きの流れと注意点などを紹介

カーローンの申し込みのタイミングはいつ?手続きの流れと注意点などを紹介
カーローンの申し込みのタイミングはいつ?手続きの流れと注意点などを紹介
貯金ゼロでも

カーローンを組んで車を購入する場合、スムーズに申し込みをして、できる限り早く車を手に入れたいという方もいるでしょう。
そこで、カーローンの申し込みのタイミングや契約までの流れ、必要書類などを解説した上で、スムーズに申し込みを行うために必要なポイントなどを詳しくご紹介します。さらに、カーローンより簡単に審査の申し込みができる方法も解説します。

カーローンの申し込みをするために、頭金などをどのくらい準備したらいいのか気になる方も多いでしょう。カーリースなら、頭金などの初期費用がかからず毎月定額で新車に乗れます。気になる方は、こちらをチェックしてみましょう!

  • カーローンを組むなら、申し込みのタイミングや流れを押さえておくことが大切
  • カーローンの申し込みには、身分証明書や収入を証明する書類などが必要
  • カーリースならカーローンより簡単に審査を受けられる

カーローンの申し込みのタイミングはいつ?

カーローンを契約して融資を受けるためには、必要な書類を提出して審査に申し込む必要があります。提出すべきタイミングで必要な書類がそろっていなかったり、書類に不備があったりすると審査に時間がかかってしまいます。スムーズに手続きを進めるためにも、申し込みの流れを事前に把握しておきましょう。
カーローンの申し込みのおもな流れは次のようなものです。

申し込みの流れ

1.見積りを取る
まず、購入予算などを把握するために、販売店で希望する車の見積りを出してもらいましょう。複数の販売店で見積りを取り、比較することで納得して審査に進むことができます。

2.利用するカーローンを決める
利用するカーローンを決めましょう。カーローンの種類によって審査内容などが異なるので、比較して自分に合ったカーローンを選びましょう
カーローンには、金融機関から借入れを行う「銀行系カーローン」、ディーラーと提携する信販会社などから借入れを行う「ディーラーローン」、販売店独自に提供している「自社ローン」などがあります。

3.申請する
希望する車の見積書などを用意して、本審査の前に仮審査の申請をします。なお、仮審査は、書類を用意しなくても受けられる場合もあります。

4.仮審査を受ける
仮審査では、申し込み者の職業や年収、属性などを基に、申し込み内容や金額がチェックされます。審査にかかる時間は本審査より短い場合が多く、通常1~3営業日ほどで結果が届くことが多いです。

5.申し込み
仮審査に通ったら、必要書類を準備して本審査に申し込みます。仮審査の結果が出てから本審査の申し込みをするまでには、期限が設定されている場合があるので注意しましょう

6.本審査を受ける
申し込み内容を基に本審査が行われます。記載内容が仮審査から変わっている場合、審査がやり直しになることもあります。本審査では、カーローンの利用可否についてはもちろん、融資額や契約期間、適用金利などが決まります。

7.契約
本審査に通過し、契約の手続きが終了すれば、借入金額が契約者の口座に振り込まれます

申し込みのタイミング

カーローンの審査には、仮審査と本審査があり、それぞれ申し込みのタイミングも異なります。

仮審査の場合は、ある程度車種が決まっていれば、申し込むことができます。一方、本審査への申し込みは、車の売買契約を結んだタイミングで行うことがほとんどです。借入先としては、売買契約が未締結な上に、融資の担保となる車が確保されていない状態では、融資を行うことができないからです。

カーローンの申し込みに必要な書類

カーローンの申し込みに必要な書類

カーローンでは、申し込みのタイミングでさまざまな書類の提出が求められます。スムーズに申し込みを行うためにも、審査申し込みの前に書類をそろえておきましょう。カーローンの種類や借入先、保証人の有無などによって違いはありますが、申し込み時に必要なおもな書類や、提出する一般的なタイミングは次のとおりです。

  • 本人確認書類
    本審査に申し込む際、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなど、本人であることが確認できる公的な書類の提出を求められることが多いです。本人確認書類は、金融機関などによって認められる判断基準が違う場合もあるので、事前に確認しておくといいでしょう。
  • 収入を証明する書類
    本審査では、基本的に収入を証明する書類の提出が必要となることが多いです。給与所得者は、源泉徴収票や給与明細書、納税証明書、所得証明書などの提出を求められる可能性があります。個人事業主などの場合は確定申告書の控えや納税証明書などを提出することが一般的です。
  • 資金使途が確認できる書類
    銀行系カーローンを組む場合、本審査で販売店が発行する車の見積書や注文書、売買契約書など、借入れ資金の使用が確認できる書類の提出を求められることが多いです。
  • 支払済確認書類
    銀行系カーローンの場合、金融機関から融資が行われたあと、車の代金を支払ったことを示す証明書の提出を求められることがあります。領収書や振込受取証などを用意しておきましょう。
  • 保証人の確認書類(連帯保証人を立てる場合)
    連帯保証人を立てる場合、一般的に、本審査で連帯保証人の本人確認書類や収入を証明する種類、印鑑などを用意しておく必要があります。
  • そのほか
    銀行系カーローンの場合、口座の通帳が必要となります。また、金融機関によっては、印鑑証明書などの提出を求められることもあります。

カーローンの申し込みをスムーズに行うポイント

カーローンの申し込みをスムーズに行うためには、提出する書類の不備や不足がないことや、自分に合ったカーローンを選ぶことなどが大切です。そこで、カーローンの申し込みをスムーズに行うためのポイントをご紹介します。

銀行系カーローンに申し込むなら銀行口座を開設しておく

銀行系カーローンを利用するためには、その銀行の口座を持っていることが条件となります。なお、金融機関によっては、銀行などの窓口に行かなくても、ネット上から口座を開設できる場合もあります。口座を持っていない場合は、仮審査を申し込むタイミングまでに口座を開設しておくといいでしょう

申し込みに必要な書類を事前に用意しておく

カーローンの申し込みをスムーズに行うためには、事前に必要な書類をそろえておくことが大切です。場合によっては、書類をそろえるまでに時間がかかってしまうこともあります。連帯保証人を立てる場合は、連帯保証人となる方が書類を用意する時間も含めて、準備にかかる時間を考えておくことが重要です。

本審査の申し込みまでに書類がそろわなかったということがないように、必要な書類は余裕をもって準備しておきましょう

カーローンのおもな審査内容を確認しておく

スムーズにカーローンの審査に申し込むためには、おもな審査内容や基準を把握しておくことが大切です。審査では、一般的に、収入や職業、勤続年数、過去の信用情報などを基に、返済ができるかどうかがチェックされます。滞りなく審査の申し込みを行うためにも、自身の経済状況などを確認しておくことが重要です。

自分に合ったカーローンを選ぶことも大切

カーローンの審査に申し込むためには、自分に合ったカーローンを選ぶことが大切です。カーローンの種類によって、審査内容や適用金利などが異なります。
銀行系カーローンの場合、ディーラーローンより金利が低めに設定されていることが多いですが、審査基準がきびしい傾向にあります。また、独自の基準で審査を行う自社ローンは、借入先によっては金利が低く設定されていることもあるほか、審査結果が出るまでの時間が早いという特徴があります。

カーリースなら審査申し込みが簡単にできる

スムーズに手続きを行い、できる限り早く新車に乗りたいという方には、頭金などの初期費用が不要で毎月定額で利用できるカーリースという方法もあります。カーリースとは、利用者が指定した車をリース会社が購入し、契約期間中、一定の月額料金を支払うことでその車に乗れるというサービスです。ここでは、カーリースの特徴についてご紹介します。

カーリースのしくみと特徴

多くのカーリースでは、残価設定というしくみが採用されています。残価設定とは、契約時に設定する契約満了時の車の残価を、車両価格から差し引き、月々の利用料を算出するしくみのことです。残価設定を採用していることにより、月々の費用を抑えられる傾向があります。

カーリースの場合、車を購入するときに発生する税金や保険料などの費用も定額料金に含まれるなど、家計の管理がしやすいという特徴があります。さらに、契約満了後は、買い取り、返却、乗換え、再リースなどから選択できるので、自分のライフプランに合わせて車に乗れます。

カーリースの審査申し込み

カーリースの契約前にも審査があり、利用者が月々のリース料金を支払えるかどうかがチェックされます。

カーリースの場合、ネット審査を導入しているところが多く、自宅などから手軽に申し込みができます。なお審査結果が出るまでには、2~7日ほどかかることが多いです。

定額カルモくんならお得に新車に乗れる

カルモくん_new

数あるカーリースの中でも、「おトクにマイカー 定額カルモくん」のカーリースは、国産メーカーの全車種・全グレードを取り扱っているので、自分に合った新車を選べる可能性が高く、車種選びに悩む心配もありません。さらに契約から最短3週間*で納車できる即納車のサービスもあるので、急いで車に乗りたい方などにもおすすめです。
ここでは、定額カルモくんを利用するメリットなどをご紹介します。

*時期や状況、お客様の居住地域等で異なります。

月々10,000円台から新車に乗れる

定額カルモくんは、月々10,000円台から新車に乗れる業界最安水準のカーリース*となっています。定額料金には、税金や保険料などが含まれるほか、車のメンテナンス費用も含められるプランもあるので、修理や車検の度に大きな出費に悩む心配もなく、カーライフを楽しむことができます

さらに、月々500円をプラスすれば、契約満了時に車が自分のものとなる「もらえるオプション」もあります。オプションをつければ、契約満了時の原状回復の必要もなくなるため、マイカーのような感覚で好きな新車に乗ることができます。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

ネットから手軽に審査の申し込みができる

定額カルモくんの審査は、ネットから5分程度で手軽に申し込みができるのが特徴です。申し込み前には、ネット上で利用料のシミュレーションもできるので、スムーズに審査に申し込みたい方などにはおすすめです。

なお、審査に必要なものは運転免許証のみとなっていて、申し込みは、24時間365日受け付けています。審査結果は、通常翌営業日、最大3営業日以内に届くなど、忙しい方などでもスピーディーに審査を受けることができます。

定額カルモくんなら、審査に通過できるかどうかを試せる「お試し審査」があります。気になる方は、こちらをチェックしてみましょう!

月額1万円台の車でお試し審査_追従

自分に合ったカーローンを選び、手続きをスムーズに進めよう

カーローンの申し込みをスムーズに行うためには、自分に合ったカーローンを選び、審査内容や書類が必要なタイミングなどを押さえておくことが大切です。
カーローンより手軽に審査を受けて、新車に乗りたいという方には、カーリースを利用するという方法もあります。定額カルモくんなら、ネットから手軽に申し込める上に、幅広いラインナップから憧れの新車に乗れる可能性もあります。気になる方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

よくある質問

Q1:カーローンの申し込みのタイミングはいつ?

A:カーローンの審査には仮審査と本審査があります。仮審査は、ある程度希望の車種が決まっていれば、申し込むことができます。一方、本審査への申し込みは、車の売買契約を結んだタイミングで行うことがほとんどです。仮審査を受けてから本審査に申し込むまでの期限が設けられていることがあるので、注意しましょう。

Q2:カーローンの手続きには何が必要?

A:カーローンの本審査では、一般的に、本人確認書類や収入を証明する書類、資金使途が確認できる書類などの提出が求められることが多いです。銀行系カーローンを組む場合は、事前に申し込みをする銀行の口座を開設しておく必要があります。

Q3:カーローンより簡単に申し込める方法はある?

A:月々定額で新車に乗れるカーリースであれば、カーローンより手軽に審査申し込みができることが多いです。定額カルモくんなら、ネットから5分程度で手軽に審査申し込みができます。審査結果は、通常翌営業日、最大3営業日以内に届くので、忙しい方などでも、スピーディーに審査を受けることができます。

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー