ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モーター・エヴァンジェリスト
宇野 智うのさとる

【予約絶好調!】日産の高級EVでSUVの「アリア」ついに日本専用限定車で予約注文開始!

【予約絶好調!】日産の高級EVでSUVの「アリア」ついに日本専用限定車で予約注文開始!
【予約絶好調!】日産の高級EVでSUVの「アリア」ついに日本専用限定車で予約注文開始!

日産自動車は2021年6月4日、新型EV「アリア」の日本専用の予約注文限定車「アリア limited(リミテッド)」を発表し、同時に予約注文受付を開始しました。

アリアは2020年7月に発表されたSUVタイプのEV。大容量バッテリーと高出力モーターを搭載し、日産の先進技術の粋を集めて開発された高級SUVで、同社の電動車のフラッグシップモデルになります。新型コロナや世界的な半導体不足などの世界情勢の影響を受けて、発表から1年弱でようやく発売となりました。なお、アリアはグローバルモデルですが、日本が最初の発売となります。

アリア リミテッドだけの特別装備

予約注文を開始した特別仕様車「アリア リミテッド」は、バッテリー容量が66kWhと91kWhの2種類と駆動方式が2WDと4WD「e-4ORCE」の2種類を組み合わせた、合計4種類のパワートレインをラインナップしています。また、先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」や「プロパイロット リモート パーキング」を標準装備。プロパイロット 2.0はすでにスカイラインで採用されている、特定の条件下でハンドルから手を離しても運転できるもので、現時点での市販車においては最高レベルの運転支援システムとなります。

エクステリアでは、アリア リミテッド専用の2トーンカラー、「バーガンディー/ミッドナイトブラック」と「シェルブロンド/ミッドナイトブラック」の2色をはじめとする全5色をラインナップしています。

アリア リミテッドだけの特別装備1

アリア limited 専用色 バーガンディー/ミッドナイトブラック 2トーン

アリア リミテッドだけの特別装備2

アリア limited 専用色 シェルブロンド/ミッドナイトブラック 2トーン

また、アリア リミテッド専用色19インチアルミホイールカバーと、ARIYAのロゴ付きLEDを備えたキッキングプレートをフロントとリヤのドアに設定しています。

アリア リミテッドだけの特別装備3

アリア limited専用色19インチアルミホイールカバー。タイヤサイズは235/55R19。なお、タイヤサイズはグレード別に、255/45R20も設定されている。

アリア リミテッドだけの特別装備4

アリア limited専用キッキングプレート

インテリアでは「パノラミックガラスルーフ」を標準装備し、シートは高級素材「ナッパレザー」を採用してカラーはブルーグレーとする上質な空間を提供。また、アリア専用のサウンドシステム「BOSE Premium Sound System&10スピーカー」も標準装備。

アリア リミテッドだけの特別装備5

アリア limited インテリア

さらに、枯山水をモチーフとしたlimited専用色フロアカーペットも用意されています。これは、アリアが日本の伝統美と先進性を融合したインテリアとするコンセプトからのもの。

アリア リミテッドだけの特別装備6

アリア limited専用色フロアカーペット

スペックと価格

グレード構成は、66kWhバッテリー搭載モデルを「B6」、91kWhバッテリー搭載モデルを「B9」とし、4WDモデルには四輪駆動制御システム「e-4ORCE」の名をグレード名に組み込んでいます。グレード別の価格は以下の表のとおり。なお、ボディサイズは、全長4,595mm、全幅1,850mm、全高1,655mm、ホイールベース2,775mm。車両重量は1,900〜2,200kgとなっています。このサイズは、トヨタ ハリアー、メルセデス・ベンツ EQCなどと近い寸法です。

グレードバッテリーサイズ駆動価格
B6 limited66kWh2WD660万0,000円
B9 limited91kWh2WD740万0,800円
B6 e-4ORCE limited66kWh4WD720万0,600円
B9 e-4ORCE limited91kWh4WD790万0,200円

 

最大航続距離は、グレードにより430〜610km、最高出力と最大トルクもグレードにより異なり、160kW[218PS]/300N・m〜290kW[390PS]/600N・mという数値。詳しくは下記の表で確認してください。

グレードB6 limitedB9 limitedB6
e-4ORCE limited
B9
e-4ORCE limited
バッテリー総電力量66kWh91kWh66kWh91kWh
最高出力160kW[210PS]178kW[242PS]250kW[340PS]290kW[390PS]
最大トルク300N・m300N・m560N・m600N・m
0-100km/h加速7.5秒7.6秒5.4秒5.1秒
最高速度160km/h160km/h200km/h200km/h
最大航続距離450km610km430km580km

※0-100km/hは日産社内測定値、最大航続距離はWLTCモードを前提とした日産社内測定値

スペックと価格

日産初のグローバル予約サイトを開設、オンラインで購入まで。納期は2021年冬

日産は、世界的に車の購入のデジタルシフトが加速していることへの対応として、Web上で商談、購入が可能となる予約サイトを開設、これをグローバル展開するとのことです。日本国内では「アリアクラブ」に入会することで、購入検討から予約注文までWebで行えるようになります。また、アリアをすみずみまで見ることができる映像も提供。さらに、VR技術を用いたコンテンツでは、自宅の駐車場などにアリアを駐めた仮想的な映像を見ることもできます。

なお、現時点で予約注文した場合の納期は、2021年冬になるとのことです。

■日産アリア 特設ページ

■クラブアリア

日産初のグローバル予約サイトを開設、オンラインで購入まで。納期は2021年冬

以上が、日産の発表のハイライト。ここからは、筆者的ハイライトをお伝えします。

国産車ではめずらしい。先行予約注文限定モデル

国産車では、標準モデルの発売に先がけて予約受注限定モデルを販売することは滅多にありません(GRヤリスぐらいしか思い浮かびません)。輸入車ではちょいちょいあります。最近では、ランドローバー「ディフェンダー」、シトロエン「ベルランゴ」などがそれ。輸入車では「ファーストエディション」と呼ばれることが多いです。対して、正式販売モデルは「カタログモデル」などと呼ばれています。なお、先行予約注文は、自動車メーカー側にとって、予約状況や消費者側の反応などマーケティングの材料とすることができるほか、効率的な生産計画を立てられるメリットがあります。

限定車で660万円から。標準モデルは500万円台からになるか?

先行予約注文では、カタログモデル(標準モデル)より、ぜいたくな装備をおごった特別仕様車を販売するのが通例です。アリア リミテッドの最も安価なグレードは「B6」の2WD車での、660万円。特別仕様車の装備状況から推察すると標準モデルは、550万円台からの価格設定になると予想しています。

限定車で660万円から。標準モデルは500万円台からになるか?

グレードごとにスペックが異なるパワートレイン

アリア リミテッドは4グレード展開ですが、グレード間の装備の違いはなく(現段階の情報において)、パワートレインのスペックのみが異なるという、これも国産車ではちょっとめずらしいケースとなっています。

グレード構成は、2つのバッテリー容量と2つの駆動方式を組み合わせた、2✕2の4グレード。バッテリーが大きいか小さいか、2WDか4WDかで選ぶことにはなるのですが、単にそれだけではない選択肢となっています。最高出力は4グレードともに異なり、最も低いのが2WDでバッテリー容量66kWhの「B6」が160kW[210PS]、同じく2WDでバッテリー容量91kWhの「B9」が178kW[242PS]、4WDでは「B6」が250kW[340PS]、「B9」が290kW[390PS]という数値になっています。最大トルクは2WDでは両グレードともに300N・mですが、4WDでは「B6」が560N・m、「B9」が600N・mとなっています。

バッテリー容量が大きいと、パワーも大きくなる構成になっていますので、選ぶ側は、航続距離だけでなくモーターの出力数値でも選択することが可能になっています。これも、アリア リミテッドの特徴のひとつ。

「e-4ORCE」は絶対いいはず!

まだ筆者はアリアに試乗したことがありませんが、間違いなく、アリアの4WD「e-4ORCE」はいいはずです。なぜなら、2020年にフルモデルチェンジした新型ノートの4WDがすばらしいから。

ノートはEVではなく、ハイブリッドの「e-POWER」がパワートレインとなっていますが、駆動力はエンジンではなく100%電気モーターであることと、四輪を電子制御していることは、EVのアリアと同じ構造になります。

新型ノート4WDの駆動力を分配する制御システムはすばらしい出来です。元々モーターはエンジン車より、駆動力の制御を細かく、かつ素早くできる特徴があるものですが、ノートの4WDは、乾いた路面から滑りやすい路面まで、さまざまな道路状況でエクセレントな安定した走りを披露します。これは、筆者だけでなく、ほかの多数のモータージャーナリストも高く評価しています。

BOSEのサウンドシステムは絶対いいはず!

BOSEは搭載する車種に合わせて、細かくチューニングを施すのが基本。内装の素材に合わせてチューニングを変えるという話を聞いたことがあります。アリアもきっとそうだと思います(確認します)。
EVは静粛性が高いため、音の良いオーディオがついていれば、最高のリスニングスペースになります。オーディオマニアもうなるシステムになっていることを期待しています。

BOSEのサウンドシステムは絶対いいはず!

予約は絶好調!

この発表の日の夕方には、1,500台を超える予約注文が入ったとの報道がありました。アリアへの人気をうかがい知ることができます。

アリアが欲しいなと考えている方、急いだほうがよさそうです。

画像:日産自動車

LINE買い方診断_記事内

※記事の内容は2021年6月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
LINE買い方診断_ポップアップ