ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

未使用車とはどんな車?新車や中古車との違いやメリットと探すときの注意点

未使用車とはどんな車?新車や中古車との違いやメリット、探すときの注意点
未使用車とはどんな車?新車や中古車との違いやメリット、探すときの注意点

中古車情報サイトなどを見ていると「未使用車」と書かれた車が、新車よりも安い価格で販売されていることがあります。このような車を見て、新車や中古車とは何が違うのか気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、未使用車とは具体的にどのような車なのか、メリットやデメリットと併せて解説します。また、未使用車のリアルな口コミや、未使用車を探すときのポイントなどについても見ていきましょう。

未使用車ではなく新車に月々10,000円台から乗る方法はこちら

  • 未使用車とは、新車登録はされているものの使われたことがない車
  • 未使用車は新車よりも安いが、1点ものなので希望のモデルが見つかりにくい
  • 未使用車を選ばなくても好きな新車に安く乗れる方法もある

未使用車とはどういう車?

未使用車とはどういう車?

新車でも中古車でもない未使用車とは、いったいどのような車なのでしょうか。まずは、その言葉の意味を詳しくご紹介した上で、未使用車が出回る理由や似たようなイメージを持たれている新古車との違いについても解説します。

未使用車の定義

未使用車とは、車両登録はしているものの使用されたことがない車のことを指します。正式には「登録(届出)済未使用車」と呼ばれ、普通車の場合は登録済、軽自動車の場合は届出済と記載されるのが一般的です。これは、普通車は陸運局で登録をするのに対して、軽自動車は軽自動車検査協会で届出をすることからきています。

なお、「未使用」といわれていますが、厳密には必要最低限の移動はしています。ただし、新車でも展示や保管などに伴う移動は生じるので、新車との違いはあくまで登録の有無程度といえるでしょう。なお、試乗車や代車として使用されていた車は公道を走っているため、未使用車には含まれません。

未使用車が出回る理由は?

未使用車は、ディーラーなどの自動車販売店が自社の名義で新車登録をすることから生まれます。ディーラーは少しでも多くの販売実績を作るために新車登録をして、販売目標を達成させるのです。

こうした車両は自社で保管されますが、ナンバー登録がされているため中古車扱いとなり、後に市場に出回ります。このほか展示車としてショールームに並んでいた車が、使用されることなく市場に出回ることもあります。

未使用車と新古車は同じ?

未使用車は「新古車」と呼ばれることもあります。
しかし本来、販売店が新古車と表示することは、自動車公正取引協議会の「自動車公正競争規約」によって禁止されています。消費者の誤認を招く不当表示にあたるというのが、その理由です。

とはいえこの規約が適用されるのは、自動車公正取引協議会に加盟している販売店だけなので、非加盟店では新古車という表示が見られることがあります。このような販売店の場合、不当表示に対する意識が低いこともあるので注意が必要です。

自動車公正取引協議会ステッカー
出典:一般社団法人自動車公正取引協議会

なお、自動車公正取引協議会に加盟している販売店には、上の会員証やステッカーが掲示されています。価格や品質の適正表示を心掛けている証拠ともいえるので、安心して未使用車を購入できるでしょう。

新車が欲しいけれど費用負担は抑えたい、ただし中古車は避けたい、といった場合に有力な候補となるのが未使用車です。ただ、新車のように受注生産ではなく、すでに製造された1点ものの車であるため、希望どおりの車を見つけるのは意外にたいへんです。

その点、カーリースの定額カルモくん なら、初期費用0円で国産メーカー全車種・全グレードの中から選んだ新車に、月々10,000円台から乗ることができます。頭金やボーナス払いも不要で、乗っていた車をそのままもらうことも可能なので、希望どおりのカーライフを賢く手に入れることができるでしょう。

無料で試せるキャンセル可能な「お試し審査」を活用すれば、メーカー最新の納車時期を教えてもらえたり、予算に合った車種を提案してもらえたりするため、希望の車種に月々いくらで乗れるのかの確認と併せて、以下からとりあえず試してみてはいかがでしょうか。

簡単5分_お試し審査

未使用車のメリット

未使用車のメリット

車両登録がされていることから中古車区分になるものの、車の状態は新車と同然なのが未使用車です。こうした未使用車を購入するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。新車を購入する場合との比較も含め、見ていきましょう。

新車同然なのに新車より安い

未使用車のメリットとして第一に挙げられるのは、価格の安さといえます。一般的に、登録をした車は時間が経つにつれて価値が下がっていきます。未使用車も区分としては中古車なので、新車よりも安い価格になります。
さらに、ディーラーとしても保管場所にも困ることで早く売ってしまいたいといった思いが価格の安さに影響する場合もあるでしょう。

元々の価格にもよりますが、軽自動車なら新車の10%ほど、セダンやSUVでは20%ほど安くなっていることもあります。

納車が早くすぐに乗り始められる

新車の場合には基本的にオーダーしてからの製造となるので、契約してから1~3ヵ月、人気車種ならそれ以上の納期となることもあります。

一方、未使用車はすでに出来上がっている車なので、納車前整備を済ます程度で納車が可能です。条件にもよりますが、数日~3週間程度で入手できる場合もあります。すぐに乗りたいという方には、大きなメリットといえるでしょう。

状態の良さが新車と同等

未使用車は必要最低限の移動を除いては使用されたことのない車なので、車のコンディションは新車と同等と考えられます。新車よりも安く買いたいけれど、中古車は使用感があるので抵抗があるという方にとっては、狙い目といっていいでしょう。

新車のメーカー保証を継承できる

保証継承とは、車の名義が変わったときにメーカー保証を引き継いで受けられるようにする手続きのことです。

新車には一般的に3年または走行距離60,000kmまで使える一般保証と、5年または走行距離10万kmまでの特別保証がついていますが、未使用車を購入した際に保証継承をすると、残りの分の保証を引き継ぐことができます。手続きには費用がかかりますが、メーカー保証があれば無料で修理が受けられるので継承したほうがいいでしょう。

自動車重量税や自動車税(種別割)、自賠責保険料の負担を抑えられる

新車の購入時には自動車重量税を納めなくてはなりませんが、普通車の場合は車両重量に応じて12,300~73,800円、軽自動車の場合は9,900円(いずれも金額は3年、エコカー外の場合)かかります。しかし未使用車を購入する際には支払う必要がないケースが多いのでお得といえます。

また、自動車税(種別割)は車の排気量に応じて普通車は25,000~110,000円(2019年10月1日からの新車登録の場合)、軽自動車は一律10,800円、自賠責保険料は新車の購入時に普通車で27,770円、軽自動車で27,330円(いずれも金額は37ヵ月)かかりますが、未使用車の場合は購入時からそれぞれ次回の支払い時までの分だけを月割りで払えばいいので、負担を抑えることができます

未使用車よりもっとお得に「新車」に乗れる方法はこちら

未使用車のデメリット

未使用車のデメリット

新車よりも価格が安くて納期が早いなど、未使用車にはさまざまなメリットがあります。しかし未使用車にはメリットばかりでなくデメリットもあるので、購入を検討する際には次のようなポイントに注意しましょう。

1点ものなので自分好みの仕様を選べない

新車ならばグレードやカラー、オプションなど、希望の仕様を選ぶことができますが、未使用車は在庫があるものだけの現車販売なので、希望どおりのものが見つかるとは限りません

特に、あまり人気のないカラーやオプションの場合は、市場に出回っている数自体が少ないので、巡り合えない可能性もあります。ある程度の妥協も必要といえるでしょう。

新車に比べて車検の残り期限が短い

新車で購入した場合の車検期間は新車登録日から3年間になりますが、未使用車はすでに新車登録済みなので、その期間が短くなります。例えば3月に登録された未使用車をその年の9月に買ったとすれば、次の車検までの期間は2年6ヵ月です。

なお、車両本体価格は車検の残り期間によって上下することがあるので、登録月の確認を忘れずに行うようにしましょう。

新車向けの補助金や減税は受けられない

電気自動車、プラグインハイブリッド車など、環境性能に優れた車両には補助金や減税の対象になるものがあります。しかし、新車のみが対象となる制度に関しては、未使用車は中古車の区分となるため対象とはなりません
新車と同様の恩恵が受けられると思っていた方は注意したほうがいいでしょう。

新車同然でもワンオーナーにならない

中古車市場では、1人がずっと所有し続けた車のことをワンオーナー車と呼び、大切に扱われてきたというイメージから人気があります。しかし、未使用車は一度新車登録されているため、購入すると2人目の所有者となり、書類上はツーオーナー車ということになります。

将来売却するときのことを考えるとデメリットといえますが、それほど気にしない方も多くなっています。

傷や使用感がある場合も

先ほど述べたように、自動車公正取引協議会の加盟店で「登録(届出)済未使用車」を購入するのなら、新車同然のものが購入できるはずですが、未加盟の販売店では試乗車などが「未使用車」として売られていることもありえます

このような場合には、ボディに傷があったり、シートに使用感があったりすることもあるので、注意が必要といえるでしょう。そのため、購入前の現車確認は入念に行うことが大切です。

検討する時間がないケースも多い

目当ての車の未使用車を入手したいと考えている方は多いので、人気車種の場合は市場に出るとすぐに売り切れてしまうことがよくあります。そのため、見つけた後にゆっくり検討している時間はないと思ったほうが無難です。

あらかじめ車種やグレードだけでなく、この価格なら買ってもいいというおおよその金額も決めた上で探したほうが、決断を早めることにもつながり、目当ての車の未使用車を購入できる可能性が高まるでしょう。

未使用車のリアルな口コミを紹介

未使用車のリアルな口コミを紹介

未使用車にはメリットもデメリットもあるので、それらを理解した上で購入を検討したいところです。ここでは参考に、実際に未使用車を購入したり、情報集めをしたりしている方たちのリアルな声を見てみることにしましょう。Twitterの投稿からいくつかご紹介します。

トヨタ「GR86」は、新型コロナウイルスなどの影響で生産が遅れていることから、通常よりも納期がかなり長くなっているようです。現車のある未使用車は契約すれば数日~3週間程度で入手できる場合もあるため、すぐに乗りたい方たちにとっては価値が高い車となります。その結果、上記のように新車との価格差が逆転してしまうこともあるので注意が必要です。

未使用車が目的で店舗へ出向いたのに新車をすすめられるということも、ない話ではありません。納得した上で新車に切り替えるのなら問題はないのですが、なぜ未使用車が欲しいのか、理由を明確にしておかないと、話に流されてしまうこともあります。未使用車と新車にはそれぞれ異なる特徴があるので、しっかり理解した上で検討するようにしましょう。

投稿を見ると、未使用車を検討している方たちの状況もいろいろであることがわかります。深く考えていなかったのに結果として良い買い物ができた方もいれば、価格をチェックしていたら新車より高いことに気付いたという方もいます。こうした投稿も参考にして、賢いチョイスをしたいところです。

未使用車を探すときのポイント

未使用車を探すときのポイント

ここでは、未使用車を実際に探すときには、どのような点に気を付けたらいいのかを解説します。状態の良い未使用車を効率よく探して、購入後も安心して使い続けることができるように、次のようなポイントに留意するのがいいでしょう。

在庫数の多い店舗を選ぶ

未使用車は、ディーラーや、ディーラー系列の中古車ディーラーで販売されているほか、一般の中古車販売店や未使用車専門店でも見つけることができます。選択肢が多いほど希望に近い未使用車を見つけやすいため、在庫数の多い店舗を選ぶといいでしょう。

なお、入り口として探しやすいのは中古車情報サイトで、全国の未使用車の在庫を簡単に調べることができます。未使用車は市場に出回っている数が少ないので、希望の車種を探すには在庫数の多いサイトからあたっていくのがおすすめです。検索条件に未使用車と入れて検索すると、在庫が何台あるか知ることができます。

登録(届出)済未使用車の明記を確認

最初にご紹介した自動車公正取引協議会の加盟店では、広告などに「登録(届出)済未使用車」と表示することが義務付けられています。併せて、使用・運行に供されていない車両である旨の明記があるかどうかも確認することが重要です。

無用なトラブルを回避するためにも、曖昧な表示のものは避けたほうがいいでしょう。中には走行距離が数百kmであるにもかかわらず「未使用車」と表示されているなど、悪質なものも見られます。

アフターサービスの有無や内容を確認

未使用車の購入を検討する際には、購入後のアフターサービスの確認も不可欠です。整備工場を併設している販売店なら、オイル交換から車検・定期点検、トラブルの際の点検・修理まで、1ヵ所で済ませることができるので便利といえます。

中には積載車を完備しているところもあり、万が一の事故の際にも駆けつけてくれるので、このような販売店を選ぶとさらに安心できるでしょう。自動車保険も含めて、車のことを幅広く任せられる販売店を選ぶのがおすすめです。

未使用車ではなく新車に月々10,000円台で乗る方法もある

カルモくん_new

未使用車なら新車同然の車を安く購入できますが、ほかにも費用を抑えながら新車に乗れる方法としてカーリースがあります。
カーリースは、好きな新車に一定の期間、毎月定額の料金で乗ることができるサービスです。購入する場合は頭金や法定費用など、最初にまとまったお金を準備しなければなりませんが、カーリースなら初期費用0円で新車に乗り始めることができます

中でも人気車種の新車に月々10,000円台から乗れる業界最安水準の「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、安い上に独自サービスが充実しているとして人気です。ここでは、定額カルモくんの特徴やメリットについてご紹介します。

未使用車に比べて選択肢が多く、マイカーにもできる

未使用車は市場に出回っている台数が少ない上に人気も高いので、希望どおりの車に乗ることが難しい点がネックといえます。しかし定額カルモくんなら国産メーカー全車種・全グレードの新車から選べる上、オプション装備も自由につけることが可能です。

また、7年以上の契約で適用できる月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時に乗っていた車をそのままもらうこともできます

希望の納車時期に合わせて提案してもらえる!利用中も相談可能

定額カルモくんでは、専任のマイカーコンシェルジュに契約前からさまざまな相談が可能です。希望車種の最新の納車時期を教えてもらえる上、希望の納車日を伝えればそれに合わせた車種の提案もしてもらえます

マイカーコンシェルジュは契約期間中にも相談ができるので、カーリースや車に詳しくないという方でも安心して利用することができるでしょう。連絡手段も電話やメール、LINEなど複数あるので、急ぎの場合は電話で連絡するなど、その時々に合わせてストレスなく活用できます。

車検代もメンテナンス費用もコミコミにできるのでお得

未使用車を購入した場合には、メンテナンス費用や車検代はその都度支払いが必要になるので、あらかじめこのような支出に備えなければなりません。

しかし、定額カルモくんならメンテナンスプランに加入することで、メンテナンス費用や車検代も月額料金に含めることができます。維持費もコミコミの定額払いで車に乗ることができるので、家計の管理もしやすくなり、不意な出費を心配することなくカーライフを送れるでしょう。

カルモくん_詳しくみる

定額カルモくんを実際に利用している方の声

定額カルモくんを実際に利用している方の声

定額カルモくんは、リーズナブルな価格で好きな新車に乗れる上、「もらえるオプション」やマイカーコンシェルジュ、メンテナンスプランなど、魅力的なサービスも充実しています。

それでは実際に定額カルモくんを利用している方たちは、どのように感じているのでしょうか。ここでは、定額カルモくんユーザー3名の方のリアルな声をご紹介します。

カルモ契約者:Oさん
カルモ契約者:Oさん

子供ができて車を持とうと思ったのですが、中古車でも結構な出費になるので、半ばあきらめていました。そんなときに定額カルモくんを知って調べてみたところ、とにかく財布に優しい。

車にかけられる予算内で車種やグレードなどが自由に選べるので、無理のない月額料金で新車に乗ることができました。もし同じ車を新車で購入したとするとローンの返済以外に車検や税金もかかって、とても支払える金額ではないので、定額カルモくんの安さに感謝しています。

カルモ契約者:Mさん
カルモ契約者:Mさん

地方から出てきて一人暮らしをしているとなかなかお金が貯まらないので、新車を買うにはあまりにハードルが高いと感じていました。僕と同じくらいの若い世代だと中古車に乗っている場合も多いのですが、カーリースなら新車に乗れるのが魅力でした。

中でも、定額カルモくんは新車を買うときのように車種やグレードを自由に選べるので、その点を魅力に感じて選びました。定額制で急な出費がない安心感があるのもいいですね。

カルモ契約者:Nさん
カルモ契約者:Nさん

以前から最新の安全機能を搭載した新車に乗りたいと思っていました。おもに仕事で使うので、利用料金をそのまま経費として計上できるカーリースにしたのですが、最新の安全性能搭載車でも予算内に収まる安さだったことから、定額カルモくんに決めました。選べる車種が多かったのもポイントでしたね。

毎日乗っていて、ブレーキが遅れたり、車線を越えてしまったりする心配もなく、新車のすばらしさを実感しています。

3名の方が利用している定額カルモくんには、事前に審査に通るかを確認できる「お試し審査」があります。どれくらいの価格帯の新車を利用できるのか知りたい方は、早速下のバナーから試してみてはいかがでしょうか。

メリットとデメリットを理解した上で未使用車の検討を

メリットとデメリットを理解した上で未使用車の検討を

未使用車は価格が安く納期が早いなどのメリットがある一方、希望のモデルを手に入れにくいなどのデメリットもあります。メリットとデメリットを頭に入れた上で、購入を検討するようにしましょう。また、購入の際には「登録(届出)済未使用車」などの表示確認をすることも重要です。

なお、デメリットが気になるという方は、手頃な料金で好きな新車に乗れるカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。業界最安水準の定額カルモくんであれば、国産メーカー全車種・全グレードの新車に月々10,000円台から乗れる上、契約満了時にそのまま車をもらうことも可能です。

目当ての車種の新車にいくらで乗れるのか、実際に納車されるのはいつなのかといった確認も「お試し審査」を活用することでできるため、気になる方は早速下のバナーから試してみましょう。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:未使用車とはどういう車? 新古車と同じなの?

A:未使用車は新車登録されたものの、使用されたことがない車のことです。正式には「登録(届出)済未使用車」といって、車の状態は新車と同等となります。「新古車」と呼ばれることもありますが、新古車は消費者の誤認を招く不当表示にあたるとして「自動車公正競争規約」によって使用を禁止されています。

Q2: 未使用車を買うときに注意することはある?

A:「登録(届出)済未使用車」という表示と併せて、使用されたことのない車両である旨の明記があるか、確認しましょう。曖昧な表示の販売店は要注意です。また販売店を選ぶ際には、整備工場を併設しているところを選ぶとオイル交換から車検・定期点検、トラブルの際の点検・修理まで、1ヵ所で済ませることができるので便利といえるでしょう。

Q3: 未使用車よりお得に車に乗る方法はある?

A:手頃な料金で新車に乗れる定額カルモくんがおすすめです。未使用車は希望のモデルを入手しにくいのがネックですが、定額カルモくんなら国産メーカー全車種・全グレードから乗りたい新車を自由に選ぶことができます。初期費用0円で乗り始められる上、メンテナンスプランを利用すれば毎月の定額料金にメンテナンス費用や車検代も含めることができるので、家計のやりくりがしやすく安心です。

※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る