カーリースで名義変更や契約者以外の運転はできる?名義を持たないメリット

カーリースで名義変更や契約者以外の運転はできる?名義を持たないメリット
貯金ゼロでも

定額制で車に乗れるカーリースは、頭金が不要で貯金がなくてもマイカーのように車を利用できることから、近年注目を集めています。レンタカーやカーシェアリングとは違って、マイカーのように車に乗れるカーリースですが、名義変更をして自分の所有車にしたり、契約者以外がリース車に乗ったりすることはできるのでしょうか。
そこで、カーリースの名義変更は可能なのかどうか解説します。併せて、契約者以外が運転できるのか、車の名義を持たないことでどのようなメリットがあるのかも見ていきましょう。

初期費用0円で新車に乗れて、最後には自分名義のマイカーにできる方法はこちら

【この記事のポイント】
✔カーリースでは基本的に名義変更はできないが、買い取れば名義変更はできる
✔名義を持たないことで納税の手間が省けるため家計の管理がしやすい
✔最後に車をもらえる定額カルモくんならリース車の名義を自分に変更できる

カーリースで使う車の名義とは?

カーリースで使う車の名義とは?

まず、車の名義には「所有者」と「使用者」の2種類があり、自動車検査証(車検証)にもそれぞれ記載する欄があります。車の所有者と使用者は、必ずしも同じ人とは限らないためです。

所有者は新車登録や税金の支払いなどを行う義務があり、カーリースの場合、所有者の名義はリース会社となります。一方、使用者は実際に車を運転したり管理したりする人のことで、カーリースでは契約者が使用者にあたります。

カーリースで使用できる車は、あくまで所有者であるリース会社から借りているものです。原則として、契約者が勝手にリース車を改造したり売ったりすることはできない点には注意しましょう。

カーリースの名義変更はできる?

カーリースの名義変更はできる?

カーリースでは、基本的にリース車の所有者の名義はリース会社となりますが、場合によっては名義変更が必要になるケースもあります。ここでは、名義変更が可能かどうかに加えて、名義変更が必要なケース、名義変更ができるケースについて、それぞれ解説していきます。

カーリースでは基本的に名義変更はできない

リース車の名義変更は基本的に行うことはできません。カーリースは、あくまでもリース会社の所有している車を借りるというサービスのため、契約者は車検証の所有者ではなく、使用者の欄に名前が記載されることになります。

名義変更が認められるケース

車を使えない状況などが発生したときは、カーリースでも使用者の名義変更が認められるケースがあります。例えば、契約者の病気やケガ、海外転勤などで長期的に車を使用できなくなったり、契約者が亡くなったりした場合に、家族が契約を引き継いでリース車を使用する際は名義変更が認められることがあります。しかし、リース会社によっては中途解約の扱いとなる場合があります。

なお、名義変更できる家族の範囲はリース会社により異なります。また、再審査を求められる可能性があります。

加えて、結婚や離婚などで姓が変わり法的に名前の変更があった場合は、車検証などの使用者名にも変更が生じるため、契約者本人が乗り続けるとしても名義変更の手続きが必要です。

名義変更が認められる条件や、名義変更の際の必要書類や手続きはリース会社により異なるため、契約者が車を使えない状況などが発生した際はすみやかにリース会社に連絡しましょう。

買取りやもらえるプランの場合は自分の名義になる

リース契約満了時、リース車を返却や再リースではなく買取りした場合、あるいは車をもらえるサービスやプランを利用していた場合には、リース車はマイカーとなり自分名義の車として利用することになります。なお、その際の名義変更手続きはリース会社が行ってくれることが多いので安心です。

契約終了時にリース車を自分名義にできる!車をもらえるカーリースはこちら

カーリースで契約者以外が運転するには名義変更が必要?

カーリースで契約者以外が運転するには名義変更が必要?

基本的には、カーリースで使用する車もマイカーと同じように、契約者だけでなくその家族なども運転することができます。ただし、契約者以外が運転する場合には注意点もあるため、ここで確認しておきましょう。

リース車は契約者以外も運転できる

カーリースで使用する車は基本的に名義人の変更ができないため、契約者以外が運転することはできないと感じるかもしれません。しかし、契約者以外もリース車を運転することは可能です。

例えばマイカーを購入した場合、所有者・使用者ともに夫の名義だとしても、妻や子供が運転することができます。それと同様にリース車の場合も、使用者の名義は夫でも、妻や子供も運転できます。

ただし、リース車のおもな使用者は名義人、つまり契約者本人であることが前提となります。契約者がまったくリース車を運転せず、ほかの人に貸し出すなどの行為は基本的に認められません。

契約者以外が運転する際の注意点

リース車を契約者以外が運転する場合、任意保険(自動車保険)の補償対象であるかどうかに注意しましょう。契約者の友人など、任意保険の補償範囲外の方がリース車を運転して事故を起こしてしまった場合、補償を受けることはできません。

任意保険には運転者の範囲に関する特約があります。「本人・配偶者限定特約」や「家族限定特約」など、設定できる補償範囲の広さに応じて特約が異なるため、契約者以外がリース車を運転するときは加入している特約を必ず確認するようにしましょう。

顧客対応満足度98.9%のカーリースはこちら

名義を持たないことのメリットはあるの?

名義を持たないことのメリットはあるの?

カーリースでは、契約者は名義を持たずに使用権だけを持ち車を利用しますが、納税などの手間がかからなかったり家計管理がしやすかったりと、名義を持たないことによるメリットも存在します。

これらのメリットについて、詳しくご紹介します。

納税など所有者にかかる作業が不要

所有者、つまり車の名義人には、納税や保険料などの支払義務があります。また、その支払先も複数にわたるので手間がかかります。

しかし、カーリースの場合はそれらの作業をリース会社が行ってくれるため、契約者は月額料金を支払うだけで済むのがメリットです。払い忘れなどの心配もないので、忙しい方でも安心して車を維持することができるでしょう。

家計管理がしやすくなる

車を購入する際には、環境性能割や自動車重量税などの税金や自賠責保険料などがかかります。また、1年に1度は自動車税(種別割)を納める必要があるなど、毎月の出費が一定になることはありません。

しかし、使用権のみを持つカーリースであれば、車の維持費が毎月定額になるので、家計管理もしやすくなります。

このように、所有者の名義を持たないことによって、家計管理の負担は大きく軽減されますが、数年利用して愛着のわいたリース車を返却しなければならないことがカーリースのデメリットといえます。そこで、契約満了後にリース車を自分の名義にしてそのまま乗り続けられるカーリースを次項でご紹介します。

最後に車の所有者を自分に名義変更できるおすすめカーリースは?

カルモくん_new

カーリースを利用するなら、初期費用不要で好きな新車に乗り始められる「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。リース期間中は所有者としての名義を持たずに納税や家計管理の負担を減らせて、最終的には車を自分の名義にしてマイカーにもできる定額カルモくんの魅力を見ていきましょう。

「もらえるオプション」で自分の名義に変更可能

カーリースでは、基本的に契約期間が満了するとリース車はリース会社へ返却しなければなりません。

しかし、定額カルモくんでは月500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時に追加料金なしで、そのまま車をもらうことができます。最後は自分の名義に変更して、マイカーとして自由に使用することが可能です。返却義務がないので気楽に使える上、自分好みのカスタマイズもできます。

もらえるオプションは7年以上の契約なら誰でもつけられるオプションで、車の返却が不要となるため、原状回復のための手間や費用もかかりません。契約中は自分好みの車に思う存分乗りながら税金などの管理から解放され、契約満了後は愛着のある車を自分の名義にして乗り続けられるのです。

定額カルモくんで欲しい車に月々いくらで乗れるのかは、下のバナーから簡単にチェックできます。取扱車種と各月額料金が一覧でわかるだけでなく、車を選択すると契約年数やボディカラーなど細かく選んで料金シミュレーションができるので気軽に試してみてはいかがでしょうか。

料金をチェック

業界最安水準の月額料金10,000円台から好きな新車に乗れる

定額カルモくんは、業界最安水準の月額料金で好きな新車に乗れるのも魅力です。人気の車種に、別途かかる任意保険料をあわせても月々10,000円台から乗ることもできます。

任意保険料は、補償内容や被保険者の年齢によって変わってきますが、仮に契約者の家族も補償範囲に含めて年間60,000円の任意保険に加入したと想定しても、毎月の負担額は5,000円となります。

定額カルモくんでは、ダイハツ「ミライース」に月額11,220円から乗れるので、年間60,000円の任意保険に加入しても月々16,000円程度から利用できるのです。

今ならキャンペーンでさらにお得!詳しくはこちら

キャンペーン
〈ほかにもある定額カルモくんの魅力〉

  • すべての国産メーカーの全車種・全グレードから選べる
  • 1~11年のあいだで1年単位の契約ができる
  • 顧客対応満足度98.9%*1の安心感
  • コストパフォーマンスの高さや納得価格、充実のサポートで「専門家が選ぶカーリース」3冠を獲得*2
  • 7年以上の契約で走行距離制限なし
  • オンラインと郵送だけで車選びから納車まで完結
  • 豊富な知識を持つマイカーコンシェルジュに気軽に相談できる

定額カルモくんでは、LINEや電話で契約前から何度でもマイカーコンシェルジュに相談できます。カーライフ全般の悩みや疑問を解決したい方や車選びやカーリースの利用に不安のある方は、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

LINE
フリーダイヤル

*12019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート
*22021年2月12日~2月15日に、株式会社ショッパーズアイが行った当社を含む「カーリース」の10サイトを対象としたインターネットイメージ調査。週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、カーディーラー勤務者297s(「コストパフォーマンスが高いカーリース」「納得価格のカーリース」「サポートが充実しているカーリース」の3つの部門で1位を獲得)

最後に名義変更できるカーリースならメリットばかり

最後に名義変更できるカーリースならメリットばかり

カーリースの契約中は基本的に名義変更をすることはできませんが、その分得られるメリットもたくさんあります。車の所有者の義務となる税金の支払いなどの手間を省きながらも、マイカーのようにいつでも車を使えるのは、カーリースだからこそできることでしょう。

定額カルモくんなら、税金や自賠責保険料を支払う手間をかけずに利用できる上、「もらえるオプション」で最後に自分の名義の車にすることもできます。カーリースとマイカー購入の両方のメリットを享受しながら、カーライフを満喫できるでしょう。

なお、カーリースの利用には審査がありますが、定額カルモくんには「お試し審査」というサービスがあり、契約したい車が明確に決まっていなくても、カーリースを利用できるか簡単にチェックできます。審査後は、審査に通る範囲で最適な車種を紹介してもらえるため、車種選びやリースの利用を迷っている方も安心です。まずは気軽に確かめてみましょう。

審査に通るか試してみる

よくある質問

Q1:カーリースは名義変更できる?

A:基本的にできません。しかし、契約満了時に買取りをしたりもらえるプランだったりした場合は自分名義にできます。なお、契約者が入院や転勤で長期的に運転できない場合などに名義変更が認められることもありますが、条件や手続きはリース会社ごとに異なります。

Q2:カーリースで契約者以外が運転するには名義変更が必要?

A:基本的には契約者以外の方が車を運転しても問題はありません。ただし、任意保険の補償範囲を確認し、補償対象や年齢条件をしっかりとチェックする必要があります。親が契約した車を子供が運転する場合は、運転する方の続柄や年齢が補償対象になるかを確認しましょう。

Q3:リース車の所有者を自分に名義変更できるカーリースは?

A:「定額カルモくん」なら、7年以上の契約で「もらえるオプション」をつけると、契約満了時にそのまま車をもらえるので、リース車を自分の名義にすることができます。マイカーとして自由に使える上、契約期間中は税金や自賠責保険料などの管理から解放されます。

※この記事は2021年12月時点の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

顧客満足度