ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カーリースをおすすめしない理由とは?デメリットを徹底紹介

カーリースをおすすめしない理由とは?デメリットを徹底紹介
カーリースをおすすめしない理由とは?デメリットを徹底紹介

カーリースでは、定額の月額料金を支払うことで、利用者が希望した新車をカーリース会社が用意し、マイカーに乗ることができます。リースは購入と異なり初期費用をかけずに車に乗れるため、若い世代を中心に利用者が増えています。しかし、中にはおすすめしないという意見もあり、そのおもな理由はカーリースのデメリットにあるようです。

そこで、カーリースをおすすめしない理由とされるデメリットを徹底解説します。

  • カーリースをおすすめしないとされる理由は、中途解約不可で走行距離などに制限があるため
  • 契約満了時の車の返却の際に残価精算や原状回復などの費用がかかる場合がある
  • 月々定額の料金を支払うことで新車に乗れ、走行距離制限や残価がなく、最後に車がもらえるカーリースもある

カーリースとは?カーシェアやレンタカーとの違い

カーリースは定額の月額料金を支払うことで、マイカーのように車に乗れますが、その料金はどのように決められるのでしょうか。

まずは、カーリースの基本的なしくみや、カーシェアやレンタカーとの違いを確認しましょう。

カーリースとは?メリット・デメリットと車のリースのしくみや料金を徹底解説!

カーリースのしくみ

カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図
カーリースの料金算出のしくみを表した図で、車両本体価格から契約満了時の想定残価を差し引いた部分を契約月数で割って、車両代の支払い分を算出していることを説明した図

カーリースは、利用者が月々定額のリース料(賃貸料金)を支払うことでカーリース会社の用意した車に乗れるサブスクリプションサービスです。カーリース会社の取り扱う車種であれば、利用者はその中から自由に選んで新車に乗ることができます。

そのリースの料金は、総額を契約月数で割って算出されます。

その際に行われるのが、カーリースの「残価設定」です。カーリースでは契約時に契約満了時の車の価値である想定残価を設定し、車両本体価格から差し引くことによって、月々定額のリース料が安くなります。この残価設定によってカーリースは同じ車を購入するよりも、車両本体の費用負担を抑えやすくなっています。

また、カーリースの月額料金には車両本体価格だけでなく自動車税(種別割)や環境性能割、自賠責保険料、自動車重量税や事務手数料なども含まれています。頭金や初期費用なしで利用できるため、毎月定額の月額料金のみで新車に乗り始めることが可能です。

カーシェアやレンタカーとの違い

カーリースには、カーシェアやレンタカーにはない次のような特徴があります。

  • 予約がいらない
  • 借りられないということがない
  • 好きな新車に乗れる
  • 好きな時間に乗れる
  • 返却時間に追われない
  • ナンバープレートは「わ」や「れ」ではなく、一般車両と同じナンバー

このように、カーリースは購入に近いかたちでマイカーのように車に乗ることができます。

15万人以上が申し込んだ_人気のカーリース

カーリースはおすすめしないといわれる理由とは?

カーリースはおすすめしないといわれる理由とは?

カーシェアやレンタカーよりも自由度が高く、マイカーのように乗れるカーリースですが、場合によってはおすすめしないという声もあります。その理由としては、カーリースは中途解約ができない点や、走行距離制限が設けられていることが挙げられます。

ここでは、カーリースをおすすめしない理由として考えられるカーリースのデメリットを見ていきましょう。

原則として契約内容の変更や中途解約ができない

基本的に、カーリースは一度決めた契約内容を途中で変更することはできません。また、原則として中途解約も認められず、中途解約をするためには残りの利用料を一括で支払うなど、高額な違約金が生じます。

契約期間中にプランを変更したり、別の車に乗り換えたりしたいと思っても自由に変更することはできないため、契約期間の長さや選んだプランによっては不便に感じてしまう方もいます。

また、自身の都合だけではなく、予期せぬ事故などで修理不能になり廃車に出すことになっても、中途解約となります。その場合でも違約金が発生しますので、車両保険がついた自動車保険(任意保険)への加入はしておいたほうがいいでしょう。

・デメリットがないカーリースもある
カーリースの定額カルモくんには、マイカーコンシェルジュが在籍しているため、契約に向けての車選びはもちろん、契約期間や自動車保険(任意保険)選びについても相談できます。

カスタマイズやドレスアップができない

カーリースで利用する車は、原則カスタマイズやドレスアップはできません。カーリースは基本、契約満了時にリース車を返却する必要があり、利用者は車を元の状態に戻す「原状回復」をしてから返却する必要があるためです。

したがって、カーナビ・カーAV などの入れ替えが容易で元に戻せるカスタマイズは原状回復ができますが、元に戻せないようなカスタマイズやドレスアップは原状回復ができないため、一般的にカーリースではカスタマイズやドレスアップが認められていません。

・デメリットがないカーリースもある
カーリースの定額カルモくんには、契約後に返却する必要がない「もらえるオプション」があります。この場合、車を返却する必要がないため、カスタマイズも自由にできることになります。

走行距離制限がある

基本的に月間走行距離が決められているのも、カーリースをおすすめしないといわれる理由のひとつです。

具体的な走行距離はカーリース会社やプランによって異なりますが、一般的に月間500〜2,000kmの範囲内で走行距離制限が設けられているケースが多く、走行距離制限を超過した場合は、契約満了時に超過分の追加費用を支払わなければならないため注意が必要です。

・デメリットがないカーリースもある
カーリースの定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離制限が無制限になります。

契約満了時に残価精算が発生することがある

カーリースの契約方式によっては、契約満了時に「残価精算」が生じる場合があることにも注意しましょう。カーリースの契約は「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2種類あり、オープンエンド方式の場合は残価精算が必要になる場合があります。

残価精算とは、契約時に設定した車の残価と、契約満了時の実際に車の価値に差がある場合に、その差額を精算するというものです。契約満了時の車の価値が想定残価を下回ると、差額を請求される可能性があるため注意しましょう。

・デメリットがないカーリースもある
カーリースの定額カルモくんは、残価精算が生じない「クローズドエンド方式」の契約になります。この方式であれば契約満了時に差額の支払いがないので安心です。

デメリットがないカーリースについて詳しく見る

デメリットだけではない!カーリースのメリット

デメリットだけではない!カーリースのメリット

カーリースの注意点をご紹介しましたが、こうしたデメリット以上に、カーリースにはメリットが豊富です。特に、初期費用なしで車を手に入れたい方や、簡単な手続きで好きな車に乗れるサービスを探している方にとっては、魅力的なサービスといえるでしょう。

ここでは、そんなカーリースの魅力をご紹介します。

残価設定によって車両本体価格が安くなる

カーリースには、契約時に契約満了時の車の想定残価を車両本体価格から差し引く「残価設定」があります。この残価設定によって、同じ車を現金一括やカーローンで購入する場合よりも車両本体価格を抑えられる点が、カーリースのメリットのひとつといえるでしょう。月額料金が10,000円台からと手頃な価格になるのも、この残価設定があるためです。

各種税金や諸費用も月額料金にコミコミ

カーリースの月々のリース料は、ボーナス払いなしの定額制となっている場合が多いです。また、月額料金には車両本体価格のほかにも自動車税(種別割)や自賠責保険料、車の登録手数料など、車に乗り続けるために必要な諸費用も含まれています。

車を購入する場合に別途負担しなければならない車関連の費用の多くが、カーリースであれば月額料金で一本化できるため支払いの手間が省けて、家計管理も楽になります。

貯金ゼロでも新車に乗れる

車は安い買い物ではないため、現金一括購入が難しかったり、頭金や金利による負担が大きいローンを組まなければならなかったりと、資金繰りに悩まされる方も多いのではないでしょうか。

その点、カーリースは定額の月額料金を支払うだけで、頭金や車の税金、登録諸費用などの初期費用をかけずに新車に乗り始めることができます。予算のために中古車で妥協したり、頭金としてまとまった金額を用意したりする必要もありません。

豊富な車種から好きな車を選べる

カーシェアやレンタカーと異なり、新車のカーリースは、国産メーカーの全車種・全グレードから選べるなど、車の選択肢が豊富なカーリース会社も多いです。新車のカーリースは新車を購入した場合と同様に、故障や不具合の心配なくカーライフをスタートできます。

カーリースは予算や好みに合わせて好きな新車に乗れるという点が、カーシェアやレンタカーにはないメリットといえます。

車選びから審査申込みまでネットで完結する

多くの個人向けカーリースでは、車選びから審査申込みまでネットで行うことができます。車種やプランごとの料金シミュレーションをサイト上で行えるカーリースなら、自宅でじっくりと比較検討しながら、自身の予算や状況にぴったりの車やプランを選ぶことができるでしょう。

また、リースした車を自宅まで納車してくれる場合もあります。その場合、車選びから申込み、車の受け取りまで一度もディーラーなどへ足を運ぶことなく、手軽にカーライフをスタートできます。

乗換え手続きが簡単

乗換え手続きが簡単で、車に乗り始めるときも手放す際も楽な点がカーリースの魅力です。車を購入するとなると、それまで乗っていた車を下取りに出したり廃車にしたりするための手続きは、すべて自身で行う必要があります。

その点、カーリースなら契約満了時に車をカーリース会社へ返却するだけで車を手放せます。同じ車に乗り続けたい場合は再リースしたり、別の車に乗り換えたいときは新しい車を選んで契約に進んだりと、契約満了後の選択肢も柔軟に選べます。

法人や個人事業主は経費として計上できる

法人や個人事業主の方は、カーリースのリース料をすべて経費計上することができます。

事業用の新車を現金一括購入した場合、その金額すべてをその年の経費として計上することはできず、普通自動車の場合は6年、軽自動車は4年かけて減価償却していく必要があります。

しかし、カーリースの場合は減価償却ではなく月々のリース料を経費計上できるため、節税効果が期待できる上、経理処理の手間も省けます。
※車を仕事の用途で使用した分となります

デメリットがないカーリースについて詳しく見る

カーリースがおすすめなのはどんな方?

カーリースがおすすめなのはどんな方?

カーリースのデメリットとメリットを見てきましたが、どのような方であればカーリースは向いているのでしょうか。ここでは、カーリースのデメリットを感じにくく、快適にカーライフを送れるのはどのような方なのかをご紹介します。

初期費用をかけずに新車に乗りたい方

車が欲しいけれど頭金としてまとまった金額を用意することは難しいなど、初期費用の高さに悩まされているという方に、頭金や初期費用がかからないカーリースはおすすめです。毎月定額のリース料を支払うだけで利用できるため、貯金の少ない方でも気軽にカーライフをスタートできるでしょう。

車関連の出費をまとめて定額化したい方

車をローンで購入する場合は、毎月の返済とは別に、各種税金や保険料、車検代やメンテナンス費用など車を維持するために必要なさまざまな費用を支払う必要があります。

その点、カーリースは月額料金に各種税金や自賠責保険料が含まれています。さらに、車検代やメンテナンス費用も月額料金に組み込んで定額化できるプランに加入すれば、車関連の費用の大半を一本化することも可能です。

毎月支払う金額が一定となり、車にかかる費用をまとめて管理しやすくなります。

簡単な手続きで車を手に入れたり乗り換えたりしたい方

車を購入する場合、自身でディーラーへ行き、車選びをしなければなりません。また、ローンを組むのであれば返済計画をシミュレーションした上で審査へ申し込み、車の購入とは別途手続きを行う必要があります。

一方、ネットから車やプランを選んで審査への申込みもできるカーリースは、自宅にいながら簡単な手続きで車を手に入れたり、乗り換えたりすることができます。

デメリットがないカーリースについて詳しく見る

後悔しないカーリースの選び方

後悔しないカーリースの選び方

カーリースは数年単位で長期利用することが基本となるので、自身の状況や希望条件に合うカーリース会社を選ぶことが大切です。契約内容やプランはカーリース会社によって異なるため、サービス内容を比較しながら検討することをおすすめします。

また、カーリース会社によっては、ここでご紹介したデメリットをカバーできるサービスを用意しているところもあります。

ここでは、デメリットを回避しながら利用できるカーリースの選び方をご紹介します。

走行距離制限なしのカーリースを選ぶ

カーリースは基本的に走行距離制限が設けられていますが、中には走行距離制限がなかったり、プラン次第で走行距離制限が無制限となったりするカーリースも存在します。

例えば「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、7年以上の契約なら走行距離が無制限になります。

このようなカーリースやプランを選択すれば、長距離運転の多い方や毎日車に乗る方でも、走行距離制限の超過を気にせずドライブを楽しむことができます。

契約期間を柔軟に設定できるカーリースを選ぶ

中途解約や契約期間中に契約内容の変更を迫られるリスクを軽減するためには、本当に車が必要な期間で契約することも大切です。カーリースは月額料金の安さだけで選ぶのではなく、柔軟に契約期間を設定できるかどうかにも注目してみましょう。

カーリースの中には定額カルモくんのように、1~11年のあいだで、1年単位で契約期間を設定できるサービスもあります。こういったサービスで契約期間ごとのリース料もシミュレーションし、納得した上で契約に進むことが大切です。

カスタマイズやドレスアップがしたいなら、契約満了時に車をもらえるカーリースを選ぶ

カーリースで乗る車は、契約満了時に原状回復を行った上で、カーリース会社へ返却する必要があります。しかし、今回ご紹介したように、契約満了時にそのまま車をもらえるサービスを用意しているカーリースもあります。

車をもらえるカーリースなら、原状回復にかかる手間や費用も不要になります。リース車にマイカーとして乗れるようになるため、走行距離やカスタマイズに関する制限もなくなり、より自由にカーライフを楽しめるでしょう。

定額カルモくんなら7年以上の契約の場合に月々500円で、リース契約満了時に車がもらえるオプションプランがあります。原状回復が不要になるため、車をカスタマイズして楽しみたい方にもおすすめできます。

残価精算のないカーリースを選ぶ

残価精算のあるカーリースは、契約満了時の差額精算によって追加費用がかかる可能性があるため注意が必要です。
残価精算がないカーリースは、「クローズドエンド」という契約方式を採用しているカーリースです。

クローズドエンド方式のカーリースなら、契約時に想定残価は設定しますが、契約満了時の実際の車の価格と差があったとしてもその差額を請求されることはありません。

定額カルモくんはクローズドエンド方式を採用しているため、契約満了まで差額精算による追加費用の心配なく利用できます。

安心して利用できるおすすめカーリース

初めてカーリースを利用する場合、車やプランを選ぶときや、契約後にカーリースや車についてわからないことがあったときに不安を感じることもあるでしょう。カーリースで安心してカーライフを送るためにも、顧客対応満足度が高く、サポート体制も充実しているカーリースを選ぶことがポイントです。

定額カルモくんは、初めてカーリースを利用する方でも安心できるサービスがそろっているため、その内容をご紹介します。

「定額カルモくん」は専門家と利用者が選ぶカーリースで3冠達成!

専門家と利用者が選ぶカーリース3冠獲得(日本マーケティングリサーチ機構)

定額カルモくんは、専門家と利用者が選ぶカーリースとして、カーリース利用経験者が選ぶ、おすすめしたいと思うカーリースNo.1カーディーラー勤務者が選ぶ、サポートが充実していると思うカーリースNo.1ファイナンシャルプランナーが選ぶ、コストパフォーマンスが高いと思うカーリースNo.13冠を獲得しています。

国産メーカーの全車種、全グレードから選べる

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種、全グレードから、予算や用途に合わせて好きな車を選べます。カラーやオプションなども自由に設定可能です。すべてメーカー保証付きのディーラーの新車が用意されるため、新車を購入するときと同じ安心感でカーライフをスタートできるでしょう。

オンラインから簡単に審査を受けられる

カーリースの審査に通れるか不安な方には、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。所要時間5分程度でネットから申し込める簡単な審査で、結果は通常翌営業日(最大3営業日)に届きます。審査通過後に、利用可能な金額の車種やプランをじっくりと選べるため、自宅にいながらカーリースの契約内容を比較検討することも可能です。

もちろん、審査に通過したからといって必ず契約する必要はなく、本契約前ならキャンセルもできます。まずはカーリースを利用できるか知りたいという方も、気軽にお試し審査を受けてみてはいかがでしょうか。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

充実のサポート体制

セールススタッフ

定額カルモくんでは、車やカーリースなどについて、電話やメール、LINEでマイカーコンシェルジュに無料で相談することができます。そのため、車やカーリースに詳しくない方でも安心してカーライフを始められます。

契約前でも相談できるため、予算やライフスタイルに合わせた車やプランを提案してもらうことも可能です。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

カーリースをおすすめしない理由をカバーできるカーリース会社もある

カーリースはおすすめしないといわれる理由には、中途解約ができなかったり、走行距離などに制限があったりと、カーリースのデメリットが深く関係しています。

しかし、定額カルモくんのように契約期間を柔軟に設定できる、走行距離が無制限になる、車がもらえるなど、デメリットをカバーできるサービスを用意しているカーリースなら、マイカー感覚で快適に利用することができるでしょう。

契約前に各カーリース会社のサービスやプランを比較し、希望条件やライフスタイルに合うカーリースを選ぶことが大切です。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:カーリースをおすすめしないといわれる理由は?

A:カーリースは原則として中途解約が認められず、カスタマイズができない、走行距離制限があるなど、人によっては不便に感じられる点があります。また、走行距離制限をオーバーした場合や原状回復が必要なときは、契約満了時に追加費用がかかるため、カーリースをおすすめしないという声もあります。

Q2:カーリースのデメリットをカバーできるカーリース会社の選び方は?

A:中途解約のリスクを避けるためにも、ライフスタイルに合わせて契約期間を柔軟に設定できるカーリースを選ぶことが大切です。また、走行距離が無制限になったり、契約満了時に車をもらえて原状回復が不要になったりするカーリースなら、マイカー感覚で利用することができます。

※この記事の内容は2022年5月時点の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る