ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

「還暦過ぎたんだから、好きな車に乗らせてよ」車に妥協はしたくない、おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者に聞く、カーリースの良さ。

「還暦過ぎたんだから、好きな車に乗らせてよ」車に妥協はしたくない、おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者に聞く、カーリースの良さ。

定額カルモくん契約者のKさん。
東京近郊でありながら、あえて駅近くではない「車が必要な地域」を生活の場として選び、カーライフを楽しんでいる。
根っからの車好き。還暦を過ぎ、半世紀以上にわたる趣味を謳歌するために選んだ相棒はHONDAの「S660」。
「最後の新車になるかもしれない」だからこそ妥協したくなかったというKさんの愛車への思いを聞いた。

Kさん

Kさん(63)横浜市在住。現在は一人暮らし。
S660 | 賃貸期間7年 でご契約いただいています。

 

Kさん愛車遍歴

Kさんと車の歴史を語るには半世紀という時を戻さなければならない。
昭和40年。Kさんは東京の江東区で両親と長屋暮らしをしていたという。

Kさん:あのころの日本は高度成長期の真っただ中で。とにかく貧富の差が激しかった。うちはとてもとても車なんて持てないけど、近くの青果工場の社長なんかは、ポルシェに乗ってた。911 カレラ。当時だって、350、400万ぐらいかな。その隣の企業の社長は丸目2灯のマスタング。それも140~150万くらいだったかな。

そのころのK少年にしてみれば、車というのは夢の夢。成し遂げた人が手に入れる成功の証しだと感じていたとか。
そんな中Kさんは、18歳でさっそく夢を果たす。

Kさん:18、19の時です。車が好きだった僕は日産マンになった。それで最初に乗ったのが日産の「チェリーF-II」。日産自動車の初任給が一般よりも2割高だったから新車で買うことができたんです。それを3年くらい乗って、ひと目ぼれして中古のC-130ローレルのセダンに乗り換えた。2ドアのSGXのグリルを4ドアにつけて。あとは、コードアンテナ。その当時、無線が流行ってて。3メートルぐらいのものをビヨンビヨンいわせながら走ってました。当時はまだトルコンが普及していない時代で。MT6速で重いんだ、クラッチが。

――18で車という夢を手に入れられて、そのあと3年で高級車というワンランク上の車を手に入れて。早めに来るところまで来ちゃった感じですね。

Kさん:いや、乗れば乗るほどまた欲しくなるんですよね。それで、次に乗ったのが430。セドリックのマスコットとグリルを自分で変えました。

――自分で変えたというのは、やはり仕事されてたからできたのですかね?

Kさん:そうそう、やり方わかるから。車は日産だろうが、なんだろうが、車いじってきた人間だから大体わかるんです。セドリックの後に乗ったシボレーカマロ Z28もホイールやらなんやらいじりましたね。

――カマロですか。それはおいくつの時ですか?

Kさん:ちょうど26歳の時です。

――あのころのK少年のような少年をKさんが作り出していたのかもしれませんね。

Kさん:そうかもしれないね。

カマロの次にKさんは日産のパルサー。ホンダのトゥデイ、トヨタのカローラと乗り換え、再び輸入車のBMWを購入。このBMWもホイールを17インチに変え、さらにフロントのグリルカバー、サイドウィンカーもパーツを変えている。Kさんが愛車をいじる理由は自分だけのオリジナル、人と違うことへのこだわりが背景にある。

そこから、スバルのインプレッサ、スズキのアルト、ダイハツのミラと生活に合わせて車を変えたKさん。軽自動車から高級車、そして輸入車まで、十数台に及ぶ車に乗ってきたが、そのどれもが文字どおり愛車だったとKさんは言う。

そして2年前、61歳の時に今の相棒と出会う。

いろいろ乗り倒した結果、選んだ相棒がS660

Kさん

――S660にした理由は?

Kさん:S660は2015年に発売されて以来、一切、フルモデルチェンジをしていないんですよ。モデルが変わらないということは、永遠に残る。残る=旧車、絶版になるんですよ、絶対に。なので、僕はこれにした。しかも軽自動車だし。維持費が安いですから。燃費も良いし。

――これまで、いろいろな車に乗ってこられて、維持費というのは、やっぱり重要ですか?

Kさん:重要ですね。だから、カマロに乗っているときはたいへんだった。リッター走っても、6キロぐらいですから。

車の楽しみと、日常のあいだで一番良いものを選ぶ。維持費の上に好きなフォルムを乗っける。そんな感じです。

――維持費は考えつつ、妥協はしたくないという。

Kさん:そうですね。還暦過ぎたし、そろそろ自分の趣味、好きな車に乗りたいと。もし、一人暮らしじゃなかったら、猛反対される車でしょうね。2人しか乗れないじゃんって。実質1人じゃんて。

――今回もいろいろといじってらっしゃいますよね?

Kさん:今回は中から攻めようと。Amazonとかでもかなりパーツが出てるし。それで、スポーツモードのスイッチを入れると、インパネが赤くなるんですよ。これは絶対にインナーは赤にしろと言っているんだなと。そこからすべて赤で統一。

いろいろ乗り倒した結果、選んだ相棒がS660

いろいろ乗り倒した結果、選んだ相棒がS6602

シートから細かいパーツまでシルバーと赤、黒の色のバランスが渋い

――ここまでいろいろな車に乗ってきて、どんな車が自分に合う車だと思いますか?

Kさん:やっぱり速い車ですよね。加速。信号待ちで、スタート。そして、周りから目立つ。これでしょうね。とにかく人間が目立つから。声でかいし、顔でかい、態度もでかい。あと、もう一個ある。図々しいね(笑)。

最後の新車、方法はある、夢は叶う。

Kさん

――カーリースというしくみは知っていたのですか?

Kさん:インプレッサがディーラーのリースだったから、もう12年前には利用してましたね。

――最初は違和感とか怪しさとか感じなかったですか?

Kさん:全然感じなかったですね。ちゃんと説明も受けたし。

――今回、S660は購入を考えなかったのですか?

Kさん:購入は考えていなかった。リースはいろいろなプランがあるけど、税金も何も全部コミコミじゃないですか。一定の月額が決まってるので支払額が変わることがないから安心ですよね。あと僕の場合は、ローン審査は難しいと思ってたから、逆に、よく通ったなと思ってます。

――ちょっと難しいかなと思われてた?

Kさん:いろいろあって何回か試したけどやっぱり無理で。でも、カルモさんに相談したら、一応やってみましょうよと言われて、じゃあダメ元で、みたいな。そしたら、通ったのでびっくりしました。え、ほんとですか?って電話して。じゃあぜひぜひお願いしますと言って、現在に至ります。新車に乗れてるのはカルモさんのおかげですよ。

――3年ぶりの新車になるわけですが、乗っていて、一番楽しいタイミングはいつですか?

Kさん:やっぱり、アクセルを離したときのターボのシュポシュポ音ですね。

――これまでを振り返って、車というのは、Kさんにとってどういった存在ですか?

Kさん:やっぱり、パートナー、相棒だよね。時折言うことを聞かない、なかなかわがままな相棒ですけど。だからしっかりかわいがってあげないと。そして、どうせ走るなら目立って走ろうと。目立つためには何をするかというと、自ずと出てくるんです。こーして、あーしてとか。車が訴えかけてくる。ここを変えたらもっとかっこいいとか。そう?とか話しながらさ。

Kさん

※記事の内容は2022年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー