ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
カーライター兼カメラマン
桑野将二郎くわのしょうじろう

中古車を買う問題点とは?購入時に注意するべきことや知っておきたいこと

中古車を買う問題点とは? 購入時に注意するべきことや知っておきたいこと
定額カルモくん中古車

新車しか買ったことのない人の中には、中古車を買うこと自体を問題視する人もいます。それって偏見なのか?根拠のあることなのか?中古車にまつわる問題点を探るべく、初心者向けの中古車の探し方を中古車選びのプロ・桑野将二郎さんに解説してもらいましょう。

中古車を探す

どうやって探して買えば安全なのか?

どうやって探して買えば安全なのか?

いわゆる中古車の問題というのは、新車に比べて故障トラブルの確率が高まることや、前オーナーのさまざまな痕跡を嫌う人にとっては、中古であること自体を避けたいという理由もあるでしょう。そういった方は、新車を購入するしかないわけですが、中古車でも安心して購入できる方法があります。その流れは下記のようになります。

販売店を調べる

基本的に安心できる中古車を探すには、良いお店を探し出すことが重要です。仕入れ方法や販売車両の管理、販売している在庫のクオリティ、お店の対応など、まず買うお店を精査しましょう。

保証のあるところを選ぶ

中古車のトラブルを防ぐためには、キチンと法定整備をおこなった車両を販売し、保証も付けてくれるお店を選ぶことです。保証の内容をしっかり確認すべきですが、最低限でも保証を付けてくれるお店はユーザーのことを第一に考えてくれている、と捉えて良いでしょう。

修復歴を確認する

いくら整備の行き届いた中古車でも、過去に大きな事故を起こしていたり、修復歴のある個体は注意が必要です。修復歴がある箇所や度合いを必ず確認して、販売店の説明に納得できなかったり、気になったりする場合は避けた方が無難です。

現車確認&試乗でコンディションを探る

購入したい候補が絞り込めたら、実際に現車を見て、内外装の状態を把握するとともに、納車前の点検整備内容を確認。最終的には試乗で車両コンディションと相性をチェックしましょう。

安すぎる中古車は危険なの?

中古車の魅力のひとつが、新車と比較した時の圧倒的なお買い得感。年式や走行距離など値段を左右する要因はさまざまですが、驚くほどリーズナブルな格安中古車も全国にはたくさん流通しています。こういった安過ぎる中古車は危険なのでしょうか?わかりやすい例として10万円以下の中古車を買っても問題がないのか?検証してみましょう。

10万円以下の中古車は買っても問題ないのか?

安さの理由がハッキリしていて、必要な整備をおこなっていれば、10万円以下でもまだまだ賞味期限は残っているかもしれません。中古車は、走行距離(10万km以上の過走行車は安い)、年式(中途半端に古いと安い)、不人気車(ニーズがないため安い)、修復歴車(走行に影響のない修復歴でも嫌われるため安い)、などの要因が重なると、格安車両が生まれます。すべての格安車両が危ないわけではなく、なかには驚くべき掘り出し物も存在します。トレジャーハンティングの気分で、そういったお得な格安中古車を探すのも楽しいものです。過去の履歴と購入時の整備内容を確認して、納得できれば買って良し!でしょう。

よく見かける登録済未使用車とか新古車って大丈夫?

よく見かける登録済未使用車とか新古車って大丈夫?

最近専門店が増えつつある「登録済み未使用車」とは、一体どういう中古車なのか?新古車と呼ばれる車両とはどう違うのか?新車よりどれくらいお得なのか?気になるその差について解説しましょう。

登録済み未使用車とは、メーカー系ディーラー店が自社名義で登録の後に販売されている中古車のことです。新古車も実は同じ定義の中古車で、大きな違いはありません。しかし、消費者に誤解を与えないようにと、現在は「登録(届出)済み未使用車」と表記するルールが定められています。

新古車と表記しているお店は注意したほうが良いでしょう。また、未使用車の定義としては、自動車公正取引協議会の通達により、使用及び運行されていない中古車を指し、試乗車などすでにある程度走行した車両は未使用車として販売できません。

新車は通常、製造工場からの出荷時に購入者の名義で登録をおこないますが、登録済み未使用車はさまざまな大人の事情によって一時的にディーラーが自社名義で登録した車両を指します。

工場出荷時の新車に比べると外装などに多少の汚れが見つかる場合もありますし、在庫期間によっては車検残が減っていきます。未使用車として流通する車種は軽自動車やコンパクトカーが多く、グレードも安いものか売れ筋の中間グレードあたりに限られます。

こうした問題点に対して、工場からの出荷を待つことなく購入できて、新車よりも安く、さらに初期法定費用を抑えられて、故障のリスクも新車同様、保証もほぼ新車同等というメリットが挙げられます。中古車の中では品質に関する懸念がほとんどなく、新車よりも割安なので、予算されあえば登録済み未使用車はおすすめです。

中古車を積極的に選ぶ理由がある

中古車とひとことで言っても、格安車両から登録済み未使用車まで選択肢はとても広く、選ぶ難しさと楽しさは新車にない魅力でもあります。中古車を購入することそのものが問題ということはなくて、新車に比べると注意点が増えたり、同じ条件の車両を探しにくいという部分以外は、捉え方によっては楽しくお得なカーライフが実現できます。積極的に目を向けるというのも一考の価値があるのではないでしょうか。

「貯金はないけど、いい中古車に乗りたい」という方におすすめの中古車

※定額カルモくんからのお知らせ※
年式やグレード、走行距離など、程度のいい中古車を買おうとすると、どうしても金額が高くなってしまします。
だからといって、今買えるお金で車を決めて本当にいいのでしょうか?
そこでおすすめなのが、月々の利用料で中古車を持てる定額カルモくんの中古車です。

中古車を探す

安い!早い!安心!のおトクにマイカー 定額カルモくんの中古車のメリット

<カルモくんのメリットは>
・2万円あれば車が持てる!
・車検は2年つけてお渡し!
・1年間の故障保証付き。修理費上限もなし!365日24時間、故障受付にも対応
・取り扱い台数が業界最大級(2019年10月自社調べ)
・来店不要。ネットで申込、自宅まで納車いたします
・メンテナンスプラン加入で車検もオイル交換、各種消耗品交換まで、あらゆる必要費用がコミコミ

カルモくん中古車のメンテプランについてはこちら

専門家が選ぶカーリース_3冠

*調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年2月12日~15日 調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点) 広告、まとめサイトなどを除く

カーリースって何?

カーリースはリース会社が所有する車を利用料を払って使用する車の持ち方です。

<カーリースのメリット>
・月々の支払いで車が持てる
・頭金や初期費用は不要なので、まとまったお金が必要ない
・税金や保険料は月額料金にコミコミなので、車生活で大きなお金も不要
・自分だけの車になる(レンタカーやカーシェアのように誰かと使うことはありません)
・マイカーと同様のナンバープレートが使える
・車が必要な期間だけ乗れる

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
車種×中古車_読了後