【ニューモデル速報】「レクサスRC」レクサスのパーソナルクーペが初のマイナーチェンジ

2018年10月31日、レクサスのパーソナルクーペRCが初となるマイナーチェンジを受けた。外観や内装の変更はもちろん、徹底的な走り込みで鍛え直した足回りの進化も見どころだ。さっそくその進化のポイントを解説しよう。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

国産車にライバルなし

2014年10月に登場した2ドアスポーツクーペのレクサスRCは、スポーツセダンのレクサスISをベースとしたモデル。クーペならではの人を魅力するデザインと、走りへの情熱を駆り立てる走行性能を兼ね備えたモデルとして、レクサスの「エモーショナルな走り」のイメージをけん引してきたモデルです。

レクサスRCのライバルはいまや国産車にはなく、輸入車のメルセデス・ベンツCクラスクーペ、BMW4シリーズ、そしてアウディA5クーペなどが挙げられます。そんなレクサスRCですが、2018年10月31日にマイナーチェンジを行いました。

今回の変更点のポイントは、レクサスらしいスポーティかつエレガントなエクステリアに磨きを掛けたこと、高い質感に加え「運転の愉しさ」を際立たせるインテリアを進化させたこと、そして空力性の向上や、タイヤ・サスペンションの改良による優れた運動性能の実現となっています。

フラッグシップLCのテイストをRCにも

新型レクサスRCは、フラッグシップクーペのレクサスLCで培った新世代レクサスのデザインを継承。独創的かつスポーティなイメージは変えずに、LCの流れを汲むエレガントなエクステリアデザインを追求しました。

レクサスRCが特徴とするクーペらしいダイナミックなあプロポーションを活かしつつ、エレガントなデザインを継承しています。

具体的にはヘッドライトから下に伸びるバンパーコーナーの造形や、上下で開口比率を徐々に変化させたメッシュパターンのスピンドルグリルなど、特徴的なデザインを新たに採用しました。

また、超小型三眼LEDヘッドランプユニットを縦方向に配置。L字型のLEDクリアランスランプとの組み合わせにより、新型RC独自の精悍かつエレガントな表情を実現しています。

一方のリアはバンパーコーナーにエアダクトを設け、優れた走行安定性を実現するとともに、タイヤの踏ん張りを強調する造形を採用することで走行性能の高さを表現。また、リアコンビネーションランプのL字をより際立つデザインとすることで、レクサスクーペとしての記号性を強調しています。

また、より走行性能を高めたFスポーツは、ブランド統一の新しいFメッシュパターンをはじめとする専用の内外装アイテムをはじめ、LS、LCなどのデザインを継承した力強いデザインの専用19インチアルミホイールを採用しました。

ボディカラーはスポーティさを際立たせる新規設定色ネープルスイエローコントラストレイヤリングやスパークリングメテオメタリックを含む全11色を設定しています。

インパネの時計もLCと同意匠に

高い質感に加え「運転の愉しさ」を際立たせるインテリアは、センターパネルに設置されたヒーターコントロールパネルとオーディオパネルを質感の高いヘアライン調に変更。

大型化したニーパッドで両端から挟み込む構成とすることで上質感を高めています。

インストルメントパネル中央に設置されたアナログ時計は、LCと同意匠とすることでレクサスクーペとしての質感の高さを演出してくれます。

内装色はLCを継承したオーカーをはじめ、ブラックの表皮に落ち着いたイエローをアクセントカラーとして組み合わせた新色のブラック&アクセントマスターイエローなど、Fスポーツ専用色を含む全7色を設定。

また、オーナメントパネルはFスポーツに本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)やダークグレーヘアラインを新採用し、全5色となりました。

徹底的に走り込んで鍛え直した足回り

最後はRCの徹底的な作りこみによる、より鋭く、より優雅な走りです。フラッグシップクーペLCの走りのコンセプトである「より鋭く、より優雅に」を、新型RCも継承し、運転の愉しさをドライバーが感じられる味付けを行っています。

具体的には空力性能やサスペンションの改良、徹底的な走りこみに基づくパワートレーンのチューニングなど細部まで及び、フラットかつ滑らかな乗り味とLC譲りの運転操作に忠実なハンドリングを味わえる優れた運動性能を実現しています。

より具体的に書くとサイドウインドウモールのフィン形状化やリアバンパーへのダクト追加により、ホイールハウス内の圧力変動を軽減するなど、徹底的に空力性能にこだわり、操縦安定性を向上させました。

また、19インチホイール装着車にはグリップ性能を高めたタイヤを新採用することにより、優れた操縦性と安定性を実現。

サスペンションは、ストローク速度が極めて低い状態から十分な減衰力を発揮する改良型ショックアブソーバーや、より高剛性のブッシュを採用。細部に到るまでチューニングを施すことで、フラットな車両姿勢と高い運動性能を両立しています。

さらにRC300に搭載している2Lターボエンジンのアクセル操作に対するレスポンスを向上。従来以上にダイレクトな加速フィーリングを実現しています。

リアシートに大人2人が乗ることもでき、広いトランクスペースを確保するなど実用性の高いレクサスRCは新車価格556万〜707万円となっています。

レクサスRC価格表(2018年12月現在)

グレード駆動方式JC08モード燃費(km/L)車両本体価格
RC 3002WD(FR)12.2556万円
RC 300 バージョンL603万円
RC 300 Fスポーツ608万円
RC 300h23.2600万円
RC 300h バージョンL647万円
RC 300h Fスポーツ652万円
RC 35010.2636万円
RC 350 バージョンL683万円
RC 350 Fスポーツ707万円
萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【ニューモデル速報】「レクサスRC」レクサスのパーソナルクー...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

【燃費・走り】ヴォクシーの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

【ライバル対決】「日産ノートvsトヨタアクア」ベストセラーコンパクトカーはどちらが買いか?

【徹底レビュー】「ホンダS660」世界でただひとつの軽オープン2シーターミッドシップスポーツカー

【徹底レビュー】「トヨタハリアー」依然として魅力を放つ日本専用プレミアムSUV

【徹底レビュー】「トヨタシエンタ」使い勝手が光る、コンパクトミニバンのベストセラー

【徹底レビュー】「トヨタプリウス」熟成が進むハイブリッドのベストセラー

【試乗記】「三菱eKクロス」プレミアムといってもいい軽SUV

【試乗記】「三菱eKワゴン」激戦の軽ハイトワゴンで光る実力!

【グレード情報】CX-5のグレードをリサーチ!

【燃費・走り】ホンダフリード+の実燃費とカタログ燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP