どのタイプが好み?スタイルごとに異なる個性を持つフレアワゴンの内装をチェック!

どのタイプが好み?スタイルごとに異なる個性を持つフレアワゴンの内装をチェック!

出典:マツダ「フレアワゴン」インテリア

フレアワゴン

軽自動車はボディサイズに制限があるため、かつては狭くて窮屈というイメージが先行していたこともありました。しかし現在の軽自動車はコンパクトカーに匹敵するような広い室内空間や、居心地の良さにこだわった内装デザインを持つモデルが多く登場しています。車の内装はドライブの快適さを左右する部分のため、車選びの際にはしっかりと確認するようにしましょう。

ここでは、マツダ「フレアワゴン」の内装について紹介します。

【この記事のポイント】
✔従来型よりも室内高・室内幅を拡大
✔内装はタイプごとに個性が異なる
✔後席を倒せば27インチの自転車も積み込める

安く手に入れる

フレアワゴンの室内空間の特徴

2018年2月に登場した現行型のフレアワゴンは、新プラットフォームを採用したことにより室内高・室内幅を拡大し、居住性を向上させています。天井や両サイドもまっすぐのBOX型のボディ形状のため、ヘッドクリアランスはもちろん肩周りの空間にも余裕があり、ゆとりをもって運転できるのが魅力。

室内高を高く取るだけでなく、低床設計としたことで乗り降りも楽にできます。また、すべての席のシートが独立してスライドできるため、どの席に座っていても体格に合わせた楽な姿勢でドライブが楽しめるように配慮されているのもポイントでしょう。

10136_フレアワゴン

フレアワゴンの内装の特徴

ここからは、フレアワゴンの内装について詳しく見ていきましょう。なお、フレアワゴンにはノーマルタイプとクロスオーバーSUVテイストのタフスタイル、大型グリルが印象的な迫力のあるエクステリアが特徴のカスタムスタイルの3種類のスタイルの設定があり、スタイルごとに内装は異なります。

同じスタイル内ではグレード間の差はほとんどないため、ここではスタイルごとの内装を紹介しましょう。

シンプルで親しみやすいノーマルタイプ

シンプルで親しみやすいノーマルタイプ出典:マツダ「フレアワゴン」インテリア

ノーマルタイプでは、明るいアイボリーのファブリックシートを採用し、世代を問わず誰にでも好感を与える親しみやすい内装としています。

シンプルで親しみやすいノーマルタイプ2出典:マツダ「フレアワゴン」インテリア

加飾類はほとんど使用されず、シンプルな印象。インパネはアイボリーにブラックのデコレーションパネルを組み合わせ、アクセントとしてレッドをあしらって遊び心を表現しています。

インテリアカラーは基本的にブラックですが、ノーマルタイプの上級グレードである「HYBRID XS」に設定のあるホワイトツートーンルーフを選択した場合のみベージュ内装となります。

SUVらしいアクティブな印象のタフスタイル

SUVらしいアクティブな印象のタフスタイル出典:マツダ「フレアワゴン」インテリア

クロスオーバーSUVテイストのタフスタイルの内装は、その名のとおりSUVらしさを感じさせるタフさやアクティブさが特徴です。

インテリアカラーはブラックのみ。シート素材には撥水加工を施したタフスタイル専用のファブリックを採用しました。

SUVらしいアクティブな印象のタフスタイル2出典:マツダ「フレアワゴン」インテリア

ステッチやメーターリング、エアコンルーバーリングにアクセントとしてオレンジを使用することで、タフさの中にも遊び心を感じさせます。

また、助手席のアッパーボックスは工具箱をイメージしたタフスタイル専用デザインとなることに加え、インパネにガンメタリックを採用することで、ガンメタリック塗装のエアロパーツを装着したエクステリアとの一体感を演出しています。

上質さと精悍さを兼ね備えたカスタムスタイル

上質さと精悍さを兼ね備えたカスタムスタイル出典:マツダ「フレアワゴン」インテリア

メッキを多用した迫力のあるエクステリアを持つカスタムスタイルの内装はブラック1色。一部にレザー調素材を使用、レッドステッチをあしらったシートを標準装備し、ほかのタイプと一線を画した精悍さが魅力です。

上質さと精悍さを兼ね備えたカスタムスタイル2出典:マツダ「フレアワゴン」インテリア

インパネにはブラックパールが採用され、シルバーのデコレーションパネルと組み合わされました。エアコンルーバーにもメッキ加飾が使用され、きらめきが室内を彩ります。

ステアリングホイールやシフトノブは本革巻きになり、スポーティーさを室内にもたらすとともに上質さに磨きをかけています。

通常記事_コミコミ1万円バナー

フレアワゴンの座席周りの収納

こまごましたものを収納しておく座席周りの収納も確認しておきましょう。

インパネアッパーボックス

インパネアッパーボックス出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

インパネアッパーボックスはしっかりとリッドが閉まるので、走行中でも安心です。収納物が外から見えることもないため、長財布などの貴重品の収納にもいいでしょう。

インパネボックス(助手席)

インパネボックス(助手席)出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

インパネアッパーボックス下にあるインパネボックスは、スリムタイプのティッシュボックスが収まるサイズです。ティッシュボックスの収納場所が確保されているのはうれしいポイントでしょう。

インパネドリンクホルダー

インパネドリンクホルダー出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

ドリンクホルダーは運転席・助手席に1個ずつ設置されています。引き出し式で使用しないときは収納できるので邪魔になりません。

インパネセンターポケット

インパネセンターポケット出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

スマートフォンが収納できるポケットもあります。なお、ターボ車には全車にUSB端子が標準装備されるので、充電しながら収納することも可能です。USBチャージャーはタフタイルとカスタムスタイル全車、ノーマルタイプの「HYBRID XS」に搭載されています。

シートアンダーボックス

シートアンダーボックス出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

助手席の座面下には収納ボックスがあります。人目に付かせたくないものや使用頻度の高くないものを収納しておくといいでしょう。汚れものなどの収納にも適しています。

折りたたみ式シートバックテーブル(運転席は「HYBRID XG」を除く全車に標準装備、助手席はカスタムスタイルの「HYBRID XS」「HYBRID XT」に標準装備)

折りたたみ式シートバックテーブル(運転席は「HYBRID XG」を除く全車に標準装備、助手席はカスタムスタイルの「HYBRID XS」「HYBRID XT」に標準装備)出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

グレードによっては、前席のシートバックに折りたたみ式のテーブルが用意されています。ドリンクホルダーが2個、ショッピングフックが3個付属しているので、さまざまなシーンで役立つでしょう。小さな子供のいるファミリーには特に便利なアイテムなのではないでしょうか。休憩時の食事の際などに大いに活躍してくれるでしょう。

このほか、車検証などの書類入れとして利用できる助手席前のグローブボックスや紙袋やビニール袋をかけておけるショッピングフック、フロント・リアドアのボトルホルダーなども備わっています。

フレアワゴンの荷室&座席アレンジ

フレアワゴンの荷室&座席アレンジ出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

フレアワゴンは最低地上高510mmを維持していることに加え、開口部が大きいので荷物の積み降ろしも楽に行えます。

フレアワゴンの荷室&座席アレンジ2出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

後席を倒せば27インチの自転車が積み込める広大なスペースが出現します。

フレアワゴンの荷室&座席アレンジ3出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

フルフラットにもなるため、休憩時にはゆっくりと足を伸ばしてくつろげます。

フレアワゴンの荷室&座席アレンジ4出典:マツダ「フレアワゴン」機能性

後席には分割可倒式のシートを採用していることに加え、助手席には前倒し機構が搭載されているので、後席の片側と助手席を倒して長さのある荷物を積み込むことも可能です。

カーリースならフレアワゴンのインテリアも予算内で想いのまま

フレアワゴンに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースもあるので、現金で用意しておかなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利の負担もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでフレアワゴンに月18,260円から乗れる

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんでは、実店舗を持たないオンライン営業でコストを削減したことによる大幅なネット割引により、頭金ナシ・ボーナス払いナシ・残価精算のないクローズドエンド方式では新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)で、フレアワゴンに月額18,260円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくフレアワゴンに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額18,260円からフレアワゴンに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

自分の好みにあったフレアワゴンで満足のいくカーライフを手に入れよう

フレアワゴンは3つの異なるスタイルを用意しています。エクステリアの個性に合わせてインテリアもそれぞれ異なる雰囲気に仕上がっているので、自分の個性に合う内装のフレアワゴンを選んで、カーライフを思う存分楽しんでください。

よくある質問

Q1:フレアワゴンの室内空間の特徴は?

A:フレアワゴンでは、新プラットフォームを採用し、室内高と室内幅を拡大したことによって居住性を向上させています。また天井や両サイドがまっすぐなBOX型のボディを採用しているため、ヘッドクリアランスや肩周りにも余裕があり、リラックスして運転できるのが特徴です。さらに全席に独立してリクライニングできる機能があるため、どの席に座っても体格に合わせた状態でくつろげます。

Q2:フレアワゴンのグレードごとの内装の違いは?

A:フレアワゴンではノーマルタイプとタフスタイル、カスタムスタイルの3タイプを用意しており、それぞれ内装が異なります。ノーマルタイプはアイボリーシートを採用した親しみやすい内装で、タフスタイルはガンメタリックのインパネにオレンジのアクセントカラーをあしらったアクティブな内装、カスタムスタイルはブラックパールやメッキ加飾を使用した上質で精悍な雰囲気の内装となっています。

Q3:フレアワゴンの荷室は十分に荷物が積める?

A:フレアワゴンの荷室は最低地上高を510mmに抑えていることに加え、開口部を広く取っているため荷物の積み降ろしがしやすいのが特徴です。また後席をすべて倒せば27インチの自転車が積み込める大容量のスペースが出現。フルフラットにして足を伸ばしてくつろいだり、後席の片側と助手席を倒して長い荷物を積み込んだりもできます。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

マツダフレアワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダフレアワゴンの記事

マツダフレアワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダフレアワゴンの記事

マツダフレアワゴンの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダフレアワゴンの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー