ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

フレアワゴンに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2023年~現行モデル)

フレアワゴンに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2023年~現行モデル)
フレアワゴンに乗るならカーリース(車のサブスク)がおすすめ!その理由とメリットを徹底解説(2023年~現行モデル)

出典:マツダ「フレアワゴン」グレード・価格

「車は購入して所有するもの」と考えれば、購入時に必要な初期費用、そして車を持つ限り必要な維持費のことを負担に思うこともあるかもしれません。マツダ「フレアワゴン」のような軽自動車は普通車よりも車両本体価格も維持費も安い傾向があるとはいえ、家計の負担になるのは避けられません。

しかし、所有せずに「借りて利用する」カーリースであれば、サブスクのように毎月定額の支払いのみでより気軽にカーライフが始められます。

ここでは、フレアワゴンに乗りたい方にカーリースをおすすめする理由やカーリースのメリットをご紹介します。

フレアワゴンに業界最安水準*の料金で乗れるカーリースはこちら

  • カーリースならフレアワゴンに月々 19,640 円から乗れる
  • フレアワゴンは快適に使用できることに加え、低燃費を実現している軽スーパーハイトワゴンが欲しい方におすすめ
  • サブスク感覚の定額制で乗れるから、維持費の負担を気にせずにフレアワゴンでのカーライフが楽しめる

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

カーリースならフレアワゴンに月々 19,640 円から乗れる!

カーリースは車のサブスクとも呼ばれ、毎月定額で契約して利用できるサービスです。まずは契約年数ごとのフレアワゴンの月額料金をご紹介しましょう。

例として、「おトクにマイカー 定額カルモくん」でフレアワゴンを利用したときの料金を基に、契約年数によってどの程度、月額料金が変わるのかを確認してみましょう。グレードは「XG」2WDで、カーナビやETCなどのアクセサリー、有料のボディカラー、メンテナンスプラン、「もらえるオプション」は追加しないものとしています。

なお、以下のフレアワゴンの月額料金は各種税金や自賠責保険料がコミコミの料金です。

契約年数月額料金
11年20,080円
10年21,400円
9年22,610円
8年25,250円
7年28,110円
6年29,380円
5年32,350円
4年37,080円
3年43,955円
2年58,475円
1年99,395円

※2024年6月17日時点の料金

このように、カーリースでフレアワゴンに乗る場合、契約年数により月額料金が異なり、定額カルモくんでは最長の11年契約での料金が最安料金となります。

フレアワゴンの料金をシミュレーションしてみる

フレアワゴンはリースがおすすめ!車のサブスクがお得な理由

カーリースがいい_フレアワゴン

カーリースは、契約者が選んだ車をリース会社が代理で購入し、契約者は月々決められた料金を支払うことでその車をマイカーのような感覚で利用できるサービスです。購入に代わる車の新しい持ち方として、近年注目を集めています。

カーリースは、カーリースならではの仕組みによって初期費用や維持費の負担を減らしながらカーライフを楽しめるのが魅力といえます。ここでは、カーリースなら本当にフレアワゴンにお得に乗れるのか、またカーリースには具体的にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

カーリースならカーローンより手軽にフレアワゴンに乗れる?

毎月決まった金額を支払う、という点においてカーローンとカーリースは似ている、という声も聞きます。しかし、カーリースは初期費用が不要であるのに対し、カーローンでは一般的に新車登録時に必要な諸費用や頭金を用意しなければならず、初めにまとまった資金が必要です。また、税金や自賠責保険料も別に支払わなければなりません。

一方カーリースは初期費用不要、車に関する税金や自賠責保険料などは毎月のリース料金に含まれています。さらにカーリースでは車両本体価格から返却時の想定下取り価格である残価を差し引いた金額を基にリース料金を算出するため、よりお手軽な金額で好きな車を利用できるのです。

ここで、フレアワゴン「XG」2WDをカーローンで購入した場合と、カーリースで利用した場合とでどの程度支払いに差が生じるのかを確認してみましょう。カーローンの返済期間は5年で頭金やボーナス払いは利用しないものとし、金利はディーラーローンの相場である6%、カーリースの月額料金は例として定額カルモくんの料金を使用しています。

この条件でシミュレーションした場合のカーローンの月々の返済額は、29,793円*でした。対してカーリースの月額料金は5年契約で30,700円*、11年契約で19,530円*であり、カーローンの返済期間と同じ5年で比較するとカーローンが1,000円弱安いことがわかります。

ただし、カーリースではより長い契約期間を選択して月額料金を抑えることが可能であり、定額カルモくんの場合、最長の11年契約なら10,000円台にまで月額料金を抑えることが可能です。これはカーリースならではのメリットといえるでしょう。

また、5年契約においても、単純に「カーリースが高い」とはいえません。なぜなら、カーリースの料金には先述のとおり税金や自賠責保険料が含まれているからです。5年の場合、登録初年度を除いた4年分の軽自動車税(種別割)は43,200円*、車検時に必要な自動車重量税(エコカー減税は考慮せず)と自賠責保険料(24ヵ月)として24,140円*かかります。

カーローンでは、毎月の返済金のほかにこの費用を別途用意しなければなりません。そのため納税や車検のタイミングで家計の負担が大きくなり、やり繰りに頭を悩ますこともあるでしょう。カーリースではこうした法定費用はもちろん、車検時の整備費用もオプションでリース料金にコミコミにできるため、ほとんどの維持費を定額化しサブスク感覚でカーライフが送れるのです。

また、初期費用にも差があります。車の購入時には車両登録のための諸費用が必要であり、フレアワゴンの該当グレードの場合、メーカー公式サイトのシミュレーションによると95,860円*かかります。カーローンではこの費用は最初に支払う必要があり、頭金を入れないとしても10万円弱の初期費用を用意しなければなりません。

対してカーリースでは登録諸費用は月額料金にコミコミであり、初期費用0円でカーライフが始められます。こういった点を総合して考えると、カーリースは負担を減らしてお得にフレアワゴンに乗れる方法といえるでしょう。

※2024年1月28日時点の金額であり、変更になる可能性があります

カーリースとカーローンの比較はこちらもご参照ください。

カーリースならカーシェアやレンタカーと違いフレアワゴンを専有できる

カーシェアやレンタカーの場合、その時点で用意されている車から選んで利用することになります。フレアワゴンに乗りたいと思っていても、必ず乗れるわけではありません。その業者で取扱いそのものがないケースもありますし、取扱いがあってもほかの方が使用していれば利用できません。

その点カーリースなら好きな車を選ぶことができます。ボディカラーやオプションも自由に選べるうえ、最新モデルに乗れるのはカーリースならではのメリットです。

そのほかに、カーリースでは

  • 契約期間中はリース車を専有できるため、自分だけの車として使用できる
  • 「わ」や「れ」ナンバーにならない
  • 24時間365日好きなときに乗れる

などの特徴があり、カーシェアやレンタカーよりも購入したマイカーに近い感覚で使用できます

カーシェアやレンタカーとの違いはこちらもご参照ください。

リースでフレアワゴンに乗るメリット・デメリット

リースでフレアワゴンに乗るメリット・デメリット出典:マツダ「フレアワゴン」グレード・価格

リースは月々の支出を抑えて車を利用できることや、ライフステージに合わせて乗換えができることなど、さまざまなメリットがあります。ほかにも、フレアワゴンをリースするうえで知っておきたいメリットとデメリットを見ていきましょう。

〈カーリースのおもなメリット〉

  • 定額で利用できる
  • 頭金や初期費用なしで新車に乗れる
  • 手続きがネットで完結できる
  • 契約期間が終わったら返却するだけだから楽
  • サポートが受けられる
  • 経費として計上できる

フレアワゴンのベースグレードの車両本体価格は150万円台であり、最新の軽スーパーハイトワゴンとしては比較的買いやすい価格といえます。ただし後席スライドドアにパワースライド機能がありません。また、高速道路で安全性や快適性を高めてくれる運転支援機能が含まれるパッケージオプション「セーフティプラスパッケージ」や、周囲の安全確認をサポートする「全方位モニター用メモリーナビゲーションパッケージ」は、上位グレードにしか追加できません。

予算に余裕がなく、妥協してベースグレードを選んでも後悔が残る可能性があります。サブスク感覚の定額制で利用できるカーリースなら、初期費用なしで好きな新車が選べるのでフレアワゴンの上位グレードに乗ったり、オプションを追加したりもしやすくなります。

なお、事業用にフレアワゴンの利用を検討している方は、法人・個人事業主向けのカーリースについてこちらで詳しくご紹介しています。

法人向けのカーリース

〈カーリースのおもなデメリット〉

  • 走行距離制限がある
  • 返却時には原状回復が必要
  • 中途解約が原則できない
  • 利用するには審査に通過しなければならない

カーリースのメリットや詳しい内容について知りたい方はこちら

カーリースの定額カルモくんなら、7年以上の契約で距離の制限がありません。また、メンテナンスプランに加入することで返却時の原状回復費用が補償されます。さらに、1~11年のあいだで契約期間を選べるため、中途解約のリスクも低いでしょう。

このようにカーリースのデメリットを解消している定額カルモくんには、フレアワゴンを利用できるかどうか簡単にチェックできる「お試し審査」があります。審査通過後に車種やプランを変更したり、キャンセルしたりできるので、まずは下のバナーから気軽に試してみましょう。

お申し込みをご希望の方も、お試し審査からどうぞ。

フレアワゴンを取り扱うリース3社の料金比較

フレアワゴンを取り扱うリース3社の料金比較出典:マツダ「フレアワゴン」グレード・価格

個人向けのリースサービスにはさまざまな種類があります。リース会社ごとに取り扱っているメーカーや車種、契約年数などが異なるため、どれを選んでいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。

そのような方のために、フレアワゴンを取り扱っているリース3社とそれぞれの月額料金をご紹介します。

〈フレアワゴンの月額料金3社比較表〉*

契約期間おトクにマイカー 定額カルモくんカーコンカーリースコスモMyカーリース
11年20,080円21,780円-
7年28,110円28,600円25,740円
5年32,350円31,350円30,360円

*月額料金は2024年6月17日時点の情報で、各社オンライン見積もりでのエントリーグレードの最安料金(頭金・ボーナス払いなし、月々均等払いの場合)ですが、変更になる可能性があります

同じ車種で同じグレード、同じ契約期間であってもリース会社によって月額料金は異なります。どのカーリースでも税金や自賠責保険料といった法定費用はリース料金に含まれていますが、車検基本料や車検整備費用、オイル交換などのメンテナンスの費用、ロードサービスなどがどこまで月額料金に含まれるのかはリース会社によって異なります。

残価や契約満了時の車の扱い、走行距離制限にも差があるので、月額料金だけで判断せずにプラン内容をよく確認することをおすすめします。なお、ここで比較した3社の中で最安月額料金を実現しているのは定額カルモくんの11年契約であり、定額カルモくんなら10,000円台で新車のフレアワゴンでのカーライフが始められます

リース会社の比較ポイントについてはこちらをご参照ください。

フレアワゴンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!

フレアワゴンの魅力とは?グレードや性能などから徹底解説!出典:マツダ「フレアワゴン」安全性能

マツダ「フレアワゴン」は、親しみやすいエクステリアデザインと広く使い勝手の良い室内空間、そして燃費性能の高さに定評がある軽スーパーハイトワゴンです。

ここでは、フレアワゴンでカーライフを始めたいとお考えの方に向けて、燃費や安全性能などフレアワゴンの魅力について詳しくご紹介します。

【フレアワゴンの魅力】
✔先代モデルから継承した広く快適な室内空間
✔マイルドハイブリッドシステムを搭載し、高いレベルの低燃費を実現している
✔上位グレードは安全性、利便性を高める機能を多数搭載

フレアワゴンとは

フレアワゴンは、スズキの人気モデル「スペーシア」のOEM供給を受けて、マツダが販売する軽スーパーハイトワゴンです。そのため開発・生産はスズキであり、軽自動車づくりに長けたメーカーならではの工夫が光る、使い勝手の良い1台です。

2023年12月に登場した現行型は、大容量の「コンテナ」をイメージしたエクステリアデザインを採用し、フレアワゴンならではの親しみやすさはそのままに「ワクワク感」や上質さを際立たせています。

軽スーパーハイトワゴンならではの広い室内空間を確保しているのはもちろん、快適性を高める工夫を随所に取り入れ、どの席に座っても居心地が良くくつろげるように工夫されています。また、安全性能を大幅に強化し、普通車にも見劣りしない先進安全技術の充実度は特筆ポイントといえるでしょう。

フレアワゴンのグレード

フレアワゴンのグレード出典:マツダ「フレアワゴン」グレード・価格

フレアワゴンは、「XG」と「XS」の2つのグレードがあります。どちらもマイルドハイブリッドシステムを搭載し、モーターがエンジンをアシストすることで低燃費を実現しています。

「XG」の特徴

ベースグレードである「XG」は、2WD車なら150万円台前半から購入でき、近年の軽スーパーハイトワゴンとしてはリーズナブルな価格帯です。このグレードでは、マニュアルレベリング機構付きLEDヘッドランプやフルオートエアコン、アドバンストキーレスエントリー&キーレスプッシュボタンスタートシステムが標準装備されています。ただし、後席のスライドドアにはパワースライド機能がなく、上位グレードに設定がある快適装備も省かれています。

「XG」で選択可能なボディカラーは、新採用の「ミモザイエローパールメタリック」と「トーニーブラウンメタリック」を含む6色です。

「XS」の特徴

上位グレードの「XS」は、後席両側に「ワンアクション電動スライドドア」が標準装備されています。スイッチひとつでスライドドアの自動解錠&自動オープンが行われスムーズに乗り降りできるほか、ドアロックを予約できる「予約ロック機能」や、スライドドアの開閉中に任意の位置で停止できる「一時停止機能」も搭載されており、利便性は大幅に高まります。

また、「XS」にはドアミラーのオート格納機能やロールサンシェード、そして後述する現行型から新採用された「マルチユースフラップ」も標準装備です。

「XS」のボディカラーは、ホワイトやブラックといったモノトーン3色に加え、ベージュルーフの2トーンカラー3色が用意されており、計6色から選択できます。さらに、「XS」では「全方位モニター用メモリーナビゲーションパッケージ」や「セーフティプラスパッケージ」など、高度な安全機能や快適装備を追加するオプションも用意されています。

フレアワゴンの詳しいグレードの情報はこちら

フレアワゴンの内装

フレアワゴンの内装出典:マツダ「フレアワゴン」グレード・価格

現行型のフレアワゴンは、先代モデルで定評のあった室内の広さを継承しつつ、快適性や利便性を向上させています。室内サイズは室内長2,170mm、室内幅1,345mm、室内高1,415mmでヘッドクリアランスに余裕があり、小さな子供なら立ったまま車内を移動できるほどのスペースが確保されています

スライドドアの開口高は1,250mm、開口幅は600mmと広く、リアステップ地上高も345mmと低いため乗り降りがスムーズ。乗り降りをアシストするグリップもあり、ファミリー向けのモデルとして乗降性に高い配慮が見られます。

インテリアデザインは居心地の良さを重視し、ピラーや天井に明るい色を採用して開放感を表現しているのが特徴です。シートはグレー基調のメランジシートで、リビングのような安心感を提供。インテリアデザインにおいては、グレードによる差はほぼなく、落ち着いた雰囲気を演出しています。

「XS」に標準装備されている「マルチユースフラップ」は、現行型から新採用された目玉装備のひとつです。リアシートにセットされ、フラップの位置や角度の調整によってオットマンモードやレッグサポートモード、荷物ストッパーモードなどの異なる使い方が可能で、後席の快適性や利便性が大幅に向上します。

また、「XS」では、スリムサーキュレーターが標準搭載されており、車内の空気を循環させて温度差を緩和し、全体が快適な温度になるようにサポートします。これに加え、ロールサンシェード、シートヒーターなど、快適性を向上させるさまざまな機能が採用されています。

フレアワゴンの内装について詳しく知りたい方はこちら

フレアワゴンの燃費

フレアワゴンは、先代においても燃費性能に定評のあるモデルでした。

現行型においても加速時にモーターがエンジンをアシストすることで燃費向上に貢献するマイルドハイブリッドシステム、さらに停車前の減速時に一定の速度以下になると自動でエンジンを停止するアイドリングストップシステムなどの低燃費技術を搭載し、高いレベルの低燃費を実現しています。

フレアワゴンのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
XG2WD25.1
4WD22.4
XS2WD23.9
4WD22.4

フレアワゴンの安全性能

現行型のフレアワゴンはミリ波レーダー、単眼カメラ、超音波センサーを組み合わせた最新の検知システムを採用し、これまで以上に対象を早く検知できるようになったうえ、検知対象、作動シーンを大幅に拡大しています。車両や歩行者に加え、自転車、自動二輪車の検知にも対応し、日常生活での安全運転をサポートしています。

マツダの軽自動車で初となるミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキである「デュアルセンサーブレーキサポートII」は、交差点での衝突回避支援機能も備えています。そのほかにも低速取り回し時にも危険があればブレーキ制御を行う「低速時ブレーキサポート」や、ステアリング操作を支援して車線逸脱防止に貢献する「車線逸脱抑制機能」も搭載。赤信号の検知が可能な「標識認識機能」などの機能もあります。

上位グレードの「XS」には「セーフティプラスパッケージ」が追加可能で、高速道路で先行車に停止まで自動追従する「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能/停止保持機能付き)」や、車線中央付近の走行を維持するようサポートする「車線維持支援機能」に加え、電動パーキングブレーキやブレーキホールドも含まれます。

フレアワゴンの安全性能について詳しく知りたい方はこちら

フレアワゴンは低燃費で安全性、利便性に優れた軽スーパーハイトワゴンが欲しい方におすすめ!

フレアワゴンは低燃費で安全性、利便性に優れた軽スーパーハイトワゴンが欲しい方におすすめ!出典:マツダ「フレアワゴン」グレード・価格

フレアワゴンはこれまで以上に利便性や快適性を高める機能が多数備わっています。室内の広さはもちろんのこと、どの席でもより快適にドライブが楽しめる軽スーパーハイトワゴンが欲しい方にはぴったりでしょう。燃費性能も高いので、できるだけ低燃費な車でランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

フレアワゴンに乗りたい!おすすめリースは?

カルモくん_new

さまざまなリース会社がありますが、国産メーカー全車種、全グレードを取り扱う「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、どのグレードやカラーのフレアワゴンでも契約が可能。料金は業界最安水準で、月々 19,640 円からフレアワゴンに乗ることができます

そのほかにも、オプションプランで車検などのメンテナンスも定額制にできることなど、知っておきたい定額カルモくんの魅力をご紹介します。

〈定額カルモくんの魅力〉

  • 国産メーカーの全車種、全グレードから選べる
  • 初期費用0円!貯金がなくても新車に乗れる
  • メンテナンスプランが充実していて安心!原状回復費用もカバー
  • オンラインと郵送で手続きが完結、自宅に納車してもらえる
  • 7年以上の契約で全車走行距離制限なし
  • 7年以上の契約に「もらえるオプション」をつけると契約満了時に車をもらえる

定額カルモくんの魅力を詳しく知りたい方はこちら

フレアワゴンのグレード別料金シミュレーション

月額料金は車のグレードのほか、契約年数や追加するオプションによっても変わります。カーリースはいったん契約すると中途解約ができないことに加え、契約途中でのプランの変更も不可であるケースがほとんどなので、ある程度の先のライフプランを考え、契約年数と月額料金のバランスを考えつつプランを組むことをおすすめします。

メンテナンスプランを追加するとその分月額料金は高額になりますが、車検点検料や延長保証などが受けられるメリットがあるので、長い目で見てどちらがお得か、負担が少ないかなどをトータルで判断することが大切です。

以下の表は、フレアワゴンのベースグレード「XG」2WDと、上位グレードの「XS」2WDで条件を変えて数パターンのシミュレーションをした結果をまとめたものです。

〈フレアワゴンの料金シミュレーション〉*¹

 3年7年11年
ベースグレード
(XG 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
43,955円28,110円20,080円
オプション選択*²
メンテプランなし
50,852円31,498円22,379円
もらえるオプション選択

プラチナメンテプラン加入*³
-38,478円29,859円
上位グレード
(XS 2WD)
オプションなし
メンテプランなし
47,365円30,970円22,170円
オプション選択
メンテプランなし
54,262円34,358円24,469円
もらえるオプション選択

ゴールドメンテプラン加入
-39,318円29,429円

*¹ 料金は2024年6月17日時点の情報で、変更になる可能性があります
*² カーナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドアバイザー、希望ナンバーを選択した場合
メンテナンスプランについて詳しくはこちら

ご希望の条件でシミュレーションしたい方はこちら↓
お申込みもこちら↓からどうぞ

顧客対応満足度98.9%*という万全のサポート

顧客対応満足度

定額カルモくんなら、専門的な知識を持ったマイカーコンシェルジュに無料で相談できます。フレアワゴンのプランの選び方がわからないという方も、車選びのプロであるマイカーコンシェルジュに希望条件などを相談することで、ライフプランや生活スタイルに合った最適なプランを見つけられるはずです。

家族や友達と大人数で出かけたい、趣味に使いたい、とにかく安く車が欲しいなど、車のことなら何でも気軽に相談してみましょう。

契約前から何度でも無料で気軽に相談できます

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

カーローンで購入した場合との費用比較や、大手リース他社とのサービス・料金比較、素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。

カルモくんを資料で詳しく

*  2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

サブスクだから気楽!フレアワゴンに乗るならリースで決まり

車も定額制のサブスク感覚で利用できる時代になりました。まとまった資金を用意することなく、維持費の負担も気にならない、そんな気楽なカーライフを送りたい方にカーリースはぴったりです。安全装備や快適装備が充実するフレアワゴンの上位グレードにも無理なく乗れるので、満足度の高いカーライフが送れるのではないでしょうか。

さらに定額カルモくんなら、もらえるオプションや柔軟に選べる契約年数などのさまざまなメリットがあるだけでなく、顧客対応満足度も高く、安心して利用できるでしょう。定額カルモくんでフレアワゴンに乗ってみませんか?

カーリースを利用できるかどうか「お試し審査」で簡単にチェックできます。審査通過後に車種変更やキャンセルも可能なので気軽に試してみましょう。

審査に通過しても契約する必要はありません_お試し審査をしてみる

よくある質問

Q1:フレアワゴンのリース料金は月額どのくらい?

A:業界最安水準の「定額カルモくん」では、マツダの人気車種「フレアワゴン」も手頃な料金で利用することができます。なお、ベースグレードの「XG」であれば最長の11年契約なら月額10,000円台から乗ることができます。詳しい料金シミュレーションはこちらをご参照ください。

Q2:フレアワゴンをリースするメリットは?

A:カーリースでは独自の割引があるうえ、初期費用不要でカーライフが始められます。そのため装備が充実するフレアワゴンの上位グレードにも乗りやすくなるでしょう。さらに定額カルモくんなら 7年以上の契約で走行距離制限がなくなる、「もらえるオプション」が追加できるなどのメリットもあります。

Q3:フレアワゴンはどんな方におすすめの車?

A:室内の広さだけではなく、どの席でもより快適にドライブが楽しめる装備が充実した軽スーパーハイトワゴンが欲しい方にぴったりです。また、できるだけ低燃費なモデルでランニングコストを抑えたい方にも適しています。

※この記事は2024年1月5日時点の情報で制作しています

マツダフレアワゴンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダフレアワゴンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る