【独自調査】固定費についての意識調査 80%以上が固定費は「高い」と回答

固定費についての意識調査 80%以上が固定費は「高い」と回答

この記事は、 5 分で読めます。

電力の自由化や携帯各社の通信費値下げなど、ここ数年、うまく家計を節約することができる選択肢が増えてきました。家計の節約は、固定費(※)から見直すのが良いと言われていますが、実際にみなさんはどのように固定費の見直しを行っているのでしょうか。また、車関連の固定費ではどんなものを見直しているのでしょうか。

半数の方が見直し後は「貯蓄」に充てている

誰もが自由に移動を楽しむ社会を作るため、カーリース事業を展開する「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、固定費の節約についてのインターネット調査を行いました。
(※)ここでいう固定費とは、居住費、通信費、車のローンなど、日々の行動等に関係なく、家計の中で定期的にかかる費用のことを言います。

調査概要

  • 調査対象:全国の男女1,525人
  • 調査期間:2021年3月5日~3月17日
  • 調査内容:Q1. 固定費は高いと感じますか?
    Q2. 固定費を見直しましたか?/もしくは見直す予定ですか?
    Q3. 何の固定費を見直しましたか?/もしくは見直す予定ですか?
    Q4. 車関連ではどんな費用を見直しましたか?
    Q5. 固定費が減ったお金はどのように活用していますか?

Q1:固定費は高いと感じますか?

Q1:固定費は高いと感じますか?

  • 「高いと感じる」: 83.4%(1,286人)
  • 「高いとは感じない」: 16.6%(256人)

Q2:固定費を見直しましたか?/もしくは見直す予定ですか?

Q2:固定費を見直しましたか?/もしくは見直す予定ですか?

  • 「見直していないが、見直す予定がある」: 47.5%(724人)
  • 「見直していないし、見直す予定もない」: 27.8%(424人)
  • 「見直した」: 24.7%(377人)

全国の男女1,542人に、固定費を見直したか、あるいは見直す予定があるかを聞いたところ、1,525人から有効回答があり、「見直していないが、見直す予定がある」と「見直した」で合わせて70%以上の方が固定費の見直しを行っている(あるいは行う予定)ということがわかりました。

Q3:何の固定費を見直しましたか?/もしくは見直す予定ですか?

Q3:何の固定費を見直しましたか?/もしくは見直す予定ですか?

  • 「通信費の基本料金部分」: 68.2%
  • 「生命保険の保険料」: 29.3%
  • 「水道光熱費の基本料金部分」: 26.4%
  • 「住居費(住宅ローン、家賃)」: 15.3%
  • 「定期購入しているもの」: 13.0%
  • 「定期支払いしているもの」: 11.9%
  • 「車関連(任意保険料)」: 11.4%
  • 「損害保険の保険料」: 10.1%
  • 「小遣い」: 9.8%
  • 「車関連(車検費用)」: 7.2%
  • 「教育費」: 4.4%
  • 「自動車税」: 4.3%
  • 「駐車場代」: 2.5%
  • 「その他ローン」: 0.2%

Q2で固定費について「見直していないが、見直す予定がある」または「見直した」と回答した1,101人に、何の固定費を見直したか(もしくは見直す予定か)を聞いたところ、携帯電話、スマートフォン、インターネットなど「通信費の基本料金部分」を見直した(見直す予定)と回答した方が最も多く、68.2%という結果になりました。

Q4:車関連ではどんな費用を見直しましたか?

Q4:車関連ではどんな費用を見直しましたか?

  • 「任意保険料」: 67.8%
  • 「車検費用」: 43.9%
  • 「自動車税」: 29.8%
  • 「駐車場代」: 17.0%
  • 「自動車ローン」: 10.5%
  • 「その他ローン」: 9.4%

Q2で実際に固定費の見直しをした377人に、車関連ではどんな費用を見直したかを確認したところ、「任意保険料」が67.8%、「車検費用」が43.9%、「自動車税」が29.8%という結果になりました。

Q5:固定費が減ったお金はどのように活用していますか?

Q5:固定費が減ったお金はどのように活用していますか?

  • 「貯蓄」: 48.7%
  • 「生活費」: 11.1%
  • 「食費」: 10.6%
  • 「投資」: 10.1%
  • 「余暇費」: 6.0%
  • 「子供の教育費」: 5.5%
  • 「その他」: 8.0%

Q2で実際に
固定費の見直しをした377人に、固定費が減ったお金はどのように活用しているかを聞いたところ、「老後の貯金」「予備費としてプール」などの「貯蓄」という意見が48.7%ありました。
続いて、「生活費」に活用しているという方が11.1%、「食費」に活用しているという方が10.6%となっており、「投資」の10.1%の中には、「投資信託」「仮想通貨」などの意見がありました。

今回の調査により、住居費、通信費、車関連費などの固定費については「高い」と感じている方も多く、それに伴い、「実際に見直した」あるいは「見直す予定である」という方も多いことがわかりました。また、実際に見直した方では、減った金額を貯蓄や他の費用に充填していることもわかりました。
車関連費用でも、「任意保険料」の他に、「車検費用」「自動車税」「駐車場代」「自動車ローン」の見直しが行われていることから、車にかかる諸経費を減らしたいと感じている方も多いのではないでしょうか。
この点、カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」であれば、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用といった固定費がすべて込みで、月々1万円台から車に乗ることができますので、まさに節約は固定費からということが実現できる手段と言えるのではないでしょうか。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」は「マイカーの概念を変え、だれもが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業ミッションのもと、車を利用したい方のニーズに応えたサービス展開を今後も行って参ります。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr