寄稿記事(上級者向け)
モーター・エヴァンジェリスト
宇野 智うのさとる

日産から新型プレミアム・コンパクト「ノート オーラ」デビュー!一足先に試乗レポート

日産から新型プレミアム・コンパクト「ノート オーラ」デビュー!一足先に試乗レポート
5万円キャンペーン_目次上

日産自動車は、2021年6月15日にプレミアム・コンパクトカー「ノート オーラ」を発表しました。筆者は事前に開催された試乗会に参加してきましたので、そのレポートをお届けします。

「ノート オーラ」とは?

日産の「ノート」をベースに、プレミアムなコンパクトカーに仕立てたのが「ノート オーラ」。ノートと同じプラットフォーム(ボディの骨格部分)とパワートレイン(エンジン、トランスミッションなどの動力系)を用いています。

車名の「AURA(オーラ)」の由来は、日常会話でも使われる「あの人、オーラあるよね」の“オーラ”と、ドイツ語で「唯一無二」などの意味をもつ“オーラ”をかけ合わせたものだとのことです。

さて、標準モデルの「ノート」と「オーラ」はどこがどう違うのでしょうか?

デザイン、パワートレインとコンセプトの3つの角度でお伝えします。

*以下、「ノート オーラ」の表記は「オーラ」と略します。なお、日産自動車はモデル名称について「NOTE AURA/ノート オーラ」、コミュニケーションにおいて「AURA/オーラ」とすると伝えています。

オーラのデザイン

エクステリア

エクステリア

ノート標準モデルは、実用性重視のコンパクトカーのコンセプトに沿ったエクステリアデザイン、対してオーラは、プレミアム感を演出しています。

オーラとノート標準モデルともにフロントマスクは、日産の共通デザイン「Vモーショングリル」を採用。標準モデルとの違いは、オーラには薄型のLEDヘッドライトとVモーショングリルにLEDライトを採用。ノートのVモーショングリルは、デイタイムランプとシーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)となります。
エクステリア_2
こちらは、ノート標準モデル。見比べてみてください。

エクステリア_3

オーラはノート標準モデルより全幅を40mm広げた3ナンバーサイズ(オーラの全幅は、1,735mm)。リアのドアノブ上部から、リアエンドにかけてのプレスラインが変わり、ワイド感がでています。また、オーラのリアコンビネーションランプは、LEDランプを採用、リアバンパーも変わっています。

エクステリア_4

右がオーラ、左がノート標準モデル。見比べてみると、オーラのほうが水平基調が強調され、ワイドな印象を受けます。

エクステリア_5

ノート標準モデルは15ないしは16インチのタイヤを装着していることに対して、オーラは17インチ。アルミホイールのデザインもプレミアム感を演出しています。

アリアと共通するデザイン

アリアと共通するデザイン

オーラは、EVで高級SUVの新型「アリア」と共通のデザイン要素を取り入れています。
左が「オーラ」、右が「アリア」。薄型LEDヘッドライトと、そのあいだをつなぐピアノブラックのグリル上部、水平基調のリアコンビネーションランプなどプレミアム感を強調させるデザイン要素の共通点に注目してみてください。

アリアと共通するデザイン_2

オーラのインテリアデザインの基本は、ノート標準モデルと同じですが、メーターのディスプレイは12.3インチの大型のものになり、本革ステアリング、木目のトリムを採用するなど、随所に上質な素材を採用して、プレミアム感を演出しています。

アリアと共通するデザイン_3

シートもプレミアム。オーラは、高級車並の本革3層構造シートを採用。ソフトで上質な座り心地と長時間の快適性を両立させています。

また、高級車の遮音技術をオーラに導入。オーラ専用の遮音材の追加、高級車に用いられる、ドアラミネートガラス(ガラスに防音素材フィルムを貼ったもの)を採用し、静粛性を高めています。

BOSEパーソナルプラスサウンドシステム

BOSEパーソナルプラスサウンドシステム

オーラは、メーカーオプションに「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を設定。ヘッドレストを含む全8スピーカーのシステムで、BOSE社はオーラに合わせて念入りにチューニングをほどこしています。また、音の広がり感を物理ダイヤルで調整できるようになっており、あたかもステージの目の前で聴いているかのような臨場感ある音が楽しめます。

パワートレイン

オーラのパワートレインは、ノート標準モデルと同じ「e-POWER」を採用しています。e-POWERは、エンジンは発電専用にしてモーターで駆動する方式のハイブリッドで、走りの感覚はEVと同じようなものになります。

オーラは、ノート標準モデルより最高出力を18%アップ(85→100kW)、最大トルクは7%アップ(280→300N・m)し、走りに余裕をもたせています。

また、4WD車のドライブモードの設定を変更し、Bレンジでは減速力を最大0.2Gに調整し、「ECO」と「SPORT」モードで加速力をより差をつけたものにしています。

オーラの走りは、プレミアム・コンパクトのカテゴリにふさわしい上質なものとしています。なお、このため出力の制御は燃費より余裕ある走りに振っており、ノート標準モデルsのような燃費重視のチューニングにしていない、と日産の技術担当者は語っていました。

試乗インプレッション

結論から申し上げましょう。

オーラの4WDはヤバいです。

筆者は試乗会の段取り上、4WD→2WDの順に乗ったのですが、4WDの出来が良すぎて、2WDがちょっとかわいそうに感じたほど。2WDもずいぶんと良い子なのですが…この率直な感想を日産広報担当者に伝えたところ「できれば、2WDから乗ってほしかったんですけどね…。」2WDは、新型ノートですでに定評を得ていますし、さらに静粛性を高め、走りに余裕をもたせて、上質な乗り心地となったオーラですから、悪いわけはありません。

4WDは、ハンドルを切った瞬間のちょっとした車体の揺れまでもきれいに、何事もなかったかのように吸収。これは、常時四輪をリアルタイムに制御しているおかげ。車線変更から、ワインディングコースまで常に安定して気持ちいいハンドリングでした。

また、4WDはブレーキをかけるときにも駆動力を調整。前後の揺れも抑えてくれます。さらに、シートがいい感じのソフトさで、コーナリング時にお尻と腰を優しくホールドしてくれます。

オーラ4WDのハンドリングとブレーキング、シートはきちんとプレミアム・コンパクトのレベルのものでした。また、これらは長距離を運転したときの疲労軽減に大きく貢献してくれるはずです。

オーラ試乗会のレポートは下記の動画でもまとめています。オーラの走行音をはじめ、文章では伝わりづらいところにも注目してみてください。

「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」の音はすばらしい

試乗会には、BOSE社の担当者も来ていました。説明を伺うと、オーラの内装素材に合わせたチューニングをはじめ、徹底したつくりこみをしたとのこと。

実際に試聴してみると、音の粒がはっきりとわかる解像度の高さに驚きました。音の広がりも調整でき、あたかもバンドが目の前で演奏しているかのような、乗っている人を包み込む音場もつくり上げます。試聴音源はEDMからクラシックまで多彩なジャンルを用意してくれていたのですが、オールマイティーにこなすオーディオシステム、特に低音のバランスが適切で、長時間聴いても疲れない印象でした。

音楽好きなら、ぜひともつけたいオプション。静粛性の高い「e-POWER」を搭載したオーラですから、いいオーディオとの相性は抜群です。

価格とターゲット

ノート標準モデルのターゲットは、先代ノートを含む国産コンパクトカーからの乗り換えや、軽自動車からのアップサイザーとしていますが、オーラは、セダンからのダウンサイザーや輸入車の購入検討者をターゲットにしている、と日産自動車は言っています。また、
とくに、子育てが終わって夫婦だけで車に乗ることが多くなった世代など、既存の国産コンパクトカーでは実用的でものたりないと感じる方に、プレミアム・コンパクトのオーラを提案したいとも言っています。

ちなみに、CMに起用されたのは、中谷美紀さん。オーラのターゲットに刺さる女優ですね。

オーラの価格は以下のとおり。

駆動方式グレード価格(円)
2WDG2,610,300
G leather edition2,699,400
4WDG FOUR2,868,800
G FOUR leather edition2,957,900

 

「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」や「プロパイロット」を含むセットオプションの価格は、401,500円。以下の装備が含まれます。

  • ステアリングスイッチ (アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット) ・ 統合型インターフェースディスプレイ
  • USB電源ソケット(タイプA 2個、タイプC 1個)
  • ワイヤレス充電器
  • NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)
  • NissanConnect専用車載通信ユニット(TCU[Telematics Control Unit])
  • BOSEパーソナルプラスサウンドシステム (8スピーカー〈フロント、前
  • 席デュアルヘッドレスト、ツイーター〉、パーソナルスペースコントロール)
  • ETC2.0ユニット(ビルトインタイプ)
  • プロパイロット(ナビリンク機能付)
  • プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)
  • SOSコール

筆者のイチオシは、4WDの「G FOUR leather edition」に「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」などが含まれたセットオプションをつけたもの。価値がわかる方に乗っていただきたい、おすすめの1台です。

※この記事は2021年6月の情報で制作しています。

5万円キャンペーンバナー_記事内

※対象は、こちらのバナーから審査をしていただいた方で初回引き落としが確認取れた方。また、新規申込みの方(申込み期限は2021年12月31日まで)

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー