寄稿記事(上級者向け)
自動車ライター
矢田部明子やたべあきこ

【最新版】全車種網羅!「スライドドアのコンパクトカー」おすすめランキング

【最新版】全車種網羅!「スライドドアのコンパクトカー」おすすめランキング
5万円キャンペーン_目次上

取り回しがよく、運転に慣れていない人にもおすすめのコンパクトカー。荷物も積めるので、スーパーへ買い物に行くなどさまざまなシチュエーションで大活躍してくれるクルマです。今回はそんなコンパクトカーの中でも、スライドドアを装備したさらに利便性の高い車種をご紹介していきます!

Group 19

スライドドア装備のコンパクトカーは便利!

スライドドア装備のコンパクトカーは便利!

開口部が広く、狭い場所でも乗り降りのしやすいスライドドア。小さな子供をチャイルドシートに乗せる時などに便利なので、ファミリー層に特に人気が高い装備です。一方、コンパクトカーは小回りが効く&狭い道もスイスイ行けるので、運転に自信がない人にピッタリです。乗る人や運転する人にとっていたれりつくせりの、スライドドアを装備したコンパクトカーを全車種紹介し、おすすめ順にランキング形式で発表していきます。

1位「ホンダフリード」大人数や子育て世代にちょうどいいクルマ

●199.76〜327.8万円 ●全長4265~4295 mm、全幅1695mm、全高1710~1735mm

1位「ホンダフリード」大人数や子育て世代にちょうどいいクルマ1

ホンダ独自の低床設計、そして1列目にあるシートの形を工夫することなどにより、大人が足を組んでもまだ余裕があるほど車内が広いフリード。1列目と2列目にウォークスルー機構が備わるので、3列目までスムーズに移動できます。荷室の開口部が広く床が低いので重い荷物が積み込みやすく、3列目シートを左右にはね上げればベビーカーを折り畳まずに積み込めます。

1位「ホンダフリード」大人数や子育て世代にちょうどいいクルマ2

室内確認用ミラーで、後に座っている子供の様子を振り返らずに見ることができるのは、ママにとってうれしいポイント。スライドドアは足先をかざすと自動で開閉できる機能がオプションであるので、乗り降りがしやすいのが◎。

1位「ホンダフリード」大人数や子育て世代にちょうどいいクルマ3

先進安全装備はもちろん、前車追従型のクルーズコントロールなど、快適な運転を支援してくれるシステムも搭載、大人数や家族全員でのお出掛けにも最適です。

形状を最適化したフロントピラーなどにより、見えにくい斜め前方も視界良好。さらに、バック駐車などの時にタイヤの切れ角がわかる機能が設定してあり、縦列駐車やUターンなど、日常のシーンで使いやすいです。運転が苦手な人にとっては、この機能は本当におすすめです!

1位「ホンダフリード」大人数や子育て世代にちょうどいいクルマ4

平日の買い物&送り迎え、週末にちょっと遠くまでお出掛けなど、ミニバンの運転に慣れていない方でも安心して乗れるクルマです。

10005_フリード

2位「スズキソリオバンディッド」利便性のみならず、走りも楽しめる

●200.64〜213.18万円 ●全長3790 mm、全幅1645mm、全幅1745mm

2位「スズキソリオバンディッド」利便性のみならず、走りも楽しめる1

加速がスムーズで、力強くキビキビした走りが魅力のソリオバンディットはソリオのスポーティバージョンです。背の高い車にありがちな、カーブを曲がる時の左右の揺れが少ないなど、不安を感じることなくハンドルを握れます。

ライバルのトヨタルーミー/ダイハツトールが1Lの3気筒、もしくは1Lの3気筒ターボエンジンなのに対して、こちらはマイルドハイブリッド付きの1.2Lの4気筒エンジンなので振動や静粛性の面で有利、そして燃費もワンランク上です。

2位「スズキソリオバンディッド」利便性のみならず、走りも楽しめる2

新型に切り替わったばかりなので、事故を未然に防ぐスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の最新版が搭載されていて、高速道路の渋滞で重宝する全車速追従のクルーズコントロールなども設定されています。エアバッグが6つ標準装備されたのも地味にポイントが高いところ。

室内は前方や後方の視界をしっかり確保するために、窓ガラスが大きい&シートに座ったときのアイポイントが高いので、周りがよく見え、運転のしやすさも特徴です。

2位「スズキソリオバンディッド」利便性のみならず、走りも楽しめる3

また、小さい見た目からは想像がつかないほど、たくさんの荷物を積むことができます。なんと、26型&20型の自転車を2台同時に積めるんです!運転席と助手席を倒し、後席も倒せばフルフラットになるので、車中泊もOK。好みに合わせて、リヤシートの位置&背もたれの角度を調整できるので、後席の居心地もよいです。

車内の空気を循環させ、車内を均等な温度に保つスリムサーキュレーターなど、乗る人のこともしっかり考えられています。まさに、コスパ良すぎな1台なんです。

3位「トヨタシエンタ」使い勝手いろいろ!

●180.95〜258万円 ●全長4260 mm、全幅1695mm、全高1675~1695mm

3位「トヨタシエンタ」使い勝手いろいろ!1

座席数と車内のゆとりを活かした、3列シートのアレンジが魅力のシエンタ。後席を倒すと荷室長は2065㎜になり自転車を積み込むことも可能です。3列目は跳ね上げ式ではなく、なんと床下収納式なのがポイント。床がフラットになるので、車中泊もできますよ!

3位「トヨタシエンタ」使い勝手いろいろ!2

スマートキーを携帯していれば、ワンタッチスイッチを押すだけでスライドドアを解錠&ドアオープンできる機能も。子供を抱っこしていたり、大きな荷物を持っているときに助かります。グレードによっては、クルマに近づくとスライドドアが自動で解錠しオープンする機能も付いています。

3位「トヨタシエンタ」使い勝手いろいろ!3

また、全座席付近にカップホルダー&ボトルホルダーが装備されています。それに加え、便利なポケットやトレイも付いているので、車内でのランチも快適に楽しめます。地上から330mmの低い乗り込み口は段差もなく低いので、小さな子供やお年寄りの方も安心して乗り降りできます。

3位「トヨタシエンタ」使い勝手いろいろ!4

家計にとってもうれしいクルマで、ハイブリッド車は28.8km/L、ガソリン車は20.0km/Lと、どちらもミニバントップレベルの低燃費を実現しています。細い路地に入る時&縦列駐車なども、小回りが効くので楽々。大きすぎず、小さすぎないサイズは、さまざまなライフシーンに適した扱いやすいボディサイズです。

10007_シエンタ

4位「スズキソリオ」あったらいいな!がギュッとつまったクルマ

●151.58〜214.83万円 ●全長3395 mm、全幅1475mm、全幅1800mm

4位「スズキソリオ」あったらいいな!がギュッとつまったクルマ1

後席の両側にスライドドアが付いていて、左右のどちらからでも乗り降りできます。便利なのはパワースライドドアを閉めている途中に、携帯リモコンでドアロックの予約をすると、ドアが閉まると同時に自動的にロックされる機能です。ドアが閉まり切るのを待たずにロック操作ができますよ!

4位「スズキソリオ」あったらいいな!がギュッとつまったクルマ2

フル乗車の5人で旅行に出掛けるときも、全員の荷物がしっかり積めるコンパクトカーにするため、室内のみならず荷室も広く設計されています。後席の足元スペースにゆとりを持たせた状態で荷物を積めるので、遠くへ旅行に行くときの道中のドライブも快適です。

4位「スズキソリオ」あったらいいな!がギュッとつまったクルマ3

さらに、シートアレンジも豊富で、後席だけではなく、運転席と助手席も倒してフルフラットにもできるので、使い方は自由自在です。スキー板などの長い荷物、自転車などの大きいものなど、運ぶ荷物の大きさによってシートアレンジしてくださいね!

4位「スズキソリオ」あったらいいな!がギュッとつまったクルマ4

ライバルのトヨタルーミー/ダイハツトールの標準エンジンが1Lの3気筒エンジンなのに対して、こちらは1.2Lの4気筒エンジンなので少し余裕があって静かなのが優位点。ルーミー/トールのようにターボの設定はないですが、こちらはマイルドハイブリッドの設定があって燃費はワンランク上です。遠くにお出掛けする時も楽々、燃費もいいのでお財布にも優しいのが魅力的です。

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!

●155.7〜209万円 ●全長3700mm / 全幅1670mm / 全高1735mm

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!1

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!2

トヨタルーミーとダイハツトールはバッチ違いの兄弟車です。切れ長なライトなど、シャープなデザインのカスタム。大きな格子状のアンダーグリルなどカジュアルなデザインの標準車。スズキソリオとソリオバンディッドの関係と同じです。この2つのデザインから、自分の好きな方をセレクトできるのがうれしいですね!

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!3

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!4

見た目はコンパクトなのに5人が余裕を持って乗ることができ、小さな子供は車内で立って着替えができるのもgood。乗り降りしやすい低床スライドドア&ゆったりシートなど、使い勝手がよく、車内でくつろげるようになっています。左右別々にスライド可能なリヤシートは最大240mm前後に動かせるので、乗車人数や荷物の大きさに合わせた幅広い使い方ができます。

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!5

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!6

パワースライドドアをワンタッチで開閉できるスイッチを、ドアハンドル&電子カードキー&運転席にも設定しているので、子供を抱っこしている時にも便利です。買い物フックや、着脱式のダストボックスがセンターコンソールに設置してあるなど車内の至るところに便利アイテムがあるのも◎。

くるっとコンパクトに曲がれるので、路地や曲がり角の多い街中でも安心です。走行中に先行車を検知し、設定した車速の範囲内で先行車との距離のキープする前車追従型のクルーズコントロール機能は長距離運転中の渋滞なども快適に運転できます。高速道路では、ゆとりのある力強い走りを披露するターボエンジン搭載車の設定があるのもうれしいところ。

5位「トヨタルーミー/ダイハツトール」お出掛けも、デザインも、いろいろ楽しい!7

多彩なシートアレンジを活かせば、室内は荷物をたくさん積める収納や、フルフラットの休憩スペースに早変わりします。日々の買い物から旅行まで、用途に合わせて簡単に空間を模様替えできます。これ1台あればいろいろな所へお出掛けできますよ!

10033_ルーミー

カーリースならスライドドアのコンパクトカーに低い金額で乗れるかも(カルモくんからのお知らせ)

さて、ここでカルモくんからのお知らせです。ここまで紹介してきたスライドドアのコンパクトカーの中には、ハイブリッドを選ぶと300万円を超える車もありました。しかしそんな高額な車でもカーリースを利用することで、思ったよりも低い月々の支払いで乗ることも可能になるかもしれません。

カーリースは、リース会社が所有する車を定額制で利用できる新しい車の利用方法です。リース料には各種税金や手数料などが含まれているので、頭金も初期費用も必要なく、定額料金だけで車に乗ることができます。

数あるリース会社の中でも、月額10,000円台から新車に乗れるカーリースの「定額カルモくん」なら、次のようなメリットでよりお得にカーライフを楽しめます。

〈定額カルモくんのメリット〉

  • 国産全車種全グレードから自由に選べる
  • メーカーオプションやディーラーオプションも新車購入と同様に選択可能
  • 車選びから申込みまでオンラインで完結
  • 納車時は自宅まで届けてくれる
  • 時には3ヵ月ほどかかる納車期間が、車種によっては最短4週間の即納が可能
  • 契約期間は1年から業界最長の11年(2020年3月、定額カルモくん調べ)のあいだで、1年単位で好きに選べる
  • 安心のクローズドエンド方式で、返却時に追加料金の心配もナシ
  • 全国30,000店舗以上の提携大手事業者でメンテナンスが受けられる
  • 毎年の自動車税(種別割)、車検時の法定費用や自賠責保険料なども定額料金にコミコミ
  • メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用も定額にできる
  • メーカー保証と同程度の延長保証や返却時の原状回復費補償のついたプランもアリ
  • 一定条件を満たせば、契約満了時に車がもらえる
  • 電話やメール、LINEなどでマイカーコンシェルジュに気軽に相談できる

おトクにマイカー 定額カルモくん」を利用すれば、乗り始めの費用や維持費を抑えながら、お気に入りの車に乗ることも可能になります。

キャンペーン

自分のライフスタイルにあった1台を!

自分のライフスタイルにあった1台を!

スライドドア装備のコンパクトカーは便利でコンパクトな車体からは想像できない車内の広さから人気の高いジャンルです。オプションもたくさんあるので、自分のライフスタイルに合ったものをセレクトしてみてくださいね。

※記事の内容は2020年12月時点の情報で制作しています。

カルモマガジンではガソリンチケットプレゼントなどのお得な情報や最新の車情報、車生活のお役立て情報などをメルマガにて配信しています。

一本化_メルマガ登録

5万円キャンペーンバナー_記事内

※対象は、こちらのバナーから審査をしていただいた方で初回引き落としが確認取れた方。また、新規申込みの方(申込み期限は2021年12月31日まで)

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー