車を購入する際の悩みとは?基礎知識と失敗しないためのポイントを解説!

車を購入する際の悩みとは?基礎知識と失敗しないためのポイントを解説!
5万円キャンペーン_目次上

車を購入するとなると、意外と多くの悩みが出てくるものです。欲しい車が決まっていれば問題ありませんが、そうでない場合、まず車選びから悩むことになります。車種は用途と乗車人数、将来のライフプランまでを考慮して決めたいものです。新車か中古車かで悩む場合もあるでしょう。車種のタイプ別の特徴や新車と中古車の比較などを織り交ぜて、悩みのポイントとその解決方法を解説します。

【この記事のポイント】
✔ 車を購入するべきか悩んだら、車があることのメリット・デメリットに目を向ける
✔ 車を購入する際、車選びに悩んだら、用途や乗車人数からアプローチしてみる
✔ カーリースなら悩みも少なく、お得に気軽に新車に乗れる

車を購入するか悩んだら、まず確認したいこと

車を購入するか悩んだら、まず確認したいこと

若い世代を中心に車離れが広がっている、という話が少し前まではよく聞かれました。しかし、このところのソロキャンプブームや電車離れによる「車旅」への移行で、車の必要性が見直されていることは確かです。また、アウトドア目的に限らず、車があればやはり便利に感じるケースは多いでしょう。

車は本当に買うべきかを考えるためには、車を持つことのメリット・デメリットを改めて確認することが大切です。
ここでは、車を購入するメリットやデメリットについて見ていきます。

車を購入するメリット

車を購入するメリットとして、まず、行動範囲が広がるという点が挙げられます。
地方都市では車は生活必需品といえますが、公共交通機関が発達した都会においても、車があればやはり便利です。最近は、郊外に大型駐車場を完備したショッピングモールの出店が多く見られます。車があれば移動だけでなく荷物の持ち運びにも苦労はしません。また、ブームのソロキャンプなどにも電車を乗り継ぐことなく、気軽に出掛けることができるでしょう。

さらに、家族でそろって出掛ける際も車があると便利です。ペットのいる家族なら、電車やバスでの気疲れの心配もなく、なおさらです。家族の誰かが急病になったときや、深夜に急用で外出する場合にも、車があれば安心です。
このように、車を購入するメリットはたくさんあります。

車を購入するデメリット

車を購入するメリットはたくさんありますが、デメリットとしてはどのようなことが考えられるのでしょうか。
まず、購入費用として大きなお金が出ていくといったことが挙げられます。現金一括で購入しないとしても、ローンを組めば頭金を用意することになりますし、月々の返済も必要になってきます。
さらに、車の代金以外に、その10~20%程度の初期費用がかかるということも忘れてはいけません。

また、購入後の維持費も家計を圧迫する可能性があります。燃料代はもちろん、自宅に車の保管場所がなければ駐車場を借りなければなりません。車検や消耗品の交換にもお金がかかります。さらに税金の支払いなどもあり、車を購入すると、思っていた以上の費用が必要になると覚悟しておいたほうがいいでしょう。

新車と中古車、どちらを購入したらいいか悩むときに確認すること

新車と中古車、どちらを購入したらいいか悩むときに確認すること

車を購入すると決めた場合、新車と中古車で迷う方も多いでしょう。ピカピカの新車には誰もが憧れますが、中古車よりも当然高額になります。しかし、故障のリスクを考えたら、新車のほうが断然、安心です。新車と中古車、購入する場合のそれぞれのメリットを見ていきましょう。

新車を購入するメリット

新車を購入するメリットは、自身がその車の最初のオーナーになれるということが第一に挙げられます。車種選びはもちろん、ボディカラーやグレード、オプションの装備まで、すべて自身の好みが反映されます。さらに新車を購入するということは、その時点での最新機能を装備した車を手に入れるということです。

また、燃費や排ガス性能が高い対象車種を購入すると、自動車税(種別割)や自動車重量税が減税されるエコカー減税の対象になりますメーカーの保証がついてくるのも大きなメリットです。保証期間中は、消耗部品以外のほとんどの部品や、エンジンやステアリング、エアバッグなど走行や安全に関わる重要な部品の修理が保証されます。

任意保険(自動車保険)に「新車特約」がつけられるのもメリットといえるでしょう。新車特約とは、事故で車が全損または半損となった際に、車の再購入費用が補償されるというもので、新車登録から一定期間内の車にしかつけられません。

〈新車購入のメリット〉

  • ボディカラーやグレード、オプションが自由に選べる
  • 最新機能を装備した車に乗れる
  • エコカー減税が受けられる
  • メーカーの保証がついてくる
  • 任意保険(自動車保険)に「新車特約」をつけられる

中古車を購入するメリット

中古車を購入する一番のメリットは、新車より車両本体価格が安いことです。展示車や試乗車に使用された、新古車と呼ばれる中古車を見つけられれば、安く新車同然の車が手に入ります。

また、選択肢が多いということもメリットに数えられるでしょう。新車の場合は、生産終了となった車は購入することができませんが、中古車市場では買えなくなった珍しい車が出回っていることも少なくありません。掘り出し物を見つける楽しみは中古車ならではといえるでしょう。

さらに、納車が早いといったメリットもあります。新車は基本的に受注生産のため、納車までに1~2ヵ月ほどの期間を要しますが、中古車はすでに実車が存在するため、平均3週間という早さで納車されます。

もうひとつメリットとして考えられるのは、新車で購入した場合と比べ、将来的な売却額にそれほど期待を寄せる必要もないので、気楽に乗りつぶせるという点です。

〈中古車購入のメリット〉

  • 車両本体価格が新車より安い
  • 新古車が見つかれば安く新車同然の車が手に入る
  • 購入の際の選択肢が多い
  • 納車が早い
  • 気楽に乗りつぶせる

車を購入するまでのよくある悩み

車を購入するまでのよくある悩み

車が欲しいと思っても、大きな買い物となるため失敗は避けたいものです。しかし、車を購入するまでにはさまざまな悩みが出てきます。
車を購入する前に誰もがいだくモヤモヤをまとめてみました。

よくあるお悩み(1)「手続きが面倒」

車は欲しいけど、手続きが多くて面倒と感じる方は多いのではないでしょうか。車を購入する場合、契約から納車までおよそ1~2ヵ月はかかります。その間、さまざまな手続きが必要になりますが、手順をある程度理解しておかないと、手間取って納車が遅れることにもつながりかねません。
契約から納車までの流れは、おおよそこのようになっています。

〈契約から納車までの流れ〉

・契約:注文書に署名、捺印

・必要書類の提出:実印、印鑑証明書、車庫証明書、委任状など

・自動車保険の手続き:契約手続き

・支払い:ローンの場合は審査後に契約手続き

・納車

よくあるお悩み(2)「運転に自信を持てない」

車は生活に必要なので購入したいとは思っているけれど、運転に自信がないという方もいるでしょう。また、運転は苦手ではないけれど、憧れの大型SUV車となると乗りこなせるか不安だといった方もいるかもしれません。せっかく苦労して手に入れた車でも、思いのまま運転できないと、カーライフの楽しさが半減してしまいます。

そういった方は、教習所の「ペーパードライバー講習」を活用するという方法もあります。免許を取得してから長らくハンドルを握っていない方でも、あらためて運転技術を身に付けられるので、車を購入して納車を待つあいだにでも利用してみてはいかがでしょうか。

よくあるお悩み(3)「お金がない、ローンに不安がある」

車を購入したいけど資金がない。もしかしたら、この悩みが一番多いかもしれません。ローンを組めば車は購入できますが、低金利のローンを利用したり、借入希望額を抑えたりといったことに腐心しないと、月々の返済が家計への負担となってしまうかもしれません。

低金利を望むなら銀行系カーローンがいいですが、金利が低いほど審査がきびしいという傾向があります。また、比較的審査に通りやすいといわれるディーラー系カーローンでは金利が高めです。そして、いずれを利用するにしても、頭金を必要とするケースはありますし、車の代金以外にも、各種税金や自賠責保険料といった初期費用がかかります

そんなときは発想を変えて、カーリースの利用を視野に入れることで、目の前の景色が一転するかもしれません。

カーリースは初期費用がかからない上、料金もお得です。カーリースの利用料金は、「残価」といわれる車の下取り価格を、あらかじめ車両本体価格から差し引いて算出します。つまり、車両本体価格の全額を対象としたローンより、残価を差し引く分だけカーリースのほうがお得というわけです。カーリースの審査は、審査対象となる金額が抑えられるため、ローンの審査より通りやすいといわれています。

カーリースを検討するならこちらをご覧ください

ローン無しでも新車

よくあるお悩み(4)「欲しい車に手が届かない、高額で躊躇する」

今乗っている車よりグレードを上げたい、本当に欲しい車があるけれど高額で躊躇してしまう、という場合もあるでしょう。そうなると、あきらめる、車種を変えてみる、中古車を選択するといった方法が考えられます。

しかし、カーリースを利用すれば、あきらめずに済むかもしれません。カーリースなら初期費用がかからず、料金もお得なため、ワンランク上のグレードや本当に欲しい車種が選びやすくなります。

グレードアップした新車がいくらか気になる方は、こちらからチェックできます

料金をチェック

車選びに悩むときのチェックポイント

車選びに悩むときのチェックポイント

購入する車を選択できないといった悩みを持つ方もいるでしょう。ここでは、そんな方のために、車を選ぶときのポイントをご紹介します。

車の用途を考えて選ぶ

車選びはまず、どのような用途で利用するのか、乗車人数はどのくらいなのか、といったことを明確にすることが大切です。街乗りを中心に買い物や友人との交流に使いたいのなら、軽自動車やコンパクトカーがイメージしやすくなりますし、アウトドア好きの方なら悪路の走行に向いているSUVなどが候補に挙がってくるでしょう。また、将来的に家族が増えそうならミニバンやステーションワゴンを考えてもいいかもしれません。

用途と乗車人数が見えてくれば、必要となる車も自然にイメージできるようになるでしょう。

〈車種タイプと乗車定員〉

  • 軽自動車:4人
  • コンパクトカー:5人
  • SUV:5~8人
  • ミニバン:7~8人
  • ステーションワゴン:5~7人
  • セダン:5人
  • クーペ:2~4人
    ※人数は目安です

車購入後の維持費を考えて選ぶ

購入後の維持費まで考えて車を選びたいのなら、燃費のいい車を選ぶことをおすすめします。燃費とは、車のエネルギー消費効率のことです。1Lの燃料でどのくらいの距離が走れるかを数値で表したもので、例えば、20km/Lの燃費なら、1Lの燃料で20kmの距離を走れるということです。

車の維持費は、車検代や駐車場代などさまざまありますが、固定費として出ていくものと、工夫次第で抑えられるものがあります。燃料代は、乗り方や選んだ車の燃費性能によって抑えられるといっていいでしょう。

車種タイプ別の燃費目安は、以下のとおりです。

〈車種タイプ別燃費目安〉

  • 軽自動車:15~20km/L
  • コンパクトカー:12~20km/L
  • SUV:8~13km/L
  • ミニバン:8~15km/L
  • ステーションワゴン:10~15km/L
  • セダン:8~15km/L
  • クーペ:5~10km/L
  • ハイブリッドカー:15~25km/L

家族設計など、将来のプランを考えて選ぶ

将来的な家族の変化を見越して車を選ぶのも大切です。用途別に選ぶコツでもふれましたが、これから家族が増えるとわかっていたら、家族で出掛けられる大きめの車を選ぶといいでしょう。また、高齢の親の送迎が多くなるなら乗り降りしやすい低床の車、子供が巣立つ予定があるなら夫婦二人で楽しめる車など、少し先を見つめた車選びを心掛けるといいかもしれません。

車の購入に必要な予算を知ろう!

車の購入に必要な予算を知ろう!

車を持つと購入後も維持していくためにお金がかかります。知っておかないと後悔する、車を購入するときと購入後にかかる費用について、見ていきましょう。

車の購入にかかるお金はどのくらい?

まず車を購入する際に考えなくてはいけないのが、車両本体価格です。同じタイプの車でも、メーカーやグレード、装備によって異なります。車種タイプ別に相場を見てみましょう。

〈車種タイプ別車両本体価格の相場〉

  • 軽自動車:約100~200万円
  • コンパクトカー:約130~250万円
  • SUV:約200~500万円
  • ミニバン:約200~400万円
  • ステーションワゴン:約200~300万円
  • セダン:約200~500万円
  • クーペ:約300万円~1,500万円

新車の購入価格は平均的に100~300万円といったところでしょう。
ただし、車両本体価格以外にも、税金や保険料、登録諸費用などの初期費用がかかることも忘れてはいけません。初期費用は一般的に、車両本体価格の10~20%が必要といわれています。つまり200万円の車を購入するとなると、少なくとも220万円はかかると見ておいたほうがいいでしょう。

車を購入した後にかかる維持費

次に購入後の維持費に目を向けてみましょう。一般社団法人 日本自動車工業会の「乗用車市場動向調査(2019年度)」によると、燃料代や修理代、有料駐車場代、有料道路通行料などとしてかかる1ヵ月の車の維持費は平均で10,700円となっています。年間で約13万円です。

さらに税金や保険料、車検代などが加わってくることを頭に入れておきましょう。

〈自動車税(種別割)〉

  • 軽自動車:10,800円
  • コンパクトカー:30,500円
  • ミニバン:36,000円
    ※軽自動車以外は排気量によって異なります

〈自動車重量税〉

  • 軽自動車:3,300円(1年あたり)
  • コンパクトカー:4,100円(1年あたり)
  • ミニバン:8,200円(1年あたり)
    ※軽自動車以外は排気量によって異なります
    ※エコカー減税は考慮していません

悩むことの多い車の購入はカーリースで解決できることも!

悩むことの多い車の購入はカーリースで解決できることも!

車の購入であれこれ悩んで疲れてしまったら、カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。カーリースなら、面倒な手続きがない上、頭金や初期費用といった大きなお金を用意する必要もありません毎月定額の料金を支払えば、憧れの新車に手軽に乗ることができます。

カーリースとは、利用者が選んだ車をカーリース会社が購入して、中長期的に貸し出してくれる車のサブスクリプション・サービスです。近年、その手軽さと安さで利用している方も増えています。

レンタカーやカーシェアリングのように一時的に利用するのではなく、自身で車を管理して好きなタイミングで自由に使用できます。ナンバープレートも「わ」ナンバーでなく、一般車と同じものを使用するので、リース車ということはわかりません。

カーリースに向いているのは、以下のような方です。1つでもうなずけたら、ぜひカーリースを検討してみましょう。

〈カーリースに向いている方〉

  • 面倒な手続きが苦手
  • 新車を購入する資金を用意できない
  • ローンの審査や返済に不安がある
  • 税金や保険料の支払いを負担に感じる
  • 維持費が家計を圧迫しそうで不安
  • 車検代や点検費用などを捻出できるか心配
  • いろいろ不安はあるけれど新車が欲しい
  • とにかくお得に新車に乗りたい

カーリース選びで迷ったら、まずは「おトクにマイカー 定額カルモくん」をチェックしてみましょう。月額料金が安く、サービスも行き届いているので多くの方から選ばれています。

購入するより手軽&安心して乗れる定額カルモくんがおすすめ!

カルモくん_new

車の購入にまつわる悩みは、カーリースを利用することで解決できる場合があります。中でも「定額カルモくん」は、頭金なし、ボーナス払いなし、契約満了時の精算も不要なので、負担を抑えてマイカー生活を始められます。車の購入にお悩みの方に定額カルモくんをおすすめする理由を、詳しくご紹介します。

あきらめていた車に手が届く

国産メーカーの全車種・全グレードから選べ、車検費用を含めて月額10,000円台から利用できます。もちろん各種税金や自賠責保険料、登録諸費用もコミコミなので、初期費用もかかりません。月々の支払額は、ローンを組んだ場合の返済額と同じ額を設定しても、ローンの想定より高価な車を候補にできるため、あきらめていた車にも手が届くかもしれません。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

マイカーコンシェルジュが車選びから相談にのってくれる!

定額カルモくんでは、車選びや手続きに悩んだ場合、マイカーコンシェルジュに無料で相談できます。マイカーコンシェルジュは電話、メール、LINEに対応していて、契約前から何度でも相談可能です。

どんな車に乗っていいのかわからない場合は、3つの車種から希望の料金に近い車種を選んで、リースを利用できるか気軽に試せる「お試し審査」が便利です。審査後にはマイカーコンシェルジュが利用できる車を提案してくれるため、車選びがスムーズに進みます。

お試し審査の申込みはオンラインで必要事項を入力するだけなので、思い立ったら気軽に申し込めます。

〈お試し審査をおすすめしたい方〉

  • 乗りたい車が決まらない方
  • 車選びやプランを相談したい方
  • 簡単にカーリース審査を受けたい方
  • 契約を強要されたくない方
  • キャンセルしてしまう可能性のある方

上の条件にあてはまる方は、お気軽に「お試し審査」を利用してみましょう

まずは審査_キャプションあり

走行距離制限なしで車がもらえる!

カーリースでは、契約満了時の車の価値を下げないために、走行距離に制限を設けるのが一般的です。しかし定額カルモくんでは、7年以上の契約で走行距離が無制限になります。仕事で毎日車を使う方や、遠出のドライブが趣味の方はもちろん、何かと生活の足に車を利用する方にはうれしいサービスとなるでしょう。

また、同じく7年以上の契約で月額500円の「もらえるオプション」をつけることで、契約満了時にそれまで乗っていた車がそのままもらえます。返却の必要がないので、車を自分仕様にカスタマイズすることも可能です。

車の購入に悩むときは、ライフプランを考慮した選択を!

車選びで悩んだ場合は、用途や乗車人数などから車種を考えると選びやすくなります。その際、購入後の維持費や将来のライフプランなども考慮に入れましょう。しかし、車の購入には車の代金以外にもたくさんの費用がかかります。購入計画だけが独り歩きして、契約を前に初期費用の高額さに戸惑ってしまうケースも珍しくありません。

購入計画をしっかり立てても車を購入するのは難しいと悩んだときは、カーリースの利用をおすすめします。カーリースなら手続きが簡単で、初期費用もかからないので、憧れのカーライフを思い描きやすくなります。

中でも定額カルモくんは、日本一安い*カーリースとして多くの方が利用しています。料金が安い分、グレードアップやオプションの追加など、楽しみが広がるかもしれません。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

5万円キャンペーンバナー_記事内

※対象は、こちらのバナーから審査をしていただいた方で初回引き落としが確認取れた方。また、新規申込みの方(申込み期限は2021年12月31日まで)

よくある質問

Q1:どのような車を購入したらいいか悩むときは、どうしたらいい?

A:どのような用途で利用するのか、乗車人数はどのくらいなのか、といったことを明確にすることが大切です。街乗りを中心に買い物や友人との交流に使いたいのなら軽自動車やコンパクトカー、アウトドア好きの方なら悪路の走行に向いているSUVなどがいいでしょう。将来的な家族構成の変化を考えるのも大切です。

Q2:車を購入する場合、どのくらいお金がかかる?

A:新車の場合、購入価格は平均で100~300万円といったところです。ただし、車両本体価格以外にも、税金や保険料、登録諸費用などの初期費用がかかることも忘れてはいけません。初期費用は一般的に、車両本体価格の10~20%といわれています。また、購入後の維持費も念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

Q3:車を購入する費用に悩む場合、いい方法は?

A:カーリースの利用をおすすめします。カーリースなら初期費用がかからないので、憧れのカーライフが現実的になるでしょう。中でも定額カルモくんは、料金が日本一安い*カーリースとして多くの方が利用しています。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

※記事の内容は2021年10月時点の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

新車が1万円台