車を買うべきか決められない!?決断するためのポイントは

車を買うべきか決められない!?決断するためのポイントは

車を買うのは大きな出費になるため、安易に決断できないと考える方もいるでしょう。ただし、もし本当に必要なら、買うのが早いほうが豊かな生活が送れます。ここでは、車を買う決断がどのようにしてできるようになるのか、そのポイントについて解説します。

車を買う決断ができない人の特徴は?

車を買う決断ができない人の特徴は?

車を買いたいと思っていても、なかなか買う決断がつかない方には、共通する特徴があります。どのような特徴があるのか、具体的に見ていきましょう。

周囲の意見を確認しない

配偶者や家族など、周囲の意見を確認しないままディーラーや自動車販売店に訪れてしまうと、そこで意見がまとまらず、車を買う決断ができなくなってしまいます。欲しい車のタイプや価格帯などを事前に周囲と意見をすり合わせて、買う車をしぼり込んでから、店舗に足を運びましょう。

現金での一括払いしか考えていない

車を買う際に現金での一括払いしか考えていない方は、いざ決断しようとする場面で一度に大金を支払うことに躊躇してしまいがちです。

車を買う決断ができないまま何ヵ月も経ってしまうと、「セール期間が終わってしまったし、今買うのはもったいない」「もう少し待てば、もっと安くなるのではないか」と悩むポイントが増えて、ますます決断しにくくなります。また、いざ車を買う決断ができたとしても、目星をつけていた車が売り切れてしまい、買う機会を逸してしまうこともあるでしょう。

車を買う決断をするには、現金一括払いだけでなく、カーローンを組んで返済していくことも検討してみましょう。

目移りして決まらない

あらかじめ欲しい車のタイプやメーカーを決めていないと、ショールームに飾られている車に目移りして、なかなか買う決断ができません。また、何日もかけてさまざまなメーカーの車を見て巡っていても、結局決めきれないケースもあります。新しい車種が出て選択肢が増えた場合は、なおさら買う決断ができなくなってしまうこともあるでしょう。

いろいろな車種に目移りしてしまう方は、まず欲しい車のボディタイプや機能、価格帯をしぼり込んでおくことが大切です。

車を買う決断をするためのポイントは?

誰でも車を購入してから後悔はしたくないでしょう。慎重に検討するからこそ、車を買う決断がなかなかできなくなってしまうのも当然かもしれません。しかし、ただ漠然と「買いたい」と思っていたのでは、いつまで経っても車を買う決断はできません。

そこで、早めに決断ができるように、事前にチェックしておくべき重要なポイントを解説します。ディーラーや自動車販売店を訪れる前にポイントを確認しておくことで、自分に合った車種やグレード、購入プランを見つけやすくなるはずです。

欲しい車種を決める

欲しい車種を決める

車を買うには、さまざまなメーカーや車種があり、それぞれに特徴があります。ディーラーや自動車販売店を訪れる前に、欲しい車をしぼり込んでおくことが大切です。条件が決まっていないまま車を選ぼうとしても、判断の基準がないので車を買う決断がつきません。

ディーラーや自動車販売店へは最終確認のために訪れるぐらいに考えておくと、商談がスムーズに進み、車を買う決断がしやすくなります。さらに買う予定の車に試乗して、運転のしやすさや乗り心地もしっかりチェックするといいでしょう。

では、欲しい車をしぼり込むにはどのような観点から考えればいいのか、具体的なポイントを見てみましょう。

・デザインから選ぶ
メーカーカタログやホームページなどを見て、好きなデザインの車がないか探してみてください。車のデザインは夫婦や家族のあいだでも意見が割れやすいので、事前に話し合っておくことが重要です。互いに納得して気持ち良く車を買うためにも、自分だけの意見を押し通すのではなく、しっかりと話し合いを重ねましょう。

・使用頻度や用途から選ぶ
使用頻度や用途によっても、選ぶべき車のタイプが変わってきます。「毎日の通勤や子供の送り迎えで車を使いたい」「旅行や帰省で長距離運転をしたい」など、車をどう使いたいのかを考えて、目的に合った車種をしぼり込みましょう。使用頻度が高い場合は燃費の良さ、長距離運転が多い場合は乗り心地を重視するのがおすすめです。

・実用性や機能性から選ぶ
「6人乗りの車が欲しい」「大容量の荷物スペースが欲しい」といった外せないポイントを挙げて、実用性の面から車選びを考えてみましょう。雪や山道の多い地域に住んでいる方は、悪路での走行性能が高いSUVなど機能性に優れた車を選ぶといいでしょう。

車を買って何に使うかのリストを作る

車を買う決断ができないのは、「車を買って何に使うか」という具体的なイメージを持っていない場合があります。車の使用目的や用途を整理できていなければ、どのような車種や機能が必要なのか、具体的に検討することもできません。

ですから、マイカーに乗って何をしたいのか、車を買った後にやりたいことのリストを作成するといいでしょう。思い浮かんだまま紙に書き出して、なぜ車を購入したいのか、その目的を明確にしていきましょう。家族と一緒に考えると、意見をまとめることもできます。

以下に、「車を買ったらやりたいことリスト」の一例をご紹介します。

・旅行やドライブに使いたい
車があれば、車がなくて行けなかった場所や公共交通機関では不便な地域へも、アクセスがしやすくなります。荷台スペースが広ければ、キャンプ用品やバーベキュー用品を詰め込んで、レジャーやアウトドアを目的とした旅行にも乗って行けるようになります。また、「今日はいい天気だからドライブへ行こう」というように、急なお出掛けができるのもメリットです。

・プライベートな空間を楽しみたい
公共交通機関とは違い、マイカーの車内はプライベートな空間です。家族や友人とプライベートなドライブを楽しんだり、小旅行や車中泊をしたりとり、さまざまな楽しみ方ができます。あるいは、家庭では落ち着いて集中できない場合などに、車の中でパソコンを広げて仕事をするなど簡易オフィスとして使用することもできます。

・子供やペットと一緒に出かけたい
マイカーは家族だけのペライベートなスペースなので、周りの目が気になりません。はしゃぐ子供を乗せたり、ペットのキャリーケースやドライブケースを使用してペットと一緒に出掛けたり、自由度の高い外出ができます。座席をフラットシートにすることで、赤ちゃんのおむつの交換台としても使える車種もあるため、わざわざ公衆トイレなどを探し回らなくても済みます。また、万が一ペットがシートを汚したとしても、公共交通機関のように清掃代金を心配する必要はありません。

車の購入ではローンを検討する

車の購入ではローンを検討する

もし「ローンによる金利負担は損だ」と思っているのであれば、買う決断ができずに車に乗る便益を失していることについても考えましょう。また、車は購入後に維持費用もかかるので、何年乗るのか、トータルでどれくらいの出費になるのか予算を立てるといいでしょう。

ディーラーや銀行にマイカーローンの相談をしてみるのもおすすめです。ただし、収入に応じて無理のないローンプランを組むことが大切です。「少しくらい高めに設定しても払えるだろう」と決めてしまったら、ローンの返済が生活費を圧迫することになるかもしれません。

カーローンを組むには、以下のようなポイントを確認しましょう。

・買い換えの予定も考えておく
車を買うことを決める前に、次の車への買替えをいつにするか、大まかな計画を立てておきましょう。例えば、「3年間中古車に乗って貯金しておき、その後に新車を購入しよう」と決めておくことで、ローンの計算がしやすくなります。カーローンは支払期間が長いほど、月々の返済額が抑えられます。月々の支払額を減らしたいなら、買替えの時期を長めに考えておくといいでしょう。

・今後の収入の予想を立てる
ローンを組むには、現在の年収や職務形態が重要になります。もし転職や退職の予定があるなら、今後の収入がどれくらいになるか想定して、ローンを組む必要があります。収入が下がることが予想される場合は、車両の購入費用だけでなく、これから支払っていく維持費用も考えて、レンタカーやカーリースといった手段も視野に入れて検討してください。

カーリースでお得にカーライフを楽しむ方法も

費用面が心配で車を買う決断ができないなら、カーリースを検討してみるのもおすすめです。カーリースは、月々の定額料金で車に乗れるサブスクリプションサービスです。カーシェアリングやレンタカーと違い、一定期間契約して車を借りて利用できるのでマイカーと同じように乗ることができます。

頭金や初期費用がかからないため、新車を買うときほど費用面で悩むことがなく、家計の管理がしやすくなります。例えば、カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、月額1万円台から好きな新車を選んで乗ることができます。

ネットでおトクに新車をリース

車を買う決断をしてカーライフを楽しく!

車を買う決断ができない方に向けて、決断するためのポイントについてご紹介しました。早めに車を買う決断ができれば、その分、車を利用できる時間が増え、カーライフを楽しむことができます。車が必要という前提がはっきりしているのなら、早めに買う決断をしたほうがメリットも大きいはずです。

また、マイカーを購入する費用面が心配なら、カーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。どちらにしても、早く車を手に入れて、快適なカーライフを満喫しましょう。

よくある質問

Q1:車を買う決断ができないのですが、どうしたらいい?

A:車を買う決断がつかない方には共通点があります。まず、配偶者や家族と意見がまとまっていないなら、周囲の意見を確認して買う車をしぼり込みましょう。また、現金一括払いで「もっと安くなるのでは」と思っていると買う機会を逸してしまうので、カーローンでの購入も検討しましょう。そして、目移りして買う決断ができない場合は、欲しい車のボディタイプや機能、価格帯をしぼり込むことが大切です。

Q2:車を買う決断をするためのポイントは?

A:車を買う決断ができるポイントとしては、まず欲しい車種を決めるとスムーズです。デザイン、使用頻度や用途、実用性や機能性などの面から具体的に車種をしぼり込むといいでしょう。また、車を買って何に使うかのリストを作るのもおすすめです。家族と一緒に考えると意見をまとめることもできるでしょう。そして、車の購入はローンも検討して、何年乗るのか、維持費用も含めてどれくらいの出費になるのか予算を立てるといいでしょう。

Q3:費用がかかるので車を買う決断ができません。どうしたらいいですか?

A:費用面で車を買う決断ができないなら、カーリースを検討してみるのもおすすめです。カーリースは、月々の定額料金で車に乗れるサブスクリプションサービスです。頭金や初期費用がかからないため、新車を買うときほど費用面で悩むことがなく、家計の管理がしやすくなります。

※記事の内容は2020年7月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr