200万円のカーローンを組む場合の返済額は?算出方法や基礎知識を解説

200万円のカーローンを組む場合の返済額は?算出方法や基礎知識を解説
カルモくんなら新車が

200万円で購入できる車には、軽自動車のハイグレードモデルやコンパクトカーなどがあります。そのような価格帯の車を購入する場合、車体価格のほかに発生する利息や維持費などを考慮すると年収400万円台であればカーローンを組めるとされています。

年収が400万円台になれば、生活が安定してそろそろ車を買いたいという方も多いでしょう。そこで200万円のカーローンを組む際のシミュレーションを交えて、返済計画の立て方などを紹介します。さらに月々安い料金で新車に乗れるカーリースについても解説します。

200万円でカーローンを組んでも、月々の返済額が気になる方も多いでしょう。そのようなときは、月々10,000円台からの定額料金で新車に乗れるカーリースをチェックしてみましょう!

新車を1万円

【この記事のポイント】
✔カーローンを組む際、月々の返済額を把握しておくことが大切
✔200万円のカーローンを組むなら月々の返済額は20,000~30,000円が目安
✔カーリースなら毎月の支払額を抑えて新車に乗れる

カーローンの返済額を決めるポイント

カーローンを組む際、返済額や返済期間、金利などを考慮して、無理なく返済できるよう計画を立てる必要があります。ここでは、返済額を決めるポイントについて解説します。

返済期間を考える

Q1. 何年ローンを組んでいますか?

カーローンの返済期間は返済額を決める重要なポイントです。一般的に、銀行系ローンは7~10年、ディーラーローンは6~8年に設定されていて、返済期間が長いほど月々の負担を抑えることができます。
なお、車を所有している全国の男女390人を対象に、2020年に定額カルモくんが実施した独自調査では、返済期間は5年が37.3%で最も多く、また、返済額から返済期間を算出した方が全体の43.8%という結果になりました。

返済方法を決める

一本化用返済方法

返済方法には「元利均等方式」と「元金均等方式」があり、どちらの返済方法を選ぶかで毎月の返済額も変わります。

・元利均等方式
元利均等方式は、元金と利息の割合を調整して毎月の返済額を均一にする方法です。返済額は一定ですが、最初は利息の割合が多く、元金が減るペースが遅いのが特徴です。

・元金均等方式
元金均等方式は、毎月の元金に対する返済額を一定として利息を加えて返済する方法です。借入残高の減少に応じて利息が減るので、返済を続ける度に利息は低くなり、返済額も下がります。最初の返済額が大きい反面、着実に元金が減っていくので、元利均等方式より総返済額を抑えられる傾向にあります。

金利の種類を選ぶ

一般的に、金利には「変動金利」と「固定金利」があり、どちらの金利を適用するかも返済額を決める重要なポイントです。

・変動金利
変動金利は、世の中の経済状況によって利率が変動する金利です。景気が上向きになると利率も上がり、毎月の返済額も増加します。

・固定金利
固定金利は、経済状況に関係なく利率が一定の金利です。変動金利より利率が高く設定される傾向にあり、市場の金利相場が下がっても一定の金利で払い続ける必要があります

200万円のカーローンを組む際、返済額はいくらになる?

ヤリスクロス

200万円のカーローンを組む場合、毎月の返済額はいくらになるでしょうか?

200万円の車には、軽自動車のハイグレードモデルやコンパクトカーなどがありますが、ここでは人気車種のトヨタ「ヤリス クロス」を例に、一般的にローンを組むことが多い3、5、7年といった契約年数別にシミュレーションしてみましょう。

なお、グレードはX”Bパッケージ”(1.5L・CVT・2WD)、車体価格は179万8,000円のため借入額は180万円、金利は3%と5%として試算します。

〈ヤリス クロスの返済額〉

金利3%  
借入年数3年5年7年
月々の返済額52,346円32,343円23,783円
返済総額188万4,462円194万615円199万7,849円
利息総額84,462円14万615円19万7,849円
金利5%
借入年数3年5年7年
月々の返済額53,947円33,968円25,441円
返済総額194万2,113円203万8,090円213万7,044円
利息総額14万2,113円23万8,090円33万7,044円
※JAバンク「マイカーローン返済シミュレーション」を使用

返済期間を3年にすると、毎月の返済額は約50,000円と高くなりますが、利息総額は金利3%なら10万円以下に抑えられます。一方、5年や7年だと返済額が20,000~30,000円台となりますが、利息総額が10~30万円台と高くなります。
高めの金利が適用されても最後まで無理なく返済できる金額に抑えるには、多少利息総額が上がっても、5年や7年が無難といえるかもしれません。

一本化ヤリスクロス

100万円や300万円の車種だと月々の返済額はいくら?

シミュレーションを見て、自身の収入では200万円のカーローンを組むのは難しい、反対に月々の返済額を上げてよりグレードの高い車種を購入したいと思った方もいるでしょう。

ここでは、借入額を100万円と300万円とした場合の毎月の返済額をシミュレーションしてみましょう。なお、200万円のときと同様に、返済期間は3、5、7年、金利は3%と5%とします。

100万円のカーローンを組む場合

ミライース

100万円で購入できるダイハツ 「ミライース」LグレードSA III(2WD)を例に、月々の返済額を算出します。なお車体価格は95万9,200円となるため、借入額は100万円として考えます。

〈ミライースの返済額〉

金利3%
借入年数3年5年7年
月々の返済額29,081円17,968円13,213円
返済総額104万6,922円107万8,120円110万9,913円
利息総額46,922円78,120円10万9,913円
金利5%
借入年数3年5年7年
月々の返済額29,970円18,871円14,133円
返済総額107万8,950円113万2,270円118万7,242円
利息総額78,950円13万2,270円18万7,242円
※JAバンク「マイカーローン返済シミュレーション」を使用

200万円より借入額が少ないことで、返済期間を3年としても毎月の返済額が30,000円以内と、無理のない返済額に収まるでしょう。一方、5年や7年だと月々の返済額を10,000円台に抑えられますが、利息総額が10万円台と高くなります。

月々の返済負担を抑えるなら、返済額が20,000円以内に収まる5年や7年での返済がおすすめです

定額カルモくんでダイハツ「ミライース」を契約すれば、11年契約で月額12,760円から利用できます。初期費用などの出費を気にせず人気車種に乗りたい方は、こちらをチェック!

10017_ミライース

300万円のカーローンを組む場合

ハリアー

車体価格300万円程度の車として、トヨタ「ハリアー」を例に月々の返済額をシミュレーションしてみましょう。エントリーモデル、Sグレード(ガソリン・2WD)は車体価格が299万円のため、借入額は300万円として算出します。

〈ハリアーの返済額〉

金利3%
借入年数3年5年7年
月々の返済額87,243円53,906円39,639円
返済総額314万769円323万4,360円332万9,746円
利息総額14万769円 23万4,360円32万9,746円
金利5%
借入年数3年5年7年
月々の返済額89,912円56,613円42,401円
返済総額323万6,856円339万6,820円356万1,740円
利息総額23万6,856円39万6,820円56万1,740円
※JAバンク「マイカーローン返済シミュレーション」を使用

これまで例に挙げてきた車種より車体価格が高くなることで、月々の返済額は約30,000~50,000円ほど上がります。3年でローンを組むと月々90,000円近い返済になるので、負担を抑えたい方は5年や7年で組むのがおすすめです。

定額カルモくんなら、人気車種のトヨタ「ハリアー」に11年契約で月額39,600円から乗れます。月々安い料金でマイカーのように新車に乗りたい方は、こちらをチェック!

10009_ハリアー

200万円の車を買うなら新車と中古車のどっちがいい?

100万円や300万円での月々の返済額がわかり、200万円のカーローンを組んで新車を買いたいと感じた方もいるでしょう。しかし新車購入が難しいという場合は、中古車を購入する方法もあります。
そこで200万円のカーローンを組む際、新車と中古車のどちらを選んだらいいのか、それぞれの特徴を紹介します。

200万円で買える新車の特徴

200万円で購入できる新車には、ハイグレードの軽自動車やコンパクトカーなどがあります。新車であれば自動駐車機能やペダルの踏み間違い防止機能など、安全性や走行性を考慮した最新機能が搭載された車を購入できる可能性もあります

デメリットとしては、契約から納車までに日数がかかることが挙げられます。

200万円で買える中古車の特徴

中古車は、価格を抑えられるのが特徴です。新車だと手が届きにくい車種でも、中古車なら乗れることがあります。さらに車両登録の後、一度も使われていない「登録済未使用車」を選べば、いい状態の車に低価格で乗れる可能性もあるでしょう。

一方、新車より故障のリスクが高いことがデメリットとなります。

中古車で憧れの車種に乗っても修理費用などが気になる方は、維持費を定額にできる定額カルモくんの中古車リースがおすすめです。さらに定額カルモくんなら、保証が充実している上、分割払いで月々の支払いも抑えられます!

定額カルモくん中古車

カーローンを組む際の注意点

カーローンを組む際の注意点

カーローンを組む際、税金や保険料、車の維持費なども考慮して返済計画を立てることが重要です。ここでは、カーローンを組む際の注意点について解説します。

カーローンの借入額には上限がある

カーローンの借入額は、年収の30~40%が目安となります。なお、借入額に影響を与えるのが返済比率です。返済比率は年収に占める年間の返済額の割合のことで、25~35%が目安です。ただし車以外に借入れがある場合、借入額の総額で返済比率を算出する点に注意が必要です。
カーローンを組む際、借入額や返済額を考慮して無理のない返済計画を立てましょう。

自分に合ったカーローンの種類を選択する

カーローンには、銀行系ローン、ディーラーローン、自社ローンなどがあります。カーローンを組む際は、これらの特徴を把握して自分に合ったカーローンを選択しましょう

銀行系ローンは銀行や信用金庫などの金融機関が提供するローンで、審査の基準は厳しいものの金利は1~2%ほどと低いのが特徴です。ディーラーローンは、ディーラーを通して信販会社などで組むカーローンのことで、手続きが簡単で審査結果も早く出る半面、金利は高い傾向にあります。自社ローンは、自動車販売店が独自の基準を設けて審査を行うカーローンで、比較的審査に通りやすいとされています。

購入後にかかる維持費も考慮する

カーローンを組むと、返済額のほかにも、おもに以下の費用が発生します。カーローンを組む際は、これらの負担も考慮して検討することが大切です。

  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 自動車税(種別割)
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 任意保険料
  • 車検費用
  • 部品交換代金 など

車の維持費は車種や使用頻度などによって異なりますが、各種税金や車検費用、メンテナンス費用だけでも年間で数十万円の負担になる可能性があります。節約できる項目もありますが、加入が必須な自賠責保険のほかに、搭乗者の身体、車などの補償がある任意保険には加入しておくことをおすすめします

自身のライフプランを考えて返済計画を立てる

カーローンを組むなら、子供の教育費など今後のライフプランを考えて返済計画を立てる必要があります。将来の貯金などのためにできる限り月々の返済額を抑えたいという方には、頭金を多めに支払う方法もあります。頭金を多く支払うことで借入額が低くなり、利息も抑えられます。

定額カルモくんなら、初期費用も不要で乗りたい新車に乗れる!

カルモくん_new

返済額のほかに初期費用や車の維持費などがかかることを知り、200万円のカーローンを組むのを不安に感じた方にはマイカーのように新車に乗れるカーリースがおすすめです。
カーリースは、リース会社が契約者のために購入した新車を定額制で利用できる車のサブスクリプションサービスです。

中でもおトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金が不要で、月額料金に各種税金や保険料が含まれているため、購入するよりも少ない負担でカーライフを始められます。メンテナンス費用も定額にできるプランを選べば、月額料金以外に発生する費用をガソリン代と駐車場代程度に抑えることも可能。
200万円のカーローンを組む際のシミュレーションで例に挙げたヤリス クロスの場合、定額カルモくんなら11年契約で月々25,410円から利用できます
さらに、ヤリス クロスより価格が高いホンダ「シャトル」でも月々25,190円、トヨタ「アリオン」にも26,620円から乗れるなど、負担を抑えながら憧れの車に乗れるようになるでしょう。

そこで定額カルモくんの特徴を紹介します。

月額料金が安い

定額カルモくんでは、月々10,000円台から新車に乗れるなど日本一安いプラン(※)を提供しています。月々の支払いを抑えられることで、カーローンと同じ金額でも、よりグレードの高い車種に乗れる場合もあります。
さらに車の維持費をすべて定額にできるメンテナンスプランに加入すれば、急な出費に悩むこともありません

(※)一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし、ボーナス払いなし、クローズドエンド契約)の個人向けリースとして日本最安値(2021年4月、定額カルモくん調べ)。

月々500円プラスすれば契約満了時に車がもらえる

定額カルモくんには月々500円プラスすれば契約満了時にその車が自分のものになる「もらえるオプション」があります。オプションに入れば、安い料金でマイカーのように好きな新車に乗れます。

契約満了時に残価精算が発生しない

定額カルモくんではクローズドエンド方式を採用しているので、契約満了時の残価精算がありません。クローズドエンド方式とは、契約満了時の車の価値(残価)を契約時に公表せず、契約時に設定した残価と満了時の査定額との差額を請求しない契約方法です。一方、オープンエンド方式を採用していると満了時に差額を請求される場合があります。

大きな出費を気にせず新車に乗れるカーリースですが、利用には審査があります。カーリースの審査は手続きが簡単なので、気になる方は受けてみてはいかがでしょうか?

まずは審査

カーローン返済が不安な方にはカーリースがおすすめ

200万円でカーローンを組むには、車体価格以外にかかる費用を考慮しておく必要があります。しかし、定額カルモくんなら初期費用が不要で貯金がなくても新車に乗れるので、カーローンの返済が不安な方にもおすすめです。

カルモくんなら新車が

よくある質問

Q1:200万円のカーローンを組むなら、月々の返済額はいくら?

A:200万円のカーローンを組む場合、月々の返済額は借入期間5年や7年で20,000~30,000円が目安です。カーローンを組む際、返済額のほかに税金や保険料、車の維持費などがかかることを考慮して無理のない返済計画を立てておきましょう。

Q2: カーローンとカーリースはどちらがお得?

A:カーローンを組むと、車体価格のほかに初期費用やメンテナンス費用などが発生します。一方、カーリースなら、初期費用がかからず、税金や保険料などを含めて定額で車に乗れるので家計の管理が簡単にできます。

Q3:カーリースを契約するなら、どのリース会社がおすすめ?

A:定額カルモくんには、車の維持費も定額にできるメンテナンスプランがあります。さらに、月々500円をプラスすれば、契約満了時にそのまま車がもらえるオプションがあり、マイカーのように車に乗れます。

※記事の内容は2021年6月の情報で制作しています。

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー