新車購入にクレジットカードは使える?メリット・デメリットを詳しく解説

新車購入にクレジットカードは使える?メリット・デメリットを詳しく解説
貯金ゼロでも

新車の購入は人生の中でも高額な買い物のひとつです。そのため支払方法について慎重に検討する必要があります。現金一括払いやカーローンなど数ある支払方法の中から、月々の支払いを集約したりポイントを貯めたりできるクレジットカードで車を購入するメリットとデメリットについて説明します。

クレカの分割払いよりお得!? 車の新しい乗り方はこちら

【この記事のポイント】
✔クレジットカードで新車の一括購入は基本的にできない
✔支払方法は金利や手数料を合わせた総額で検討する
✔クレジットカードの分割払いよりもお得な車の乗り方としてカーリースがある

車の購入にかかる費用とその内訳

車の購入にかかる費用とその内訳

車の購入にかかる費用の中でも一番大きな金額を占めるのが車両代金です。新車を購入するとなると一般的に数百万円単位のお金が必要になります。

そして車両代金以外にも、税金などの法定費用、登録料や代行費用などが必要です。そうした購入時に必要な費用を表にまとめました。

〈新車の購入時に必要な費用〉

分類 費目 内容 
車両代金 金額は車種などによる 
法定費用 消費税   10% 
自動車税(種別割) 金額はエンジンの排気量による 
環境性能割   0~3% 
自動車重量税 金額は車両の重量による 
自賠責保険料 金額は車種と契約年数による 
自動車リサイクル料 金額は車両による 
諸費用 登録料 10,000~30,000円 
納車費用 10,000円前後 
車庫証明費用 3,000円~10,000円程度 
検査登録手続き費用 3,000円~10,000円程度 
希望ナンバープレート代 5,000円程度 

 

代行費用とはディーラーや販売店が購入者に代わって手続きをする際にかかる費用です。下取り代行費用や車庫証明手続き代行費用、検査登録手続き代行費用などがあります。

法定費用や諸費用などの初期費用は車両価格の10〜20%程度で、これを車両代金とは別に用意する必要があります。例えば、200万円の車を購入する場合、220~240万円程度必要になるということです。

新車の購入にクレジットカードは使える?

新車の購入にクレジットカードは使える?

まとまった資金を用意するのが難しかったり、支出をまとめたりしたい場合、クレジットカードを新車の購入に使えるでしょうか。ここでは、新車の購入にクレジットカードが使えるのかどうかを解説します。

新車の購入では基本的にクレジットカードの一括払いはできない

新車を購入する際は、基本的にクレジットカードでの一括払いはできません。なぜなら、ディーラーや販売店がカード会社に対して支払う決済手数料の負担が大きくなるからです。特に新車は高額な分、販売店がクレジット会社に支払う加盟店手数料が大きくなるため、クレジットカードの一括払いができないことがほとんどです。

新車の頭金としてならクレジットカード払いできることも

ディーラーや販売店によっては、新車購入時の頭金や一部の支払いにクレジットカードを利用できる場合があります。具体的な上限金額を設けている販売店もあるので、新車の購入でクレジットカードを利用したい場合は、あらかじめクレジットカードが利用可能かどうか、ディーラーや販売店へ確認しておくとスムーズです。

クレジットカード払いにしたいなら中古車も選択肢に

車購入にクレジットカードを使いたい方は、中古車購入を視野に入れて検討してみるのも選択肢のひとつです。中古車を購入する際は、ディーラーや販売店によってクレジットカードの一括払いが可能な場合があります。しかし、販売店によって一括払いできるケースや、頭金のみ利用できるケースなど対応はさまざまです。

また、扱っているブランドや支払回数も販売店により異なります。クレジットカードで中古車を購入する際は、利用の可否や対応しているカード会社などを事前に確認しておくことが重要です。

新車の購入でクレジットカードを使うメリット

新車の購入でクレジットカードを使うメリット

実際に新車の購入でクレジットカードが使える場合、現金払いよりクレジットカード払いにするメリットには、どのようなものがあるでしょう。

クレジットカードのポイントが貯まる

クレジットカードは使用金額に応じてポイントが貯まり、貯めたポイントはホテル予約に使えたり、交通系ICカードにチャージできたりといろいろな用途に使えます。

通常の買い物では貯まりにくいポイントも、新車の購入時であれば金額が大きいため、一気にたくさんのポイントを貯められます

支払回数を選択できる

クレジットカード払いは、一括払い・分割払い・リボ払いなどが選べるため、収入や貯金額に合わせて無理のない支払いが可能です。

またクレジットカードなら支払回数を選択するだけなので、ローンのように審査結果を待つことなく新車を購入できるのもメリットのひとつです。

現金がなくても購入可能

お金を貯めてから車を購入するのもひとつの方法ですが、それには時間がかかります。しかし、クレジットカード払いなら手元に現金がなくても新車を購入できます。預金に手をつけずにおきたい場合には便利です。

クレジットカード会社からの信頼が高まる

クレジットカードを使用すると、クレジットカード会社に信用情報が蓄積されていきます。蓄積された情報はクレジットヒストリーと呼ばれ、クレジットヒストリーが高まるほどクレジットカード会社からの信用も高くなります。

クレジットカード会社からの信用が高まると、利用限度額を上げられたり、次に高額な買い物をする際にローンの審査が通りやすくなったりします。新車のほかにも高額な買い物をする予定がある方は、車の購入にクレジットカードを利用するメリットがありそうです。

新車の購入でクレジットカードを使うデメリット

新車の購入でクレジットカードを使うデメリット

新車の購入でクレジットカード払いをするにはいくつかデメリットもあります。トラブルにならないように、デメリットについても把握して支払方法の検討をしましょう。

決済手数料がかかる場合がある

クレジットカード払いを利用すると、システム使用料金として手数料がかかります。一般的にはこの決済手数料は販売店側が負担することがほとんどです。しかし、車をはじめとした高額な商品は販売店側の負担が大きくなるため、購入者の負担として支払いに上乗せされる場合もあります。手数料負担について事前に確認しておくことが肝心です。

利用限度額が足りない場合がある

クレジットカード払いには、利用限度額が設定されていることにも注意が必要です。利用限度額は人によって異なるため、利用したい金額がその範囲に収まるのか事前に確認しておきましょう。利用限度額はそのクレジットカードによるすべての支払いが対象になります。車のためにカードを利用したことで、公共料金や携帯電話料金が未払いになった、といった事態にならないよう注意しましょう。

なお、カード会社に依頼して一時的に限度額を増やすことも可能です。しかしそれには審査が必要で、回答をもらうまでに数日から1週間程度かかります。余裕を持って対処しておきましょう。

分割・リボ払いは支払総額が高額になるおそれがある

一般的に、クレジットカードの3回以上の分割払い・リボ払いには手数料がかかります。リボ払いの金利は実質年率15%程度、分割払いの場合は回数が多くなるごとに金利が上がっていき、12~15%程度です。

同じように月々の支払い(返済)をしていく方法にローンがあります。ローンの金利は銀行系で1.5~3.0%程度です。クレジットカードの分割払いやリボ払いに比べると、ずっと低く、審査や手続きに時間と手間がかかりますが、総支払額はぐっと抑えられます。

クレジットカード払いでポイントなどを得るほうが本当に得なのか。その判断は金利や決済手数料などを含めた支払総額をシミュレーションした上で、比較して検討することをおすすめします

ローン無しでも新車

支払総額を抑えるなら現金一括払い

支払総額を抑えるなら現金一括払い

車のような高額な買い物では、そもそもクレジットカードが使えない可能性も考えられます。また、クレジットカードが使えたとしても、支払総額が大きくなりすぎないように事前のシミュレーションが必要です。

これらを踏まえると、支払総額が一番抑えられるのは現金一括払いです。

しかし、貯金などのまとまった資金がない方でも、カーリースであれば月々一定の支払いで新車に乗ることが可能です。ここからはカーリースについて解説します。

高い金利や決済手数料を払うよりメリット豊富なカーリース

ずっと定額

車に関する支払いを月々に分散させて車に乗りたいなら、カーリースを利用するのもひとつの方法です。リース会社によっては車検代やメンテナンス費といった諸費用もすべて月額料金に含めることができるため、家計管理がしやすくなります。ここではカーリースのメリットについて詳しく説明します。

初期費用がかからないので家計への負担が少ない

通常車を購入する際は自賠責保険料や税金などの初期費用として、車両価格の10〜20%程度のまとまった資金が必要です。しかし、カーリースにはそうした初期費用がすべて月額料金に含まれています

また、ローンでの支払いには頭金が必要となりますがカーリースは利用開始から契約終了まで同じ金額の支払いで車を利用できます。車は必要だけれどまとまった資金を用意しづらい方や負担を抑えて車に乗りたいという方に最適です。

残価設定があるから手頃な料金で車に乗れる

リース料金の残価設定

カーリースの料金は、車両本体価格から返却時の下取り想定価格(=残価)を差し引いた金額を基に算出されています。この残価設定によって、車を購入する場合よりも安い車両価格を設定できるので、手頃な利用料金で車を貸し出すことができるのです。

そうしたことから、クレジットカード払いやローンによる購入ではあきらめていた車種も、カーリースなら手が届く、という場合があります。

おすすめは日本一安い*「おトクにマイカー 定額カルモくん」

カルモくん_new

カーリースを利用するなら、日本一安い*カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。どのような特徴があるのか詳しくご紹介します。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月額10,000円台から車に乗れる

定額カルモくんなら、月額10,000円台から車を保有することができます。例えば、低燃費かつ乗り心地もいいダイハツの「ミライース」なら、月額11,220円から利用可能です。また、2021年5月末時点で累計販売台数が200万台を超えたホンダの「N BOX」の場合は、月額17,320円から、トヨタの「ヤリスクロス」なら25,350円からと、国産の人気車種に安く乗ることができます。

※金額は2021年8月現在の情報です。最新の情報に関してはこちらでご確認ください。

国産メーカー全車種・全グレードから自分好みの車を選べる

カーリースサービスの中には、特定のメーカーが提供するものがあり、選べる車種が限られることがあります。しかし、定額カルモくんなら国産メーカー全車種・全グレードから自分好みの車を選べるので、妥協することなくお気に入りの1台を探すことができます

また、全車にディーラー保証がついているので、車を購入するのと変わらず安心して利用が可能です。

契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」がある

通常、カーリースは契約満了時に車を返却しなくてはなりませんが、定額カルモくんでは7年以上の契約で月額500円の「もらえるオプション」に加入することで、契約満了時に車がもらえます

また、カーリースでは走行距離制限が設けられているのが一般的で、それを超過した場合は支払いが発生することがありますが、定額カルモくんなら、7年以上の契約で走行距離制限がなくなります。

クレジットカード払いのメリット・デメリットを知った上で車の購入方法を検討

クレジットカード払いのメリット・デメリットを知った上で車の購入方法を検討

新車をクレジットカードで購入する場合には、得られるポイントのメリットと、決済手数料などのデメリットをよく比較した上で支払計画を立てましょう。

まとまった資金を用意するのが難しい場合や、購入費用を月々に分散させたいなら、カーリースを利用するという方法もあります。金利手数料がかかるクレジットカードの分割払いと、初期費用が含まれた月額料金を毎月定額で支払えるカーリースとで、どちらが自分にフィットしているのか、検討してみてはいかがでしょうか。

カーリースのメリット・デメリットについて、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

よくある質問

Q1:新車の購入にクレジットカード払いは使える?

A:クレジットカードが使えるかどうかは、販売店やディーラーによって違います。また、新車の頭金としてならクレジットカード払いができる場合もあるので、事前に販売店にクレジットカード払いに対応しているか確認する必要があります。

Q2:新車の購入にクレジットカード払いを選んだ場合の注意点は?

A:高額商品である車は販売店側の負担が大きくなるため、購入者側に手数料が上乗せされる場合があります。また支払いをクレジットカードにまとめている場合は、限度額が足りなくなり、その他の支払いができなくなる可能性があることも認識しておきましょう。

Q3:車の購入より月々の支払管理が楽な車の乗り方は?

A:購入時には車両本体価格の10〜20%程度の初期費用が必要ですが、カーリースの料金にはそれらが含まれており、利用開始から契約終了まで定額払いで車を利用できます。またカーリースの利用料金は車両本体価格から返却時の下取り想定価格(=残価)を差し引いた金額を基に算出されている分、購入するよりお得に車に乗ることができます。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

お試し審査_読了後