ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車の購入で後悔したくないなら!購入前にチェックすべきポイント

車の購入で後悔したくないなら!購入前にチェックすべきポイント
車の購入で後悔したくないなら!購入前にチェックすべきポイント
貯金ゼロでも

車の購入は大きな買い物になるため、失敗や後悔のないよう慎重に進めたいものです。その場の勢いで車を選ばずに、しっかりとリサーチして購入しましょう。そこで、車の購入で後悔しないためのチェックすべき3つのポイントと、あらかじめ知っておきたい車を購入することのメリットとデメリットについてご紹介します。

車を購入して後悔するパターンとは?

車を購入して後悔するパターンとは?

誰しも車の購入で失敗したくはないでしょうが、実際には「車を購入して後悔している」という方もいます。車を購入して後悔した声としては、「車を購入したものの、あまり乗る機会がなかった」「車の維持費が高くて、生活が苦しい」といったものが多いようです。

車を購入するときは、つい気持ちが高ぶってしまい、細かいポイントに気が回らなくなるものです。その場の流れや勢いで購入を決めてしまうと、自分の生活スタイルや収入に合わない車を選んでしまい、後悔することになるかもしれません。

車の購入で後悔しないためのチェックポイント

車は大きな買い物なので、購入してから「やっぱり必要がなかった」と後悔しても取り返しがつきません。そのため、ディーラーや自動車販売店へ足を運ぶ前に本当に車の購入が必要なのかどうかを、確認しておきましょう。そこで、車の購入で後悔しないために確認すべき3つのチェックポイントを紹介します。

(1)車にいつ乗るのか?生活スタイルをチェック

現在の生活スタイルを思い返しながら、車を購入する前に「どのような用途で車が必要なのか」「どのくらいの頻度で車に乗るのか」をチェックしましょう。

例えば、アウトドアが趣味で、キャンプや釣りなどによく出掛かける場合を考えてみます。アウトドアでは大きな荷物を運ばなければならないので、自転車や公共交通機関で移動するのは無理があるかもしれません。家から大きな荷物を積み込んで、山道をスイスイと移動できる車があると便利でしょう。

しかし、月1〜2回しか車を使わないなら、レンタカーを借りたり公共交通機関で移動したりするほうが、安くつく可能性は高いともいえます。その一方で、通勤でも車を使いたいと考えているなら、ほぼ毎日車に乗ることになるので、車を購入したほうが便利で元が取れると考えられるでしょう。

(2)ライフプランは?将来の予定をチェック

車の購入時は独身であっても、その後に結婚や出産・子育て、あるいは親の介護などによって家族構成が変わることもあります。そのため、車の購入前に自分のライフプランや将来の予定を確認しておきましょう。

また、「今は通勤するのに車が必要だけど、1年後に海外転勤が決まっている」というような場合、車を使う期間は1年しかありません。仕事の予定もできるだけ確認しておくようにしましょう。

短い期間だけ車が必要なのであれば、公共交通機関やタクシーなどで代用できないか検討してみてください。自分で車を運転したいなら、マイカーを購入せずとも、レンタカーやカーシェアリング、カーリースを利用するといった方法もあります。

(3)予算は立てているか?費用面をチェック

(3)予算は立てているか?費用面をチェック

車にかかる費用は、購入時の車両本体価格だけではありません。購入後は維持費用がかかります。維持費用に含まれるのは、税金や車検点検料、メンテナンス代、ガソリン代などです。車の購入を検討する際には、購入時の費用だけではなく維持費用を考慮して、予算をチェックすることが重要です。

車の購入後に生活が苦しくならないか、維持費用を支払えるだけの余裕があるか、しっかりと計算しましょう。車の必要度と費用面を比較して、苦しいようなら車種のグレードやボディタイプを落とすなど、妥協点を探しましょう。

車を購入するメリットは?

車の購入で後悔しないためには上記のチェックポイントとともに、車を所有することのメリットとデメリットについても再度確認しておきたいところです。そこで、まず車を購入することで得られる具体的なメリットについて紹介していきます。

買い物がグッと楽になる

買い物の際は、重い買い物袋をぶら下げて徒歩や自転車で持ち帰るのは体力的につらいものです。ましてや小さな子供を連れて買い物に行くと、移動中も常に子供に注意を向ける必要があるため、帰宅する頃にはヘトヘトになってしまうでしょう。

しかし、車があれば一度に多くの荷物を載せられるので、日常的な買い物がグッと楽になります。子供といてもある程度自分のペースで運転できますし、雨の日や日差しが強い日でも苦労なく移動できます。

家族や友人と気軽に遠出ができる

車を購入することで行動範囲が広がり、家族や友人と気軽に遠出ができます。公共交通機関を利用する場合は、バスや電車の運行時間や待ち時間を考慮しなければなりません。しかし、車なら自分たちの好きなタイミングで移動できるため、自由度も高く遊びに出掛けられます。

また、公共交通機関がなくアクセスしにくいスポットにも、車があれば楽に行けるようになります。レジャーやキャンプといったアウトドア、深夜のイベントなどでも、車があると重宝します。

移動中もプライベートな空間が確保できる

移動中でもプライベートな空間が確保できることも、車を購入するメリットです。電車などの公共交通機関では、周りの人に配慮して行動しなければなりませんが、車であれば周りの目を気にする必要がありません。また、赤ちゃんのおむつ交換が必要になったときなども、車を駐車してフラットシートにすれば即席のおむつ交換台として活用できる車種もあります。

車を購入するデメリットは?

車を購入するデメリットは?

メリットがある一方、車の購入にはデメリットもあります。車を所有することは、法律に基づいたさまざまな義務が発生し、管理やメンテナンスをして安全を維持しなければなりません。車にトラブルがあると、修理のために急な出費を強いられることもあります。具体的にどのようなデメリットがあるのかをご紹介します。

駐車場代やガソリン代が必要

車を使用するためには、駐車場代とガソリン代が必要になります。自宅に駐車スペースがあるなら問題ありませんが、ない場合は駐車場を借りなければなりません。月極駐車場代は全国平均で月に約8,300円(月極駐車場検索サイト「駐マップ」2017年時点)といわれており、都心部に近付くほど高く、都心部から離れるほど安い傾向があります。

ガソリン代は乗っている車の燃費や走行距離、その時々のガソリン価格によって大きく異なりますが、車の購入前に維持費用として予算をシミュレーションしておきましょう。

税金や保険料がかかる

税金や保険料など、車を所有しているだけで発生する費用もあります。

税金には、毎年4月1日時点で車の所有者に支払義務がある「自動車税」と、車検のタイミングで車の重量に応じて支払義務が生じる「自動車重量税」の2つがあります。

保険には、車の所有者が加入を義務付けられている自賠責保険と、事故などのトラブルに備えて加入する任意保険の2つがあります。自賠責保険は、法律で金額や条件が定められており、支払わなければ車検が通りません。任意保険は、保険会社の契約プランによって金額が異なり、被保険者の年齢や運転経歴などでも金額が変化します。

メンテナンス費用がかかる

車の所有者には、車を安全な状態で管理する義務があります。管理するには、車検やメンテナンスなどの費用が必要となります。

車検は、新車購入から3年目、それ以降は2年ごとに実施しなければなりません(自家用乗用車の場合)。車検とは車が安全に走行できるかをチェック・整備する制度で、法定費用や基本費用、部品費用などが発生します。

これに加えて、車の所有者は車の走行機能を維持するため、エンジンオイルやオイルフィルター、タイヤといった車の消耗品の点検や交換が必要となり、適宜メンテナンス費用がかかります。

車の購入で後悔しないか悩んでいるならカーリースも!

車の購入で後悔しないか悩んでいるならカーリースも!

車の購入で後悔しないか悩んでいるなら、カーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。カーリースは、月額定額の車のサブスクリプションサービスです。新車を購入するよりも安くお得に車に乗ることができ、頭金や初期費用がいらず、維持費用を大幅にダウンさせることも可能なので、費用面で悩んでいる方には特におすすめです。

例えば、月額1万円台から新車に乗れるということで注目されているカーリースに「おトクにマイカー 定額カルモくん」があります。「定額カルモくん」では、車検点検料やメンテナンス費用、消耗品の交換代まで月額料金に含められるメンテナンスプランもあり、急な出費が発生することはありません。そのため、家計の管理がしやすくなるメリットもあります。

キャンペーン準備中

車の購入で後悔しないために事前のチェックを!

車の購入で後悔したくない方に向けて、事前にチェックすべきポイントをご紹介しました。車を購入するメリットとデメリットも再度確認して、どうして車を購入したいのかを考えてみてください。費用面が心配で車の購入を悩んでいるのであれば、カーリースという選択肢を検討してもいいでしょう。

カルモくんを資料で詳しく

よくある質問

Q1:車を購入して後悔するパターンとは?

A:車を購入して後悔したという声には、「車を購入したものの、あまり乗る機会がなかった」「車の維持費が高くて、生活が苦しい」といったものが多いようです。車の購入時は気持ちが高ぶってしまい、細かいポイントに気が回らなくなって、その場の流れや勢いで購入を決めてしまうこともあります。自分の生活スタイルや収入に合った車を選べるように、慎重に検討しましょう。

Q2:車の購入で後悔しないためにはどうしたらいい?

A:車の購入で後悔しないためには、事前に確認すべきチェックポイントがあります。まず、「どのような用途で車が必要なのか」「どのくらいの頻度で車に乗るのか」を生活スタイルと照らし合わせてチェックしましょう。次に、将来のライフプランを検討して、仕事や家族構成が変わることを想定すべきか確認しましょう。そして、購入後にかかる維持費用などの予算を立ててみて、費用面をチェックしてみましょう。ポイントをチェックすることで買うべきかどうか、買える車種や価格などが見えてくるでしょう。

Q3:車を購入するかどうかで悩んでいます。どうしたらいいですか?

A:車の購入で悩んでいるなら、カーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。カーリースは月額定額の車のサブスクリプションサービスで、新車を購入するよりも安くお得に車に乗ることができます。頭金や初期費用がいらず、維持費用を大幅に抑えることもできるので、費用面で悩んでいる方には特におすすめです。

※記事の内容は2020年7月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー