車買い替え時の必要書類は膨大!車買い替えの流れと注意点を徹底解説!

車買い替え時の必要書類は膨大!車買い替えの流れと注意点を徹底解説!
貯金ゼロでも

車を買い替えるときは購入時とは違い、売却用の書類やそのほか買取りの手続きなど余分な作業が多くなります。
そこで、買い替え時に必要な書類の入手方法や買い替え時の注意点について詳しく解説。また、手間を省いて簡単に新車に乗る方法も併せてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔車買い替え時の必要書類は軽自動車と普通車で異なる
✔車買い替え時の必要書類には使用期限があるため注意が必要
✔手間を省いて簡単に新車に乗り換えるならカーリースがおすすめ

車を売却するときに必要な書類は?

車を売却するときに必要な書類は?

車を買い替える際には、車を購入するときに必要な書類だけでなく、売却するときに必要な書類も揃えなくてはいけません。
まずは、売却するときに必要な書類を詳しく見ていきましょう。

車検証

まず、用意しておく必要があるのが車検証です。コピーではなく必ず原本が必要になるため注意してください。車検証は、車検がしっかり行われているかどうかを証明できる書類なので、売却時の査定額などに影響する書類になります。

自賠責保険証明書

車の売却時には、自賠責保険証明書も必要です。自賠責保険証明書は、自賠責保険に加入しており、その保険料を支払ったという証明になります。

なお、自賠責保険証明を提出すれば、売却時から換算した残りの保険料は査定額に上乗せされて返金されるのが一般的です。自賠責保険証を紛失してしまった場合は、保険会社に連絡すれば無料で再発行してもらうことも可能です。

自動車税の納税証明書

納税証明書の提出は、法的に定められているわけではありません。しかし、買取業者に車を売却するとき、自動車税を未納のまま売却しようとする人がいるため、納税しているかを確認するために、納税証明書の提出を求められるケースが多くあります。買取業者からの印象も良くなるので、ぜひ用意しておきたい書類です。

納税証明書はコンビニなどで支払った場合、その場で発行され、クレジットカードを利用した場合は後日郵送されます。もし紛失してしまっている場合は、普通車なら税務署や陸運局で、軽自動車なら市役所で再発行してもらいましょう。

リサイクル券

リサイクル券とは、車を購入する際にリサイクル料金を支払った証明として、新車購入時にディーラーから発行される券です。中古車を購入した方は関係ありませんが、新車で購入している場合は、ほかの書類と一緒に売却時に提出しましょう。

売却時にリサイクル券を提出するメリットは、以前支払ったリサイクル料が返還される点です。中古車として売却する際にリサイクル券を提出すれば、新車購入時に支払ったリサイクル料金が戻ってきます。

もしリサイクル券を紛失してしまっている場合は、原則再発行はできません。ただ、「自動車リサイクル料金の受託状況」を印刷すれば、リサイクル券の代わりとして利用できます。

普通車の売却時:印鑑証明書と実印

普通車を売却するときは、印鑑証明書と実印が必要になります。契約書にサインするときに必要で、印鑑証明書はその実印が契約者本人のものであることを証明するためのものです。ただし、実印が必要になるのは普通車の売却時のみなので、軽自動車のときは実印も印鑑証明書も必要ありません。

印鑑証明書は市役所で発行できますが、市役所まで行くのが難しい場合でも、市によってはコンビニで印刷できる場合もあるので、サイトなどを確認してみましょう。印鑑証明書自体に有効期限はありませんが、車を売却するときは基本的に発行から3ヵ月以内と定められているため注意しましょう。

軽自動車の売却時:認印と住民票

普通車を売却するときには印鑑証明書と実印が必要になりましたが、軽自動車を売却するときは認印で問題ありません。軽自動車は普通車とは届け出先が違うため、実印ではなくてもよいとされています。ただ、実印の代わりに認印を使用するため、本人確認のために住民票が必要です。

車を購入するときに必要な書類は?

車を買い替える際は、売却用と購入用で書類を分けて用意する必要があります。ここでは、車を購入するときに必要な書類を詳しく見ていきましょう。

免許証

免許証は本人確認のために必要になります。なお、パスポートやマイナンバーカードでも、本人確認自体は行え、車を購入することも可能です。

車庫証明書

車を購入する際には車庫証明書を取得しておかなければいけません。車庫証明書は名前の通り自動車を保管する場所があることを証明する書類です。車庫証明書がないと、中古車でも新車でも車を購入することはできません。

しかし、軽自動車であれば車庫証明書は不要としている地域が多い傾向です。軽自動車を購入する場合は、余分な手続きをしてしまわないよう、先に住所がある地域の警察公式サイトで確認しておくといいでしょう。

普通車の購入時:印鑑証明書と実印

印鑑証明書と実印は普通車の売却時にも必要でしたが、購入時にも必要になってきます。車の買い替えなので合わせて用意していると思いますが、新車の購入日と売却日が違う場合は、忘れずにもっていくようにしましょう。

軽自動車の購入時:認印と住民票

こちらも軽自動車の売却時と同じく、認印と住民票が必要になってきます。普通車とは違い実印を利用しないので、住民票と認印を合わせて持っていきましょう。

車買い替えローン

車買い替え時にあると査定評価のプラスになるもの

車買い替え時にあると査定評価のプラスになるもの

以下の書類は、車の買取査定を行うときに用意しておくと、査定額がプラスに働く可能性があります。

  • 車の保証書
  • 定期点検整備記録簿
  • 取扱説明書

書類自体に汚れがあると価値が下がってしまうので、普段からダッシュボードなどに入れて、丁寧に保管しておきましょう。また上記3つの書類以外にも、スペアキーや純正部品なども買取査定時にプラスに働きます。用意できるものは、積極的に準備しておくようにしましょう。

印鑑証明書を提出する際の注意点

印鑑証明書は普通車を買い替えるときに必要になる書類です。実印と合わせて用意しなくてはならず、市役所などで発行できます。ここでは、印鑑証明書を提出する際の注意点について確認しておきましょう。

発行後3ヵ月以内か

まず注意したいのは提出する印鑑証明書は、発行後3ヶ月以内のものかどうかです。車の買い替え時に印鑑証明書を提出する場合、発行から3ヵ月以内のものと運輸局が定めているため、3ヵ月を過ぎてしまうと再取得が必要になります。また、3ヵ月経っていなくても有効期限が迫っている場合は、買取業者から再取得を求められることもあります。

車の購入方法や下取り車の有無によって必要な枚数が異なる

印鑑証明書の枚数は、1通だけとは決まっていません。車の購入方法や下取り車の有無によっては、必要な枚数が異なってくるので注意が必要です。買い替えではなく、現金一括購入での新車や中古車の購入時には、印鑑証明書は1通で問題ありませんが、下取りや買取りがある場合、印鑑証明書は4通必要になります。

さらに、車の買取り時にカーローンを組んで新しい車を購入する場合は、印鑑証明書が3通必要になります。購入方法によって枚数が変わってくるため、買い替えを行おうとしている買取業者に直接問い合わせるのが一番確実です。

軽自動車の場合は提出する必要はない

印鑑証明書は軽自動車の買い替え時には提出する必要はありません。ただし、買取りに出す車が普通車の場合は、印鑑証明書が必要なので注意してください。少し複雑ですが、買取業者に問い合わせれば回答してもらえるため、不安がある際は気軽に問い合わせるのがおすすめです。

引越しをしたら新しく印鑑登録が必要

印鑑証明書には住所情報も含まれているため、引っ越した場合は再度印鑑登録が必要です。もし印鑑証明書に現在の住所と違う住所が記載されている場合は、その印鑑証明書は利用できないので注意してください。印鑑証明書に登録できる実印は1人につき1つまでなので、引っ越した後はすみやかに市役所へ行き、登録を済ませてしまいましょう。

車庫証明書の取得手順

車庫証明書は車の購入時に必要な書類です。ここでは、車庫証明書の取得手順を3ステップで解説します。

取得手順1. 警察署に行く

車庫証明書は警察署で発行してもらわなくてはいけません。そのため、近くの警察署へ出向く必要があります。自分の所有する土地(戸建ての駐車場など)に駐車する場合は「保管場所使用権原疎明書面」、他人の所有する土地(アパートやマンションの駐車場)に駐車する場合は「保管場所使用承諾証明書」と、必要な書類がそれぞれ異なります。

各申請書はそれぞれ警察署のホームページでダウンロードできますが、市区町村によってはダウンロードできない場合もあるので、その時は直接職員の方に聞いてみましょう。

取得手順2. 申請書に記入して提出

申請書を入手した後は、記入して提出しましょう。なお、申請には数千円程度かかるので注意してください。記入方法は見本を確認すればわかりますが、注意したいのは車名記入欄です。

車名記入欄には車種の名称を記入するのではなく、購入する車のメーカー名を記入しなければなりません。また車本体の型式と指定番号を記入する欄もあるので、あらかじめ確認しておく必要があります。

取得手順3.書類を受け取る

車庫証明書は警察署で申請をしてから、実際に発行されるまで大体3〜7日程度かかります。そのため余裕を持って行動する必要があります。書類を受け取る際は印鑑と標章代を持っていきましょう。

車庫証明書は一般的に1ヵ月以内のものが必要です。発行までに3〜7日、発行してから1ヵ月以内が有効期限だと覚えておきましょう。

車を買い替えるときの流れは?

車を買い替えるときの流れは?

ここからは、実際に車を買い替えるときの流れを詳しく見ていきましょう。

ステップ1. 車のローン残高を確認

まず買取りに出す車にローンが残っていないか確認しましょう。ローンが残っていても、車を売却することはできますが、ローン残高の一括返済を求められるケースが多く、負担が大きくなる可能性があります。

また、業者によっては新しく買う車のローンに上乗せできる場合もありますが、金利も増えるので支払う総額が膨れ上がってしまうリスクもあります。ただ、査定金額が高い場合は、そのままローン残高にあてられるので、ローン残高と査定金額を考え、どうするか決めるのがいいでしょう。

ステップ2. 買い替える車を選ぶ

続いて欲しい車を選びましょう。家族構成や用途、予算などいろいろな観点で考えることが大切です。
これまでと違った車種を選ぶ場合は、実際に店舗に見に行ったり試乗をしたりして、じっくり検討を重ねるのが、失敗しないコツといえます。

ステップ3. 自分の車の買取相場を調べる

欲しい車やおおよその予算が決まれば、自分が買取りに出す車の買取相場を調べましょう。実際にどの程度の価格で売れているかなどは、中古車情報サイトなどで確認可能です。

ステップ4. 見積もりを出してもらう

車の買取相場を調べたら、実際に見積もりを出してもらいましょう。見積もりを出す際は、複数の買取業者に依頼するのがおすすめです。買取価格は業者ごとに異なるため、そうした価格の高低差を利用して交渉を行えば、さらに高い金額で買い取ってもらえる可能性があります。

ステップ5. 買い替えの手続き

事前に準備した必要書類を持参して、契約の手続きを行いましょう。
なお、ここまでの手続きがスムーズに行えたとしても、購入と売却を別々の店舗で行っている場合は、タイミングが悪ければ一定期間、車のない生活を強いられることもあるため、注意しましょう。

カーリースなら面倒な手続きなしで気楽に乗り換え可能!

車の買い替えには、たくさんの書類が必要になり、手間と時間がかかってしまいがちです。そのため、忙しくて時間を取れない方は、買い替えが先延ばしになってしまうこともあるかもしれません。しかし、簡単な手続きだけで気軽に新車に乗れるカーリースを利用すれば、負担を最小限に抑えて車を乗り換えられます。

カーリースとは、リース会社が購入した新車を毎月一定の料金を支払いながら借りるサービスです。月額料金には、車両代金のほかに各種税金や自賠責保険料などが含まれているのが一般的で、車にかかる費用を月々定額の料金にまとめることができるため、家計の管理がしやすいというメリットがあります

また、カーリースの月額料金は、契約時の車両価格から契約満了時の下取り価格である残価を差し引いた上で算出されます。車を購入する場合、車両価格の全額を支払う必要がありますが、カーリースの場合は車両価格の全額を支払う必要がないため、総額が安くなり負担を減らすことができるのです。

定額カルモくんなら買い替えの手間を省けてリーズナブルに新車に乗れる!

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんは、頭金なし、ボーナス払いなし、返却時の残価の支払いなしの完全定額制の料金体系では日本一安い*月額料金で新車に乗ることができます。簡単な手続きでお得にカーライフを始められる定額カルモくんの魅力をご紹介します。

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

ネットと郵送だけで納車可能!審査結果も通常翌営業日にわかる

定額カルモくんでは、ネットと郵送だけで車探しや料金シミュレーション、審査申込みから審査通過後の契約手続き、さらには契約後の納車まで完結します。審査結果は通常翌営業日(最大3営業日)にわかるため、早く車に乗りたいという方も安心です。

車検代やメンテナンス費用もコミコミにできる!

定額カルモくんでは、メンテナンスプランに加入すると、基本的なメンテナンス費用や車検代も月額料金に含めることができます。車を維持する上でかかる費用を定額にできるのは大きなメリットでしょう。

また、全国30,000店舗以上の整備⼯場で点検やメンテナンスなどを受けられるため、メンテナンスや車検の度に業者を探す手間もなくなります。

メンテバナー

取扱車種の豊富さが魅力!国産メーカー全車種・全グレードから選べる

定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードから新車を選ぶことが可能です。メーカーやボディタイプ、価格帯、人気順などから細かく絞り込めるため、気になる車同士の比較も簡単にでき、妥協することなく車を選ぶことができるでしょう。

1万円台から乗れる車

車を買い替える際は事前準備が大切!カーリースなら手続きの手間を省ける

車を買い替える際は、さまざまな書類を準備する必要があります。加えて、市役所や警察署などへ行かなくてはならない場合も多く、手間と時間がかかってしまいがちです。

その点、カーリースなら簡単な手続きで負担も抑えながら新車に乗ることができます。定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードから新車を選ぶことが可能なので、買い替えるときと同じように車選びを楽しむことができるでしょう。

よくある質問

Q1:車を買い替えるとき必要な書類は?

A:合計で10枚程度必要になります。なお、軽自動車か普通車かで必要な書類が異なるので、きちんと確認しながら揃えるようにしましょう。

Q2:ローンが残っていても車の買い替えはできる?

A:。ローンが残っていても、車を売却することはできますが、ローン残高の一括返済を求められるケースが多いため、注意が必要です。

Q3:手間を省いて簡単に乗り換えることはできる?

A:カーリースなら簡単な手続きで負担も抑えながら新車に乗ることができます。定額カルモくんでは、国産メーカー全車種・全グレードから新車を選ぶことが可能なので、買い替えるときと同じように車選びを楽しむことができるでしょう。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー