全損した車を買い替えたい!使える保険の種類や買い替えの注意点

全損した車を買い替えたい!使える保険の種類や買い替えの注意点

事故を起こしてしまい、車が全損したことをきっかけに買い替えを検討する方もいるでしょう。全損によって車を買い替える際には保険を活用することができますが、具体的にどんな保険を使えば良いのかわからない方も多いはずです。そこで、全損した車を買い替える際に適用される保険の種類や、お得に車を買い替える方法を紹介します。

知らないと損!全損の定義とは?

知らないと損!全損の定義とは?

全損と聞くと、車が大破し修理ができない状態になることを思い浮かべる方が多いでしょう。このように車が修理しきれないほど損傷した状態を物理的全損といいますが、全損には経済的全損というものもあります。経済的全損とは、事故による修理費が車の時価額を超えてしまうことをいいます。

そのため、少しの損傷だとしても修理費が車の時価額を超える場合には、全損とみなされるのです。経済的全損となった場合には修理をすることも可能ですが、費用を考えると買い替えたほうがお得に車に乗れるということもあります。

全損によって車を買い替える際にポイントとなるのが、費用をどう捻出するかです。車が修理しようがない物理的全損でも、修理費が車の時価額を超える経済的全損でも、車の買い替え費用は保険でまかなうのが一般的な方法です。もしも保険を活用しなければ、高額な出費となってしまいます。そのため、全損した車を買い替える際は、どのような保険を活用できるのか知っておくことが重要となります。

全損した車の買い替えで使える保険の種類

全損した車を買い替えるときは、適切な保険を利用することで買い替え費用をまかなうことができます。具体的にどのような保険が適用されるのか見ていきましょう。

車両保険

車両保険とは、自分の車にかける保険のことです。交通事故や災害などが原因で、車の修理や買い替えが必要となった際に支払われます。ただし、買い替え費用がすべて保険から支払われるとは限りません。なぜなら、車両保険は車の時価額を基準に支払われるからです。時価額とは、その車を再購入する場合の金額のことです。

そのため、車に乗っている年数が長かったり、摩耗や劣化が見られたりする場合には、買い替えにかかった費用よりも受け取れる保険金が少ないということも考えられます。

新車特約

新車特約とは、車が全損した際に車を新車で購入した当時の金額を全額補償してもらえる保険のことをいいます。一般的に車の保険は時価額を基準に補償金額が決定されるため、使用年数が経過している車ほど補償金額は低くなる傾向があります。

一方、新車特約は車の購入金額を補償するものなので、200万円で購入した車で事故に遭い、全損になったとしても200万円が補償されることになります。ただし、新車特約は新車登録されてから一定期間内の車にのみ適用されることは覚えておきましょう。一定期間の範囲は各保険会社によって異なるため、事前に保険会社に確認しておくことをおすすめします。

対物賠償保険

対物賠償保険

相手がいる事故の場合、対物賠償保険の補償も受けることができます。例えば、車が全損してしまった原因が相手にあり、その相手が対物賠償保険に加入していた際は、車の買い替え費用や修理費用を支払ってもらうことができます

ただし、車両保険同様に保険料は車の時価額を基に計算されるため、買い替えや修理に必要な費用をすべて支払ってもらえるとは限りません。例えば、事故によって全損した車の時価が50万円だとして、買い替え費用が70万円かかるとします。この場合、対物賠償保険によって補償されるのは時価額である50万円です。残りの20万円は自己負担となります。

対物全損時修理差額費用補償特約

交通事故で自分の車が全損してしまった場合、相手に過失があったとしても対物賠償保険で車の修理、買い替え費用を全額補償してもらえるとは限りません。しかし、相手が対物全損時修理差額費用補償特約をつけていれば、対物賠償保険の補償額が買い替え費用や修理費用を下回った場合に最大50万円が補償されます。

例えば、相手の過失によって車が全損し、車の買い替えに150万円かかったとします。このとき車の時価額が100万円だとすると、対物賠償保険から支払われるのは100万円となり、残りの50万円は自己負担しなければなりません。しかし相手が対物全損時修理差額費用補償特約をつけていれば、対物賠償保険の補償では足りなかった50万円も支払われるため、買い替え費用や修理費用を全額保険でカバーすることができます。

全損による車の買い替えをする際の3つの注意点

全損によって車を買い替える際は、保険を活用して買い替え費用をカバーすることができますが、いくつか注意しなければならないことがあります。安心して車に乗るためにも、次の3つの注意点を押さえておきましょう。

事前に見積りを取り保険金額を確認しておく

車両保険や対物賠償保険など、全損によって支払われる保険金は各保険会社によって異なります。そのため、もしも事故や災害で車が全損した場合には、まず保険会社に見積りをもらうことをおすすめします。仮に事前に見積りを確認できなければ、買い替えによる自己負担がどれほどになるのか、どこからお金を捻出すべきか判断できません。保険会社からの見積りは、全損した車を修理するか買い替えるかの判断材料にもなるため、車が全損した際は保険会社に見積りをもらいましょう。

当事者間での話し合いは避ける

当事者間での話し合いは避ける

事故で車が全損となり、原因が相手側にある場合は、買い替え費用を請求することができます。しかし、事故の当事者間での話し合いは避けましょう。というのも、場合によっては相手が支払いを拒否することも考えられ、その場合は裁判をしなければならない可能性があるからです。裁判にはお金も時間もかかります。事故後の相手側との交渉は保険会社に一任することで、スムーズに話し合いを進めてもらいましょう。

修理と買い替えのどちらが得か確認する

車が経済的全損をした際は、本当に修理するよりも買い替えのほうがお得なのか、確認しておきましょう。なぜなら、事故後に支払われた保険金で車を修理し、買取りに出すことでよりお得に車を買い替えられるケースがあるからです。特に、人気車の主要部分ではないパーツが損傷した場合、修理して買取りに出せば高額で買い取ってもらえる可能性があります。買取価格が保険金を上回るようであれば、買い替えではなく、修理して売りに出したほうがお得といえます。

一方、エンジンやルーフパネルなど車の主要なパーツが損傷しているのであれば、安全面、コスト面からも買い替えのメリットが多いです。全損したからといってすぐに買い替えを検討するのではなく、損傷箇所はどこか、修理して買取りしてもらう場合の価格はどれくらいかを事前に把握しましょう。

車を買い替えるタイミングでカーリース利用者が増えている理由

最近では、車の買い替えのタイミングでカーリースを検討する方が増えています。カーリースとは、毎月定額料金を支払うことで車に乗れるサービスのことです。中でも、カーリースの定額カルモくんであれば、頭金が必要なく、新車を購入するよりもお得に車に乗ることができます。国産の新車すべてからお気に入りの車を選ぶことも可能です。

また、定額カルモくんなら、毎月支払う金額の中に自動車税をはじめとした各種税金や、車検費用が含まれています。毎月の支払いに維持費が含まれることで、納税や車検用に貯金しておく必要がなくなるのもメリットです。以下に当てはまる方は、定額カルモくんの利用も検討してみてください。

〈定額カルモくんがおすすめな方〉

  • 車の買い替えをきっかけに車にかかるコストを抑えたい
  • 車にかかる維持費を賢く管理したい
  • 予算が足らず中古車を検討せざるをえない

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

全損した車の買い替えをきっかけにお得に車に乗ろう!

車が全損したことをきっかけに買い替えを検討しているのであれば、車両保険や対物賠償保険など、どのような保険が適用され、買い替え費用の何割ほどを補償できるのか知っておきましょう。保険の補償を受ける際は見積りをもらい、当事者間での話し合いは避けるのが無難です。なお、車の買い替えをきっかけによりお得に車に乗りたい場合には、カーリースも検討してみてください。

よくある質問

Q1:車が全損したら買い替えがお得?

A:全損には物理的全損と経済的全損の2種があり、後者は修理費が車の時価額を超えてしまうことを指します。買い替えたほうがお得である可能性が高く、保険を活用することで買い替え費用を補填することも可能です。

Q2:車が全損して買い替えるときに活用できる保険の種類は?

A:車両保険、新車特約、対物賠償保険、対物全損時修理差額費用補償特約があります。それぞれ条件が定められており、全損した車の状況に応じて補償額が変動します。

Q3:全損した場合、初めにとるべき対処は?

A:保険会社に見積りを取り、買い替えにどの程度の費用をかけられるのか事前に確認しましょう。また、事故で全損した場合、当事者間で話すことは避けることをおすすめします。

※記事の内容は2020年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr