ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車をお得に購入できる時期はいつ?値引きや節税できるタイミングとは

車をお得に購入できる時期はいつ?値引きや節税できるタイミングとは
車をお得に購入できる時期はいつ?値引きや節税できるタイミングとは
貯金ゼロでも

車にはディーラーや販売店などによって安く購入しやすくなる時期があります。また、購入するタイミングによっては節税につながることもあるので、できるだけコストを抑えたい方は購入するタイミングを慎重に判断することが大切です。そこで、おすすめの車の購入時期や車選びをするタイミングなどについて解説します。

車を安く購入しやすい時期とは?

車を安く購入しやすい時期とは?

冒頭でもふれたように、販売店やディーラーには、年間を通して安くなりやすい時期や値引きがしやすい時期があります。まずは、安く購入しやすい3つのタイミングについて見ていきましょう。

決算期の2~3月

車をお得に購入するにあたって、1年間のうち最もねらい目となるのが決算期である2~3月です。販売店やディーラーは、それぞれの店舗で年間の売上目標を設定しています。この目標を達成するためにも、決算期である3月やその直前の2月になると、多くの販売店やディーラーが大幅な値下げや割引サービスを展開します。そのため、決算期にあたる2~3月が、1年間で最もお得に車を購入しやすいとされています。

中間決算期やボーナス期

決算期に次いでお得に車を購入しやすい時期が、中間決算期の9月とボーナス期の6~7月です。中間決算期では前期の売上成績をできるだけ高くするために、販売店やディーラーが販売台数を伸ばしたい時期でもあります。そのため、比較的車の値引きがしやすいタイミングとなっています。

また、6~7月のボーナス期は、買い手の購入意欲が高まる時期ともいえます。この時期には、販売店やディーラーは車の価格を下げて、買い手が購入を決断しやすくなるようにします。このボーナス商戦によって、本来の価格よりも安く車を購入できる可能性があります。

営業成績締めの月末

毎月末は、営業成績の締めの時期です。売上目標を達成するために値引きしてでも売りたいというディーラーや販売店であれば、値引き交渉も成功しやすいでしょう。また、1年の締めとなる12月は、ほかの月よりも高めの売上目標が設定されている販売店やディーラーが多いため、年末の歳末セールを掲げる店舗が多くなっています。ほかの月よりもなるべく多くの台数を売りたい時期でもあるため、このタイミングも車を安く購入することができます。

税金は購入時期によって金額が変わる?

車の購入や維持にはさまざまな税金がかかります。中でも自動車税(種別割)は購入時期によって課税額が変わるため、費用を抑えることにもつながります。また、普通自動車か軽自動車かによってもルールが異なるため、それぞれにかかる自動車税(種別割)について見ていきましょう。

普通自動車の場合

自動車税(種別割)は、車の所有者に対して毎年4月1日に課税されます。また、年度の途中で購入した場合に課税対象となるのは、車を購入した翌月以降です。つまり、月の初めに購入すると、約1ヵ月分の自動車税(種別割)の負担がなくなることになります。そのため、月末よりも月の初めに購入したほうがお得といえるでしょう。

軽自動車の場合

普通自動車の自動車税(種別割)は月割りで請求されるため、節税対策ができるのは1ヵ月間だけです。しかし、軽自動車の場合は年単位で課税されるため、購入してから次の4月1日になるまでは、自動車税(種別割)は課税されません。つまり、軽自動車を3月に購入した場合はすぐに課税のタイミングとなりますが、4月2日以降に購入すると次の4月まで自動車税(種別割)の支払いはありません。

モデルチェンジのタイミングも要チェック

モデルチェンジのタイミングも要チェック

車の購入時期を検討する際、候補車のモデルチェンジの有無についても確認しておくといいでしょう。モデルチェンジ直後は旧モデルが安く買えるケースが多いため、最新モデルでなくてもいいという場合にはお得に買うことができます。しかし、最近はモデルチェンジのスパンが長い傾向にあるので、安く購入できるタイミングを待って買い時を逃してしまうことのないよう、いくつかの候補をピックアップして検討するのがおすすめです。

車選びはどのタイミングで始めるべき?

車選びは、購入する2ヵ月前、遅くとも1ヵ月半前からスタートすれば、車選びから価格交渉までをスムーズに進めやすいでしょう。一般的に、車選びに1ヵ月程度、価格交渉などの商談に2週間~1ヵ月程度がかかります。

例えば、決算期である3月中に購入したい場合には、遅くとも1月下旬~2月上旬には動き出したいところ。2月下旬~3月上旬に価格交渉を行い、3月20日頃までに注文を済ませておきましょう。なお、20日頃までに注文を済ませたいのは、車庫証明の取得に最低1週間ほどかかるためです。注文が月末になると、登録が4月以降になってしまい、3月の売上に計上されない可能性があります。その場合、値引きがきかずに通常の価格となる可能性があるため、余裕をもって車選びをすることが大切です。

時期を問わずお得に乗るなら「カーリース」がおすすめ

お得に購入するためには時期を見極めることが大切ですが、時期を問わず少しでもお得に車に乗りたい方には「カーリース」がおすすめです。カーリースは、毎月一定のリース料金を支払うことで好きな車の新車に乗ることができる、車のサブスクリプションサービスです。頭金なしで初期費用も不要なため、いつ契約してもリーズナブルに車に乗り始めることができます

中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、国産メーカーの全車種、全グレードを取り扱っています。また、リース期間は、最短1年から最長11年のあいだで、1年単位で設定することが可能。リース市場最長の11年契約(2020年3月定額カルモくん調べ)なら、さらに安い月額料金でカーライフを始めることができます。

定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

車の購入スケジュールは余裕をもって組みましょう

車の購入は価格的にも大きな買い物となる上、税金や保険などの手続きも発生します。また、車選びや価格交渉にも時間がかかるので、欲しいと思ったタイミングですぐに購入できるわけではありません。後悔のない買い物にするためにも、そしてなるべくお得に購入するためにも、車選びから価格交渉までの期間は余裕をもって設定し、早めに行動するのがおすすめです。

※記事の内容は2020年7月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー