車検が切れたらどうすればいい?車検切れの罰則や対処法、かかる費用を解説

車検切れの車を運転するとどうなるの?罰則や車検切れの対処法とは

車検は数年に一度のことなので、うっかり忘れそうになることもあるでしょう。しかし、車検が切れた車で公道を走るのは法律違反となるため、期限が切れる前に更新しなくてはいけません。
そこで、車検切れの車を運転するとどうなるのか、車検が切れてしまった場合はどうすればいいのか、車検切れの罰則や対処法などについてご紹介します。

車検切れの車を運転するとどうなるの?

車検切れの車を公道で走らせると、道路運送車両法108条により6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。交通違反にも該当するため、違反点数6点に加えて30日間の免許停止処分となります。なお、行政処分は前歴回数が多いほど重くなり、免許停止期間の延長や免許の取消しになるケースもあります

また、車検切れの車は、自賠責保険の契約も切れていることがほとんどです。自賠責保険の契約が切れた車を公道で走らせることは自動車損害賠償保障法違反となり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されるほか、違反点数6点と30日間の免許停止処分となります。
〈無車検・無保険におけるペナルティ〉

 罰則と罰金違反点数行政処分
(前歴0の場合)
車検切れのみ6ヵ月以下の懲役または30万円以下の
罰金
6点30日間の免許停止
自賠責保険切れのみ1年以下の懲役または50万円以下の
罰金
6点30日間の免許停止
無車検・無保険1年6ヵ月以下の懲役または80万円以下の
罰金
6点90日間の免許停止

 

車検切れかつ自賠責保険の切れた車を公道で走らせた場合、2つ以上の違反による違反点数は道路交通法施行令によってどちらか高い点数、同じ点数ではその点数と定められているため6点ですが、罰則と罰金については合算されて1年6ヵ月以下の懲役または80万円以下となります。行政処分も90日間の免許停止処分となり、1回でも前歴があると免許取消し処分となってしまいます。

ただし、車の車検や自賠責保険が切れてしまっても、車を所有しているだけで公道を走らなければペナルティは発生しません。

車検切れの車で事故を起こしてしまったら

車検切れのまま公道を走り事故を起こしてしまった場合、無車検の罰則に事故の罰則が上乗せされて、より重い刑罰が科せられます。事故の度合いによっては、前歴がなくても免許停止になることもあります。また、自賠責保険も任意保険も無車検の事故では補償が下りないことがほとんどなので、車の修理代や医療費、示談金など、すべての費用を負担することになります。もし人身事故で被害者にケガをさせたり、死亡させてしまったりした場合は、数百万~数千万円の賠償を求められることもあります

楽天車検バナー

車検が切れてしまった場合の対処法

そもそも車検とは?

車検が切れても、改めて車検を受ければ公道を走れるようになります。とはいえ、車検業者や検査場まで車検を受けに行くためには、車検切れの状態で公道を走らなければならないため、違反になってしまいます。車検が切れてしまった場合は、次の3つの方法のいずれかで対処しましょう。

1)引取りサービスを使って車検に出す

車検業者の中には、自宅まで車を引き取りに来てくれるサービスを提供している所があります。そのような車検業者を利用すれば、公道を走ることなく車検に出すことができます。なお、車検後は自宅まで納車してくれるので、受け取りに行く手間も省けます。

2)仮ナンバーを申請する

自分で車を車検場や整備工場まで持って行きたい場合は、市区町村の役場で仮ナンバーの申請を行いましょう。仮ナンバーをつけた車は、交付から 3〜5日間に限って車検切れの状態で公道を走ることが許されます。申請時には使用目的や期間、車を移動させる経路を詳しく申告する必要があります。なお、自賠責保険の契約が切れていると仮ナンバーを発行できないので、申請前に自賠責保険料を払って加入しておく必要があります。

3)廃車もしくは売却する

今後車を使わない場合には、廃車や売却という方法もあります。廃車にする場合は、完全に車を手放す永久抹消登録と、再度使うことを想定して一時的に登録を抹消する一時抹消登録の2つの方法から選択できます。売却する場合は、中古車買取業者に査定や引取りを依頼しましょう。

車検切れで必要になる費用

車検切れの車が改めて車検を受ける場合も、車検にかかる費用は通常の車検と同額です。ただ、引取りサービスを利用する場合は、出張手数料やレッカー代などが必要になることがあります。料金は業者によって異なるため、事前に確認してから申し込みましょう。

仮ナンバーを申請する場合は、手数料として1台につき750円程度が必要になります。自賠責保険が切れているケースでは別途自賠責保険料の支払いも発生するため、1ヵ月だけ加入する場合でも6,000円ほどが必要です。仮ナンバーの申請を業者などに依頼した場合は、代行手数料もかかります。

カーリースなら車検費用も定額制にできる

カーリースなら車検費用も定額制にできる

車検切れの心配をせずに車に乗りたいという方には、カーリースという方法がおすすめです。

カーリースは、月々定額の使用料をリース会社に支払うことで、自分の選んだ車をマイカーのように乗り続けられる車のサブスクリプションサービスです。使用料には自動車重量税や自賠責保険料などが含まれているので、車検時の出費を抑えられます。

中でも「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、オプションの「メンテプラン」をつけることで車検費用も定額化できます。軽自動車であればメンテプランをつけても月々10,000円台から、車検の費用を心配することなく新車に乗れるとあって、近年人気が高まっています。車検の時期が近付くとお知らせしてくれるサービスもあり、車検切れの心配もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

車検切れにならないように注意しよう

車検切れや自賠責保険切れの車で公道を走ることは違法行為であり、免許停止や取消し処分となってしまいます。もし、車検が切れてしまった場合は絶対にそのまま運転せず、すみやかに車検を更新するようにしましょう。忘れてしまわないか心配という方は、定額カルモくんのようにお知らせサービスのあるカーリースを利用してみてはいかがでしょうか。

カルモくんなら新車が

よくある質問

Q1:車検の有効期限を確認する方法は?

A:最も確実なのは、車検証で車検有効期間満了日を確認する方法です。ほかにも、車検更新時に配布される車検標章には、車検の有効期間満了月が記載されているので、こちらで確認するのもひとつの方法です。

Q2:車検切れの車を運転するとどうなるの?

A:車検が切れた車で公道を走行すると6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金、違反点数6点、30日間の免許停止処分となります。また、車検と自賠責保険の両方が切れていた場合には1年6ヵ月以下の懲役または80万円以下の罰金、違反点数6点、免許停止90日間となり、非常に厳しい処分が下されることになります。

Q3:車検が切れてしまったらどうしたらいいの?

A:車の保管場所まで引き取りに来てくれるサービスのある車検業者に依頼するか、仮ナンバーを申請して自分で車検場まで持って行くのが一般的です。また、乗換えなどを検討している場合には、廃車や売却という方法もあります。
※記事の内容は2020年7月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr