横浜で車検を受けるならどこがいい?車検業者の選び方や注意点を徹底紹介

横浜で車検を受けるならどこがいい?車検業者の選び方や選択肢を徹底紹介
貯金ゼロでも

車検は業者によって費用やサービスが異なるため、事前に特徴や注意点を把握しておくことが、後悔しない車検業者選びにつながります。
そこで、横浜でおすすめの車検業者を、選び方のポイントと併せてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔車検業者によって特徴も費用も異なる
✔車検業者選びは何を優先したいかがポイント
✔車検費用を手元に残して、出費を月額10,000円台にする方法を紹介

出費を月額10,000円台にする方法を先に知りたい方はこちら

横浜市内の車検業者にはどんなところがあるの?

横浜市内で車検が受けられる業者には、ディーラーや車検専門店、カー用品店、ガソリンスタンドなど、次のようなところがあります。

ディーラー

メーカーの正規取引店であるディーラーはメーカーによって整備内容などの品質基準が決められているため、整った設備や整備技術を持っています。そのため費用は高額になりがちですが安心して車検が受けられるのが大きなメリットといえるでしょう。
横浜市内には、日産、トヨタ、三菱、スバル、ホンダ、スズキ、マツダ、ダイハツといった国内メーカーのほか、アウディ、MINI、BMW、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、マセラティ、アストンマーティン、シトロエン、プジョー、ルノー、ベントレー、ジープ、ランドローバー、ポルシェ、ランボルギーニ、ジャガー、ボルボ、フィアット、アパルトなど、多くの海外メーカーのディーラーがあります。

車検専門店

近年利用者が増えている車検専門店は、通常の修理などは基本的に行わず車検のみを受け付けている車検に特化した整備工場なので、車検について徹底的にマニュアル化・合理化しコストを抑えています。そのため費用が安い傾向にあり、スピード車検にも対応可能である場合がほとんどです。
横浜市内には車検のコバック二俣川店や磯子店、車検の速太郎横浜店やアップル車検横浜、横浜中山などの多くの車検専門店が存在します。

カー用品店

オートバックス東神奈川や駒岡店、イエローハットの新山下店や横浜港南店などのカー用品店でも車検受付を行っている店舗は多数あります。
カー用品店の車検はディーラー車検よりも費用を抑えられるほか、希望の商品を使用して整備してもらえる、業者によってはカー用品店ならではの会員サービスが用意されているなどのメリットもあります。

ガソリンスタンド

横浜市内では、ENEOSステージ緑園SSや出光セルフウルトラステーション長津田など、車検を受け付けているガソリンスタンドも数多く存在します。
ガソリンスタンドは店舗数が多いので自宅や職場の近くなど、都合のいい場所で車検が受けやすいことに加え給油のタイミングで見積りを頼むこともできるので、忙しい方でも利用しやすい点が魅力的です。

【タイプ別】最適な車検業者選びのポイントと注意点

【タイプ別】最適な車検業者選びのポイントと注意点

車検はさまざまな業者から自由に選べますが、どこで受けるかによって、車検にかかる費用や期間、必要な整備などが異なります。そのため、車検業者を選ぶ際は、自身が何を優先するかで判断すると納得できる車検を受けやすくなります。

車検業者の選び方や注意点を、タイプ別に見ていきましょう。

安さ重視!とにかく車検費用を抑えたい方

車検基本料は車検を受ける業者によって異なるため、車検専門店やガソリンスタンドなど、比較的安い業者を選べば車検費用を抑えやすくなります。

ただし、格安の車検業者は車検に通る最低限の整備しか行わないケースが多く、車検項目以外の部分で不具合が見つかっても対応してもらえないことがあります。そのため、車検に通せたとしても、のちのち故障やトラブルが起きて出費がかさむリスクがある点に注意が必要です。

車のコンディションを良好に保ちたい!安心してお任せしたい方

車検前の整備もしっかり行いたいときや、純正部品を使用したいときは、ディーラー車検が安心です。純正以外のパーツを使用したい場合には、整備工場なら柔軟な対応をしてくれるでしょう。

ディーラーや整備工場は資格を持った整備士による丁寧な点検・整備が行われるため、安心して任せられますが、車検には不要な整備が含まれていたり、まだ使用できる部品でも先を見越して交換をすすめられたりすることがあります。必ず見積もりを取り、内容と価格に納得してから依頼するようにしましょう。

車検の有効期限まで時間がない!すぐに車検を受けたい方

車検にかかる日数は業者によって異なります。車検の有効期限が迫っている場合は、当日車検を受け付けているカー用品店や車検専門店にあたってみましょう。

当日車検は見積もりから車検まで1日で完了するのがメリットですが、車検を通すことに重点を置いているため、通常の車検よりも点検や整備の質が下がりやすくなります。また、部品交換が必要になった際に部品の在庫がないなど、1日で終わらないケースもあります。ほかにも、価格交渉がしにくかったり、予約が取れなかったりする可能性もあるので、有効期限ぎりぎりにならないようにすることが大切です。

車検を受ける前に検討したい!本当にお得な方法

車検費用は高額になりやすく、10万円を超えるケースも少なくありません。たとえ格安車検で出費を抑えても、その後の修理やメンテナンスで費用がかかる可能性があります。そのため、負担を避けたい方の多くが車検を機に乗換えを検討しています。

乗換えでは、これまで乗っていた車の買取料金で初期費用が補えることもあり、新規に購入するよりも負担を減らせます。ただし、初回は3年後、その後2年ごとに、また車検費用に悩まされることには変わりありません。

そのような金銭的苦労をせずにカーライフを楽しむ方法として、近年は車のサブスクリプションを利用する方が増えています

車のサブスクなら月額10,000円台に出費を抑えられる

車のサブスクは、月額定額制でマイカーのように車を利用できるサービスです。月額料金には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているので、初期費用も必要なく、契約期間中の車検費用やメンテナンス費用の大半も負担せずに済みます。

例えば「おトクにマイカー 定額カルモくん 」では、車検費用も込みでダイハツ「ミライース 」が月額14,560円から、人気のスズキ「ハスラー 」も月額19,230円から利用できます。

定額カルモくんで乗り換えれば、支払う予定だった車検費用に加え、売却による代金も手元に残る上、今後の車検費用の心配もなくなります。

カルモくんについて詳しくみる

利用者の声:「毎月定額だから、家計に優しく心理的な負担も減りました!」

Mさん

Mさん(46)東京都在住|定額カルモくんでダイハツ「ムーヴキャンバス」を利用中

車検の度に費用が上がっていくのが負担で、諸費用なども含めて家計に優しい定額カルモくんで乗り換えることにしました。

車に詳しくないから不安もありましたが、担当者の方が本当に親身に、寄り添うように説明してくれたので、安心して乗り換えられましたね。

毎月定額なので経済的にも心理的にも負担が少なく、かわいい新車にワクワクしながらカーライフを満喫しています!

利用者の声をもっと知りたい方はこちら

マッハ納車を利用すれば車検の有効期限が迫っている方でも間に合います!
詳しくはこちらをご覧ください。

マッハ納車

 

横浜市内にある定額カルモくん提携業者

ここでは、横浜市内で定額カルモくんが提携している車検可能な業者を紹介しましょう。
<横浜市内の提携業者>

  • 各種ディーラー(トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツ)
  • オートバックス 東神奈川、駒岡店、SA横浜ベイサイド、環4泉、東戸塚など多数
  • イエローハット 新山下店、横浜港南店、横浜川井店、すみれが丘店、金沢文庫店など多数
  • 出光リテール 東名横浜インターSS、セルフ和田町SS、セルフ左近山SS、セルフ平戸SS
  • Dr.Drive 横浜本町SS、元町・中華街SS、みなとみらい店、ベイサイド新山下SS、ベイブリッジ本牧など多数
  • エネクスフリート 南本牧埠頭店
  • コスモ石油サービスステーション セルフ&カーケアステーション日野南、セルフ&カーケアステーション山手台、セルフ&カーケアステーション新横浜など
  • 車検のコバック 二俣川店、磯子店、横浜網島店、横浜新子安店、横浜こどもの国店、湾北インター店

横浜市の自家用乗用車の保有台数は日本一

一般財団法人 自動車検査登録情報協会の調査によると、2019年3月時点での横浜市の自家用乗用車の保有台数は人口374万5,796万人、178万3,035世帯に対して111万2,777台であり、この保有台数は全国47都道府県中第1位となっています。

しかし横浜市の1世帯あたりの保有台数としては0.624台であり、全国平均である1.052台をかなり下回っていることからも横浜市では車の普及率は全国的に見て低いといえるでしょう。なお、横浜市を擁する神奈川県全体の自家用車の1世帯あたりの保有台数は0.705台であり、全国第47位となっています。

また、2018年10月に横浜市が策定した「横浜都市交通計画」によると、横浜市では最寄り駅まで15分で到達できる人口の割合が約9割に達していることがわかっています。

横浜市は全国の市町村の中で最大の人口を誇る神奈川県最大の市であり、鉄道やバスなどの公共交通機関は東京区部同様に発達しているといえますが、温泉地である箱根や、マリンスポーツが楽しめる湘南海岸や三浦海岸などにも近いため、週末のドライブやレジャーで車を使用する方も多いのではないかと考えられます。

通勤には公共交通機関を使用し、おもに週末に車を使用するのであればマイカーを購入するよりもより負担が少なく車検費用などの心配も不要な「カーリース」という選択肢もいいかもしれません。カーリースであれば購入と同じように自分の好きな車が選べ、24時間マイカー感覚で使用できるので使用時間に制限のあるカーシェアやそこにある車からしか選べないレンタカーに抵抗がある方にもおすすめです。

車検前は家計を見直す絶好のチャンス

車検は安全なカーライフに欠かせないものですが、費用は大きな負担になります。それだけに、2年ごとの車検費用や車検後にかかる維持費も考慮し、乗換えも含めて本当にお得な方法を検討することをおすすめします。
まずは初期費用不要で月額10,000円台からの定額制で新車に乗り換えられる定額カルモくんで、どれくらいお得になるか確認してみましょう。

料金をチェック

よくある質問

Q1:横浜市内で車検を受けられる場所はどこ?

A:横浜市内では国内メーカーはもちろん多くの海外メーカーのディーラーがあります。車検はディーラーのほか車検のコバックなどの車検専門店やオートバックスなどのカー用品店、ガソリンスタンドでも可能です。

Q2:車検業者選びのポイントは?

A: 車検費用や信頼度、車検にかかる期間など、優先したいことをメインに探すと納得できる業者が見つかりやすくなります。ただし、デメリットもしっかりと理解して検討することが大切です。

Q3:車検費用の負担を抑える方法を知りたい!

A:車検のタイミングで乗り換えれば、車検費用もその後の維持費も抑えられます。その際、車のサブスクを利用すれば、初期費用もなく、月額10,000円台の出費に抑えることが可能です。

※記事の内容は2020年12月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

車検やめて