残価設定なしのカーリースって?リースのしくみと知っておきたいこと

残価設定なしのカーリースって?リースのしくみと知っておきたいこと

気軽にカーライフをスタートできる方法として人気上昇中のカーリースですが、カーリースのしくみを理解する上で、返却時の価値を想定した「残価」はとても重要な役割を持っています。この「残価」のしくみについて正しく理解していないまま契約してしまうと、車を返却する際に追加精算が発生するなどのトラブルになるケースもあるようです。
そこで、カーリースは上手に利用するためにも、重要なポイントとなる残価設定を中心に、カーリースのしくみについてご紹介します。

残価設定はカーリース契約にどんな影響があるの?

カーリースは、最終的に車をリース会社に返すことを前提とした定額制のサービスです。そして、リース車の返却時の価値を想定した残存価値の価格のことを「残価」といいます。なお、基本的に残価は走行距離や中古車市場の相場などをベースとして決められますが、契約時の交渉内容によっても異なります。カーリース契約では、この残価を車両価格から差し引いた金額を契約期間で割ることで、月額料金を算出しています。

例えば、車両価格200万円の車を5年間リースする場合、まず走行距離や中古車市場の相場などを参考に契約満了時の予想残価が設定されます。また、残価を50万円に設定した場合の計算方法は以下のようになります。

<計算方法>
(車両価格-予想残価)÷リース期間(月数)
(200万円-50万円)÷60ヵ月=2万5,000円

また、契約方法によっては、返却時に残価と査定額の差額の請求が生じる可能性があるため、残価設定はリース契約において重要な役割を持ちます。残価を高く設定すると月々の利用料金は下がりますが、査定額が残価を下回る可能性が高くなり、残価を低く設定すれば月々の利用料金は高くなりますが、返却時に追加請求が発生する可能性は低くなるというしくみです。

残価なしのリースとは?

リース会社によっては、残価を0円として残価設定をしないケースもあります。これは、リース期間満了後に車が利用者のものになることを前提としているためです。こういった契約の場合、走行距離の上限や車の傷などを気にする必要はありません。しかし、月々の利用料金は残価設定ありのリース契約に比べると多少高く設定されることが多くなっています。

また、残価0円ではありませんが、契約方法によっては残価を気にせずに利用できる方法もあります。
ここでは、残価が関係するカーリースの契約方法についてご紹介しましょう。

カーリース契約はオープンエンドとクローズドエンドの2種類

カーリースの契約方法は、残価設定の方法と返却時の精算方法の違いにより「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2つの方法に分かれています。このうちの「クローズドエンド方式」は、残価が利用に影響しない方法となっています。それぞれの違いは以下の通りです。

・オープンエンド方式
オープンエンド方式は、契約時に予想残価を設定・明示した上で、返却時の査定額との差額精算を行う契約方法です。そのため、契約満了時の査定額に差が生じた場合には、契約者が追加で支払いを行わなくてはいけません。例えば契約時に想定した残価が50万円、契約満了時の査定額が40万円であれば、リース会社に10万円を支払うことになります。
また、契約満了時には差額を一括で支払って契約を終了するほかに、契約時に想定した残価を支払って買い取る、リース期間を延長するという選択肢もあります。

・クローズドエンド方式
クローズドエンド方式は、車の返却時に差額の精算を行わないことを前提とする契約です。また、契約開始時に利用者に予想残価が明示されることはありません。そのため、契約満了時には車を返却するだけで精算はありません。ただし、例外として、経年劣化を超える大きな傷や凹みがある場合には、原状回復の負担が必要となります。なお、契約満了時の選択肢には、車を返却して契約を終了するほか、リース期間の延長も選べます。原則として車を買い取ることはできませんが、リース会社によっては車がもらえるオプションプランを用意しているところもあります。

残価を気にしないならクローズドエンド方式がおすすめ

契約方法はリース会社ごとに定められている場合もありますが、オープンエンドとクローズドエンドのどちらかを選べる場合もあります。また、オープンエンド方式は予想残価を高く設定すれば、毎月の利用料金を下げることはできますが、返却時の追加精算のリスクが高くなり、トラブルの原因になることも考えられます。また、返却時に買取相場が大幅に下がっていれば、思わぬ出費となる可能性もあるため、より手軽に車を利用するならクローズドエンド方式のリース契約がおすすめと言えます。

クローズドエンド方式はカーリースの定額カルモくん

そもそもカーリースの魅力とは?

カーリースとは、リース会社が購入した車を月々の料金を支払うことで長期的に借りることができる利用方法のことです。リース期間は1~11年という長期間から選ぶことができるので、利用したい期間に合わせて契約年数を選ぶことができます。ほかにも、知っておきたいカーリースのメリットやルールについてみていきましょう。

カーリースの豊富なメリット

カーリースは定額で利用できる車のサブスクリプションサービスで、家計管理がしやすく主婦からも人気を集めています。また、初期費用がかからないなどのカーリースのメリットは以下の通りです。

・頭金や初期費用がかからない
・月額定額制なので支出の管理がしやすく、家計の見通しが立てやすい
・自動車税(種別割)や自賠責保険料などが月額料金に含まれる
・車検やメンテナンス、部品交換費用なども定額にできる
・新車に乗れる
・好きな車を選べる
・気軽に乗り換えられる

リース契約で知っておきたいルール

リース契約は、契約満了時の返却を前提としたサービスで、自身のライフプランに合わせた契約年数を設定して契約を行います。また、契約プランによっては、走行距離の上限や原状回復についてのルールが定められています。
なお、原則として契約途中での解約は禁止となっており、解約する際には違約金が発生することがあるため注意しましょう。また、リース車は基本的に改造やカスタマイズはできません。

カルモくんなら新車が

定額カルモくんは残価設定なしのクローズドエンド方式

一本化用定額カルモくん

定額カルモくんでは、返却時の査定額が影響しないクローズドエンド方式での契約を行なっています。残価の明示は行なっていませんが、契約時に設定する残価は市場価値などをもとに計算されています。また、定額カルモくんは実店舗を持たずにサービスを提供しているため、より安い料金で利用することができます。
他にも、定額カルモくんの魅力について詳しくご紹介します。

定額制だから安心して乗れる

定額カルモくんでは、頭金やボーナス払いなどもなく、利用開始から返却までずっと定額で利用することができます。また、予想残価分を差し引いて月額料金を計算しているため、月々の料金がお手ごろなのも魅力の一つです。月額料金の中には、自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料などが含まれているので、これらの維持費を別途用意する必要がありません。なお、車検や消耗品の交換費用、返却時の原状回復補償費用までカバーしたメンテナンスプランを利用すれば、メンテナンスにかかる費用も定額にすることができます。

契約満了時の選択肢が豊富

基本的に契約満了時には、車をそのまま返却するだけ。1カ月の走行距離平均が1,500km以内で、大きな傷や凹みがない状態であれば原状回復費用は発生しません。なお、平均的な月間走行距離は370kmと言われているので、ほとんどの方にとって走行距離上限は問題ないでしょう。また、7年以上の契約などの条件を満たしている場合には、オプションの「乗り放題オプション」への加入で契約満了時に車をもらうことができます。

よくある質問

Q1:残価って何?

A:残価とは想定される残存価値の価格ことで、カーリースの月額料金を安く抑えるために重要な役割を果たしています。残価を設定するカーリース契約の場合、車両価格から残価を引いた金額を契約期間で割り、月額料金を算出するため、より安い料金で利用することができるというしくみです。

Q2:残価設定なしってどういうこと?

A:残価設定なしのカーリースでは、契約満了後に車を返却せずにそのままもらうことができるため、残価を0円と設定しています。

Q3:残価が影響しない契約方法はあるの?

A:残価設定なしのカーリースと同様に、契約満了時の精算を行わない「クローズドエンド方式」での契約では、残価が契約者に影響することはありません。クローズドエンドでは、残価は設定するものの契約者に残価を明示することもないため、料金や利用方法などに影響することはありません。

Q4:クローズドエンド契約ができるリース会社は?

A:おトクにマイカー 「定額カルモくん」では、クローズドエンド方式のみでの契約となっているため、安心して利用することができます。また、定額カルモくんはオンラインですべての手続きを行うことができるので、より料金を抑えることができます。

安心して手軽に車を利用したいなら、クローズドエンド方式がおすすめ

カーリースの契約形態にはオープンエンド方式とクローズドエンド方式があり、どちらを選ぶかで契約期間満了時の精算発生の有無、月々のリース料金などが変わってきます。オープンエンド方式にもメリットはありますが、予想しなかった出費につながるリスクもあり、安心して手軽に車を利用したいならクローズドエンド方式がおすすめです。カーリース会社選びの参考にしてください。

※記事の内容は2019年11月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr