ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

車のエアコンが効かない原因は?対処法や修理費用相場も解説

車のエアコンが効かない!冷えない・暖まらない原因や修理費用の目安を解説

春から秋にかけて、車内の温度は非常に高くなります。そのような中、エアコンが効かず車内が冷えなくなるのは、大変不便な上に、熱中症になるリスクも高まります。また、寒い地域では冬場の暖房も欠かせません。

しかし、エアコンが効かないとき、その状態から故障の原因や修理にかかる費用を判断するのは難しいため、修理を業者に依頼するかためらってしまうこともあるのではないでしょうか。
そこで、車のエアコンのしくみを基に、温度調節ができなくなる原因を解説するとともに、故障したときの対応や、修理費用の目安についてもご紹介します。

  • 車のエアコンが効かない原因はフィルターの詰まりやガストラブルなどさまざま
  • 車のエアコン修理代は数千円のこともあれば10万円以上必要な場合もある
  • 車のエアコン修理代が高すぎる場合は乗換えも検討しよう

車のエアコンが効かなくなる原因とは?対処法と費用も紹介

エアコンの構造

車のエアコンは家庭用と同じように、冷媒と呼ばれるエアコンガスを内部で循環させることで、室内の熱を外に移動させて車内を冷やしたり、冷却水の熱を利用して暖めたりしています。

そのため、エアコンフィルターの詰まりによって送風量が低下したり、空気を冷やすために必要なエアコンガス(冷媒)が不足したりすると、うまく車内が冷えなくなってしまいます。また、エアコンガスの漏れなどでエアコンが効かなくなることもあります。

このように、エアコンの不調にはさまざまな原因があり、それぞれ対処法や修理などにかかる費用も大きく異なります。以下で詳しく見ていきましょう。

〈エアコンの不調の原因〉

状態考えられる原因
嫌なにおいがする
異音がする
・エアコンフィルターの詰まり
・エバポレーターのトラブル
冷房が効かない・エアコンガスのトラブル
・コンプレッサーのトラブル
・エバポレーターのトラブル
暖房が効かない・サーモスタットの故障
・冷却水の漏れや不足
異音がする
風が出てこない
・ブロアファンモーターのトラブル
エアコンが作動しない・リレーやヒューズのトラブル

 

エアコンフィルターの詰まり

エアコンフィルターのつまり

エアコンフィルターは、外から取り入れた空気を車内に送る際に、塵やほこりを取り除いてくれる役割を持っており、花粉や黄砂、PM2.5を除去できる高性能な製品もあります。

エアコンフィルターに汚れが詰まると空気の通りが悪くなります。長くフィルターを使っていると、フィルターにさまざまな汚れが溜まり、冷暖房が効きにくくなることがあります。

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
嫌なにおいがする
異音がする
エアコンフィルターの交換3,000~4,000円
※脱臭や抗菌等の機能付きは
5,000円を超える場合もある

 

エアコンガスのトラブル

エアコンガスのトラブル

冷たい空気を作る役割のエアコンガスが不足すると、空気を十分に冷やすことができず、冷房が効きにくくなってしまいます。エアコンガスは使用によって減るものではありませんが、車の振動でパーツのあいだに隙間ができて、漏れ出ることで、ガスが足りなくなることがあります。

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
冷房が効かないエアコンガスの補充2,000~5,000円
添加剤などを入れる場合は
+2,000円以上かかる
エアコンガスの漏れ点検5,000~8,000円

 

コンプレッサーのトラブル

コンプレッサーとは、圧縮機を意味する言葉です。エアコンガスは高圧で圧縮されることで液体になります。そして、液体が気化するときに発生する冷気が周囲の熱を奪うことで、空気が冷やされます
そのため、コンプレッサーにトラブルが発生し、ガスを気体にできなければ、冷房が効かなくなってしまいます。

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
冷房が効かないコンプレッサーの交換5万~10万円

 

エバポレーターのトラブル

エアコンの内部にあるエバポレーターは、熱交換器の役割を持ちます。コンプレッサーで液体化したエアコンガスは、最終的にエバポレーター内で噴射されて気化します。そのため、エバポレーターが目詰まりしていたり、エアコンガスが漏れ出ていたりすると、冷気を作ることができず冷房が効かなくなります

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
冷房が効かないエバポレーターの洗浄6,000~25,000円
※簡易洗浄か、取り外し洗浄、
高圧洗浄なのかで異なる
異音がする
嫌なにおいがする
エバポレーターの交換5万~10万円

 

サーモスタットの故障

サーモスタットの故障

車の暖房はエンジンの熱で温まった冷却水を利用して暖かい空気を作り出しています。そして、エンジンを冷ますための冷却水を制御しているのが、弁のようなパーツのサーモスタットです。

エンジンのスタート時に、サーモスタットが冷却水の循環を止めることで、エンジンを素早く温めることができます。しかし、サーモスタットが故障すると、冷却水の循環が止まらず、冷却水が温まらなくなるため暖房が効かなくなります

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
暖房が効かないサーモスタットの交換10,000~15,000円

 

冷却水の漏れや不足

先述のとおり、冷却水の熱がなければ暖かい空気を作ることができません。そのため、冷却水が不足すると、暖房が効きにくくなります。なお、冷却水が少なくなると、水温計で温度の上昇が確認できたり、エンジンから異音がしたり、ほかにも異常が出る可能性があります。

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
暖房が効かない冷却水の交換5,000~10,000円
冷却水の補充2,000~5,000円
ラジエーターの交換20,000~80,000円
ラジエーターホースの交換10,000~30,000円

 

ブロアファンモーターのトラブル

ブロアファンモーターは車のエアコンで風を送る役割を果たしており、電源が入るとフィンが回転し、扇風機のように送風します。ブロアファンモーターにトラブルが起きている場合、「キーン」「ブーン」「キュルキュル」といった異音がしたり、エアコンの吹き出し口から風が出てこなかったりします

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
異音がする
風が出てこない
ブロアファンモーターの交換20,000~40,000円

 

リレーやヒューズのトラブル

車のリレーとは、電力を制御するしくみのことで「継電器」とも呼ばれます。リレーが故障すると電流が流れず、エアコンのコンプレッサーが作動しません。

また、エアコンのヒューズが切れることでもエアコンは作動しなくなります。ヒューズは、過電流が発生すると機器を保護するために切れるしくみとなっています。エアコンのスイッチが入らない場合は、ヒューズが切れていないかどうかも確認してみましょう。

〈対処法と費用の目安〉

状態対処法費用の目安
エアコンが作動しないリレーの交換10,000~20,000円
ヒューズの交換1,000~2,000円

 

車のエアコンが効かない!体験談から見る修理費用が高くなりやすい例

車のエアコンが効かない!体験談から見る修理費用が高くなりやすい例

実際に車のエアコンが効かなくなり修理が必要となった場合、車のタイプや状態によっては修理費用が高額になる可能性があります。ここでは、Twitter上に寄せられた車のエアコンの修理費用が高くついてしまった方のリアルな声をご紹介しましょう。

外車

外車は、エアコンの修理に限らず部品交換代や工賃が高くつく傾向があります。これは、部品を輸入して取り寄せるのに高額な費用がかかったり、外車の修理に対応できる整備士を手配したりする必要があるためです。

最近の外車であれば部品の流通量も多く、国産車と比べて多少高い程度で済むケースもありますが、部品の流通が少ない年式の古い外車や中古の外車は、修理代が高額になる可能性があるでしょう。

希少性が高い

外車と同様に、希少性の高い車も部品の流通が少ないため修理費用が高額になるケースが多いです。また、年式が古いと高額な費用を支払ったとしても完全に直るかどうかもわからない場合があります。

年式が古い

年式の古い車も、部品の流通量の少なさゆえに修理代が高くつきやすいです。こうした低年式な車は、高額な修理費用をかけたとしてもすでに市場価値がない可能性が高く、修理した上で下取りに出しても値段がつかないことも十分にありえます。

ここまでご紹介したように、車のタイプや状態によっては、エアコンの修理にまとまった費用が必要となるケースもあります。また、低年式の車や中古車は、修理に出したとしてもまたすぐにほかの故障やトラブルが生じて、メンテナンス費用が割高になってしまう可能性も。修理する価値や必要性があるかどうか、慎重に検討しましょう。

エアコンの修理費用を気にせず、定期的に部品交換などのメンテナンスができる方法があります。今話題の車のサブスクなら、初期費用0円で好きな新車に手軽に乗り換えられる上、メンテナンス代も月額料金にコミコミです。

新車を購入すると納車まで半年近く、場合によっては1年以上かかります。業界最安水準の「おトクにマイカー 定額カルモくん」は納車まで最短3週間。手間なく乗り換えられるので、エアコンが効かない車に我慢して乗り続けなくていいのです。詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみましょう。

維持費に悩まない車の新しい乗り方をみる

*即納車を選んだ場合

車のエアコンが効かないとき、故障なのかを調べる3つの方法

車のエアコンが効かないとき、故障なのかを調べる3つの方法

車のエアコンが効かなくなっても、エアコンフィルターの詰まりなど、故障が原因ではないケースもあります。もしエアコンが故障している場合は修理が必要となり、数万円~数十万円程度の費用がかかりますが、故障していなければ出費は大きくありません。その差は大きいので、故障しているかどうかは正しく見極めたいものです。

また、実際に故障していた場合、修理費用を支払って乗り続けるか、金額によってほかの車に乗り換えるかの選択になるため、慎重に調べることが大切です。

車のエアコンに異常を感じたら、次の3つの方法で故障なのかどうかを確かめてみましょう。

1. エアコンフィルターの掃除や交換をする

まずはエアコンフィルターを確認し、詰まりによって空気の流れがさえぎられていないかチェックしましょう。

エアコンフィルターが汚れていたら、清掃や交換をします。その後、エアコンの効きを確認してみて問題がなければ、フィルターの詰まりによる不調だったと考えられます。清掃や交換をしたにもかかわらずエアコンが効かない場合、ほかの箇所に不具合や故障が発生している可能性があります。

なお、一般的に、エアコンフィルターは、助手席側の収納部分のグローブボックスの奥に取り付けられています。グローブボックスを取り外し、フィルターカバーを開ければ、エアコンフィルターを取り出すことができます。

ただし、エアコンフィルターが別の場所に設置されていたり、簡単にフィルターが取り外せなかったりする車種もあるため、あらかじめ説明書を確認しておきましょう。

〈フィルターの掃除方法〉
フィルターを取り外したら、ブラシでほこりを落とし、水洗い、乾燥の順で行います。洗濯用洗剤にしばらく浸け置きするのもおすすめです。ただし、1年以上経っている場合は、網目の奥に入った汚れを落としきれないことも多いので、交換したほうがいいでしょう。交換時は、新しいフィルターと差し替えます。

2. 内気循環にして風量を最大まで上げる

次に、エアコンから冷たい空気が出ているかを確認しましょう。車のエアコンには、車内の空気を循環させて風を送る「内気循環」と、外の空気を取り入れる「外気導入」があります。外気導入の場合、車内の温度が下がっているか確認しにくくなってしまうため、窓をすべて閉めて、内気循環に設定した上で冷房をつけてみましょう。

風量を最大まで上げて、しばらく待っても冷房が効かなければ、どこかが故障している可能性があります。

3. 最低温度に設定して冷えるか確認する

内気循環にして風量を最大にした状態で、冷房の設定温度を最低まで下げて確認してみましょう。

外気導入でエアコンが効かなかったとしても、内気循環にして外の熱い空気を遮断することで車内が冷えやすくなります。内気循環で最低温度に設定してもまったく冷えない場合、エアコンガスの不足やエアコン内部の故障が疑われます。

ただし、夏場など外が暑いときや、渋滞時には、冷房をつけてもすぐには冷えません。また、アイドリングストップ搭載車の場合、エンジンが止まるアイドリングストップ中はエアコンが切れてしまうため、確認前にはアイドリングストップ機能をオフにしておきましょう。

エアコンの修理はどこでできる?

エアコンの修理はどこでできる?

フィルターの掃除をしたり内気循環にしたりしてもエアコンが正常に動作しないときには、エアコンが故障している可能性があります。その場合は業者で点検や修理をしてもらう必要がありますが、どこに依頼するかで質や費用が変わっています。

そのため、エアコンの修理を受け付けている業者の特徴や費用の目安を把握し、検討することが大切です。

ディーラー

ディーラーは、自動車メーカーの特約店なので、点検や修理の品質もメーカーのお墨付きです。自社の車なので、ほかの業者よりも構造や特徴に詳しい点も強みといえるでしょう。また、新車はメーカー保証がついているので、購入から3年以内であれば無償で修理を受けることもできます。

ただし、電装系の修理は自動車電装業者に依頼することも多いため、保証期間外の修理であれば、ほかの業者よりも費用が高くなる可能性があります。

整備工場

車の点検や修理、整備、車検などを取り扱っている民間の整備工場は、在籍している整備士によって技術や経験が異なります。一般的に費用はディーラーよりも安価ですが、工場によって品質が異なる場合があるため、評判の良いところや普段からお付き合いのある工場に頼むのがおすすめです。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドであれば、修理費用も比較的リーズナブルな傾向があり、手軽に修理を依頼することができるでしょう。店舗によって異なりますが、給油のついでに無料点検をしてくれたり、修理を依頼することでガソリン代の割引きがきいたりと、お得なサービスを提供しているところもあります。

ただし、修理を専門としているわけではないため、複雑な修理や特殊なケースには対応できない場合があります。

カー用品店

一部の大手のカー用品店でも、点検や整備、修理を受け付けている店舗があります。部品の交換が必要になっても、豊富なラインナップから予算や目的にあった商品を選ぶことができるでしょう。

ガソリンスタンドと同様に、手軽で安価に修理を依頼できますが、修理が専門でないことから修理できる範囲には限りがあります

自動車電装業者

自動車電装業者は、車に搭載されている電装品を専門に取り付けや修理をする業者です。電気に関わるパーツに対して、特に知識や経験が豊富なので、ほかの業者が対応できないような事案でも、自動車電装業者であれば修理できる可能性があります。

特に、現在入手できないパーツが必要な修理や、外車の修理などで困ったときに相談するといいでしょう。

車のエアコンが効かないときの応急処置

車のエアコンが効かないときの応急処置

夏場に車に乗っていてエアコンが効かなくなった場合は、熱中症になる危険性があるため落ち着いて車内の暑さ対策をする必要があります。ここでは、車のエアコンが効かなくなったときにできる4つの応急処置の方法をご紹介しましょう。

窓を開けて風を通す

エアコンが効かず風が出てこない場合は、車の窓を開けましょう。走行中なら風が入り、暑さも抑えられます。

効率よく風を取り込むためには、運転席か助手席のいずれかの窓を10cm程度、対角の後部席の窓を5cm程度開けましょう。風の通り道ができることでより多くの空気が入るようになり、車内にこもった熱気も逃しやすくなります。

日陰に退避する

渋滞などによってなかなか車が進まないときや、目的地まで時間がかかりそうなときは、いったん車を日陰へ退避させ、車内温度が上がるのを防ぎましょう。屋根のある立体駐車場もおすすめです。

特にボディカラーが黒や濃い色の車は、直射日光によって熱くなりやすいです。日差しの強い日にエアコンが効かなくなった場合は、すみやかに日陰へ移動しましょう。

小型扇風機や保冷剤などで対処する

小型扇風機やサンシェードを使って、車内の温度上昇を抑えるのも効果的です。小型扇風機は車内の空気を循環させて熱気を逃がしてくれますし、サンシェードは車内に直射日光が入るのを防ぐ効果が得られます。同時に、保冷剤や氷を購入して体を冷やし、熱中症を防ぐことも大切です。

コンデンサーに水をかけて冷やす

エアコンガスを冷やすコンデンサーが熱くなっていると、ガスを冷却させるのに時間もエネルギーも消費します。そこで、コンデンサーに水をかけて冷やすことで、エアコンを効率よく稼働させられる可能性もあります。

ほとんどの車のコンデンサーは、フロント回りにある網状の柔らかい部分です。ホースやペットボトルなどで水をかけて冷やしましょう。

古い車のエアコンが故障したら廃車も選択肢のひとつ

古い車のエアコンが故障したら廃車も選択肢のひとつ

エアコンが故障したとき、内容によっては高額の修理費用が必要となります。そのため、古い車の場合は廃車も選択肢に入れてもいいでしょう。特に、新車登録から13年を超えた車は、税金が高くなるほか、交換が必要な部品が増えることで修理費用や車検費用も上がってしまいます。
費用をかけて修理をしても、その後に乗り続けられる期間を考えると、割高な出費になってしまう可能性が高いでしょう。

しかし、新しい車を購入するとなると、まとまったお金が必要です。すぐにお金が用意できなければ、エアコンの修理をせずに乗り続けなければなりません。このような場合に、検討したいのが「カーリース」です。

カーリースは、初期費用なしですぐに新車に乗ることが可能な車の新しい乗り方です。月々定額のリース料金だけでカーライフを始めることができます。エアコンの修理費用が高額になってしまった場合には、カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

購入とカーリースの違いについてはこちらをご参照ください。

年に1度はエアコン診断や点検を受けよう

エアコンはカーライフを快適に送るために欠かせない存在です。しかし、さまざまな原因で突然壊れてしまうこともあるため、1年に1回は業者のエアコン診断に出して不具合や劣化しているパーツはないかを確認してもらいましょう。メンテナンス費用を負担に感じている方には、メンテナンスも定額にできるカーリースがおすすめです。

すでにエアコンが故障しており、新車購入を検討している方の中には、納車まで時間がかかることが悩みという方もいるのではないでしょうか。エアコンが効かない車で夏を乗り切るのは、熱中症のリスクもあるため避けたいところです。

カーリースの定額カルモくんの「即納新車」なら、最短3週間*で新車に乗り始めることができます。購入するよりもずっと早く新車に乗り換えられるため、エアコンが欲しい時期に間に合います。気になる方は下記バナーからチェックしてみましょう。

即納新車

*即納車を選んだ場合

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:車のエアコンが効かない原因は?

A:車のエアコンは、家庭用と同じように、冷媒と呼ばれるエアコンガスを内部で循環させることで、室内の熱を外に移動させて車内を冷やしたり、冷却水の熱を利用して暖めたりしています。そのため、フィルターが詰まったり冷媒が不足したりすると、うまく室内が冷えなくなってしまいます。

Q2:車のエアコンの修理はどこでできる?

A:ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店などで修理が可能です。業者によって修理費用が異なるので、見積もりを取ってから依頼すると安心でしょう。

Q3:車のエアコンが効かない場合、修理にはいくらかかる?

A:故障の原因や故障している部分、業者によって異なりますが、コンプレッサーやエバポレーターなどの交換が必要な場合には、目安として5万〜10万円ほどかかります。

※この記事は2022年6月時点の情報で制作しています

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる