ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ディーラーの代車は無料?有料?知っておきたい代車使用時の注意点

5_ディーラー_代車

車検や修理で数日間車を業者に預ける場合、多くの方が代車を利用します。ディーラーは代車を用意しているところが多いですが、無料のケースもあれば有料のケースもあるため、あらかじめ料金設定や代車使用時の注意点について確認しておくことが大切です。
そこで、ディーラーで代車を借りるべきかお悩みの方に、代車のレンタルにかかる費用や返却までの流れ、使用時の注意点などについて詳しく解説します。また、代車を借りずに車検を済ませる方法についてもご紹介します。

ディーラーで代車を借りるのに費用はかかる?

代車の貸出しはディーラーの好意によるもので、貸出しの有無や費用に決まりはありません。そのため、ディーラーによっては代車の用意がない場合や、台数が少なく、すべて出払っていて借りられないこともあります。また、代車を借りることができても、無料で借りられる場合と有料になる場合があります。基準はディーラーによって異なりますが、次のような理由のことが多いです。

車検や点検などの場合は無料のことが多い

車検や点検のようにあらかじめ予約をしてディーラーに車を預ける場合や、新車購入後の納車までの期間などは、車検や購入に対するサービスとして代車費用が無料となることが多いです。予約であれば代車を貸し出すことを前提にスケジュールを立てられるので、代車を確保しやすいのも理由のひとつです。

突然の依頼では有料になるケースも

事故や故障など、オーナー側の都合でディーラーに車を預ける場合は、代車費用が必要になることがあります。このようなケースでは、ディーラーが代車を急遽用意しなければならなくなることが、有料になるおもな理由となります。また、ディーラーで代車を用意するのではなく、レンタカー会社をオーナーに紹介することもあります。そのような場合も、レンタカーの費用はオーナー負担となるケースが多いです。
代車の料金は業者によって異なりますが、代車の車両クラスに応じて、1日5,000〜10,000円程度が相場となります。

LINE買い方診断

ディーラー代車の依頼時と返却時の確認事項

ディーラー代車の依頼時と返却時の確認事項

ディーラーで代車を希望する場合、依頼するタイミングや、借りるときと返却時の確認事項について把握しておくと、手続きがスムーズになります。また、万が一代車で事故を起こしてしまった場合の保険適用についても確認しておきましょう。

代車を申し込むタイミング

代車を申し込むタイミングは、車検や点検費用の事前見積りを依頼するときがおすすめです。このタイミングで代車の希望を伝えれば、ディーラーが確実に代車を用意できる日に車検や点検を申し込める上、見積りで代車費用を含めた料金を確認することができます。

代車を借りるときのチェックポイント

代車の貸出しに関するルールは、ディーラーによってさまざまです。契約内容や貸出し料金をきちんと確認せずに代車を借りてしまうと、思わぬトラブルの原因になる可能性もあります。代車を借りるときは、次の点を忘れず確認するようにしましょう。

・貸出し料金
代車の貸出しが有料なのか無料なのか、また、有料の場合はいくらくらいかかるのか、車検や点検の見積りを出してもらう時点できちんと確認し、納得の上で申し込むようにしましょう。

・傷
代車を借りたら、使用前に車体の傷の有無をチェックしましょう。車の傷はいつついたものなのか判断しにくく、事前の確認を怠ると、代車を返却するときにトラブルの原因となってしまう可能性もあります。代車を使用する前にディーラーのスタッフといっしょに車体の状態を確認したり、借りた時点の車の写真を残しておいたりすると、使用前からついていた傷の修理費を請求された場合にも証拠となります。

・ガソリン
代車はあくまで車を貸し出すサービスなので、必ずしもガソリンが満タンの状態で貸し出されるわけではありません。そのため、貸出し時のガソリンの量を確認しておくと安心です。なお、返却時は、基本的には消費した分を補充して返却します。ただし、代車を借りるときにディーラー側から説明があった場合は、その内容に従いましょう。

保険の加入状況も要確認

代車で事故を起こしたり、代車に傷をつけてしまったりした場合の修理費用の負担がどのようになるのかは、代車の保険加入状況によって異なります。ディーラーが保険に加入していたとしても、補償内容が最小限で、損害をカバーしきれないことも珍しくありません。事故を起こさぬよう安全な運転を心掛けることが第一ですが、代車を借りるときは、事故の際の対応についても一通り確認しておきましょう。

なお、近年は代車の利用者が加入している自動車保険に付帯する、他車運転特約(他車運転危険補償特約)で対処するケースが多くなっています。
他車運転特約とは、保険加入者自身、もしくはその家族が、所有している車以外の車を運転して事故を起こした場合に、自身の自動車保険から補償を受けられるというものです。現在は代車の保険加入状況にかかわらず、利用者側の加入している保険を優先的に使えるようになっています。

返却時のチェックポイント

代車を返却する際は、ガソリンの残量が貸出し時と同じになっているかと、代車を運転する前に確認した状態から傷やへこみが増えていないかの2点をチェックしましょう。もし代車を借りている最中に傷をつけてしまった場合は、その時点ですぐにディーラーへ伝えることが大切です。

ディーラーの代車を使用しているあいだの費用

ディーラーの代車を使用しているあいだの費用

代車を借りている期間中に、給油や修理、清掃などが必要となった場合、費用はどの程度まで自己負担になるのかも気になるところです。代車使用時の費用についても確認していきましょう。

ガソリン代はどちらが負担する?

代車は車を貸し出すサービスなので、使用中のガソリン代は利用者の負担になります。
ディーラーによって、ガソリンを満タンの状態で貸し出してくれるところもあれば、ほとんどガソリンが入っていない状態で貸し出すところもあります。利用中にガソリンが不足したら自費で補充し、満タン状態で借りた場合は再び満タンにしてから返すようにしましょう。

修理代は誰が負担する?

代車で事故を起こしたときや突然故障した場合の修理費は、原則代車の利用者が負担することになります。ただし、わずかに塗装がはがれたり、小さな傷がついたりした程度でも、まずはディーラーに連絡をして、勝手に修理に出さないように注意しましょう。
なお、代車使用時にスピード違反や駐車違反などで罰金が発生したときも、もちろん自己負担となります。また、代車で違反をして捕まった場合は、必ずディーラーに報告しなくてはなりません

代車を汚してしまったら洗車は必要?

代車は借り物であるため、汚した場合はきれいにしてから返却するのがマナーです。とはいえ、必ずしも洗車にまで出す必要はありません。わずかな汚れであれば、気になる部分を自宅できれいにする程度で問題ないでしょう。

代車を借りるにあたって知っておきたい6つのポイント

代車は一時的に利用する車ですが、上級グレードの車を借りることはできるのか、チャイルドシートやスタッドレスタイヤは借りられるのかなど、気になる点もあるでしょう。代車を借りる際は、次の6つのポイントを押さえておきましょう。

1. 代車を借りられる期間

代車の貸出し期間は、最長でも1ヵ月程度といわれています。1ヵ月を超える長期間の貸出しは、ディーラーに断られる可能性もあります。これは、1ヵ月を超えるほどの修理が必要な場合、買替えなどの選択肢も考える必要があるためです。ただし、日頃からディーラーと信頼関係を築けていれば、無料で長期間貸し出してもらえることもあるでしょう。

2. 代車がパンクしてしまったときの対処法

代車がパンクしてしまったら、まずはディーラーに連絡します。ディーラーの近場でパンクしたのであれば、担当者がタイヤを交換しに来てくれる可能性もあります。なお、利用者の運転に原因があってパンクした場合は弁償しなければなりませんが、そうでなければディーラー側の負担で修理してもらえます。

3. 代車のグレード

代車は、基本的には利用者が普段乗っている車と同じ程度のグレードが用意されます。しかし、ディーラー側の事情で上級グレードの車や高級車の代車しか用意できない場合は、普段乗っている車のグレードを問わず、こうした車を借りることもできるでしょう。なお、買替えを検討している場合は、検討中の車種の試乗車を代車として貸し出してくれるケースもあります。

4. チャイルドシートの貸出し

代車で借りられるのはあくまで車だけで、付属品は貸出しの対象外となります。チャイルドシートを代車でも使いたい場合は、代車を借りるときに、自分の車で使っていたものを載せ替えなければなりません。

5. スタッドレスタイヤの貸出し

冬季は、積雪の多い地域などではスタッドレスタイヤを装着した代車を貸し出してもらえることがあります。一方で、スタッドレスタイヤでなくても問題なく走行できる地域の場合は、冬であっても通常のタイヤの代車が貸し出されることが大半です。スタッドレスタイヤを装着した代車が用意されるかどうかは地域によって異なるため、必要な場合は代車を借りる前に確認しておきましょう。

6. 車内喫煙

代車はほとんどの車が禁煙となっていますが、ディーラーによっては喫煙可の代車を用意しているところもあります。普段から車内喫煙をする習慣のある方は、借りるときに喫煙について確認しておくことをおすすめします。

車検で代車を借りたくないときはスピード車検が便利!

代車が有料になる場合などは、代車の利用を躊躇する方もいるのではないでしょうか。特に車検は、ディーラーで行うと費用が高額になりやすいため、代車の利用料で負担が増えるのは避けたいと思うでしょう。そのような場合は、代車を借りる必要がないスピード車検も検討してみましょう。

スピード車検のメリット

スピード車検とは、完全予約制で、1台の車に対して複数人の整備士がついて効率的に点検や整備を行う車検です。早ければ1〜2時間ほどで車検が完了することもあり、代車を借りる必要がなくなります。また、ディーラー車検などでは、部品の消耗や劣化が少しでも見られると交換する傾向があるのに対し、スピード車検は車検に通すために最低限必要な点検や整備だけを行うため、過剰整備や本来不要な部品交換をせずに済みます。

スピード車検の注意点

スピーディーに車検が終えられるスピード車検ですが、業者の中には、整備能力を持たず、車検の依頼を受けたら運輸支局へ車を運ぶだけの業者もあるため、注意が必要です。また、部品が摩耗していたとしても、車検に通る状態ならば基本的には交換しないので、車検後に事故や故障につながるリスクもあります。
スピード車検を利用する場合は、指定工場を選び、車検時に部品の摩耗を指摘されたときは、最適な時期に自身で交換することが大切です。

修理や車検で業者選びに悩んだときは

カルモくん_new

ディーラーで有料の代車は借りたくないものの、スピード車検には不安を覚えるときなどは、定額の月額料金で新車に乗れるカーリースの定額カルモくんを検討してみてはいかがでしょうか。

おトクにマイカー 定額カルモくん」では、全国に30,000店舗以上ある指定大手事業者から好きなところを選べるので、修理や車検を信頼できる業者に依頼できる安心感があります。選択肢が多いことで、代車を無料で貸し出してくれる整備工場を探すのにも助かるでしょう。なお、月額料金には各種税金や自賠責保険料が含まれている上、メンテナンスプランをつければ、車検時の車検基本料や一部の交換部品代と工賃も定額にできるため、車の維持費を抑えることも可能になります。

カルモくん_詳しくみる

ディーラーで代車を借りるときはルールや料金を必ず確認しましょう

ディーラーの代車は、基本的に各ディーラーが好意で用意してくれるものなので、必ず借りられるとは限りません。また、代車の費用の有無や、使用中や返却時のルールも、ディーラーによってさまざまです。思わぬ出費やトラブルを防ぐためにも、代車を借りるときは料金や使用時のルール、傷の有無などを確認し、気持ちよく代車に乗れるようにしましょう。

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:ディーラーの代車は無料で借りられる?

A:ディーラーによって代車の有無や台数が異なるため、必ず借りられるとは限りません。借りられた場合、車検や新車購入から納車までのあいだなど、予約を伴うケースであれば無料で貸し出してもらえることが多いです。一方、事故の修理などオーナーの都合で突然車を預けるような場合は、有料になることがあります。

Q2:ディーラーで代車を借りるときの注意点は?

A:後々トラブルにならないよう、依頼前には代車費用の有無、代車に乗る前は車体についた傷を、忘れず確認しましょう。代車を借りたいときは、車検や修理の見積りを依頼するときに伝えることで、代車費用を確認できます。車体の傷に関しては、写真などで乗る前の状態を保存しておくといいでしょう。

Q3:代車で事故を起こしたときはどうすればいい?

A:代車で事故を起こしたとき、勝手に修理などを行うとトラブルに発展する場合があるため、まずはディーラーに連絡を入れましょう。修理費用は代車が加入している保険の状況によって異なりますが、近年は代車の利用者が加入している自動車保険に付帯する、他車運転特約(他車運転危険補償特約)で対処するケースが増えています。

※記事の内容は2020年12月の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード