ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

スズキの人気車種の買取相場とは?高く買取してもらう方法を解説

スズキの人気車種の買取相場とは?高く買取してもらう方法を解説
スズキの人気車種の買取相場とは?高く買取してもらう方法を解説

今乗っているスズキの車を売って、新しい車を買いたいときに、自分の車がいくらで売れるのか、またどうしたら高く買い取ってもらえるのでしょうか

この記事では、車の買取りのしくみや高く買取りしてもらうコツ、スズキの人気車種の買取相場などを解説。さらに、購入よりもお得に車に乗れる方法をお教えします。

  •  スズキのハスラーは高値がつきやすい
  •  車を高く買取してもらうには、車の状態を保ち、価格が上がる時期に売るのがポイント
  •  定額カルモくんなら車売却後に頭金不要で好きな新車に乗れる

車の買取査定とは?

車の買取査定とは?

車を乗り換える際には、今乗っている車を売却して、新しい車を購入するのが一般的です。車の買取査定とは、車を買取専門店や中古車販売店などに売却する際に必要な手続きです。買取査定は、実際に店舗で行ってもらったり、オンラインの買取査定シミュレーションを活用したりして、簡単に行えます。

スズキの人気車種、買取相場をチェックするならこちら

車の買取りにはどのような方法があるのか

車を売却する方法には、ディーラーや中古車販売店に下取りに出して車の購入費用を安くする方法や、買取業者に買取りを依頼する2つの方法があります。それぞれについて紹介します。

ディーラーや中古車販売店で下取りする

車の下取りでは、売却することで得た代金を、新たに購入する車の資金にあてることができます。一般的には、各販売店によって下取りの価格表が作成されており、これにより下取りの価格が決定されます。

また、車を下取りに出した店では、そのまま次の車が購入できます。下取りの段階から担当者と密にコミュニケーションを取っていれば、その後の車購入の際に値引き交渉なども行いやすくなるため、お得に新しい車を手に入れられることもあります。

一方、下取りのデメリットとして、売却によって得た資金を自由に使えない点が挙げられます。下取りと車の購入はセットであることが多く、新たな車の購入を検討していない場合は、買取りの依頼がおすすめです。

買取専門業者に買取りを依頼する

買取りを専門としている業者では、車の状態やカスタマイズの内容を基にして、総合的に査定して買取価格を決定します。

買取専門業者に依頼するメリットとして、同じ車種でも査定額が大きく上がる可能性がある点が挙げられます。例えば、カーナビやエアロパーツなどが搭載された車の場合、パーツの内容も踏まえて査定額が決定されるため、同じ車種でも査定額が上がることが多いです。

そして、買取りで提示された金額は基本的に現金で受け取ることになります。車を手離して別の用途に資金をあてたい場合や、ほかの販売店で新しい車の購入を検討している場合は、下取りではなく、自由にお金の使い道を選択できる買取りをおすすめします。

車の買取価格に影響する要因

車の買取価格に影響する要因

車の買取価格は、年式やモデルなど多くの要素から決まります。何が、どのように査定額に影響するのでしょうか。できるだけ高く買い取ってもらうため、また提示された査定額を見極めるためにも、買取価格を決める要素について、確認しておきましょう。

年式

車は、基本的に年式が新しいほうが買取価格も高くなります。1年型落ちするごとに価格が下がっていくため、買取りに出す時期が早ければ早いほど、高い金額で買い取ってもらえるといえます。

年式が古すぎる場合は、人気が高い車でも価格がつきにくくなるため、買取りを依頼する場合は購入してから5年以内で査定依頼するようにしましょう。

モデル

一般的に同一車種でも、新型モデルのほうが旧モデルの車よりも査定額が高くなります。車は定期的にモデルチェンジが行われており、モデルチェンジされた3年後を目安に買取相場も変動する傾向があります。

少しでも高く査定してもらうなら、新しいモデルが販売される前に買取りを依頼するのがおすすめです。

走行距離

走行距離によって、査定額は大きく変動します。基本的に、車は走行距離が長いほど内部の部品なども消耗するため、走行距離は車の状態を見るための数値として重要な指標となっています。

走行距離の目安として、1年で8,000~10,000km程度であれば妥当とされています。この目安以上に、年式に対して走行距離が長い場合は査定額が下がる可能性を考慮しておく必要があります。

ボディカラー

車のボディカラーも、査定額を決める要素のひとつです。同じ車種であっても、ボディカラーによって人気に差があり、当然人気のボディカラーのほうが高く買い取ってもらえます。

自分の車と同じボディカラーの車が、同車種のほかのボディカラーの車よりも価格が安い場合、自分の車の買取査定も低くなる傾向があるため注意が必要です。

修復歴などのダメージ

修復歴とは、過去に交通事故などで車体の骨格部位を損傷した際に、修正や交換をした履歴を指します。修復歴がある車は、ほかの車と比べて、安全性の問題や今後の修理発生確率が高いと考えられることから、査定額が安くなる傾向があります。

標準装備・オプション

標準装備やオプションによって、査定額が変動することがあります。カーナビは純正の大画面HDDの人気が高く、今後は安全運転機能が搭載される車に高値がつきやすくなるといわれています。また、度を超えた自分好みの改造などを行っている車の場合は、査定額が下がることもあるため、カスタマイズする際には注意が必要です。

店舗のある場所

買取価格は、店舗エリアによって異なることがあります。店舗側が出張買取を行う際に、距離が遠ければ店舗の業務負担が増えることになるため、車の買取査定額から人件費や手数料が差し引かれることがあります。その結果、買取相場よりも安く査定されてしまうケースも考えられます。

買取価格を下げたくない場合は、自分で車を持ち込むといった対応も可能なため、買取店がどこにあるのかも含めて判断することが重要です。

もう買い替えで悩みたくないなら「新しい乗り方」にしませんか。知りたい方はこちらへ

車買い替えローン

車を高額買取りしてもらうための方法

車を高額買取りしてもらうための方法

車を高額買取りしてもらうためには、事前に買取相場を把握しておくことや、高く売れる時期に売ることが大切です。後悔しないためにも、高額査定につなげる方法について見ていきましょう。

買取相場を知っておく

買取依頼する際には、依頼する車の相場を事前に知っておくことが大切です。相場を知ることで、業者から提示された査定金額が適切かどうか判断でき、交渉を優位に進めることができるようになります。

ディーラーや買取専門業者のサイトを利用すれば、車名、年式、モデル、グレードごとにリアルタイムでの買取相場を知ることができます。

高く売れる時期に売る

車には高く売れる時期が存在します。一般的に、新生活に備えて車を購入したいと考える方が増える1〜3月頃と、販売業者が決算期を迎える9月頃は、高く売却できる時期といわれています。

一方で、車の買取価格は時間とともに下落していくため、高く売れる時期に固執することなく、買取依頼のタイミングを判断することが大切だといえます。

車の状態を良くしておく

車の買取りをしてもらう際には、できるだけ良い状態で査定を受けることが重要です。車内が清潔なだけでも良い印象を与えることができるため、査定に出す前には汚れや匂いがないように掃除しておくことがおすすめです。

また、保証書や点検記録簿を用意することで、車が点検やメンテナンスを受けていたことを証明して評価を上げることができます。

複数の買取業者へ査定依頼する

買取りの査定は複数の業者へ依頼することをおすすめします。1社に絞らず査定依頼を出すことで、最も高く売れる業者を見つけることができます。

しかし、複数業者に査定依頼を出すことで時間がかかってしまうことも事実です。査定依頼を簡単に済ませたい場合は、1回の登録で複数社にまとめて査定依頼を出せる一括査定サービスの利用も検討し、効率よく査定を行いましょう。

簡単・効率的に最高額で愛車を売却!MOTA車買取

MOTA車買取なら、申し込みは簡単45秒で翌日18時に最大20社の概算査定額をWeb上で簡単比較。電話でのやりとりも高額査定の最大3社からのみ。
やりとりできる上位3社に選ばれるために買取店が競い合うから、楽に高く売却できます。MOTA車買取効率的に愛車を最高額で売却しましょう!

MOTA 車買取

※記事で紹介した商品に申し込んだり購⼊したりすると、売上の⼀部がカルモマガジンに還元されることがあります。

スズキ車はどう評価されている?メーカーとしての特徴

どう評価されている?メーカーとしての特徴

軽自動車を主力としているスズキは、1973~2006年までの間、軽自動車の国内販売台数1位を維持し続けた主要メーカーの1社であり、「スペーシア」や「ラパン」、「ハスラー」といった人気車種を多数輩出してきました。そして小型車をメインに技術を培ってきたスズキは、その特徴を活かして海外市場においても成功を収めており、インドでは「マルチ・スズキ・インディア」という子会社を創設するに至っています。また、スズキ車は全体的に、ドライバーのライフスタイルを最大限に考慮した仕様となっているのも魅力です。機能的な装備は、日常生活はもちろんアウトドアでも利便性が高く、広々とした車内スペースも快適な使い勝手をもたらしてくれるでしょう。

スズキ車の買取相場の特徴

スズキは軽自動車をメインに取り扱っており、低コストで機能性に優れた「スティングレー」や「ジムニー」、「ワゴンR」といった多彩な車種において買取価格が安定している一方、それぞれに流通量や購入する層などの違いがあります。そこで、より高く売却するために、スズキ車の買取相場の特徴を解説していきます。

スズキ車は買取相場で高値を維持しているモデルが多い

軽自動車の買取相場は全体的に高いという特徴がありますが、その中でもスズキ車は人気が高い傾向となっています。例えば、代表車種であるスペーシアやラパン、ワゴンRはデザイン性と機能性を兼ね備えていることからファミリーカーやアウトドア用途においても需要が高く、カスタム系も高値がつきやすいでしょう。

そして、「アルトターボRS」、「アルトワークス」といったスポーツ系、そして「スイフト」、「ソリオ」などの小型車に関しては流通している台数自体が少ないため、希少価値に比例して買取価格も高くなる可能性があります。

大ヒット車種のハスラーも高値がつきやすい

スズキの大ヒットシリーズであるハスラーは、軽トールワゴンとSUVの特性を併せ持った新ジャンルであるクロスオーバーSUV軽乗用車です。市街地走行にも適した燃費性能、オフロードにも対応した走行性能を備えており、中古車市場においても需要の高い車種となっています。また、安定した流通量を誇っていることから、新車と比較しても遜色ない状態で販売されることも多く、価格に関してもあまり差がない印象です。

したがって、ハスラーの購入を検討している場合は、数年程度の型落ちモデルを狙えば、予算を削減して良質なものを手に入れられるでしょう。

スズキの人気10車種の買取相場はいくら?

スズキの人気車種は、それぞれどのくらいの買取相場になるのでしょうか。ワゴンRやハスラーをはじめとしたスズキの人気10車種について、特徴や買取相場などを整理していきたいと思います。

ワゴンR

車種画像バナー

ワゴンRは、それまでに存在しなかった軽ワゴンという新しいジャンルとしてリリースされた車種であり、1993年の初代モデル以降、安定した人気を維持しています。そして、ショッピングなど普段使いからアウトドアまで幅広い用途に対応していることから、買取相場においても高値がつくことが多いのが特徴です。

平均査定価格は53.3〜73.3万円となっています。また、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては20,000km程度のものが平均的です

カーリースの定額カルモくんなら「ワゴンR」に月額 15,790 円から乗れる

ハスラー

車種画像バナー

リリース当初から高い人気を得ているハスラーは、レジャーから市街地走行まで使い勝手の良い性能を誇っています。さらに注目したいのは現行モデルだけでなく、初代に関しても、いまだに高額査定が期待できる点であり、アウトドアでつきやすい泥汚れや傷に注意していれば十分高値で売却できるでしょう。

平均査定価格は70.5〜96.9万円程度であり、3〜5年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては45,000km程度のものが平均です。

カーリースの定額カルモくんなら「ハスラー」に月額 16,890 円から乗れる

スペーシア

車種画像バナー

スペーシアは、ルーフが高く設計されており、広々とした車内空間で過ごすことが可能な軽トールワゴンです。荷物が多くなりがちなレジャー、そして業務車両としても有用性が高い車種として人気が高いモデルです。
また、ツールグリーンパールメタリック、オフブルーメタリックといった特徴的なカラーバリエーションも魅力といえるでしょう。

平均査定価格は79.9〜103.4万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、平均走行距離は45,000kmです。

カーリースの定額カルモくんなら「スペーシア」に月額 18,540 円から乗れる

ワゴンR スティングレー

車種画像バナー

軽ワゴンの代表格でもあるワゴンRに「雄牛」のイメージを付与したのが「ワゴンRスティングレー」です。マイルドハイブリッドシステムを搭載することで、モーターアシスト走行が可能となり、燃費性能を向上させています。そしてブレイブカーキパールなどのスタイリッシュなカラーも魅力です。

買取時の平均査定価格は、66.8〜91.8万円程度であり、3~4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては20,000km程度のものが平均的といえます。

カーリースの定額カルモくんなら「ワゴンRスティングレー」に月額 23,930 円から乗れる

ソリオ

車種画像バナー

1997年に初代モデルがリリースされたソリオは、スズキが誇る人気車種の一角であり、トールワゴン特有の丸みを帯びたフォルムに加えて、スタイリッシュなライトのラインを備えています。また、コンパクトでありながら積載スペースは広々としており、リアシートを倒せば自転車も運ぶことができます。

平均査定価格は80.1万〜103.6万円程度、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては70,000km程度が平均です。

カーリースの定額カルモくんなら「ソリオ」に月額 25,140 円から乗れる

アルト

車種画像バナー

「アルト」は、近年の車がスタイリッシュなデザインになっているのとは異なり、レトロなフォルムを備えている車種です。1979年に登場した初代モデルを、そのままモダンアレンジしたかのような外装が魅力となっています。また、「レーダーブレーキサポート」といった安全支援システムも搭載しており、見た目と機能の両面で優れていると評価の高いモデルです。

平均査定価格は26.9〜49.4万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、平均走行距離は20,000km程度です。

カーリースの定額カルモくんなら「アルト」に月額 14,800 円から乗れる

ジムニー

車種画像バナー

1970年に初代モデルがリリースされたジムニーは、自動車業界における4WDの礎となった車種といってもよいでしょう。力強くも洗練されたフォルムは多くのファンを獲得しており、エアコンやオーディオ機器に関する操作部がシンプルに配置されている点も特徴的です。

買取時の平均査定価格は111.3〜144.1万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては20,000km程度のものが平均的です。

カーリースの定額カルモくんなら「ジムニー」に月額 22,500 円から乗れる

エブリイワゴン

車種画像バナー

「エブリイワゴン」は、小ぶりなシルエットが特徴的でありつつも、ワゴン特有の車内スペースもしっかり確保しているモデルです。また、安定性重視のロングホイールベースを備えながら、最小回転半径は4.5mとなっており、デザインと小回りの良さのバランスがとれている点も人気です。

買取時の平均査定価格は95.7万〜123.9万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては45,000km程度のものが平均的です。

カーリースの定額カルモくんなら「エブリイワゴン」に月額 21,070 円から乗れる

スイフト

車種画像バナー

スズキのコンパクトカーにおける主力に挙げられるスイフトは、1トン以下に抑えられた軽量ボディによって、よりアクティブな走行が楽しめる仕様となっています。また、ガソリン車、マイルドハイブリッド、そしてハイブリッドの3種類から選択できる自由度の高さも人気の理由です。

買取時の平均査定価格は64.6〜88.9万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては70,000km程度のものが平均的です。

カーリースの定額カルモくんなら「スイフト」に月額 25,690 円から乗れる

アルトラパン

車種画像バナー

女性ドライバーを意識したキュートなデザインの車種は多くなっていますが、「アルトラパン」はその中でも特に印象的なデザインとなっています。全体的なフォルムはランチボックスをイメージしており、車体の内外装にはウサギをモチーフにしたデザインを採用するなど、徹底したターゲット設定が話題となりました

買取査定価格の平均は68.7〜94.5万円程度であり、3〜4年程度で買取依頼に出される車が多く、走行距離としては20,000km程度のものが平均的となっています。

カーリースの定額カルモくんなら「アルトラパン」に月額 18,320 円から乗れる

カーリースなら契約満了時に車を返却するだけで簡単利用できる

カーリースなら契約満了時に車を返却するだけで簡単利用できる

車の買取りの手続きには事前調査が必要になるため、面倒くさいと感じる方が多いでしょう。このような方にはカーリースの利用がおすすめです。

カーリースであれば、初期費用不要で好きな車を利用できる点に加え、諸費用が定額の月額料金に含まれます。毎月決まった金額を支払うだけなので、家計が立てやすく、安心して車を利用できます。

また、カーリースは契約満了時の車の価値として「残価」を設定した上で、車両本体価格から残価を引いた金額を、契約期間中に月額料金として支払うことになります。例えば、200万円の車を残価設定50万円とした場合、差額の150万円を基に月額料金が算出されます。車両代金の全額を支払う必要はありません。

自分が乗りたい車を乗りたい期間だけ、お得に利用できるという点がカーリース最大のメリットとなります。

車の売却後は頭金不要で新車に乗れる定額カルモくんがおすすめ

カルモくん_new

売却した資金で新たに車を手に入れるなら、初期費用0円、ボーナス払いなし、毎月定額で好きな新車に乗れる「おトクにマイカー 定額カルモくん」がおすすめです。税金や車検費用込みで月額10,000円台から新車に乗ることができる定額カルモくんの魅力について見ていきましょう。

国産全車種取り扱い&業界最安水準*

定額カルモくんは、国産の全車種・全グレードを扱っています。また、業界最安水準*の月額料金であるカーリースなので、買うのをあきらめていた車種や手が届かないと思っていたグレードの車にも、乗れる可能性があります。

また、ディーラーで車を購入する場合と同じようにオプションをつけられるので、自分好みのカスタマイズをした上で利用できます。

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

車の買取業者を紹介してくれる

車を買取りに出すなら、安心して査定を依頼できる業者を見つける必要がありますが、定額カルモくんでは、車の買取業者も紹介してもらえます。今ある車の買取りと、次の車の準備が同時に進められるので、手間なく乗り換えられます。

また、カーリースは契約満了時には車を返却するだけで済むため、次の車への乗り換えもスムーズです。

定額カルモくんについて、詳しく知りたい方はこちらのバナーからどうぞ

専門家も認めるカーリース

買取相場やポイントを理解した上で計画的に車を売却しよう

業界でも高い品質を誇るスズキ車は、買取りの際に高値がつくことも少なくありません。しかし、より良い条件で売却するためには、買取相場やポイントを理解した上で計画的に進めることが大切といえるでしょう。

そして、初期費用ゼロ、車検代もコミコミの定額プランにできるカーリースの定額カルモくんであれば、よりお得に新しい車が手に入るため、現在スズキ車の買取りを検討している方は、ぜひ参考にしてみましょう。

よくある質問

Q1:高値で買い取ってもらえるスズキ車は?

A:ワゴンRやハスラー、アルトといった車種です。これらは特に人気が高い車種であり、中古車でも購入したい方が多いため、買取相場も高くなっています。また、スイフトなどの小型車、アルトワークスといった流通量の少ないスポーツタイプも人気があり、中古車市場におけるスズキ車の買取価格は全体的に高い水準を保っています。

Q2:スズキの車を高価買取してもらう方法は?

A:車の状態をきれいに保ち、高く売れる時期を見極めることが重要です。例えば、走行距離は短いほうが高値がつきやすく、車骨格部分に関する修復歴は大幅な減額となってしまうため、普段から運転には注意しましょう。また、新生活に向けて車の需要が増加する1〜3月頃に査定に出すことで、より買取価格が高くなる可能性があります。

Q3:車の売却後に頭金や初期費用なしで新車に乗る方法は?

A:「定額カルモくん」でカーリースを利用するのがおすすめです。定額カルモくんなら、税金や自賠責保険料などの初期費用はすべてリースの月額料金に含まれているため、別途用意する必要がありません。定額カルモくんなら、まとまった資金がなくても希望の新車に乗れる可能性があります。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で制作しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

お得なクルマ情報が届く_リース&カルモの最新情報も!_LINEで受け取る