ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

プリウスの買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!

プリウスの買取相場はいくら?査定額の目安と高く売却するコツを解説!|より良いカーライフのためにならカルモマガジン
カルモなら新車_目次上

プリウスの買取価格は、状態や年式、走行距離などによって異なります。それだけに、見積りを取ったとしても、金額が適正なのか判断するのは難しいでしょう。ただ、相場を知っていれば、実際の価値よりも安い価格で売却してしまう可能性を下げられます。
そこで、高く売却するコツと併せて、プリウスのモデル別に買取相場を解説します。

なお、買取額を頭金などにして乗換えを検討している場合、査定額が想定よりも低ければ、乗換えの車種のグレードを下げるなど、今後の車選びに影響することも考えられます。そのような場合でも、欲しかった車種をあきらめることなく手にする方法もご紹介します。

その方法を先に知りたい方はこちらをご覧ください

予算を気にせず新車に乗る方法
  • プリウスの買取相場は、19,000~1,791,000円程度
  • 5つのコツを押さえることで買取額を上げられる可能性がある
  • 定額カルモくんならワンランク上の新車に乗り換えることもできる

トヨタ「プリウス」の特徴

初代モデルは世界初の量産ハイブリッド車として、その名を世界に知らしめたトヨタ「プリウス」。1997年の登場以降、トヨタを代表するモデルのひとつとなっています。今日のハイブリッド車の普及に大きく貢献したモデルで、日本のみならずグローバル市場でも高い知名度を誇ります。

2003年に登場した2代目プリウスは大ヒットを記録し、ハイブリッド車の代名詞といえる存在にまで成長。以降現在に至るまで老若男女問わず、幅広い層に愛され続けています。

燃費性能や環境性能の高さは、燃料費のコストダウンを期待する方のみならず、エコフレンドリーであることを大切にする方の支持も集めました。また、モデルチェンジするごとにさらなる低燃費を追求しており、いつの時代もクラストップレベルの燃費を実現しているのがプリウスの大きな魅力といえるでしょう。

モデル別プリウスの買取相場

プリウスは1997年に登場した歴史の長いモデルであり、初代モデルや2代目モデルは年式が古いため買取相場はそれほど高くなく、値が付かないケースもあります。とはいえ国産車全体で見ても人気のモデルであるため、高年式車は比較的高額な買取相場を維持しています。

ここでは、プリウスの買取相場をモデル別に見ていきましょう。

初代プリウス

初代プリウスの登場は1997年。新しい時代の幕開けを感じさせる世界初の量産ハイブリッド車として、「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーとともにデビューしました。環境に対する意識の高いアメリカ市場で大きな話題となったモデルで、当時としては珍しかったデジタルメーターやセンターディスプレイを採用し、先進性を感じさせるコックピットも特徴といえるでしょう。

初代プリウスの買取相場は19,000~28,000円程度です。

2代目プリウス

ボディスタイルを4ドアセダンから5ドアハッチバックに変更して登場した2代目プリウスは、爆発的なヒットを記録し、ハイブリッド車の一般化に大きく貢献しました。より進化したハイブリッドシステムを搭載し、当時世界トップレベルの低燃費を実現しています。

また、初代モデルは5ナンバーサイズでしたが、ボディサイズが拡大され2代目以降は3ナンバーサイズとなっているのも特筆すべきポイントでしょう。

2代目プリウスの買取相場は66,000円~164,000円程度。後期型であれば状態にもよりますが10万円以上の買取りの可能性もあります。

3代目プリウス

2009年には、ハイブリッドシステムを一新し、リダクション機能付きTHS IIを採用した3代目モデルが登場しました。空力性能に優れたデザインの採用や車両の軽量化、ランプ類にLEDを採用するなど車両全体のエネルギー効率を追求することで、先代モデルよりもさらに低燃費を実現するとともに、動力性能も向上させています。

また、2012年には、プラグインハイブリッドモデルの「プリウスPHV」が登場しました。

3代目プリウスの買取相場は16万4,000~93万9,000円程度で、2011年のマイナーチェンジ後のモデルがより高額な傾向があります。

4代目プリウス

現行型の4代目プリウスは2015年に登場。トヨタの新世代の車づくりの思想「Toyota New Global Architecture」の第1弾モデルであり、車の基本性能を大幅に向上させ、走行安定性や快適な乗り心地を実現しているのが特徴です。また、低重心パッケージによるスタイリッシュなエクステリアデザインを採用し、これまでのプリウスのイメ―ジを一新しました。

一部グレードにおいては、JC08モード燃費40.8km/Lを実現したことでも話題を呼んだモデルです。なお、プリウスPHVはプリウスのモデルチェンジのタイミングでは新型に移行せず、一足遅れて2017年に2代目に切り替わりました。

2018年にはマイナーチェンジが実施され、内外装のデザインをアップデートするとともにコネクティッドサービスが利用できる専用通信機DCM、さらに衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車標準装備されています。

現行型の4代目プリウスの買取相場は118万1,000~179万1,000円程度。比較的高い相場で推移しています。

車買い替えローン

車を高値で売却する5つのコツ

車を高値で売却する5つのコツ

車種ごとに相場はあるものの、車の状態によって実際の査定額は異なります。少しでも高値で買い取ってもらうためには、次に挙げる5つのコツを押さえておきましょう。

1. 整備記録や修理歴を提示する

見積りの際、定期点検記録簿のほか、修理やメンテナンスの履歴がわかるものを提示すると、きちんと整備されてきた車であることをアピールできて査定アップが見込めます。特に車検や12ヵ月点検を正規ディーラーで受けていた場合は、査定アップの可能性も高まります。

2. メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする

メーカーオプションやディーラーオプションをつけている場合は、その分が査定額に上乗せされる可能性があります。取扱説明書などは大切に保管しておき、見積りの際に一緒に提出しましょう。

3. 相見積を取る

買取額は買取店によって異なります。それぞれで見積りを取って比較するのはもちろん、見積書を基に大手買取店と地元のお店などを競合させると、査定額アップの可能性が高まります。少なくとも3店くらいの見積りは取っておきましょう。

4. 新車に買い替えるときは下取りに出す

高年式の車から同じメーカーの新車に乗り換える場合は、下取りのほうが買取店への売却よりも高値が付く可能性があります。また、決算前の2〜3月はメーカーから販売店に下取り対策金などが出る場合もあるので、その時期はよりチャンスといえるでしょう。

5. 高く売れる時期を狙う

中古車の需要が高まる直前の1〜2月は、販売店側は在庫を多く確保したいことから、高値で買い取ってくれる傾向があります。また、SUVは冬前、オープンカーは春など、ボディタイプ特有の高く売れる時期も狙い目です。
なお、モデルチェンジ前は値が下がるため、モデルチェンジの可能性がある場合はメーカーから発表がある前に売却するのがポイントですが、モデルチェンジ情報を正確につかむのは難しいでしょう。

買取額が低くても、定額カルモくんなら憧れの新車に乗れる!

カルモくん_new

5つのコツを取り入れることでプリウスの買取額を高められる可能性がありますが、売却で得たお金を乗り換える車の資金にしようと考えていた場合、金額によっては希望の車種を購入できないこともあるでしょう。
しかしカーリースの定額カルモくんであれば、プリウスの買取額に関係なく、予算内で乗りたい車に乗ることも可能です。その理由を見ていきましょう。

初期費用不要!維持費も込みの定額料金で新車に乗れる

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、月定額制で新車に乗れる車のサブスクリプションサービスです。月額料金には車両本体価格のほか、契約期間分の各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金はもちろん、登録諸費用もボーナス払いも不要。乗り続ける上で発生する維持費の負担も抑えて新車に乗れます。
しかも月額10,000円台から。買取額が思いのほか低くなっても、憧れの車種をあきらめずに済むでしょう。

国産メーカー全車種・全グレードから自由に選べる定額カルモくんで、欲しい車の月額料金を見る

1万円台から乗れる車

乗り始めから手放すときまで、ずっと手間がかからない

定額カルモくんでは、車選びから審査申込みまでオンラインで完結するので、店舗に出向く必要がありません。
納車時も自宅まで届けてもらえる上、契約満了時はリース会社に車を返却するだけなので、売却のために見積りを取ったり、高額買取の店を探したりする手間もかかりません。
なお、現在乗っている車を売却して定額カルモくんを利用する場合は、買取店を紹介してもらうことも可能です。

契約満了時に車がもらえる

カーリースは契約満了時に車を返却する必要がありますが、定額カルモくんで月額500円の「もらえるオプション」をつければ、契約満了時にそのまま車がもらえます。7年契約以上の全車種が対象なので、いずれマイカーにしたいとお考えの方にもおすすめです。

定額カルモくんについて詳しくはこちら

プリウスからの乗り換えにおすすめの3車種

月額定額制で新車に乗れる定額カルモくん。では、実際にいくらくらいで乗れるのか、プリウスからの乗換えにおすすめの3車種で実際の金額を見てみましょう。

トヨタ「ノア」

ノア

トヨタ「ノア」はファミリー向けのミニバンのスタンダードといえるモデルで、トヨタ車ならではの燃費性能の良さ、広い室内空間や使い勝手の良さには定評があります。

ノアの車両本体価格は255万6,400円からですが、定額カルモくんなら月々34,260円から新車のノアが利用可能です。

日産「キックス」

キックス

2020年に登場したコンパクトSUVの日産「キックス」は、エンジンを発電に使用し、駆動はモーターが担う日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」専用モデルです。EVのようなワンペダル感覚の走りが楽しめることに加え、優れた燃費性能を有しているため、SUVでも燃費にこだわりたい方には最適な1台でしょう。

キックスの車両本体価格は275万9,900円から。対して定額カルモくんでは、月々34,480円からの定額料金のみの支払いで新車のキックスに乗ることができます。

マツダ「CX-5」

CX-5

都会的で美しさを感じさせるスタイリッシュなエクステリアデザインが魅力のクロスオーバーSUV、マツダ「CX-5」。マツダの新世代技術群「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面採用した第1弾モデルで、クリーンディーゼルエンジンの燃費の良さには定評があります。

CX-5の車両本体価格は267万8,500円からですが、定額カルモくんなら月々36,130円で新車のCX-5が利用できます。

そのほかの車種の月額料金はこちらから確認できます。

料金をチェック

高値で売却してカーリースで乗り換えれば、ワンランク上の車に乗れる可能性も

売却前に相場を把握することは、プリウスを適正な価格で買い取ってもらうためにも大切です。高値が付くようにポイントを押さえて売却の準備をするとともに、カーリースのようにより少ない負担で乗り換えられる方法を検討しておけば、買取額に左右されることなく憧れのカーライフをスタートできるでしょう。
月額10,000円台から新車に乗れる定額カルモくんなら、ワンランク上の車種に乗り換えることも夢ではありません。

LINEクルマ診断

よくある質問

Q1:プリウスの買取相場はどれくらい?

A:プリウスのモデル別買取相場は、初代モデルが19,000~28,000円、2代目モデルが66,000円~164,000円、3代目モデルが16万4,000~93万9,000円、現行型の4代目モデルが118万1,000~179万1,000円程度です。

Q2:買取額を高くするためのコツは?

A:買取額アップを狙うコツは、見積時に点検や修理の履歴を提示する、メーカーオプションやディーラーオプションをアピールする、相見積を取って競合させる、高く売れる時期を狙う、高年式車両から同じメーカーの新車に乗り換える場合は下取りに出すなどの方法があります。

Q3:プリウス売却後の乗換えにおすすめの車種は?

A:ファミリー向けミニバンの定番といえるトヨタ「ノア」、日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する日産「キックス」、クリーンディーゼルエンジンの燃費性能に定評のあるマツダ「CX-5」がおすすめです。なお、定額カルモくんならノアに月々34,260円、キックスに月々34,480円、CX-5に月々36,130円で乗ることができます。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
頭金ゼロで新車_読了後