カーリースと購入ってどっちがお得?シミュレーションで比較してみた!

カーリースと購入ってどっちがお得?シミュレーションで徹底比較してみた!

従来から利用されてきた新車の現金一括購入やローンでの購入に加えて、カーリースという新しい車の導入方法が注目されています。カーリースは月々の決まった金額の支払いのみで車を利用できるということで人気のようですが、購入に比べて費用面やその他の面において、どんなメリットがあるのでしょうか。

ここではカーリースにするのか購入にするのかお悩みの方に、それぞれを徹底的に比較し、どちらが良いのか、その答えを導き出すためのヒントをお伝えします。

まずは、カーリースのしくみを理解しよう

カーリースの基本的な仕組みを一言で言ってしまえば、「月々の決まった使用料のみの支払いで自分好みの新車や中古車がマイカーのように使用できる」。これがカーリースです。
以下にカーリースの特徴を詳しくご紹介いたします。

カーリースの特徴1. 好きな新車や中古車が選べる

カーリースの特徴1. 好きな新車や中古車が選べる

カーリースは、購入同様に契約者が自由に好きな新車を選べます。これは、カーリースが支持される理由としてかなり大きな割合を占めているのではないでしょうか。レンタカーやカーシェアでは、そこにある車種やグレード、装飾品のついた車を利用するしかありませんが、カーリースは、新車同様に利用者の要望に合わせた状態の新車を用意します。

また、その選択肢も豊富で、ほとんどのカーリース会社では国産メーカーの全ての車種が選べるようになっています。もちろんマイカー賃貸カルモも例外ではありません。

モデルチェンジして新型が発表されたばかりのものでも、大人気のクロスオーバーSUVでも軽自動車でも、ほとんどの方のニーズを満たす車種が豊富に揃っています。このように、新車を購入するときと同じように車を選ぶ楽しみも用意されているのがカーリースの大きな特徴です。

もちろん資金的に少しでも安く抑えたいという場合には、中古車を選ぶという選択肢もあります。もちろん、カーリースでも中古車を扱っている会社は少なくありません。利用する場合は新車のようにカタログから自由に選ぶというわけにはいきませんが、希望に合った中古車が見つかれば、かなりお得にカーリース生活が始められるでしょう。

カーリースの特徴2. 月々の決まった料金のみで利用できる

カーリースの特徴2. 月々の決まった料金のみで利用できるカーリースの特徴2. 月々の決まった料金のみで利用できる

車を購入するとなったら、現金一括の場合はもちろんですが、ローンにおいても頭金の用意が必要とされることが多くあります。頭金もまた大きな金額になるので、一時的に家計に大きな負担をかけることになるかと、不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

カーリースは頭金0円でも利用できるので気軽に車生活を始めることができます。これまで車の導入は諦めていた方はもちろん、購入を考えていた場合よりもワンランク上の車種に乗ることもカーリースなら夢ではありません。

カーリースの特徴3. 残存価格設定がある

カーリースの特徴3. 残存価格設定がある

カーリースの値段を決める際には、残存価格(残価)が設定されます。残存価格とは会計用語で固定資産の減価償却の耐用年数が過ぎた後に残る価値のことを指します。カーリースにおいては契約満了時の車両の見なし査定価格と考えてください。

この残存価格の設定によってカーリースはよりお手軽な値段を提供することができるようになっています。

しかし、この残存価格はあくまでも予想価格なので、契約満了時の車の査定額を確約するというわけではありません。場合によっては設定された残存価格と査定価格に差額が生じることもあります(オープンエンド契約の場合)。残存価格を高めに設定し、その分、月々の支払いを安く見せて契約をさせ、契約満了時に差額の支払いを迫るということも起きかねません。

ネット割適用のおトクなカーリース、マイカー賃貸カルモのカーリース契約は、契約終了時のマーケット価格理由による追加清算のないクローズドエンド契約。安心してクルマをお選びいただけます。

カルモ割引バナー

マイカーを選ぶのと同じように好きな車が選べ、頭金0で月々の定額料金のみで利用できるカーリースですが、新しい車の導入方法なだけに、何となく不安に思うことがあるかもしれません。安心してカーリースを利用するためにもカーリースのメリットとデメリットについてしっかりと把握しておくことも大切です。

<あわせて読みたい>メリットデメリット

 

カーリースと新車購入、かかる費用を比較。新車購入編

カーリースと新車購入、かかる費用を比較。新車購入編

ここからは、新車購入とカーリースでかかる費用を比較していきます。

まずは新車購入ですが、新車を購入する際、かかるお金と言えば、車両本体の価格だけに注目してしまいがちです。しかし、実際購入する時になったら諸費用が上乗せされてかなり高額になってしまったという苦い経験がある方も多いのではないでしょうか。

ここでは新車購入の際にかかる費用をご紹介します。

費用1. 車両価格

まずは車両そのものの価格です。車両ごとに様々な料金設定がされていますので一概には言えませんが、比較的お手軽な軽自動車でも130万円程度~と、決して少ない金額ではありません。最近人気のコンパクトSUVなどでは200万円台後半〜300万円台前半のものが主流となっているようです。

費用2. 税金

自働車を手に入れるにあたって、国に収める税金がいくつかあります。それぞれ紹介します。

費用2. 税金

自動車取得税

まずは自動車取得時に納めなければならない自動車取得税があります。車両の価格に応じて課税され、普通乗用車は3%、軽自動車は2%の税率が定められています。

最近ではエコカー減税という優遇措置もあり、車種によっては自動車取得税が全額免除になるものや軽減されるものもあります。新車購入の際にはエコカー減税対象車かどうかも新車選びの条件の中に入れておきたいですね。

自動車重量税

その名の通り車両の重さに比例して加算される税金です。したがって車両の重量が重くなれば重くなるほどその税金は高額になります。普通乗用車では0.5tごとに税額が増加していきます。

この重量税は1年ごとにかかる税金ですが、車検時にまとめて払うシステムになっています。新車購入時には3年分の車検がついていることになるので、重量税は3年分必要です。そのあとは2年ごとに行われる車検時に課税されることになります。また、この重量税にもエコカー減税が適用されています。

自動車税/軽自動車税

毎年5月ごろに収めるのが自動車税(軽自動車税)です。4月1日の時点で車を所有している者に対して課税されます。普通自動車を購入した場合、その年度は自動車税は購入した月に合わせて月割りで納付することになっており、税額は普通自動車の場合は排気量に合わせて決定されています。この自動車税にもエコカー減税が適応されるものもあります。

軽自動車の場合は月割りにはならないので、購入のタイミングを調整すれば1年分の軽自動車税を節税できることになります。軽自動車税は排気量による税額の差はなく、一律の料金となっています。

費用3. リサイクル料金

新車購入の際には必ずリサイクル料金も支払わなくてはなりません。これは購入した新車を廃車にする際に必要となる料金であり、購入時の一度限り支払う料金です。リサイクル料金は車の装備によって異なり、車両毎に異なった料金となっています。

費用4. 自賠責保険料

車を持つのであれば、必ず加入する必要があるのが自賠責保険です。これは法律で加入が義務づけられている強制保険ともいわれるものです。この自賠責保険に入っていなければ車を運転することは違法となりますが、それだけではなく、交通違反点数も6点が加算され、即座に免停となる非常に重い違反行為ですし、法律により罰せられることにもなります。

もちろん、自賠責保険に加入していなかったら車検も合格できません。ですから、新車購入の際には必ずセットになっている料金となります。

費用5. 登録代行費用

新車を購入すると、陸運局へ検査登録を行う必要がありますが、これを購入者に代わってディーラーが行う際は代行手数料がかかります。これは税金のように国や都道府県に支払うものではなくディーラーに支払う料金です。

代行手数料として15,000円〜30,000円程度が相場となっています。

費用6. 車庫証明代行手数料

費用6. 車庫証明代行手数料

車を購入する際には必ず車庫証明が必要となります。所轄の警察署に提出することになりますが、これをディーラーに代行してもらう費用です。10,000円程度かかる場合もあります。

費用7. 預かり法定費用

検査登録者車庫証明取得のための必要な印紙代金ですこれもまた必ず必要になる法定費用です。

検査登録を自分で行ったり、車庫証明の取得は自分で行えばこれらの代行手数料は必要ありません。その場合はディーラーに対しては預かり法定費用を払う必要はありませんが、同額を陸運局や所轄の警察署にて自分で支払うことになります。

費用8. 納車費用

費用8. 納車費用

メーカーからディーラーに到着した新車を自宅までディーラーが納車してくれるための費用です。この納車費用は自分でディーラーに車を取りに行けばカットすることが可能です。

費用9. ナンバープレート取得費用

新車登録すればナンバープレートが交付され、取得費用が発生します。さらに、特定のナンバーを希望するのであれば、追加用金がかかります。

費用10. その他の費用

これらの他にも現在の車を下取りに出したい場合は下取り査定料や下取り手続き代行費用、任意保険に加入する場合はその費用が必要となってくるでしょう。

 

購入した車の維持費

新車購入時にかかる費用は前項で明らかになりました。では、購入後、車を維持するためにはどんな費用が発生するのでしょうか。

維持費1. 税金

車を持てば、買ったときだけでなく、持っていることへの税金がかかります。どんな税金か、ご紹介します。

自動車税

自動車税は車を購入した年度だけではなく車を所有している限り毎年納めなければならない税金です。年に一度、5月頃に納入することになります。軽自動車を所有している場合には、やはり同じように軽自動車税を毎年納める義務が発生します。

自動車重量税

自動車重量税もやはり新車購入時に必要な費用として出てきました。これは自動車税とは違い、初回以降は2年に1回ずつ必要となる税金です。ほとんどの場合は車検時に車検費用と一緒に支払うことになっています。

維持費2. 自賠責保険

この保険無しには車に乗ることはできない大切な保険です。車に乗り続ける限り払い続けていく必要があります。任意保険に加入している場合は、これとは別にその費用も必要です。

維持費3. 車検費用

維持費3. 車検費用

車検の正式名称は“継続検査”といい、日本国内を走る車には一定の期間ごとに受けるよう義務付けられています。つまり、車検を受けていない車は公道を走ることはできません。

車検では、国の定める保安基準をクリアできているかどうかが審査されます。乗用車の場合、新車は3年、その後は2年に1回車検を受ける決まりとなっています。

車検の際は車検基本料金の他に自動車重量税などの法定諸費用と検査の結果必要になった整備料金や消耗品代が加算されたものを支払うことになります。

維持費4. 燃料代

維持費4. 燃料代

長い目で見ると、車を使用する上で最も高額になるかもしれないのが燃料代でしょう。車の使い方にも大きく左右される為、金額としては個人差も多くなる項目ですが、車を維持していくうえで欠かせないものでもあります。

エコドライブの実践などで、ある程度軽減できる面もありますが、最も大きい燃費削減方法は新車を検討する際に燃費のいい車を選ぶことです。

最新技術を駆使したプラグインハイブリッド車やクリーンディーゼル車などは、燃費軽減を実現するため、高度な技術を使用しているだけに車両価格も高くなりがちですが、その分燃料代はかなり抑えられるのではないでしょうか。

また、そういった車はエコカー減税の対象になっていることも多く、節税という面でもより維持費を削減できるでしょう。

維持費5. 駐車場代

自宅にガレージがない場合は駐車場を借りることになります。新車購入の際に車庫証明が必要になりますから、駐車場なしに車を維持することはできません。

駐車場代はその立地条件や屋内式か屋外式かなどの条件によってもかなり値段が変わってきますが、特に都心部などで高額になりがちな傾向があります。そういった場合は家計への負担はかなり大きなものになることが予想されます。

維持費6. メンテナンス代

維持費6. メンテナンス代

車検の他にも、車はこまごまとしたメンテナンス費用が必要になってきます。ランプ類の球切れやオイル交換、タイヤ交換なども必要になることもあるでしょう。

そういった費用も意外と侮れません。一つひとつはそれほど大きな金額ではなくとも、車の使用期間中消耗し続けるものなので長く見ればそこそこの金額になることも多いようです。

<あわせて読みたい>シミュレーション

 

カーリースと新車購入、かかる費用を比較。カーリース編

新車購入にはたくさんの費用がかかることがわかりました。それでは、カーリースにかかる費用はどうなっているのでしょうか。先に、カーリースは頭金なしで月々の使用料だけで利用できることはすでにお伝えしましたが、実はカーリースには、新車購入の費用にあった税金や保険料までも月々の使用料に含まれているのです。

月々の使用料に含まれているもの

具体的にカーリースの月額料金に含まれている物をご紹介します。

  • 車両価格(残存価格を引いたもの)
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自動車税もしくは軽自動車税
  • リサイクル料金
  • 自賠責保険料
  • 登録代行費用(検査登録料の法定費用含む)
  • ナンバープレート取得費用
  • 納車費用

新車購入の際に必要とされたほぼ全ての諸費用は含まれているといっても過言ではないでしょう。

※これはごく一般的な基本プランの例ですが、カーリース会社によってはメンテナンスが充実したプランを用意している場合もあります。そういうプランを利用した場合には上記のものにさらに車検費用や各種メンテナンス費用が含まれることになります。

ここで注目していただきたいのが車両価格です。もちろん、カーリースでも車両価格は含まれますが、購入とは異なる点があります。それが残存価格です。ここが購入とカーリースの大きな違いといえるでしょう。

 

カーリースの維持費

カーリースの維持費は、税金や自賠責保険などは月額に含まれるため、燃料代や駐車場代、さらに車検費用やメンテナンス料金のみとなります。また、メンテナンスパックを利用していると車検費用やメンテナンス代も含まれているので車の維持費としては、ほぼリース料金のみといえるでしょう。

 

購入とカーリース、比較のまとめ

ここまで新車の購入にかかる費用や購入した車の維持費にはどんなものがあるのか、またカーリースを契約した場合に必要な費用やカーリースでの維持費について見てきました。

ここでいったん整理してみましょう。一目でわかりやすくするために表でまとめてみました。

<購入時にかかる費用とカーリース契約時の比較>

 購入の場合カーリースの場合
車両価格購入時に必要月額料金に含まれる(残存価格を引いた価格)
自動車取得税購入時に必要月額料金に含まれる
登録代行費用購入時に必要月額料金に含まれる
車庫証明代行手数料購入時に必要月額料金に含まれる
預かり法定費用(印紙代)購入時に必要月額料金に含まれる
納車費用購入時に必要月額料金に含まれる
ナンバープレート取得費用購入時に必要月額料金に含まれる
リサイクル料金購入時に必要月額料金に含まれる
自動車税・軽自動車税毎年必要月額料金に含まれる
(契約期間中ずっと)
自動車重量税車検ごとに必要月額料金に含まれる
(契約期間中ずっと)
自賠責保険料車検ごとに必要月額料金に含まれる
(契約期間中ずっと)
車検費用車検ごとに必要車検ごとに必要
(メンテナンスパックに加入すれば月額料金に含まれる)
燃料代必要必要
駐車場代必要必要
メンテナンス代都度必要都度必要
(メンテナンスパックに加入すれば月額料金に含まれる)

一見してカーリースではすべて月額料金に含まれていることがわかります。

また購入の場合は、購入時に初回車検分の自動車重量税や自賠責保険料、自動車税などを支払いますが、その後の分はその都度支払う必要があります。

自動車税、軽自動車税は毎年、自動車重量税や自賠責保険料は車検ごとに必要になりますが、カーリースでは契約期間満了までの分が月額料金に含まれているのが大きな違いでしょう。

燃料代、駐車場代は購入、カーリースにかかわらず必要になる維持費です。

車検費用やメンテナンスに関する料金も双方ともに必要になるものですが、カーリース会社によってはメンテナンスパックがあるので月額料金にまとめてしまうことも可能です。

 

カルモはさらにお得!

マイカー賃貸カルモ

マイカー賃貸カルモなら、満足度が高く充実したカーライフが可能になります。その理由はどんなのもなのか以下にご紹介します。

豊富な車種から選択できる!予算を抑えたいなら中古車の利用もOK

まず、マイカー賃貸カルモ選べる車の種類が豊富です。国産の全車種に対応しているので、まるでマイカーを購入するときと同じように車を選ぶ楽しみも味わえます。特別仕様車や限定車なども扱っている場合があるので、ぜひ問い合わせてみてください。

さらに、中古車も取り扱っているので、できるだけ料金を安く抑えたい方は中古車のカーリースを利用すると新車カーリースよりもさらにお手軽な料金でカーリース生活が始められます。

迷っている方に、一番いい方法をご提案します!

あまり車に詳しくないなど、車選びに困っている方も大丈夫です。LINEやメール、フリーダイヤルなどで、ぜひご相談ください。専門のスタッフが希望にぴったりの車種を提案いたします

数年後には家族が増える予定であるとか、アウトドアで悪路も攻められるモデルがいいとか、とにかく先進安全機能が充実した車がほしいとか、何でもお申し付けください。もちろん、カーリースが向いていない方には、別の手段をおすすめしますので、ご安心ください。

フリーダイヤル

 

頭金なし、月額定額で始められる

マイカー賃貸カルモでは頭金不要はもちろん、ボーナス加算もなしで月々の定額料金だけで車生活が始められます。まとまった初期費用がなくてもすぐに車を生活に取り入れられるのはかなり大きな魅力ではないでしょうか。

さらに、月々の定額料金には車両代金の他にも登録費用、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、ディーラーでの無料点検の費用、仲介手数料やお客様サポート料などが全て含まれたコミコミの価格となっています。

メンテナンスプランに加入すれば整備費用も月額定額に

マイカー賃貸カルモでは、メンテナンスの充実度に合わせた2種類のメンテナンスプランを用意しています。車検基本料はもちろん、エンジンオイルなどの消耗品の交換費用などが含まれている上に契約満了時の原状回復のための費用も保証されています。

契約期間中ずっと安心して車が利用できる上、車の管理もかなり楽になるでしょう。

メンテナンスに関する費用も月額定額になるので、車に関する支出はほぼカーリース料金のみになり家計管理もしやすくなります。

最長11年のプランなら月々の料金はかなりお手軽に!

またマイカー賃貸カルモでは、最短1年から最長11年まで、幅広い契約期間を用意しています。ライフプランに合わせてフレキシブルなプラン設計が可能なのも喜ばれています。

短期間で話題の新車に次々と乗り換えたい、という方や1~2年程度の短い期間だけ車を導入したいという場合には、短期契約を。

また、月々の支払額を抑えてお得にカーリースを始めたいのであれば9年や11年など、長い契約期間を選択すればするほど月々の使用料金は安くなります。最長の11年なら、1万円台前半からカーリースを利用できます。

このように、ネット販売の強みと最長11年の長期契約で月額料金をとにかく安くしているのかマイカー賃貸カルモの大きな強みでもあります。

2017年度、2018年度の2年連続新車販売台数1位を獲得した記録的大ヒットとなっているホンダの軽スーパーハイトワゴン、N-BOXやそのライバルとなるスズキワゴンR、ダイハツムーヴなどの人気車種も月額1万円台からリース可能。

コンパクトで取り回しの良さが人気のマツダのデミオや燃費の良さが支持されているトヨタシエンタなどでも2万円台からというお手軽さです。

悪路走破性に定評のある日産エクストレイルや個性的なエクステリアが人気を呼んでいるトヨタC-HRなどの人気SUVも3万円代。

マイカー賃貸カルモなら憧れのモデルにも手が届くかもしれませんね。

インターネットでの申込で「お得なネット割」もあり

しかもマイカー賃貸カルモでは、インターネットでお申込みいただくと最大で39,600円の割引を受けられる「お得なネット割」を実施しています。

カルモで車を探す

購入とカーリースの金額を比較シミュレーション

それでは、新車を購入した場合とマイカー賃貸カルモで7年契約した場合でシミュレーションしてみましょう。まずは人気のハイブリッドカー、トヨタ・アクアを例に挙げてみます。
今回はわかりやすくメンテナンスパックなし・各種オプションなしで比較してみましょう。

トヨタ・アクア

 カーリース5年契約現金一括購入残価設定型5年ローン
トヨタ・アクア2,131,920円
(月額35,532円、お得なネット割適用後)
1,997,660円
(購入時の諸費用込み)
2,238,279円
(月額平均37,304円)
この表で一括購入と単純に比べるとカーリースのほうが高額に思えてしまいます。しかし、5年ローンと比較するとカーリースのほうが安くなっていますしカーリースの料金には新車購入年度以降の自動車税や重量税が含まれています。

では、購入の場合にはどれくらいの税金がかかるのか、確認してみましょう。

トヨタ アクアはエコカー減税・グリーン化特例の対象車種なので自動車税は2年目が9,000円、3年目から34,500円です。自動車重量税は5年目まで免税、自賠責保険料は車検時に2年分の27,840円、印紙代が1,800円です。

5年で考えると車検を1回受けることになるので、これを購入初年度を抜いて計算すると自動車税は112,500円、自賠責保険料と印紙代は29,640円となりこれらの全額合計は142,140円という金額になります。

頭金0円、ボーナス払い0円、残価設定ありのカーリースと同条件で、5年ローンを組み購入した場合のシミュレーションをしてみると、本体価格は2,238,279円でした。この金額を先ほどの法定費用と足してみると2,380,419円となります。カーリースのほうがトータル金額で大幅に下回りました。

カーリースでは頭金が必要ない上に料金が月額払いでよく、新車購入時のディーラーとのやり取りや書類手続きを代行してくれる手間を考えると、かなりお得なのではないでしょうか。

軽自動車人気No.1のホンダN-BOXなら

ホンダN-BOX

では次に、軽自動車人気No.1、幅広い世代に高い人気を誇るホンダのN-BOXでも見てみましょう。アクアと同じく5年契約、メンテナンスパックなし、各種オプションなしでの比較です。

 カーリース5年契約購入
ホンダ・N-BOX1,652,400円
(月額27,540円、お得なネット割適用後)
1,775,400円
(諸費用込み)

こちらの場合は細かく税金などを計算するまでもなくこの金額の時点で、すでにカーリースでの5年契約での支払い総額が購入金額を下回っています。単純にこの支払総額だけに注目してもマイカー賃貸カルモでN-BOXを5年でカーリース契約すると諸費用を込めた購入総額よりも92,592円もお得です。

また、購入の場合には自動車重量税や37ヶ月分の自賠責保険が最初の諸費用に含まれていますが、5年使用するとなると一度車検を受けなければなりません。その際には新たに自動車重量税と自賠責保険料を支払う必要があります。

購入の場合にはその費用が含まれていませんが、ここで思い出してみてください。カーリースならば契約期間中の自動車税はもちろんのこと自動車重量税も自賠責保険も含まれていました。

そう考えると、N-BOXのマイカー賃貸カルモでのカーリースの利用はかなりお得なことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

また、今回は5年での比較を行いましたが、マイカー賃貸カルモでは最長11年での契約が可能です。一般的に軽新車を購入した人は平均14年間は使用するとされているので(2018年に行われた軽自動車検査協会の平均使用年数推移表より)、しっかりと長期で使う前提の方には11年契約で月額の料金を引き下げるプランもおすすめです。

アクアやN-BOX以外の他の車が気になる方やもっと料金を下げられないか気になるという方は、以下から確認することが出来ますので是非アクセスしてみて下さい。

詳しくはこちら

終わりに

終わりに

ここまで、購入とカーリースの価格をシミュレーションして比較してみました。

月々のお手軽な料金で新車や中古車をマイカーのように利用できるカーリース。契約年数やメンテナンスパックの有無、また車種などでも料金は違ってくるとは思いますが、金額面のみにとどまらないカーリースならではのお得ポイントも多くあるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。

カーリースでは頭金が必要なく、手元にまとまった資金がなくても車を生活に取り入れられることや、月々のお手軽な使用料金のみで利用できること、自動車税や自賠責保険などの諸費用が全て月額料金に含まれているので快適なカーライフを送る手助けをしてくれることなど魅力は少なくはありません。

新しい価値観、新しい時代を体現するようなカーリースはこれからもっと存在感を増してくるのではないかと予想されます。

 

※記事の内容は2018年7月時点の情報で執筆しています。

ラストチャンス
ラストチャンス

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

カテゴリから記事を探す

カーニュース

試乗記

車種カタログ

賢く車に乗る

タグから記事を探す