【愛車は色で選ぶ!】「ホンダN-BOX」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

相変わらず売れに売れているホンダN-BOX。人気車ゆえに色選びはなかなか悩みどころ。他人とのかぶりや下取りの時に有利かどうかは気になる方も多いでしょう。その豊富なカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別の編集部おすすめカラーもご紹介します。

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

ボディカラー選びはなぜ重要?

ボディカラーは外観デザインと同じぐらいクルマの個性を主張します。したがって、クルマの開発を行うときには、最もそのクルマの個性にあったボディカラーをイメージカラーに設定し、発売後はプロモーション活動を行います。 TV-CFやネットのバナー広告などでイメージカラーをすごく目にしますが、実際の販売台数とリンクするとは限りません。また、下取りや買取に出すときボディカラーによって査定額が下がるということもあることは知っておくべき事実です。 今回は軽自動車の人気モデルであるホンダN-BOXの人気ボディカラーランキングをはじめ、編集部のオススメカラー、なかなか手が出しづらいマニアックなカラーまで紹介しましょう。

ホンダN-BOXの人気カラーの最新ランキング発表!

編集部がホンダ広報部に独自取材を行うことで、聞き出した最新のホンダN-BOXの人気カラーベスト3を発表します。

ホンダN-BOX 人気カラーNo.1

第1位はN-BOX、N-BOXカスタムに設定されているプラチナホワイト・パールIIです。

ホンダN-BOX 人気カラーNo.2

第2位はこちらも両モデルに設定されているクリスタルブラック・パール。

ホンダN-BOX 人気カラーNo.3

第3位はN-BOXのイメージカラーであるモーニングミストブルー・メタリックとなりました。

日本国内において車種を問わずボディカラーは、白(パール)、シルバー、黒の人気が高く、ボディカラーの豊富な軽自動車においても、なかなかこの人気を覆すことはできません。

白と黒はN-BOXでも鉄板、しかし第3位にN-BOXらしさが

第1位に輝いたプラチナホワイト・パールは+3万2400円の有償色ですが、標準車のN-BOXそしてN-BOXカスタムに設定されているだけでなく、N-BOXカスタムには+8万1000円でプラチナホワイト・パール&ブラックの2トーンカラーも選べるというバリエーションの豊富なことが第1位に輝いた要因です。 第2位のクリスタルブラック・パールも先ほど挙げた定番カラーの一つ。こちらも第1位のプラチナホワイト・パール同様にN-BOX、N-BOXカスタム両モデルに設定されていますので、販売台数は多くなります。

注目は第3位に入ったモーニングミストブルー・メタリックです。この色は標準車N-BOXのイメージカラーであり、カスタムには設定されていません。N-BOXにはルナシルバー・メタリックという普通はベスト3に入るシルバー系のボディカラーも設定されていますが、こちらは第4位。登場から1年以上が経ちましたが、イメージカラーの薄いブルーシルバーのモーニングミストブルー・メタリックに依然として人気が集まっていることがわかります。

ホンダN-BOXのカラーバリエーションを全紹介!

いま日本で一番売れているN-BOXには非常に多くのボディカラーが設定されています。今回は全色を紹介しましょう。

ホンダN-BOX プラチナホワイト・パールII

N-BOXカスタム プラチナホワイト・パールII

プラチナホワイト・パールII

N-BOXの最も人気の高いボディカラーで、+3万2400円。標準車のN-BOXそしてN-BOXカスタムに設定。さらにN-BOXカスタムには+8万1000円でブラックルーフの2トーンカラーも選べます。

クリスタルブラック・パール

N-BOXの人気第2位のボディカラー。N-BOXとN-BOXカスタムに設定。またN-BOXカスタムは+5万9400円でクリスタルブラック・パール&レッドという赤いルーフの2トーンカラーを選べます。

モーニングミストブルー・メタリック

標準車N-BOXのイメージカラーで、カスタムには設定なし。みずみずしい朝をイメージした薄いブルーが特徴です。

ルナシルバー・メタリック

N-BOX、N-BOカスタム両モデルに設定されている明るいシルバーです。汚れが目立たないボディカラーとして評判です。

プレミアムピンク・パール

N-BOXのみに設定されている+3万2400円の有償色。N-BOX G・ホンダセンシングを除くグレードには+8万1000円でプレミアムピンク・パール&ホワイトの2トーンカラーも用意されています。

プレミアムアイボリー・パール

薄いベージュ色でN-BOXのみに設定されている+3万2400円の有償色。N-BOX G・ホンダセンシングを除くグレードには+8万1000円でプレミアムアイボリー・パール&ブラウンの2トーンカラーも用意されています。

プレミアムアガットブラウン・パール

焦げ茶色でN-BOXのみに設定されている+3万2400円の有償色。N-BOX G・ホンダセンシングを除くグレードには+8万1000円でプレミアムアガットブラウン・パール&ホワイトの2トーンカラーも用意されています。

ブリリアントスポーティブルー・メタリック

いわゆる紺色。N-BOXとN-BOXカスタムに設定。またN-BOXカスタムは+5万9400円でブリリアントスポーティブルー・メタリック&ブラックという黒ルーフの2トーンカラーも選べます。

プレミアムイエロー・パールII

鮮やかな黄色で、N-BOXのみに設定されている+3万2400円の有償色。N-BOX G・ホンダセンシングを除くグレードには+8万1000円でプレミアムイエロー・パールII&ホワイトの2トーンカラーを選べます。

ブリティッシュグリーン・パール

イギリス車に多く採用されている濃いグリーン。N-BOXのみに設定されている渋めのボディカラーです。

シャイニンググレー・メタリック

N-BOXカスタムのみに設定されている濃いシルバーです。メッキパーツを多用したカスタムのシャープさを強調します。

プレミアムグラマラスブロンズ・パール

N-BOXカスタムのイメージカラーで+3万2400円の有償色。一見すると黒に見えるが、光が当たった部分は金色に光るのが特徴。+8万1000円でプレミアムグラマラスブロンズ・パール&シルバーという2トーンカラーも選べます。

プレミアムベルベットパープル・パール

N-BOXカスタムのみに設定されている+3万2400円の有償色。とても上品な濃い紫色です。

ミラノレッド&ブラック

N-BOXカスタムのみに設定されている2トーンカラー。モノトーンは用意されておらず+5万9400円の有償色です。

編集部おすすめのカラーは?

合計22色用意されているボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」、「気取らないカラー」、「クールなカラー」、「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。

「売るときに有利なカラー」

これは人気色であるプレミアムホワイトIIもしくはクリスタルブラック・パールを選ぶのがいいでしょう。N-BOXカスタムであれば、プレミアムホワイトII&ブラックの2トーンカラーは間違いないでしょう。

「気取らないカラー」

N-BOXであればアースカラー(地球に存在している自然の色)であるプレミアムアイボリー・パールやプレミアムアガットブラウン・パールがあげられます。N-BOXカスタムでは濃いグレーのシャイニンググレーがオススメです。

「クールなカラー」

N-BOXはモーニングミストブルー・メタリック、N-BOXカスタムはプレミアムグラマラスブロンズ・パールの両イメージカラーが当てはまるのではないでしょうか。その理由はクルマの個性を最も上手に表しているからです。

「個性的なカラー」

N-BOXではプレミアムピンク・パール&ホワイト。そしてN-BOXカスタムはN-BOXカスタムではクリスタルブラック・パール&レッドのツートンカラーです。N-BOXのピンクのボディカラーも注目を浴びますが、黒いボディに赤いルーフは他のクルマではあまり見ない挑戦的な組み合わせだからです。

一番売れているN-BOXだからこそ個性的なカラーを!

N-BOX/N-BOXカスタムは軽自動車の中でもトップの人気モデルです。今回人気上位に入ったプレミアムホワイト・パールII、クリスタルブラック・パール、ルナシルバー・メタリックは安定した人気のボディカラーですが、街に溢れています。カルモのようなリースであれば、買取価格がカラーによらず決まっているので、プレミアムアイボリー・パール&ブラウンやプレミアムグラマラスブロンズ・パール&シルバーといった個性的な2トーンのボディカラーを選んで、差別化を図るのもいいのではないでしょうか。

萩原 文博

この記事の執筆者

萩原文博(はぎはらふみひろ)

中古車雑誌編集部を経てフリーランスとして独立。現在は日本で最も多くの広報車両を借り出している男として業界で有名だ。もともと走り屋だけに走行性能の評価は得意。それだけでなく長年の中古車相場の研究で培った、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

「【愛車は色で選ぶ!】「ホンダN-BOX」の人気カラーランキン...」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE
カーリースならマイカー賃貸カルモ|ネットで5分、車の格安マイカーリース

新着記事

【徹底レビュー】「ホンダオデッセイ」元祖走りのミニバン。その走行性能から室内空間まで

【徹底レビュー】「ダイハツコペン」3つの顔を持つ軽オープンカー、そのスタイルから走りまで

【試乗記】「レクサスLC」一部改良が加えられたエレガントなクーペをチェック

【徹底レビュー】「レクサスLX」国産最高峰SUV、その走りから豪華装備まで

【試乗記】「三菱デリカD:5」 見た目はともかく中身の進化は素晴らしい(岡崎五朗レポート)

【試乗記】「日産エクストレイルAUTECH」オリジナル内外装の特別なエクストレイルの走りはいかに?

【試乗記】「日産デイズ」6年ぶりの新型の走りはワゴンRを超えたのか?

【試乗記】「トヨタRAV4」SUVを再定義するSUVの元祖(岡崎五朗レポート)

【安全性能】アルファードの安全性能を徹底解説!

【内装・使い勝手】アルファードの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深堀り!

もっと見る

PAGETOP