フリードの内装ってどんな感じ?居心地や使い勝手を深掘り!

フリードの内装ってどんな感じ?居心地や使い勝手を深掘り!

出典:ホンダ「フリード」室内空間

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

内装の質感や使い勝手は快適なドライブのためにはこだわりたい部分です。インテリアデザインはもちろん、座席周りの収納の使い勝手の良さや荷室の収納力などは非常に重要な車選びのポイントとなるため、しっかりと確認しておきましょう。
ここではフリードの内装について紹介します。

フリードの室内空間の特徴

フリードはコンパクトなボディサイズながら広い室内を持つのが特徴で、メカスペースを最小限に抑えて居住スペースを最大限にまで大きくし、先代フリードよりも1列目から3列目までのシート間の距離を90mmも拡大しました。どの座席においても大人の方が快適に過ごせる広さを確保しています。

ハイブリッド車では一般的にハイブリッドシステムがガソリンエンジンよりも大きいため、室内の広さが犠牲になるという問題がありますが現行型フリードではバッテリーをはじめとするハイブリッドシステムを小型化し、1列目シート下に収納することでハイブリッド車でも広い室内空間や荷室の確保を実現しました。
ここからフリードのグレードごとの内装について紹介します。

ホンダフリードバナー

柔らかいモカのファブリックシートが好印象な「B」/「HYBRID B」

柔らかいモカのファブリックシートが好印象な「B」/「HYBRID B」出典:ホンダ「フリード」デザイン・カラー

ベースグレードのこの「B」では柔らかいイメージを車内にもたらす上品で柔らかい印象のモカのファブリックシートが採用されています。座面や背もたれの部分には織模様が入り、ベースグレードとは思えない質感の高さを感じさせるシートが魅力的です。

インパネにはウォームガンメタが使用され、ファブリックのモカカラーとよくコーディネートされ統一感を感じさせる仕上がりになっています。

白木目調のインパネが温かみを感じさせる「G」/「G Honda SENSING」/「HYBRID G Honda SENSING」

白木目調のインパネが温かみを感じさせる「G」/「G Honda SENSING」/「HYBRID G Honda SENSING」出典:ホンダ「フリード」デザイン・カラー

インパネミドルエリアが白木目調になり、温かみのあるインテリアがこのグレードの持ち味といえるでしょう。シートカラーは「B」グレードと同じファブリック素材ですが、モカとベージュの2色から選択が可能です。

白木目モカとベージュの2色から選択が可能です。調のインパネが温かみを感じさせる「G」/「G Honda SENSING」/「HYBRID G Honda SENSING」出典:ホンダ「フリード」デザイン・カラー

ベージュのシートは白木目調のインパネミドルエリアと完璧に調和し、明るくナチュラルな空気で室内を包み込みます。ファミリーには特におすすめのカラーといえるでしょう。

このグレードからフロントのパワーウィンドウスイッチパネルにメタリック塗装が施され、エアコンアウトレットノブにもシルバー塗装があしらわれるなど、ポイント的に輝きをもたらす加飾を使用することでインテリアに高級感がプラスされています。

Sパッケージが標準装備になる「HYBRID EX」

Sパッケージが標準装備になる「HYBRID EX」出典:ホンダ「フリード」デザイン・カラー

ハイブリッド車にのみ設定されている最上級グレード「HYBRID EX」では、レザーのような上質感と汚れやしわに強い機能性を兼ね備えたプライムスムースを使用したブラックのコンビシートと、インパネミドルエリアに黒木目調を使用した専用インテリア、本革巻きステアリングホイールなどがセットになったオプションパッケージの「Sパッケージ」が標準装備になります。

ほかのグレードとは一線を画すブラックに統一されたインテリアはフリードにクールな印象をもたらします。

この「Sパッケージ」は「G」/「G Honda SENSING」/「HYBRID G Honda SENSING」でも追加可能です。

スポーティさと高級感を併せ持つ「Modulo X Honda SENSING」/「HYBRID Modulo X Honda SENSING」

スポーティさと高級感を併せ持つ「Modulo X Honda SENSING」/「HYBRID Modulo X Honda SENSING」出典:ホンダ「フリード」デザイン・カラー

ベース車の持つ特性を活かしながら熟練のエンジニアが走行性能やデザイン性・快適性をさらに追及したホンダが手掛けるコンプリートカーであるModulo X。専用のエアロパーツによる迫力のあるエクステリアや専用開発されたサスペンションがもたらす走行性能の高さに定評のあるシリーズです。

インテリアにはプライムスムースのブラック&モカのコンビシート、ディンプルレザーとスムースレザーを使用したピアノブラック調の本革巻きのステアリングホイール、プレミアムタイプのフロアマットが専用装備として使用されています。

インパネミドルエリアは高輝度塗装のピアノブラック調になり、ラグジュアリーさを感じさせつつもスポーティで引き締まった雰囲気をもたらしています。

ホンダ

座席周りの収納も忘れずにチェック

ドリンクやスマートフォンなど、ドライブ中に必要なものを収納しておくスペースの充実度もチェックしておきましょう。

インパネアッパーボックス

インパネアッパーボックス出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

運転席前には大型インパネアッパーボックスがあります。カバー付きなので貴重品などの収納にも良さそうです。

インパネトレイ

インパネトレイ出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

助手席前に仕切りの付いたトレイが装備されています。メガネやハンドタオル、スマートフォンなどドライブ中によく使用するものを置いておくのに最適です。

運転席・助手席ドリンクホルダー&収納式ドリンクホルダー

運転席・助手席ドリンクホルダー&収納式ドリンクホルダー出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

運転席・助手席のエアコン送風口の下にドリンクホルダーが1つずつ装備されています。カップやペットボトルはもちろん、紙パックのドリンクも置けます。

エアコン操作パネルの下にも収納式のドリンクホルダーがあります。出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

さらにエアコン操作パネルの下にも収納式のドリンクホルダーがあります。

ボトルホルダー付き大型ドアポケット

ボトルホルダー付き大型ドアポケット出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

左右のフロントドアのポケットはかなり大型。A4サイズの雑誌などが十分収まるサイズです。500mlのペットボトルが収納できるボトルホルダーも装備されています。

スライドドア・ボトルホルダー

スライドドア・ボトルホルダー出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

スライドドアにもペットボトルホルダーがあります。左右どちらにも装備されています。

リアサイド・ドリンクホルダー

リアサイド・ドリンクホルダー出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

3列目シートにもドリンクの置き場所が確保されているのは評価できるポイントでしょう。

センターテーブル(「B」、「HYBRID B」を除くグレードに標準装備)

センターテーブル(「B」、「HYBRID B」を除くグレードに標準装備)出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

このセンターテーブルはインストルメントパネル内蔵型なので必要な時だけ引き出して、使用しないときは収納しておけるので邪魔にならない優れものです。

コンビニフック(「B」、「HYBRID B」は運転席のみ、そのほかのグレードでは運転席・助手席に標準装備)

コンビニフック出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

運転席、助手席のアームレストには紙袋やビニール袋などをかけておけるフックが装備されています。

シートバックアッパーポケット(「HYBRID EX」、「Modulo X Honda SENSING」、「HYBRID Modulo X Honda SENSING」に標準装備)

シートバックアッパーポケット出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

運転席・助手席の両方のシートバックの上部にはスマートフォンなどが収納できるポケットがあります。2列目シートにはドアポケットなどの小物入れがないので、これはうれしい装備といえるでしょう。

シートバックポケット(「B」、「HYBRID B」を除くグレードに標準装備)

シートバックポケット出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

助手席のシートバックには雑誌やタブレットなどの収納に最適なシートバックポケットが装備されています。

フリードの荷室の使い勝手は?

フリードの荷室の使い勝手は?出典:ホンダ「フリード」荷室・収納

フリードの荷室の開口部は高さ1,110mm、最大幅1,080mmと大きく、さらに開口部地上高は480mmと低いので荷物の積み降ろしがスムーズにできるのが特徴です。

3列目シートを跳ね上げれば広い荷室が出現し、2列目キャプテンシート装着車の場合はシート間の空間を利用して2列目シートをアレンジすることなく自転車を積み込むことも可能です。

フリードの内装や収納をしっかりチェックして特徴を把握しよう

車選びの際に確認しておきたいポイントはたくさんありますが、実際に車を使用していく上で一番多く接することになる車の内装は特にしっかりと確認しておきましょう。ドライバーだけでなくいっしょに車を使用する方の意見も取り入れたい部分でもあるので、内装や収納に関しては家族みんなで確認するのも満足のいくカーライフを手に入れるためのひとつの方法なのではないでしょうか。

※記事の内容は2019年8月時点の情報で執筆しています。

カルモマガジン編集部

この記事の執筆者

カルモマガジン編集部

マイカーリースのカルモが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。

フリードの内装ってどんな感じ?居心地や使い勝手を深掘り!

「フリードの内装ってどんな感じ?居心地や使い勝手を深掘り!」をシェアしよう!

  • Facebook シェアFacebook シェア
  • TwitterTwitter
  • hatenahatena
  • LINE

新着記事

カーローンが利用できないケースも!新入社員が車を手に入れるにはカーローンが利用できないケースも!新入社員が車を手に入れるには

カーローンが利用できないケースも!新入社員が車を手に入れるには

カーリースの利率はどのくらい?カーローンとどちらがお得なのかカーリースの利率はどのくらい?カーローンとどちらがお得なのか

カーリースの利率はどのくらい?カーローンとどちらがお得なのか

「車は現金で買うな」は本当?お得に車を買う方法を紹介「車は現金で買うな」は本当?お得に車を買う方法を紹介

「車は現金で買うな」は本当?お得に車を買う方法を紹介

500万の車を買うには年収いくら必要?おすすめの車種やお得な乗り方とは500万の車を買うには年収いくら必要?おすすめの車種やお得な乗り方とは

500万の車を買うには年収いくら必要?おすすめの車種やお得な乗り方とは

ルーミーの安全性能を徹底解説!ルーミーの安全性能を徹底解説!

ルーミーの安全性能を徹底解説!

フリードの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!フリードの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

フリードの燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

フリードの内装ってどんな感じ?居心地や使い勝手を深掘り!フリードの内装ってどんな感じ?居心地や使い勝手を深掘り!

フリードの内装ってどんな感じ?居心地や使い勝手を深掘り!

フリードのグレードをリサーチ!フリードのグレードをリサーチ!

フリードのグレードをリサーチ!

ルーミーの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!ルーミーの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

ルーミーの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

フリード+の燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!フリード+の燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

フリード+の燃費はどのくらい?実燃費を徹底調査!

もっと見る

PAGETOP