ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

スペーシアカスタムの内装をチェック!上質で落ち着いたおしゃれインテリアは必見!(2023年~現行モデル)

スペーシアカスタムの内装をチェック!上質で落ち着いたおしゃれインテリアは必見!(2023年~現行モデル)
スペーシアカスタムの内装をチェック!上質で落ち着いたおしゃれインテリアは必見!(2023年~現行モデル)

出典:スズキ「スペーシア」室内空間

車のインテリアデザイン、収納などの内装は車の使い勝手の良さや快適さを左右するため、車選びの際にはよく確認しておきたい部分といえます。上質感があるエクステリアデザインが特徴の軽スーパーハイトワゴン「スペーシアカスタム」は、エクステリアとコーディネートされたおしゃれなインテリアデザインを採用していることに加え、快適さを向上させるさまざまな機能が搭載されています。

ここでは、スペーシアカスタムの内装について詳しくご紹介します。

  • ブラックをベースに、セミマットな質感のボルドーやつやのあるピアノブラックを組み合わせ上質で落ち着いた室内空間を演出
  • スリムサーキュレーターやマルチユースフラップなど、快適性を高める機能を多数採用
  • 後席格納時は荷室がほぼフラットな状態で拡大するため、大型の荷物も積み込みやすい

スペーシアカスタムの室内空間の特徴

スペーシアカスタムの室内サイズは室内長2,170mm、室内幅1,345mm、室内高1,415mmを実現しています。軽スーパーハイトワゴンならではの余裕のある室内空間を確保しており、頭上空間にも十分なゆとりがあるので圧迫感を覚えることなく快適にドライブが楽しめるでしょう。

また、スライドドア開口部は十分な広さを有していることに加え、乗り降りしやすいリアステップ地上高、そして先代モデルよりも持ち手部分を拡大した乗降グリップを設置して、乗降性にも磨きをかけました。

スペーシアカスタムの内装

ここからは、スペーシアカスタムのインテリアデザインや、快適性を高める装備について見ていきましょう。

インテリアデザイン

インテリアデザイン出典:スズキ「スペーシア」価格・グレード

スペーシアカスタムには「HYBRID GS」「HYBRID XS」「HYBRID XS TURBO」の3種類のグレード設定がありますが、インテリアデザインはグレードによる差はそれほどありません。上位グレードにはステアリングホイールとシフトノブに本革が使用される程度です。

インテリアカラーはブラックを基調に、セミマットな質感のボルドー、つやの美しいピアノブラック加飾をあしらい、大人の余裕を感じさせる上質で落ち着いた雰囲気を表現。インサイドドアハンドルをメッキ仕上げにすることで室内に輝きを添えて華やかさも演出しています。

インテリアデザイン2出典:スズキ「スペーシア」価格・グレード

シート素材はスエード調起毛素材で、見る角度によってブラックの中にボルドーがきらめく洗練されたデザインを採用しました。「HYBRID XS」「HYBRID XS TURBO」にはシートの一部のレザー調素材とボルドーのパイピングをあしらい、より上質感を高めています。

快適なドライブをサポートしてくれる機能

スペーシアカスタムは、さまざまな快適性を高めてくれる機能を採用しています。

スリムサーキュレーター(HYBRID GSを除く)

スリムサーキュレーター(HYBRID GSを除く)出典:スズキ「スペーシア」快適装備

車内の空気を循環させて、前席と後席の温度差を解消してくれるスリムサーキュレーターは、静音タイプを採用しているので車内での会話を邪魔されることはありません。

また、ロールサンシェードやリアヒーターダクト、運転席・助手席のシートヒーター、ステアリングヒーター(助手席シートヒーターはHYBRID GS 2WD車を除く、ステアリングヒーターはHYBRID GSを除く)も備わっており、季節を問わず快適な環境でドライブが楽しめます。

マルチユースフラップ(HYBRID GSを除く)

マルチユースフラップ(HYBRID GSを除く)

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」室内空間

現行型のスペーシアカスタムでは、スズキ初の機能としてリアシートに「マルチユースフラップ」が採用されました。マルチユースフラップは引き出して位置や角度を調整することで、走行中の姿勢をサポートしたり、休憩中にオットマンとして使用したりできるほか、座面に置いている荷物の落下予防にも役立ちます。

スマートフォン連携メモリーナビゲーション(全車にメーカーオプション)

スマートフォン連携メモリーナビゲーション(全車にメーカーオプション)出典:スズキ「スペーシア」快適装備

視認性の良い9インチのディスプレイオーディオを備えた「スマートフォン連携メモリーナビゲーション」は、スマートフォンと連携していつも使用しているアプリで音楽を聴いたり、ハンズフリー通話をしたりすることが可能です。

また、ディーラーオプションのドライブレコーダーと連動し、録画した映像の再生や手動録画、静止画撮影などができる機能や、コネクテッドサービス「スズキコネクト」との連携機能なども搭載。さらに、HDMI端子を備えているためタブレットやスマートフォンなどの映像をナビ画面で表示することも可能です。

スペーシアカスタムのポケッテリア

スペーシアカスタムには、身の回りの小物を収納するスペースがたくさん用意されています。助手席前のインパネには十分な広さのあるビッグオープントレーがあり、スマートフォンやポーチなどが置いておけます。トレー下には引き出し式のインパネボックスがスタンバイ。インパネボックスは薄型のティッシュボックスが収まるサイズです。

運転席にもオープントレーやインパネアンダートレーがあるので、ドライバーも小物の収納場所に困ることはありません。さらに、フロントアームレストボックスや、運転席、助手席のドリンクホルダーが1つずつ用意されます。

このほかにも、助手席シートアンダーボックスやペットボトルホルダー付きのフロントドアポケット、リアクォーターポケットなどもあります。

スペーシアカスタムのポケッテリア

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」室内空間

「HYBRID GS」を除くグレードには、後席両側のパーソナルテーブルが標準装備です。スマートフォンやタブレットが立てかけられるストッパーがあることに加え、500mlの紙パックや幼児用のマグカップなどさまざまな形状の容器に対応したドリンクホルダーが備わっており、休憩時に役立つでしょう。

格納時も使用できるショッピングフックも、付属しています。

スペーシアカスタムの荷室・シートアレンジ

スペーシアカスタムの荷室・シートアレンジ

※画像はスペーシア

出典:スズキ「スペーシア」室内空間

現行型のスペーシアカスタムでは、後席格納時に床面がほぼフラットな状態になるため、先代モデルよりも荷室高が拡大しました。大きさのある荷物もスムーズに積載できることに加え、効率よく荷物が積み込めます。

自転車は27インチサイズのものまで収納可能。先代に設定のあった自転車の積み込みをサポートしてくれるガイドも継続して採用されているのもうれしいポイントといえるでしょう。

また、リアシートは分割して格納できるので、乗車人数や荷物の大きさ、形状に合わせてフレキシブルなシートアレンジが可能です。

上質で洗練された室内空間が魅力のスペーシアカスタム

スペーシアカスタムは、洗練されたカラーリングや素材使いによって大人の余裕を感じさせる上質な室内空間を実現しています。快適性を高める機能も多く採用されており、軽自動車であってもデザイン性や上質さにこだわりたい方にぴったりの1台といえるのではないでしょうか。

LINEで受け取る

よくある質問

Q1:スペーシアカスタムの室内空間の特徴は?

A:スペーシアカスタムの室内サイズは室内長2,170mm、室内幅1,345mm、室内高1,415mmであり、軽スーパーハイトワゴンならではの広く快適な室内空間を確保しています。頭上空間にも十分な余裕があるので、圧迫感を覚えることなくドライブが楽しめるでしょう。

Q2:スペーシアカスタムのインテリアデザインはどんな感じ?

A:ブラックベースにセミマットな質感のボルドーやつやのあるピアノブラックを組み合わせ、上質で華やかさのある室内空間を演出しています。また、上位グレードにはステアリングホイールやシフトノブに本革を使用していることに加え、シートの一部にレザー調素材を使用、ボルドーのパイピングをあしらうことでより上質感を高めています。

Q3:スペーシアカスタムの荷室は荷物がたくさん積める?

A:現行型のスペーシアカスタムは、後席を格納すると床面がほぼフラットな状態になり荷室高が拡大したので、自転車などの大型の荷物もスムーズに積み込めます。

※この記事は2024年1月時点の情報で制作しています

スズキスペーシアカスタムの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキスペーシアカスタムの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

お得なクルマ情報が届く_リース&カルモの最新情報も!_LINEで受け取る