ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

スペーシアギアの燃費をチェック!ライバル車「N BOX」と比較すると?

スペーシアギアの燃費をチェック!ライバル車「N BOX」と比較すると?
スペーシアギアの燃費をチェック!ライバル車「N BOX」と比較すると?

出典:スズキ「スペーシア ギア」

車の燃費性能や環境性能は各自動車メーカーが激しく競い合っている部分であり、ここ数年の新型車はある程度の燃費性能を備えているとはいえ、車種によって燃費性能に差があるのも事実です。一般的に長期間使用することになる車の燃費は、わずかな差でも積もり積もると大きな差になるため、車選びの際にはカタログ燃費、実燃費をしっかりと確認しておくことが大切です。

ここでは、スズキ「スペーシアギア」の燃費について紹介します。

よくある質問

Q1:スペーシアギアのカタログ燃費はどのくらい?

A:スペーシアギアは全車にマイルドハイブリッドシステムを採用しています。スペーシアギアのカタログ燃費はNAエンジン2WD車が21.2km/L、4WD車が20.2km/L、ターボエンジン2WD車が19.8km/L、4WD車は19.2km/Lです。

Q2:スペーシアギアの実燃費はカタログ燃費とどのくらいの差があるの?

A:スペーシアギアの実燃費はNAエンジン2WD車が17.4km/L、4WD車が16.3km/L、ターボエンジン2WD車が18.8 km/L、4WD車が16.2km/Lです。実燃費は走行環境や電装品の使用などによって変わるためカタログ燃費よりも悪化するのが一般的ですが、スペーシアギアのターボ2WD車は差が非常に小さいといえます。

Q3:スペーシアギアの走行性能・乗り心地は?

A:軽量高剛性化し、アンダーボディ構造の最適化、サスペンション部品を骨格の一部として使用するなどの工夫を凝らした新プラットフォームの採用によって車の基本性能を向上させ、スムーズで安定した走りを実現しています。

スペーシアギアの燃費の特徴

スペーシアギアは、2018年12月に現行型である2代目スペーシアの派生モデルとして誕生しました。スペーシアの広い室内空間はそのままに、近年国内市場で人気を集めているSUVのスタイルを取り入れた軽スーパーハイトワゴンです。

スペーシアギアは、全車にマイルドハイブリッドシステムを採用しています。マイルドハイブリッドは減速時のエネルギーを利用して発電した電力をバッテリーに充電し、走行時にモーターでエンジンをアシストしたり、エアコンやナビなどの電装品に利用したりすることでガソリンの消費を抑える低燃費技術です。

また、ブレーキペダルを踏んで減速し約10km/h以下になると、自動でエンジンを停止することで低燃費に貢献するアイドリングストップシステムも搭載しています。

スペーシアギアのカタログ燃費

スペーシアギアには660ccのNAエンジンとターボエンジンの2種類がラインナップされています。いずれのエンジンも組み合わされるトランスミッションはCVTのみ、駆動方式は2WD、4WDが設定されています。

スペーシアギアのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
HYBRID XZ/MY STYLE2WD21.2
4WD20.2
HYBRID XZターボ2WD19.8
4WD19.2

 

スペーシアギアの実燃費

現在、スペーシアギアに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e燃費」によると、スペーシアギアの実燃費(2022年8月6日時点)は以下のとおりです。

グレード駆動方式実燃費(km/L)
HYBRID XZ/MY STYLE2WD17.4
4WD16.3
HYBRID XZターボ2WD18.8
4WD16.2

 

WLTCモード燃費は「市街地」「高速道路」「郊外」と3パターンの数値を計測し、その3つの計測値を平均使用時間配分で構成した数値を採用しているため、これまで日本で使用されてきたJC08モード燃費よりも実燃費に近い数値が出るといわれています。

それでも実燃費とまったく差がないというわけではなく、ある程度は差が出るのが一般的です。スペーシアギアでもすべての駆動方式、グレードで差が見られますが、ターボ2WD車は差が非常に小さく優秀といえるでしょう。

スペーシアギアとライバル車のカタログ燃費を比較

ここでは、軽SUVトールワゴンである三菱「eKクロス」、そして軽自動車の王者ともいえる人気を誇るホンダ「N BOX」とスペーシアギアのカタログ燃費を比較してみましょう。

三菱「eKクロス」

三菱「eKクロス」出典:三菱「ekクロス」外観

2019年3月に登場した三菱「eKクロス」は、三菱ならではのSUVテイストが魅力的な軽クロスオーバーSUVです。高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」を三菱として初採用するなど、高いレベルでの安全性能を備えているモデルで、全車にマイルドハイブリッドシステムを採用しています。

eKクロスのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
M2WD21.2
4WD18.8
G2WD21.0
4WD18.8
T2WD19.2
4WD16.8

 

スペーシアギアとeK クロスの比較では、2WD車においてはほぼ同等、4WD車ではスペーシアギアにメリットがあることがわかります。

ホンダ「N BOX」

ホンダ「N BOX」出典:ホンダ「N-BOX」デザイン・カラー

軽スーパーハイトワゴンの代表格ともいえるホンダ「N BOX」は、登場以来高い人気を誇るモデルです。広くゆとりのある居住空間、安全運転支援システム「Honda SENSING」による安全性の高さなどが人気の理由として挙げられるでしょう。なお、N BOXはガソリンエンジンのみで、マイルドハイブリッド車の設定はありません。

N BOXのWLTCモードカタログ燃費は、以下のとおりです。

グレード駆動方式カタログ燃費(km/L)
G/L/EX2WD21.2
4WD19.8
Lターボ/EXターボ2WD20.2
4WD19.0

 

この燃費の数値からは、スペーシアギアとN BOXは、ほぼ同じ燃費性能であることがわかります。

スペーシアギアの走行性能・乗り心地

スペーシアギアの走行性能や乗り心地についても確認しておきましょう。

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用出典:スズキ「スペーシアギア」テクノロジーハーテクト

スペーシアギアは、高い剛性と軽量化を実現した新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用しています。構造や部品を従来のものから全面刷新し、アンダーボディ構造の最適化、サスペンション部品を骨格の一部として使用するなどの工夫を凝らして基本性能を向上させ、スムーズで安定した走りを実現しました。

モータージャーナリスト・萩原文博さんの試乗記でスペーシアギアの走行性能を詳しくチェック!

LINE買い方診断_記事内

ライバル車に引けを取らない燃費性能を備えたスペーシアギア

スペーシアギアの燃費性能はライバル車と比較しても遜色のないものといえるでしょう。

車の燃費性能は燃料費だけではなく、車に関する税金にも関わってきます。一定の基準を達成している車は税金の軽減措置が受けられる時代なので、車選びの際は忘れずに燃費性能をチェックするようにしてください。

メルマガ登録

※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

スズキスペーシアギアの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキスペーシアギアの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
LINE買い方診断_ポップアップ