寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「トヨタ86」後輪駆動のスポーツカーの楽しさをお手軽に

「トヨタ86」後輪駆動のスポーツカーの楽しさをお手軽に

この記事は、 5 分で読めます。

スポーティーなクーペスタイルにフロントエンジン・リアドライブ(FR)を組み込んだトヨタ86。兄弟車のスバルBRZとともに、スポーツカーの楽しさを気軽に味わえるモデルとして人気を集めてきました。もうすぐ新型が登場するこのタイミングで、初代86の足跡をたどってみましょう。

もうすぐ新型が登場するものの

もうすぐ新型が登場するものの

こちらは2021年4月に公開されたGR86

2021年4月に2代目となる新型GR86が公開され、今秋発売予定となっています。現時点でわかっているのはボディサイズこそ初代モデルとほぼ変わらないものの、ボディ剛性が大幅に向上していること。そして、搭載されるエンジンが2.4L水平対向4気筒DOHCへと変わり排気量がアップされることです。

車名がトヨタ86からGR86へと変更されたことや、先代をベースにかなり手が加えられていることを見ると、走りの質感をかなりのレベルで向上させたモデルに仕上がっているはずです。注目の新型GR86が登場する前に、ここでは初代トヨタ86を徹底解説しましょう。

メルマガ登録

パンダを凌いだ!?待ち時間90分の衝撃デビュー

パンダを凌いだ!?待ち時間90分の衝撃デビュー

2011年に開催された東京モーターショーで、クルマを見るだけなのに待ち時間90分という上野動物園のパンダを見るより長い行列ができました。それは、参考出品されたトヨタ86を近くで見るための列でした。それほどスポーツカーのトヨタ86は高い注目を集めたクルマだったのです。

スバルBRZと兄弟車、駆動方式はこだわりのFR

スバルBRZと兄弟車、駆動方式はこだわりのFR1

スバルBRZと兄弟車、駆動方式はこだわりのFR2

スバルBRZと兄弟車、駆動方式はこだわりのFR3

スバルBRZと兄弟車、駆動方式はこだわりのFR4

そして、2012年2月にトヨタ86は兄弟車のスバルBRZとともに発表され、4月より販売開始されました。86は独立したトランクをもつ2ドアノッチバックのボディに最高出力200ps、最大トルク205Nmを発生する2L水平対向4気筒自然吸気エンジンを搭載したスポーツカー。トランスミッションは6速MTと6速ATを採用し、駆動方式はFR(後輪駆動)のみというこだわりのモデルです。

毎年のように改良、2016年にはマイナーチェンジ

毎年のように改良、2016年にはマイナーチェンジ

86は毎年のように改良が加えられ、進化していきます。そして、2016年7月には86は初のマイナーチェンジを行いました。内外装の変更に加えて、リアピラーのスポット打点増し打ちによるボディ剛性の強化。そしてサスペンションなど足回りの改良を実施しています。加えて、6速MT車は吸排気系の部品を改良し、最高出力は207psと7馬力アップ。最大トルクは7Nmアップしました。

その後も、2016年11月にBrembo社製の高性能ブレーキやSACHS(ザックス)アブソーバーを装備した86 GT“Limited・High Performance Package”を追加。

2017年9月の一部改良では、ステアリングの支持剛性強化やパワーステアリングの再チューニングにより、ハンドリングのダイレクト感に磨きをかけるなど、約9年間のモデルライフで大きく進化しています。

最終的なグレード構成は、エントリーグレードのGをはじめ、17インチアルミホイールや左右独立温度コントロールフルオートエアコンなど快適装備が充実したGT。リアスポイラーやリアフォグランプなどが標準装備となったGT“Limited”。そして、Brembo社製の高性能ブレーキやSACHS(ザックス)アブソーバーを装備したGT“Limited・Black Package”の4グレードが用意されていました。

限定車や特別仕様車も多数

限定車や特別仕様車も多数

2016年1月に発売されたGRMN

こういったカタログモデルに加えて、2014年10月に高性能実験車両「Griffon Concept」の技術をフィードバックしたコンプリートカー「14R-60」を限定100台で発売。また独自のエクステリアデザインをまとったスタイルcb、そして2016年1月には86最強といわれているGRMNを限定100台で発売しています。さらに、イエローやグリーン、グレーといった専用のボディカラーをまとった特別仕様車が次々と発売されました。

クラシカルなFRだから味わえる楽しさ

クラシカルなFRだから味わえる楽しさ1

後輪駆動のスポーツカーというクラシカルなパッケージングを採用している86ですが、このパッケージングだからこそドライバーがクルマを操る楽しさを味わえるといえます。

初代86のサスペンションのセッティングは、グリップ力がそれほど高くない純正装着のタイヤでも、リアタイヤを滑らせられるようになっていました。こういったクルマに馴れていない人だとリアタイヤがスッと流れ出すのでビックリするかもしれませんが、意図的にそういう味付けなのです。

クラシカルなFRだから味わえる楽しさ2

しかし、この滑り出すリアタイヤをコントロールできるようになると、リアタイヤを滑らせながら走行するドリフトを行うことができます。ドライバーのアクセルとハンドル操作によって自由にクルマをコントロールできること。この感覚が手軽に味わえることこそ、86の最大の魅力となっています。電動化や環境対策でこういったスポーツカーはこれからさらに厳しくなりますが、そんなクルマだからこそ、今楽しむのがベストといえるのです。

スポーツカー入門にうってつけ

スポーツカー入門にうってつけ

スポーツカー=MT車だから乗れない、という人も多いかもしれません。しかし初代86の中古車はAT車も多く流通していて、スポーツカー入門車としても適したモデルです。トランクスペースや狭いながらもリアシートもあり実用性も兼ね備えた初代86。新型が登場する今だからこそ注目です。

■トヨタ86価格表

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格
2.0G(6MT)FR12.8267万1900円
2.0G(6AT)12.0269万6100円
2.0GT(6MT)12.8303万7100円
2.0GT(6AT)11.8310万5300円
2.0GTリミテッド(6MT)12.8324万2800円
2.0GTリミテッド(6AT)11.8331万1000円
2.0GTリミテッド・ブラックパッケージ(6MT)12.8341万8800円
2.0GTリミテッド・ブラックパッケージ(6AT)11.8348万7000円

 

メルマガ登録

※記事の内容は2021年8月時点の情報で制作しています。

トヨタ86の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタ86の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード