ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

キャロルの安全性能が知りたい!搭載される先進安全技術を徹底解説(2022年~現行モデル)

キャロルの安全性能が知りたい!搭載される先進安全技術を徹底解説(2022年~現行モデル)
キャロルの安全性能が知りたい!搭載される先進安全技術を徹底解説(2022年~現行モデル)

どんなに安全運転を心掛けていても、思いがけない外的要因やヒューマンエラーが事故につながることもあります。衝突事故の危険を予測し、事故の回避や衝突時の被害軽減をサポートしてくれる先進安全技術はこれからの車には欠かせない装備といえます。ただし、安全装備の充実度は車種によって大きく異なることに加え、グレードによって内容が違う場合もあるため、車選びの際によく確認しておく必要があります。

ここでは、マツダの軽自動車「キャロル」の安全性能についてご紹介します。

  • キャロルには全車に先進安全技術が標準装備で、グレードによる差はない
  • 「デュアルカメラブレーキサポート」は夜間の歩行者の検知も可能
  • 全車が「サポカーSワイド」に該当

キャロルの安全性能の特徴

2022年1月に登場した現行型のキャロルは、先代モデルよりもガラスエリアを広くとってドライバーの視認性を向上させたことに加え、夜間の歩行者の検知に対応した衝突被害軽減ブレ―キを全車に標準装備するなど、安全性を向上させました。

なお、キャロルはスズキ「アルト」のOEM供給を受けてマツダが販売しているモデルのため、マツダが開発・生産するモデルに搭載される先進安全技術「i-ACTIVSENSE」ではなく、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」に相当する機能が搭載されています。

キャロルはグレードによる先進安全技術の差はなく、全車が経済産業省や国土交通省が普及を推進する「サポカー」のうち、最も装備が充実した内容の「サポカーSワイド」に該当します。「サポカーSワイド」の認定には、歩行者の検知ができる衝突被害軽減ブレ―キ、ペダル踏み間違い急発進抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトの搭載が必要です。

キャロルに搭載される先進安全技術

ここからは、キャロルにはどのような先進安全技術が搭載されているのかを見ていきましょう。

デュアルカメラブレーキサポート

デュアルカメラブレーキサポート出典:マツダ「キャロル」安全性能

約5~100km/hで走行中に前方の車両や歩行者を検知し、事故の危険がある場合はドライバーに注意喚起します。その状態でドライバーがブレーキを踏むとシステムがブレーキ踏力をアシストし、制動力を高めます。

それでも危険が回避できない場合には衝突被害軽減ブレ―キを作動させる機能で、キャロルでは昼夜の車両と歩行者の検知が可能です。

車線逸脱警報機能

車線逸脱警報機能出典:マツダ「キャロル」安全性能

走行中にシステムが左右の区画線を検知し、進路を予測。実際の車の進路が予測値を外れ、車線からはみ出すおそれが発生した場合には表示やブザーで警告する機能です。

ふらつき警報機能

ふらつき警報機能出典:マツダ「キャロル」安全性能

蛇行するなどシステムが「ふらついている」と判断した場合には、音や表示で注意喚起します。なお、「車線逸脱警報機能」「ふらつき警報機能」ともに、約60km/h以上で走行中に作動するため、おもに高速道路などの自動車専用道路で活躍してくれる機能といえます。

また、いずれの警報機能もステアリング操作を支援する機能はありません。

誤発進抑制機能(前進時・後退時)

誤発進抑制機能(前進時・後退時)出典:マツダ「キャロル」安全性能

進行方向に壁などの障害物を検知している状態で必要以上にアクセルペダルを強く踏み込むと、一定時間エンジンの出力を抑制することで飛び出しを防止する機能です。

前進時は約4m以内、後退時は約3m以内の障害物の検知が可能で、約10km/h以下の徐行時、もしくは停車時に作動します。

後退時ブレーキサポート

後退時ブレーキサポート出典:マツダ「キャロル」安全性能

キャロルには、前進時だけではなく後退時にも衝突被害軽減ブレーキを作動させる機能が搭載されています。

リアバンパーには、4つのセンサーで障害物と車両の距離を計測し、距離に応じてブザー音を変化させる「リアパーキングセンサー」を搭載。さらに車両と障害物が接触する危険が高まると、ブレーキ制御を行って衝突回避または衝突被害の軽減をサポートします。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能出典:マツダ「キャロル」安全性能

渋滞時や信号待ちでの停車中に、先行車が約4m以上進んでも自車が停止し続けた際に音や表示によって先行車の発信をドライバーに知らせ、出遅れ防止をサポートする機能です。

ハイビームアシスト機能

ハイビームアシスト機能出典:マツダ「キャロル」安全性能

ハイビームを点灯して走行している際に、対向車や先行車のランプを検知したり、明るい場所を走行したりすると自動でロービームに切り替える機能です。ロービームにする必要がなくなるとハイビームに切り替えます。

手動で切り替える手間を減らすことでドライバーの安全運転をサポートすることに加え、ハイビームでの走行頻度を上げて夜間視認性の向上に貢献します。

キャロルに搭載される先進安全技術は以上です。なお、キャロルには追加できる先進安全技術のオプションはありません。

キャロルは全車「サポカーSワイド」に該当

近年の軽自動車は、高速道路で先行車に追従走行してドライバーの負担を減らしたり、ステアリング操作の支援をしたりする運転支援機能を搭載する車種も少なくありません。

キャロルにはそういった比較的高度な運転支援技術は搭載されていませんが、全車が「サポカーSワイド」に該当する安全性能は有しています。「サポカーSワイド」は今の時代に誰でもが安心して運転できる安全性能を備えた車であるというひとつの基準といえるため、日常生活で使用する車として必要な安全性能は有しているといえるでしょう。

あなたと相性最高の車は?約100種の国産車からピッタリの一台が見つかる!LINEで無料診断してみる

よくある質問

Q1:キャロルには先進安全技術は搭載されているの?

A:はい、キャロルには全車に同じ内容の先進安全技術が搭載されています。なお、キャロルはスズキ「アルト」のOEM供給を受けてマツダが販売する車両のため、マツダが開発・生産するモデルに搭載される先進安全技術「i-ACTIVSENSE」ではなく、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」に相当する機能が搭載されています。

Q2:キャロルにはどのような先進安全技術があるの?

A:車両と昼夜の歩行者の検知ができる衝突被害軽減ブレ―キである「デュアルカメラブレーキサポート」、ペダル操作ミス時の急発進防止をサポートする「誤発進抑制機能(前進時・後退時)」、後退時にも衝突被被害軽減ブレーキを作動させる「後退時ブレーキサポート」、車線からはみ出す危険を検知すると注意喚起する「車線逸脱警報機能」などがあります。

Q3:キャロルにはオプションで追加できる先進安全技術はあるの?

A:いいえ、キャロルにはオプションで追加できる先進安全技術はありません。

※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

マツダキャロルの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダキャロルの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

お得なクルマ情報が届く_リース&カルモの最新情報も!_LINEで受け取る