島崎七生人
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
島崎七生人しまざきなおと

いま売れている車はコレ! 新車販売台数速報(2020年8月)

いま売れている車はコレ! 新車販売台数速報(2020年8月)

2020年8月の乗用車全体(軽自動車を含む)の販売台数は27万346台、前年比85.2%となり、前年比は7月とほぼ同水準の結果となりました。軽自動車を除く新車販売ランキングはトヨタヤリスが約1万1800台を販売し2ヶ月連続の首位、トヨタライズ、トヨタカローラが変わらず2位、3位、ホンダフィットは4位、トヨタアルファードが5位、前月4位にジャンプアップした新型トヨタハリアーが6位と、ランキング上位6車種はハリアーが順位を下げたものの同じ顔ぶれとなりました。
一方、軽自動車(乗用車)は王者ホンダN-BOXが引き続き首位をキープ、2位スズキスペーシア、3位ダイハツタント、4位ダイハツミラ、5位スズキハスラー、6位日産ルークスまで前月と同じ順位となりました。今回も自動車評論家の島崎七生人さんに詳しく解説をしてもらいましょう。

国産乗用車販売台数 2020年8月(軽自動車を除く)

順位車名ブランド名台数前年比
1ヤリストヨタ11,85620年2月発売
2ライズトヨタ9,39119年11月発売
3カローラトヨタ8,751156.4
4フィットホンダ7,158129.9
5アルファードトヨタ7,103153.5
6ハリアートヨタ6,231203.6
7ルーミートヨタ5,61775.2
8セレナ日産5,05565.5
9ヴォクシートヨタ4,63967.4
10ノート日産4,59659.6
11フリードホンダ4,16559.5
12シエンタトヨタ4,13747.3
13プリウストヨタ4,09950.1
14アクアトヨタ3,81350.9
15ノアトヨタ3,32384
16RAV4トヨタ3,30652.7
17タンクトヨタ2,79246.8
18ソリオスズキ2,77090.4
19ステップワゴンホンダ2,72276.7
20パッソトヨタ2,38081.5
21C年HRトヨタ2,34965.1
22ロッキーダイハツ2,34519年11月発売
23スイフトスズキ2,330103.1
24インプレッサSUBARU2,05073.8
25MAZDA2マツダ1,97719年9月発売
26CX年30マツダ1,90319年10月発売
27エスクァイアトヨタ1,75057.6
28MAZDA3マツダ1,65842.3
29ヴェゼルホンダ1,64548.8
30CX年5マツダ1,62479.1
31フォレスターSUBARU1,60553.9
32ジムニーワゴンスズキ1,381298.3
33シャトルホンダ1,36445.2
34CX年8マツダ1,30294.5
35クロスビースズキ1,27571.9
36ヴェルファイアトヨタ1,22659.4
37ランドクルーザーWトヨタ1,20661.6
38キックス日産1,17820年6月発売
39エクストレイル日産1,05648.4
40トールダイハツ1,03370.6
41CX年3マツダ968467.6
42クラウントヨタ94940.8
43カムリトヨタ65751.7
44ハイエースワゴントヨタ64472.4
45デリカD5三菱62556.1
46リーフ日産58435.2
47オデッセイホンダ57145.2
48UX250Hレクサス55745.2
49ロードスターマツダ448137.8
50CR年Vホンダ41466.3

※ 上記の台数は車名別の合算値となり、一部教習車などを含みます。
※ 例:ブランド通称名 カローラはカローラシリーズ全車種と教習車を含んでいます。

販売台数の回復傾向は一休み

8月の乗用車全体の販売台数は、27万346台/前年比85.2%だった。7月は33万771台/87.2%だったから、台数でおよそ6万台減となる。ちなみにメーカー別で前年比を見てみると、トヨタの84.6%を筆頭に、ホンダ79.6%、マツダ78.6%と続く。反対にレクサスは55.4%と、前年比の数字からもわかるとおりふるわない(軽自動車については後述)。

昔から“ニッパチ”と言われるように8月は売り上げが落ちるといわれる。とはいえ、去年(2019年)の乗用車販売台数を振り返ると、7月は前年比102.9%の37万9442台、8月は104.9%と上向きになり台数も31万7179台、さらに9月には113.6%、台数45万8856台と、10月に消費税引き上げを控えての駆け込み需要が影響したとはいえ、7、8、9月の3カ月間だけ見ても伸びを示していた。それと較べると今年は辛いところだが、それでも5月、6月、7月の推移は回復基調に持ち直したところ。“経済をまわす”ために、今、平常時の何十倍、何百倍ものチカラが必要なはずだが、何とか販売も上向きになってほしいと願うばかりだ。

ヤリス、ライズ、カローラのトヨタ3強は変わらず

ヤリス、ライズ、カローラのトヨタ3強は変わらず1

一方で順位を見ていくと1位のヤリス、2位のライズ、3位のカローラとトップ3は7月と同じポジションをキープ。ただし台数はいずれも数字を落とし、ライズとカローラは1万台を割り込み、8月のランキング中、1万台を超えたのは1位のヤリスだけとなった。

ヤリス、ライズ、カローラのトヨタ3強は変わらず2

7月に4位につけていたハリアーだが、今回は台数を3000台強落とし6位に後退。代わってフィットとアルファードが、台数は実に僅差としながらも、7月と同様にフィットが上位のポジションを守って4位に食い込み、アルファードが5位で追いかけた。アルファードの強さは相変わらずといったところだ。順位はまだ38位だが、6月に発売されたキックスが、ようやく50位圏内に顔を見せた。

商品改良と100周年記念車で好調のマツダ

商品改良と100周年記念車で好調のマツダ

それと8月の販売状況で注目しておきたいのがマツダ車だ。50位圏内にランクインしたのは、拾い上げてみるとMAZDA2(25位/1977台)、CX−30(26位/1903台)、MAZDA3(28位/1658台)、CX−5(30位/1624台)、CX−8(34位/1302台)、CX−3(41位/968台)、そしてロードスター(49位/448台)の7車種。7月まで50位圏外だったロードスターのランクインも目にとまるところだが、その他の車種を見ると、7月に対して全車とも順位を上げ、しかもMAZDA2以外の5車種は販売台数の数字も伸ばしているのである。昨年10月に発売され、ようやく1年を迎えたCX−30を除く車種についての厳然たる事実としては、5月以降、商品改良または特別仕様車が設定されているほか、4月に予約受注が開始された“100周年特別記念車”が、6月以降、順次発売となっており、その効果が現れているのかもしれない(MAZDA6の同記念車の発売開始は9月からとのこと)。マツダにとって記念すべき年にふさわしく、いい傾向、成果に結びついてほしいものだ。

そのほかに、アクア(14位/3813台)、CH−R(21位/2349台)の2車種が、ランキング中で順位を上げているトヨタ車の中で、7月に対して順位だけでなく販売台数も伸ばした。

軽乗用車販売台数 2020年8月

順位車名ブランド名台数前年比
1N-BOXホンダ14,51479.4
2スペーシアスズキ10,57999.1
3タントダイハツ9,15154.3
4ムーヴダイハツ7,59486.3
5ハスラースズキ6,384198
6ルークス日産6,20820年3月発売
7N-WGNホンダ5,85384.1
8ワゴンRスズキ5,66887.9
9タフトダイハツ5,29220年6月発売
10アルトスズキ5,020105.7
11ミラダイハツ4,64372.2
12デイズ日産4,44533.1
13ジムニースズキ3,257170
14eK三菱2,13555.9
15ピクシストヨタ1,86487

※ 通称名については同一車名のものを合算して集計しています(アルト、ミラ、ムーヴ、タント、eK、プレオ、N-BOX、デイズ、ピクシスなど)
例)デイズルークスはデイズとして、2020年3月発売のルークスについてはルークスとして集計

スペーシア、ハスラーとスズキの好調が目立つ

スペーシア、ハスラーとスズキの好調が目立つ1

軽自動車の8月の販売台数は10万1009台で、前年比87.6%だった。前年比でみると乗用車全体より僅かにいいが、実は7月は前年比101.7%の12万3298台を記録しており、7月から8月への台数の下げ幅はむしろ大きかった。その中で、メーカー別で見たときに、スズキの健闘ぶりが目をひく。前年比の数字でスズキは115.5%と、他の国産社メーカーが軒並み前年割れの数字を出しているなかで、ひとり100%超えの結果を出している。

スペーシア、ハスラーとスズキの好調が目立つ2

もっともスズキの場合は、軽自動車以外のラインアップも思いのほか多く、小型車のスイフト、ジムニーシエラ、ミニバンではセレナOEMのランディ、さらに海外生産車のSX4 Sクロス、エスクード、バレーノなどがある。8月のスズキの販売台数は4万590台だったが、この内訳は軽自動車3万2371台のほか、小型車6909台、普通車1310台(うち輸入車212台)だった。軽自動車ではスーパーハイト系でランキング2位のスペーシアの1万579台を筆頭に、ハスラーの6384台、ワゴンRの5668台、アルトの5020台、ジムニーの3257台と続く。ハスラーはダイハツのタフト(5292台)を1000台強上回った数字を出しており、スペーシアも3位のタント(9151台)を辛くも抑え込んだ。

相変わらず独走を続けるホンダN-BOX

相変わらず独走を続けるホンダN-BOX

軽自動車のランキング1位は、相変わらずN-BOX。同じ1万台超えのスペーシアにおよそ4000台の差をつけて独走中だ。ほかにホンダは7位にN-WGNがランクインしているが、今後は新型N-ONEの動向も注目していたい。

※記事の内容は2020年9月時点の情報で制作しています。

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr