寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「ホンダN-BOX」さらに隙なし!マイナーチェンジで着実に前進したベストセラー(萩原文博レポート)

「ホンダN-BOX」さらに隙なし!マイナーチェンジで着実に前進したベストセラー(萩原文博レポート)

この記事は、 5 分で読めます。

マイナーチェンジや大幅改良は、販売開始から時間が経過しもう一度商品力を磨いて新車セールスのカンフル剤となるように行われます。しかし、その内容は車種によって異なります。販売台数が伸び悩んでいる車種であれば、デザインをガラッと変更するケースもありますし、逆にセールスが順調な車種は大きく変更しないというケースもあるのです。先代モデルから軽自動車の新車販売台数NO.1を記録し、2017年8月のフルモデルチェンジ後もその記録が継続中のホンダN-BOX。2020年12月に行われたマイナーチェンジの内容はどうなのでしょう。萩原文博さんの試乗レポートでお届けしましょう。

 

外観やインテリアの変更点は非常に少ない

外観やインテリアの変更点は非常に少ない1

現行型N-BOXはクルマの骨格にあたるプラットフォームや、エンジンやトランスミッションといったパワートレインを一新、安全装備や新採用の助手席スーパースライドシートなどの充実した機能を備えた上で約80kg軽量化し、優れた走行性能・低燃費・乗り心地を実現しました。先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」をホンダの軽乗用車として初めて採用。従来機能に加え、新たに後方誤発進抑制機能を追加し、全グレードで標準装備したのもトピックでした。

昨年、2020年も軽自動車の枠にとどまらず日本で一番売れたクルマだったN-BOX。今回のマイナーチェンジでは、所有する喜びをよりいっそう得られるようなデザインへと進化させ、乗る人すべての個性と生活の幅を広げてもらえるように目指して商品力をアップさせたとホンダはアナウンスしています。

外観やインテリアの変更点は非常に少ない2

外観やインテリアの変更点は非常に少ない3

具体的には標準車のN-BOXでは外観はヘッドライトとグリルの形状変更によって、より落ち着きのある親しみやすいスタイルとしました。さらに品のあるメッキバーをロアグリルに追加し、ワイドさも強調しています。

インテリアは安心感を与えるようなダークブラウンへと刷新し、ホワイトの加飾部分やシート表皮を引き立てるようにしています。

外観やインテリアの変更点は非常に少ない4

外観やインテリアの変更点は非常に少ない5

一方のN-BOXカスタムは高級感・存在感を高めるため、外観では精緻なイメージはそのままに、アッパーグリルのメッキを強く立体化。同時にフロントのナンバープレートをセンターに配置、メッキバーをリアバンパーに追加するなどの変更も加えられました。インテリアでは、評判の良いブラック内装やシート表皮は継承、マルチブラック塗装の加飾を追加し、奥行き感を表現しています。そしてシートアクセントは内装全体の色調を揃えて上質で硬派な印象としました。

ただ、こうして見ると今回のN-BOXのマイナーチェンジのメニューは人気モデルらしい、非常に限定的な内容となっています。

新鮮なのは追加された「コーディネートスタイル」

新鮮なのは追加された「コーディネートスタイル」1

最も大きく変わったのは、新たに追加されたコーディネートスタイルです。標準車のN-BOXでは2トーンのボディカラーのルーフをブラウンに統一。メッキハンドルに加えディッシュホイールを採用しています。インテリアではダークブラウン内装に加えて、塗装加飾とシート表皮をブラウン色調としました。

新鮮なのは追加された「コーディネートスタイル」2

また、N-BOXカスタムはダークメッキ加飾に加え色調を揃えたカラークリア仕上げのアルミホイールを装着し、重厚感あるスタイルを演出しています。インテリアでは、ブラック内装にマルチボルドーの塗装加飾を施すとともにホンダの軽自動車として初のフル合成皮革シートを採用し、高級感を漂わせています。

パッと見はわからない見た目の変更点

パッと見はわからない見た目の変更点1

試乗したのは、57cmのスライド量を実現した助手席スーパースライドシートを装着したN-BOX EXで、車両本体価格は165万8800円です。実際にマイナーチェンジしたクルマを見ても、「どこが変わったのか」パッと見ではわからないほど小幅な変更となっています。さすがにベストセラーカーだけにむやみに手を加えるのをためらったのかもしれません。

パッと見はわからない見た目の変更点2

パッと見はわからない見た目の変更点3

パッと見はわからない見た目の変更点4

運転支援システムでは後方誤発進抑制機能に関連するソナーセンサーを4個へ増やすことで、後方の障害物の接近を検知し、ドライバーに注意を促すパーキングセンサーを追加。駐車時などでのさらなる安心感を実現するなど利便性が向上しています。

明らかに向上したのはリアサスペンションの安定性

明らかに向上したのはリアサスペンションの安定性

試乗して感じたのは、プレスリリースには書いてありませんが、従来モデルに比べるとリアサスペンションの収まりが非常に良くなったということです。カーブを曲がる際に発生するクルマの傾きが小さいだけでなく、全体的な安定感がより高くなりました。N-BOXの後席は小さなお子さんが座るケースが多いので、リアサスペンションに安定感が生まれると後席の乗り心地も向上します。したがって後席に乗車するお子さんが安心して移動することができ、運転するママも安心して運転に集中できるでしょう。

隙のなさは、さすがベストセラー

隙のなさは、さすがベストセラー

その乗り味の変化以外もさすがはベストセラーカー。多彩なシートアレンジや収納スペース。そしてUSBソケットの充実など隙のないクルマに仕上がっています。やはり販売台数の多さはN-BOXの高い実力の表れなのだと納得しました。

メルマガ登録

※記事の内容は2021年4月時点の情報で制作しています。

ホンダN-BOXの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダN-BOXの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード