車が買えない40代が好きな新車に乗る方法

車が買えない40代が好きな新車に乗る方法

働き盛りといわれる40代は、子育てや住宅ローンなどで生活費がかさむタイミングでもあるため、車の購入までは手が出ないという方は少なくありません。しかし、仕事に行ったり買い物に行ったりといった生活において車が必要という方もいらっしゃいます。
ここでは、お金がなくて車が買えない40代の実情や、お金のかかる40代でも好きな車に乗ることができる方法などについてご紹介します。

40代の実情、欲しい車が買えない?

管理職などになることも多い40代は、働き盛りと言われる年代です。しかし、同時に家庭を持つ年代でもあるので、さまざまな費用が必要になってくるでしょう。それが、40代が欲しい車を買えなくなる原因となっているようです。
ここでは40代の出費についてご紹介します。

子供の教育費

子供の教育費は、子供一人につき1,000万円かかるとも言われています。文部科学省による「平成28年度子供の学習費調査」では、高校まですべて公立に通った場合でも540万円、すべて私立に通うと1,770万円かかるという調査結果が出ています。さらに、塾や習い事などの費用を考えると、車を購入するお金を捻出するのは難しいと言われるのもうなずけます。

住宅ローンの支払い

一般的にマンションや住宅ローンの支払いは、月々5万〜9万円ほどが相場となっています。住宅ローンは月々の支払いの中でも大きな割合を占める費用となるため、その金額によっては車を購入するのは難しいのではないでしょうか。

生命保険や個人年金

家族ができれば、家族を守らなくてはなりません。備えあれば憂いなしということで、生命保険や個人年金など、収入を保険や年金に回すようになる方は40代では少なくありません。また、もらった分だけ使えていた若い頃とは違い、余ったら貯めるというのもこの年代ではよくあります。その中で車にお金を使うのはリスクと考える人もいるようです。

40代におすすめしたい「リース」という車の乗り方とは?

40代におすすめしたい「リース」という車の乗り方とは?

車の購入は難しいと言われる40代でも、好きな車に乗れる方法があります。それが、リースと呼ばれる車のサブスクリプションサービスです。リースは頭金無しで月々定額制で好きな車に乗ることができるので、貯金を減らさずに車に乗ることができると人気を集めています。
ここでは、40代におすすめしたいリースのしくみや魅力をご紹介します。

1. 定額制で利用できる

リースの大きな特徴に定額制で利用できるという点があります。もし車の購入にローンを利用した場合、車両代金を分割にした月額のほかに、税金や自賠責保険料、車検代金といった維持費がかかりますが、リースでは税金や自賠責保険料などの費用が月額料金に含まれているため、車に関する急な出費がなくなり、家計管理がしやすく貯金の計画も立てやすいのです。

2. メンテナンス費用を一定にできる

安心してカーライフを送るためには、日々のメンテナンスが大切です。リース会社によっては車検点検料や消耗品の交換などのメンテナンス費用もコミコミにすることができるプランを用意しているところもあるので、不定期な支出となるオイルやバッテリーなどの消耗品の交換も出費を気にせずに行えます。
また、メンテナンスをしっかりと行うことで車を長持ちさせることができますから、壊れたから乗り換えるということも少なくなり、長い目でみると車にかかる金額を少なくすることができます。

3. 新車に乗れる

中古車を扱っているリース業者もありますが、基本的にリースではディーラーの新車を扱っています。そのため、マイカー購入時と同じように、安心して新しい車に乗ることができます。

出費が多い40代が覚えておきたい車選びのポイント

40代はお金がかかります。そのような中で40代が車を買うのであれば、少しでも無駄がないようにしたいと思うのは必然でしょう。そこで、出費が多い40代が車を買う際に気をつけたい車選びのポイントについてみていきましょう。

ポイント1. どんなシーンで車を使うのか?

まずはどんなシーンで車を使うのかを考えていきましょう。週末に夫婦や家族でのお出かけが中心なのか、自身の趣味に使うためなのかによって車選びは大きく変わります。
例えば、お出かけやドライブはほとんどせずに買い物や通勤などの街乗りがメインの場合は、維持費を抑えられて、乗り降りのしやすい軽自動車やコンパクトカーがおすすめです。

ポイント2. 維持費がどれくらいかかるのか?

維持費と言っても税金や車検代、ガソリン代などさまざまなものが存在します。また、維持費は車の大きさや車種によっても大きく異なります
例えば、ドライブをよくするのであれば燃費の良いハイブリッド車、街乗りメインであれば税金が安い軽自動車がおすすめです。

40代におすすめの車種とは?

40代におすすめの車種とは?

車の用途は決まったけれど、自分に合った車種がわからないという方もいるでしょう。
そんな方のために、子育てや家族の時間をメインに車に乗りたい方や趣味で車に乗りたい方など、それぞれのタイプにおすすめの車種をご紹介します。

生活での使い勝手を重視したい

日々の生活や買い物などをメインに使うのであれば、小回りが利いて使い勝手の良い車種がおすすめです。品質や使いやすさに定評のあるホンダ「N-BOX」やコンパクトカーのホンダ「フィット」などであれば、女性でも運転しやすく、街乗りにも最適です。

子育て・家族時間をメインに使いたい

子育てや家族でのお出かけをメインに使いたいという場合には、広さと走行性能の良さが大切となります。走行性能だけではなく、デザイン性も高いマツダ「マツダ2」や広々と乗れる日産「セレナ」などは、見た目のスタイリッシュさを求める方からも人気の車種です。

趣味に使いたい

キャンプやアウトドアなどの趣味に使いたいという方は、ミニバンSUVなどがおすすめです。中でも、プレミアム感のあるマツダ「CX-5」などは、所有するステータスも満たしてくれる車種となっています。ほかにも、スポーツカータイプに乗りたい方からは、トヨタ「86」や「カローラスポーツ」なども人気となっています。

リースならおトクにマイカー 「定額カルモくん」がお得

定額カルモくん

カーリースサービスの中でも、特におすすめなのがおトクにマイカー 「定額カルモくん」です。定額カルモくんでは、店舗を構えず審査申込みまでのすべての工程をオンラインで行っているため、価格を抑えて車を利用することが可能となっています。
ほかにも、取り扱い車種の豊富さや充実したメンテナンスプランなど、定額カルモくんの魅力についてみていきましょう。

すべての国産車種・グレードを取り扱い

定額カルモくんでは、国産車種のすべてのグレードを取り扱っています。そのため、乗りたい車がないという心配もありません。また、グレードごとの違いがわかりにくい場合なども自分に合った車をサポートチームが提案してくれるので安心です。

安心して車に乗れる「メンテナンスプラン」

良い状態で車に乗るためには、こまめなメンテナンスが欠かせません。定額カルモくんでは、オイルやバッテリーの交換をはじめ、車の維持に必要なメンテナンスの料金を月定額に含んだ選べるメンテナンスプランを用意しています。そのため、安心してカーライフを送ることができます。

40代でも大丈夫!リースで乗りたい車に乗ろう

マイカーは月々の負担額が多いことが懸念点でもありますが、リースなら月額1万円台から乗りたい車に乗ることができます。リースは子育てや教育費にお金のかかる40代でも、乗りたい車を諦めたくないという方におすすめの利用方法です。乗りたい車があるという方は、ぜひ検討してみてください。

よくある質問

Q1:40代で車を買うのは難しい?

A:40代は会社員であれば管理職などになることも多く、一般的に働き盛りと言われる世代ではあります。しかし、子供のいる家庭を持っている年代でもあるので、教育費や住宅ローンの支払い、生命保険や個人年金などの出費が大きく、欲しい車を購入する費用を捻出するのは難しいことも多いようです。

Q2:40代におすすめなのはどんな車種?

A:日常的な買い物や送迎などに使用するのであれば、取り回しが良く経済的にも優れたホンダ「N-BOX」やホンダ「フィット」などの軽自動車やコンパクトカーがいいでしょう。週末のお出かけなどがメインであれば、室内の広さと走行性能を兼ね備えたマツダ「マツダ2」や日産「セレナ」がおすすめです。

Q3:40代が好きな車に乗るにはどうしたらいい?

A:頭金や初期費用が必要なく、定額制で利用できるカーリースがおすすめです。定額カルモくんであればメンテナンス費用も定額制にできるメンテナンスプランを用意しているので、安心してカーライフを送ることができます。

※2019年11月の情報で制作しています

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr